競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

京都新聞杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

京都新聞杯 競馬予想 過去

 

京都新聞杯2020競馬予想。過去のレース結果を見る

京都新聞杯2020(G2)。京都競馬場・芝2200mで行われます。

 

2020年の京都新聞杯。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の京都新聞杯のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、京都新聞杯。

 

1着賞金5400万円。3歳馬たちによるレース。日本タービーの前哨戦。

 

京都新聞杯の歴代勝ち馬・優勝馬

ヤエノムテキ・バンブービギン・メジロライアン・ナイスネイチャ・ミホノブルボン・ウイニングチケット・スターマン(阪神開催)・ナリタキングオー・ダンスインザダーク・マチカネフクキタル・スペシャルウィーク・アドマイヤベガ・アグネスフライト(京都芝2000m)・テンザンセイザ(京都芝2000m)・ファストタテヤマ・マーブルチーフ・ハーツクライ・インティライミ・トーホウアラン・タスカータソルテ・メイショウクオリア・ベストメンバー・ゲシュタルト・クレスコグランド・トーセンホマレボシ・キズナ・ハギノハイブリッド・サトノラーゼン・スマートオーディンなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

京都新聞杯の競馬予想、参考データと言っても、過去の京都新聞杯のレース映像分析ではありません。

 

過去の京都新聞杯の結果、1着~3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の京都新聞杯のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走表に書かれない、激走買いデータをまとめます。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

京都新聞杯で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? プラチナムバレット・ステイフーリッシュ・レッドジェニアル。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去の京都新聞杯で馬券になったのか。ロジャーバローズ・アドマイヤアルバ・サトノクロニクル。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




京都新聞杯競馬予想2020【過去レース映像消去法】

京都新聞杯 過去データ分析

京都新聞杯のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去に京都新聞杯というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去に京都新聞杯が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

京都新聞杯の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも京都新聞杯の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。ゲストは誰か、プレゼンターは誰か気にしつつ分析します(真面目にやれー)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の京都新聞杯の前走を文字起こし

例えるならば、過去の京都新聞杯で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年の京都新聞杯の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

京都新聞杯2019

2019年京都新聞杯・レース過去結果データ

 

京都新聞杯2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-10.5-12.3/12.2-12.4/12.4-12.4-11.8/11.7-11.5-12.1

 

1着・レッドジェニアル(11番人気・酒井学騎手・馬体重480kg)

2着・ロジャーバローズ(2番人気・浜中俊騎手・馬体重494kg)

3着・サトノソロモン(7番人気・アヴドゥラ騎手・馬体重550kg)

 

スポンサーリンク




オッズ・過去配当結果

京都新聞杯2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 3460円

複勝 12・790円/3・220円/6・480円

 

1着・レッドジェニアル(オッズ・11番人気)

2019年京都新聞杯1着、レッドジェニアル(オッズ・11番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、アザレア賞(阪神競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、9番・4着。酒井学騎手。

 

前走は、アザレア賞

馬場状態・雨の降る稍重馬場

レースラップ・12.8-11.6-12.5/12.2-12.4-12.4/12.7-12.5-12.3/11.6-11.9-12.3

 

レッドジェニアルは、8枠9番からスタート。発馬まずまず。抑えつつ、中団の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、ジェンメオ。テン3ハロン36.9秒。コース形態と馬場状態から考えて、少し早めの逃げ。レッドジェニアルのテン3ハロンは37.7秒。

 

1角-2角。内2頭外を回って行く、レッドジェニアル。抑えつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めから標準くらいで進む。緩まない流れ。レッドジェニアルは、抑え込みつつ、折り合いつつ中団後方で脚溜めて行く。

 

3角-4角。内2頭外→内3頭外をきっちり回って行く、レッドジェニアル。

 

直線。大外を回ったこともあり、追い出せる位置は確保。手前を変えて変えて、ムチ入れて伸びてくレッドジェニアル。追って、追って伸びて行くも、内から伸びてきた馬たちを交わせずゴール。レッドジェニアル4着。上がり3ハロン35.7秒。

