競馬レース映像分析ネタ

京都2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

京都2歳ステークス 競馬予想 過去

 

京都2歳ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

京都2歳ステークス・2019(G3)。京都競馬場・芝2000mで行われます。1着賞金は3300万円。正式名称は、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス。ホープフルステークスの前哨戦。

 

2019年の京都2歳ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の京都2歳ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、京都2歳ステークス。

 

京都2歳ステークスの歴代優勝馬・勝ち馬は、エイシンチャンプ・ローゼンクロイツ・マルカシェンク・ゴールドキリシマ・アルカザン・イグゼキュティヴ・ヴィクトワールピサ・マーベラスカイザー・トリップ・エピファネイア・トーセンスターダム(以上、オープン特別時代)。ベルラップ・ドレッドノータスなどなど。

 

スポンサーリンク




京都2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

京都2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

京都2歳ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の京都2歳ステークスのレース映像分析ではありません。過去の函館2歳ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の京都2歳ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。プレゼンター・ゲストは誰になるか想像しつつ見たいと思います(分けてやれよー)。

 

京都2歳ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? カデナ・グレイル・クラージュゲリエ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の京都2歳ステークスで馬券になったのか。ブレイキングドーン・タイムフライヤー・ヴァナヘイム。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、京都2歳ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

京都2歳ステークス 過去データ分析

京都2歳ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に京都2歳ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に京都2歳ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

京都2歳ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも京都2歳ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の京都2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

過去の京都2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の京都2歳ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の京都2歳ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

京都2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

京都2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年京都2歳ステークス・レース過去結果データ

 

京都2歳ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.8-12.4/12.7/12.5-12.8-12.0/11.6-11.2-11.6

 

1着・クラージュゲリエ(1番人気・モレイラ騎手・馬体重476kg)

2着・ブレイキングドーン(4番人気・福永祐一騎手・馬体重488kg)

3着・ワールドプレミア(2番人気・武豊騎手・馬体重464kg)

 

スポンサーリンク




京都2歳ステークス2018・オッズ・過去配当結果

京都2歳ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 280円

複勝 1・120円/6・140円/2・130円

 

京都2歳ステークス2018・1着・クラージュゲリエ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

京都2歳ステークス2018・1着・クラージュゲリエ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2018年京都2歳ステークス1着、クラージュゲリエ(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、札幌2歳ステークス(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、1番・3着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.4-11.7-11.9/12.2-12.2-12.1/12.3-12.6-12.7

 

クラージュゲリエは、1枠1番からスタート。発馬の勢いよかったものの、テンの早い馬たちが追い抜いてく。押さえつつ、中団のインに位置取るクラージュゲリエ。

 

逃げて行ったのは、ラバストーン。テン3ハロン36.0秒。早めの逃げ。クラージュゲリエのテン3ハロンは37.1秒。

 

1角-2角。インベタで回って行く、クラージュゲリエ。押さえつつ、前を走る5着馬・アフランシールがガチャガチャしているのを距離を開けつつ追走して行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.2-12.2-12.1秒」と少し早めを維持して行く。脚がなくなりつつある、セントセシリアを気にして走るアフランシールの後にクラージュゲリエ。セントセシリアは垂れてしまい、アフランシールは進路を開けてブレーキ踏む。クラージュゲリエはたまたま空いてた外目に出す。

 

3角-4角。後手を踏みまくった、クラージュゲリエ。ムチ入れられつつ追い出し開始。内に2頭外→4頭外、さらに4角出口は大外も大外へ。

 

直線。かなり大外へ振って、追い出せる位置は確保したクラージュゲリエ。追って、追って追う。内へササリ気味なのを立て直しつつ、伸びる。クラージュゲリエは勝ち馬・ニシノデイジー、2着馬・ナイママを交わせなかったものの、追い込んで3着まで浮上。クラージュゲリエの上がり3ハロンは36.8秒。上がり最速。

 

京都2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 85.2-67.6-52.3-38.7-12.1<6>馬なり余力

 

※【京都2歳ステークス2018・過去結果データメモ】クラージュゲリエの斤量は札幌2歳ステークスより1キロ増の55キロ。前走のクラージュゲリエは、テン3ハロン早め→中間ラップも早めな展開(※)をインベタで距離ロスなく走って行くも、垂れる馬の後ろの後ろにいて、向正面過ぎで位置取りを下げまくる。3角入る手前の事象で、動き出しにクラージュゲリエは遅れてしまう。挽回すべく、かなりの距離ロスありつつも追い込んで3着まで上がってくる。クラージュゲリエの上がり3ハロン36.8秒。最速。

 

クラージュゲリエの通過順位「8-9-12-5→3着」で、いわゆるVライン馬。

 

次走、脚を整えて走ることができれば、容易に浮上するパターンである(人気になりやすい、視聴率の高い不利・負荷だけれども)。

 

※逃げ馬・ラバストーンは途中で失速したものの、代わりに上がって行ったナンヨーイザヨイがラップを緩めなかったのでレースラップは早いまま推移して行ったレース。この手のレースは上がり3ハロンが早くなりにくい。

 

京都2歳ステークス2018・2着・ブレイキングドーン【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)

京都2歳ステークス2018・2着・ブレイキングドーン【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)

2018年京都2歳ステークス2着、ブレイキングドーン(オッズ・4番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)の前走は、2歳新馬戦(阪神競馬場・芝1800m)でした。枠順は、6番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・13.4-12.3-12.3/12.6-12.9-12.6/11.5-11.1-11.8

 

ブレイキングドーンは、6枠6番からスタート。好発も内から出して行った馬に付き合って、押さえつつ。間隔開けつつ、強めに押さえて先行して行くブレイキングドーン。

 

逃げて行ったのは、モサ。テン3ハロン38.0秒。かなり遅めの逃げ。ブレイキングドーンのテン3ハロンは38.2秒。

 

向正面。逃げ馬モサの外で折り合うブレイキングドーン。ペースは「12.6-12.9-12.6秒」とおおよそ標準より少し遅めを継続。ドスローでヨーイドンの鐘が近づいてくる。

 

3角-4角。内に1頭外を回って行く、ブレイキングドーン。強めに押さえつつ。モサのペースに付き合い過ぎて、脚力を押さえ込んでるブレイキングドーン福永騎手の揺れ方がいかにも直線伸びそう感でいっぱい。

 

直線。入り口手前で先頭に立つ、ブレイキングドーン。追って、追って追って。残り200m切ってから多少追い方を緩めてはいるが、強くは追ってる。アドマイヤジャスタが迫ってくるも、3馬身差つけてブレイキングドーン1着。上がり3ハロン34.4秒。上がり最速。

 

京都2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 81.7-65.7-50.7-37.2-12.3<5>一杯に追う

 

※【京都2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ブレイキングドーンの斤量は2歳新馬戦から1キロ増の55キロ。本来は萩ステークス出走も、馬場入場後放馬。競走除外。前走のブレイキングドーンは、テン3ハロンかなり遅い→中間ラップは標準より少し遅めな流れを先行しつつ折り合って行く。逃げ馬の脚色に勝負所あたりまで付き合って、直線は追って追っての上がり3ハロン34.4秒で1着。

 

コーナー増の距離延長はプラス。本命タイプというよりは、馬券の相手・ヒモタイプ。

 

京都2歳ステークス2018・3着・ワールドプレミア【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

京都2歳ステークス2018・3着・ワールドプレミア【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年京都2歳ステークス3着、ワールドプレミア(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(京都競馬場・芝1800m)でした。枠順は、9番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.1-11.8/12.3-12.5-12.1/12.6-11.2-11.7

 

ワールドプレミアは、6枠9番からスタート。出遅れ。押さえつつ、後方馬群の外につけて行くワールドプレミア。

 