 

レッドジェニアル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2019・過去結果データメモ】レッドジェニアルの斤量はアザレア賞と変わらずの56キロ。前走のレッドジェニアルは、テン3ハロン少し早めで進み、中間ラップも少し早めから標準前後と息の入れづらい流れを走った。

 

レッドジェニアルは少頭数とはいえ、外枠。スタート決めて抑えつつ前目向かうも内目に入る隙がなく、距離ロス抱えての競馬に。ペースがそこそこ早く流れてラップを落としきるハロンも少なかったなか、脚を溜めて行く。3角-4角でも距離ロスを拡大しつつ回って行って、直線、追って伸び切るように思えた瞬間あるも、内の馬たちを差しきれずの4着。上がり3ハロン35.7秒。

 

距離ロス大+スローペースにまで落ちなかった流れが勝負所まで継続=それでいて、上がり3ハロン35.7秒。馬場状態考えても、馬券になる可能性は大。似た馬がいれば、馬券の買い目には入れたいところ。

 

京都新聞杯2019最終追い切り・

栗東坂路 不 57.2-41.6-26.9-12.7 強目に追う

 

スポンサーリンク




2着・ロジャーバローズ(オッズ・2番人気)

2019年京都新聞杯2着、ロジャーバローズ(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、スプリングステークス(中山競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、15番・7着。川田将雅騎手。

 

前走は、スプリングステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.4-11.8/12.1-12.1-12.1/12.0-11.6-12.1

 

ロジャーバローズは、8枠15番からスタート。発馬決めて、抑えつつ前目を伺う。先行の外目。大外枠からで内目狙うも入れず、1角の入りで内4頭外を回って行く形に。

 

逃げて行ったのは、クリノガウディー。テン3ハロン35.8秒。少し早めの逃げ。ロジャーバローズのテン3ハロンは36.5秒。

 

1角-2角。1角膨れ気味に入って、内2頭外目を回って行く。抑えつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めから標準くらいで進んで行く。ロジャーバローズは、中団の外を抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、ロジャーバローズ。

 

直線。入り口で5番手6番手。内目を突いて行く。追って、追って伸びるロジャーバローズ。しかし、先に抜け出した馬に近寄る伸びにならない。ロジャーバローズ7着。上がり3ハロン35.4秒。

 

ロジャーバローズ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2019・過去結果データメモ】ロジャーバローズの斤量はスプリングステークスと変わらずの56キロ。前走のロジャーバローズは、テン3ハロン少し早めで流れ、中間ラップは少し早めから標準くらいのペースで進むレースを走った。

 

ロジャーバローズは大外枠もあって、スタート決めて抑えつつ前目に向かうも、1角入りで膨れつつ入って行く。内2頭外をきっちり回って行く形に。ペースは早めで流れている中では負荷はそこそこ大きい(このとき、先に引いて1角入る前に内に入れて行ったのは勝ち馬である。2着馬はその後ろで膨れるのに参加せず。3着馬は膨れるのに付き合って行って、馬券になったが骨膜炎で3ヶ月休養している。負荷が大きかったと思われる)。

 

向正面でも逃げ馬のペースは衰えず、脚の溜めにくい流れに。ロジャーバローズは先行の真ん中くらいを追走。3角-4角は距離ロス少なく回って行く。直線は内目突くも、伸びはじわじわ。7着でゴール。上がり3ハロン35.4秒。

 

テン3ハロン少し早く流れて行き、スローペースに落ちない流れの中、1角で膨れて距離ロス大きく回って行く。ペースが落ちない脚の溜めにくい中、脚溜めて3角-4角は距離ロス少なく回る。直線は追って伸びはジワリも上がりは35.4秒。早めなペースが続くレースではあまり出せない数字。この点だけでも馬券に組み込みたい。

 