逃げて行ったのは、エスポワール。テン3ハロン35.6秒。少し早めの逃げ。ワールドプレミアのテン3ハロンは36.6秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.3-12.5-12.1秒」と少し早めに流れて行く。ワールドプレミアは後方馬群の外を押さえつつ、追走して行く。

 

3角-4角。内に3頭いる外をきっちり回って行く、ワールドプレミア。じわじわ追い出し開始。

 

直線。大外へ振ったのでワールドプレミアは追い出せる位置を確保。追って、追う。少しずつ伸びて伸びて来て、外からメイショウテンゲン迫ってくるも交わさせず。ワールドプレミア1着。上がり3ハロン34.9秒。

 

京都2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 54.3-39.8-25.8-12.9 馬なり余力

 

※【京都2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ワールドプレミアの斤量は2歳新馬戦と変わらずの55キロ。前走のワールドプレミアは、逃げ馬のペースがそこそこ早め→中間もそこそこ早めで流れて行く展開を出遅れて、押さえて折り合って後方外目から競馬する形。

 

出遅れ+ペース早め+かなりの距離ロスあるも=上がり3ハロン34.9秒の1着。馬券に入れておかないと恐ろしいことになりそうな前走内容。

 

大橋知沙 京都のいいとこ。

 

京都2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

京都2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年京都2歳ステークス・過去レース結果データ

 

京都2歳ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-11.5-12.6/12.4/12.6-13.0-12.3/11.6-11.3-11.7

 

1着・グレイル(2番人気・武豊騎手・馬体重492kg)

2着・タイムフライヤー(1番人気・C.デムーロ騎手・馬体重460kg)

3着・ケイティクレバー(5番人気・小林徹弥騎手・馬体重438kg)

 

スポンサーリンク




京都2歳ステークス2017・オッズ・過去配当結果

京都2歳ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 480円

複勝 6・130円/2・110円/1・190円

 

京都2歳ステークス2017・1着・グレイル【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)

京都2歳ステークス2017・1着・グレイル【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2017年京都2歳ステークス1着、グレイル(オッズ・2番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、2歳新馬戦(京都競馬場・芝2000m)でした。枠順は、7番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く不良馬場

レースラップ・13.4-12.5-14.5/14.5/14.1-14.0-13.6/13.0-11.5-11.8

 

グレイルは、5枠7番からスタート。出遅れも押さえつつ、二の脚で先行ポジションへ向かうグレイル。

 

逃げて行ったのは、ロイヤルバローズ。テン3ハロン40.4秒。馬場状態もあって、ウルトラドスロー。グレイルのテン3ハロンは41.1秒。

 

1角-2角。グレイルは内1頭半くらい外を回って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは「14.1-14.0-13.6秒」と、早くなる気配なし。果てしないドスロー。グレイルは向正面に入ったあたりで外目に出して行く。折り合いつつもじわじわ上がって行く。

 

3角-4角。グレイルは3頭外→4頭外をきっちり回って行く。

 

直線。入り口付近でおおよそ先頭に立つグレイル。追って追って、追う。内から競いかけてくるストーミーバローズがしぶとく残るも競い落として、グレイル1着。上がり3ハロン36.1秒。上がり最速タイ。

 

京都2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 83.0-66.6-50.8-36.9-11.5<6>一杯追う伸びる

 

※【京都2歳ステークス2017・過去結果データメモ】グレイルの斤量は2歳新馬戦から変わらずの55キロ。前走のグレイルは、地方競馬のダート戦か! というくらいのラップ構成。不良馬場になっても雨が降り続いて入れば3ハロンごとに1.0秒以上時計が遅くなってしまう傾向があるので、そこは計算に入れておく必要はある(ダートコースは逆の発想で。ただペースにもよるけれど)。

 

グレイルはスタート出遅れ+1角-2角はロス具合が低いが、3角-4角かなりの距離ロスありつつ、直線追って追っての上がり3ハロン36.1秒。不良馬場に距離ロスから考えて、この上がりは評価していい数字。不良馬場での走りが不安であれば、馬券の相手・ヒモで押さえておく形が精神的に良いかと。

 

京都2歳ステークス2017・2着・タイムフライヤー【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ハーツクライ産駒)

京都2歳ステークス2017・2着・タイムフライヤー【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2017年京都2歳ステークス2着、タイムフライヤー(オッズ・1番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、萩ステークス(京都競馬場・芝1800m)でした。枠順は、6番・1着。C.デムーロ騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く重馬場

レースラップ・12.7-11.2-11.8/12.0-12.4-12.4/12.4-12.2-12.6

 

タイムフライヤーは、6枠6番からスタート。まずまずの発馬も押さえて行って、後方から。

 

逃げて行ったのは、ニシノベースマン。テン3ハロン35.7秒。おおよそ標準から少し早めの逃げ。タイムフライヤーのテン3ハロンは37.1秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.0-12.4-12.4秒」と馬場状態考えると早いラップで流れて行く。タイムフライヤーは後方の外目を押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。タイムフライヤーは内3頭外をきっちり回って追い出し開始。

 

直線。大外へ振って、追い込みを続けて行くタイムフライヤー。追って追って、追う。オーデットエールを交わして、先頭。残り100mくらいからは追う手を緩めていき1着でゴール。タイムフライヤーの上がり3ハロンは36.1秒。2着馬・オーデットエールに4馬身差つけた。

 

京都2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 52.9-38.3-24.9-12.5 一杯に追う

 

※【京都2歳ステークス2017・過去結果データメモ】タイムフライヤーの斤量は萩ステークスと変わらずの55キロ。タイムフライヤーの前走は、テン3ハロン標準〜少し早め→中間早くなる展開。スタート後、押さえて控えて脚貯めて行くタイムフライヤー。かなり外目を回る距離ロスありつつも、直線は伸びて36.1秒。上がり最速。ラップが早めで流れた中、距離ロスあっての上がりとしては評価していい。

 

京都2歳ステークス2017・3着・ケイティクレバー【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ハービンジャー産駒)

京都2歳ステークス2017・3着・ケイティクレバー【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2017年京都2歳ステークス3着、ケイティクレバー(オッズ・5番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、黄菊賞(京都競馬場・芝2000m)でした。枠順は、6番・2着。小林徹弥騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.5-12.1/12.3/12.6-13.2-12.2/11.6-11.7-12.0

 

ケイティクレバーは、5枠6番からスタート。発馬決めて、押さえつつ内目に入れて行くケイティクレバー。逃げて行けそうも、外からマイスターシャーレが出てくる。しかし、ケイティクレバーを交わして行かず。さらに外から、ジュンヴァルロが前に入ってくる。そこまでにかかった時間が長く1角に入り込んでる。相手の都合を通すのに時間を要した。

 

逃げて行ったのは、ジュンヴァルロ。テン3ハロン36.2秒。標準から少し早めの逃げ。ケイティクレバーのテン3ハロンは36.6秒。

 

1角-2角。上記に書いた通り、ケイティクレバーはインベタで1角入って行ってからジュンヴァルロに外から前に入ってこられる。少々ブレーキ。入られた後もインベタで回って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.6-13.2-12.2」と緩めて走って行く。ケイティクレバーは2番手で押さえつつの追走。

 

3角-4角。内に1頭外を回っていく、ケイティクレバー。じわじわ加速して行く。

 

直線。逃げ馬の外に出してコーナーを曲がったので、ケイティクレバーは追い出せる位置を確保。追って追って追って。位置取り的に追いづらくなる内目へ4着馬・タニノフランケルが入ってきたラッキーもあり、ケイティクレバーは2着。上がり3ハロン35.3秒。

 

京都2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 86.1-69.2-53.2-38.6-12.1<6>馬なり余力

 

※【京都2歳ステークス2017・過去結果データメモ】ケイティクレバーの斤量は黄菊賞と変わらずの55キロ。前走のケイティクレバーは、標準くらいなペース→中間ラップは緩んで遅くなった中、スタートから行きたい馬の都合を通させる形。1角入ってインベタとはいえ遠心力かかってるところで前に入って来られる負荷あり。直線は逃げ馬を追って追って、交わせずの2着。タイム差同じの馬が他に2頭いて、うち1頭のタニノフランケルはケイティクレバーの内を突いて入ってきたのはいいものの、狭い間隔になり追い込みきれてない感じになったのはラッキーだったかと。

 

ただ、1角過ぎまで相手の都合を通しまくって、前に入られた負荷を考えると、上がり3ハロン35.3秒はペースの遅さあれど評価はしていい。本命にまではしにくいけれど、馬券の相手・ヒモにはいる。鞍上がコバテツさんだからって、ナメてはいけない(って、引退されましたけども……。妙味ある馬券でお世話になりました)。

 

京都を古地図で歩く本: 平安京から幕末維新まで“歴史の謎解き”めぐり (KAWADE夢文庫)

 

京都2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

京都2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2016年京都2歳ステークス・過去レース結果データ

 

京都2歳ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.5-12.5/12.7/13.1-13.6-12.4/11.5-11.3-11.6

 

1着・カデナ(3番人気・福永祐一騎手・馬体重460kg)

2着・ヴァナヘイム(1番人気・シュタルケ騎手・馬体重474kg)

3着・ベストアプローチ(6番人気・川田将雅騎手・馬体重472kg)

 

京都2歳ステークス2016・オッズ・過去配当結果

京都2歳ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 380円

複勝 3・150円/9・130円/10・220円

 

スポンサーリンク




京都2歳ステークス2016・1着・カデナ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

京都2歳ステークス2016・1着・カデナ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年京都2歳ステークス1着、カデナ(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、百日草特別(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、1番・2着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.1-12.2-12.4/12.9/13.2-12.9-12.8/11.8-11.0-11.1

 

カデナは、1枠1番からスタート。発馬まずまずも押さえつつ、後方へ下げるカデナ。

 

2角。内に1頭外を回って行く、カデナ。強めに押さえつつ。

 

逃げて行ったのは、ビッグディザイア。テン3ハロン37.7秒。かなり遅めの逃げ。カデナのテン3ハロンは38.7秒。ドスロー。

 

向正面。逃げ馬のペースは「13.2-12.9-12.8秒」と、かなり遅いまま推移。確実にドスローヨーイドンのイントロがなりつつある。カデナは後方馬群の中で折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。カデナは内1頭外を回って行く。押さえつつ。

 

直線。カデナは後方から外目に出すも、前が壁。追い出せない。残り400m過ぎて進路を見つけて追って、追う。手前変えて変えて、追う。伸びる。しかし、先に抜け出した勝ち馬・アドマイヤミヤビには追いつけず。カデナ2着。上がり3ハロン33.4秒。上がり最速。

 

京都2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 重 55.1-38.7-24.7-12.2 強めに追う

 

※【京都2歳ステークス2016・過去結果データメモ】カデナの斤量は百日草特別と変わらずの55キロ。前走のカデナは、ドスローペースのレース。後方で折り合いつつ、内1頭外の距離ロスありつつの展開で、直線は前が壁になるシーンあって、追い出しが遅れる。それでもカデナは上がり3ハロン33.4秒の最速で勝ち馬に迫った。

 

ドスローで流れたレースで追い出しが遅れるのは、他馬にハンデ配ってるようなもの。馬券にはしっかり入れたいパターン。

 

京都2歳ステークス2016・2着・ヴァナヘイム【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

京都2歳ステークス2016・2着・ヴァナヘイム【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2016年京都2歳ステークス2着、ヴァナヘイム(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、萩ステークス(京都競馬場・芝1800m)でした。枠順は、4番・2着。浜中俊騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.7-11.8-12.3/12.8-12.8-12.5/11.4-11.4-11.5

 

ヴァナヘイムは、4枠4番からスタート。発馬を決めて、押さえつつ中団後ろあたりに位置を取って行く、ヴァナヘイム。外からかかり気味に来たスズカフロンティアの都合を通すのに、強目に手綱を押さえてるシーンが見られる。

 

逃げて行ったのは、サマーサプライズ。テン3ハロン36.8秒。かなり遅めの逃げ。ヴァナヘイムのテン3ハロンは37.8秒。ドスロー。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.8-12.8-12.5秒」と遅いままを継続して行く。ドスローde ヨーイドンの収録間近。ヴァナヘイムは中団馬群の後、外目を押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。ヴァナヘイムは内に2頭外をきっちり回って行く。

 

直線。外目へ振った、ヴァナヘイム。追い出せる位置は悠々確保。追って、追っておう。ムチを入れて様子をみようとするも、追って追う方を選択。しかし、勝ち馬・プラチナヴォイスには届かず。ヴァナヘイム2着。上がり3ハロン34.0秒。

 

京都2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 重 53.8-39.0-25.1-12.5 馬なり余力

 

※【京都2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ヴァナヘイムの斤量は萩ステークスと同じ55キロ。ヴァナヘイムの前走は、ラップ構成・ドスロー。上がり勝負な一戦。スタートから中団の後で折り合いつつの競馬。コーナーで距離ロスありつつ、直線一杯に追うも届かずの2着。上がり3ハロン34.0秒の最速。

 

基本的に距離ロスあっても上がりのあった馬は買い。

 

京都2歳ステークス2016・3着・ベストアプローチ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・New Approach産駒)

京都2歳ステークス2016・3着・ベストアプローチ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・New Approach産駒)

2016年京都2歳ステークス3着、ベストアプローチ(オッズ・6番人気。血統・New Approach産駒)の前走は、2歳新馬戦(京都競馬場・芝2000m)でした。枠順は、7番・1着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.8-12.4/12.4/12.5-12.7-12.2/12.0-11.5-11.8

 

ベストアプローチは、6枠7番からスタート。出遅れ。促して促して中団の外目へつけて行く、ベストアプローチ。

 

逃げて行ったのは、アオイテソーロ。テン3ハロン37.0秒。少し遅い逃げ。ベストアプローチのテン3ハロンは37.8秒。

 

1角-2角。ベストアプローチは内に1頭半くらい外目を回って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.5-12.7-12.2秒」と、おおよそ標準ラインで進んで行く。中団の外目を折り合いつつ。折り合いつつ。

 

3角-4角。ベストアプローチは内2頭外をきっちり回って行く。3角入りから気合いを入れられつつ、追い出しにつなげて行く。

 

直線。外目に振っていって、ベストアプローチは追って追う。逃げ馬・アオイテソーロが粘る粘る。ベストアプローチは追って。追う。残り100m切っても、粘る粘る。残り60mくらいでベストアプローチは交わして先頭。後方から2着馬・アドマイヤローザが迫ってくるも交わさせず1着でゴール。ベストアプローチの上がり3ハロンは34.7秒。上がり最速。

 

京都2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東CW 重 83.9-68.3-52.6-38.0-11.8<7> 馬なり伸びる

 

※【京都2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ベストアプローチの斤量は2歳新馬戦と変わらずの55キロ。前走のベストアプローチは、少し遅めの逃げ→中間ラップは標準継続な中、出遅れて巻き返してな展開。ドスローで上がりが極端に早くなったわけではないので、上がり3ハロン34.8秒は最速でも地味に見えるが、そこそこ流れた中、距離ロスありつつの上がりであり評価できる。

 

2016年の京都2歳ステークスは直線で2着馬・ヴァナヘイムが内へ切れ込み過ぎて、進路をふさいだ不利があり、ベストアプローチも不利を受けてる。その点でベストアプローチの前走内容は少し加点して見てもいい。

 

以上、京都2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

岡田牧雄 素人にマネのできない馬券術 (競馬道OnLine新書)

木下健 競馬で妻子を養う男の走馬眼 (ベスト新書)

亀谷敬正 血統ビーム 黄金ガイド

 

京都2歳ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.