余談だが、このレースの出走馬16頭のうち、その後、馬券にならなかったのは3頭だけである(2020.4.11現在)。そういう意味でレベルの高いレースだった(いわゆる「次走、次々走で馬券になるレベルの高いレース」という意味ではないのでご注意)。

 

……あっ、しまった、また書きすぎた。

 

京都新聞杯2019最終追い切り・

栗東坂路 重 55.4-40.0-26.1-12.7 馬なり余力

 

新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、コツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】
新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、競馬のコツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】

  新馬戦。メイクデビューの競馬予想方法。馬券の買い方、傾向攻略のコツ新馬戦出走馬のスケジュール、デビュー予定 ...

続きを見る

スプリングステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
スプリングステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  スプリングステークス2020競馬予想。過去のレース結果を見るスプリングステークスの歴代勝ち馬・優勝馬1着か ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




3着・サトノソロモン(オッズ・7番人気)

2019年京都新聞杯3着、サトノソロモン(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、大寒桜賞(中京競馬場・芝2200m)でした。

 

枠順は、9番・7着。M.デムーロ騎手。

 

前走は、大寒桜賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.9-11.9/13.5-13.4/13.2-12.9-12.9/11.7-11.0-11.5

 

サトノソロモンは、8枠9番からスタート。発馬決めて、軽く促して行く。しかし、強目に抑え込みつつ、先行の外目につけて行く。ペースが早くなっていったこともあり、鞍上はかなり強めに抑え込んでる。

 

逃げて行ったのは、リオンリオン。テン3ハロンは35.2秒。かなり早い逃げ。サトノソロモンのテン3ハロンは、35.6秒。逃げ馬に釣られて、コース形態から見てもかなり早めで進む。

 

1角-2角。内2頭外を回って行く、サトノソロモン。

 

向正面。逃げ馬・リオンリオンのペースはグッと遅くなっていく。4ハロン目から8ハロン目まではスローペース。サトノソロモンは、中団の外目を強めに抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外をきっちり回って行く、サトノソロモン。抑えつつ。

 

直線。大外を回り続けたこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追うサトノソロモン。伸びはあるものの、前を走ってるクールウォーターが外に寄れて、その後ろで追ってたアイスブラストも釣られる。追っていた、サトノソロモンの前にアイスブラストが入って来る。外からルヴォルグが伸びてきて、進路が消えてブレーキ踏む。サトノソロモンは外に切り替えて追うも、流してる感。7着。上がり3ハロン34.7秒。

 

サトノソロモン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2019・過去結果データメモ】サトノソロモンの斤量は大寒桜賞と変わらずの56キロ。前走のサトノソロモンは、テン3ハロンかなり早めで進み、次の5ハロンはスローペースで流れるラップを走った。

 

サトノソロモンは少頭数ながらも外枠。スタート後、軽く促してスピードに乗せるも逃げ馬のペースが早く、釣られないように強めに抑え込む。それでもテン3ハロン35.6秒とかなり早めの展開に。先行の外から、距離ロス抱えつつ回る。向正面でペースががくんと落ちて脚溜められるペースが続く。3角-4角も距離ロス抱えて回って行く。直線は外目から追って伸びていたものの、前に入ってこられて外から伸びてる馬もして挟まれ気味にブレーキ。そこからは流す感じでゴール。上がり3ハロン34.7秒。7着。

 

テン3ハロンかなり早めに距離ロスありつつ回って行き、脚の溜められるハロンが続くも、再度距離ロスして、直線の不利。それでいて、流し気味の入線も上がり3ハロン34.7秒あった。脚溜められるハロンあっての上がりではあるが、テン3ハロン逃げ馬の早さに釣られて距離ロスあったのは見逃せない。ヒモには入れたい前走内容。

 

京都新聞杯2019最終追い切り・

栗東CW 不 85.6-68.7-53.8-39.6-12.4<6>馬なり余力

 

めぐる京都 (Leaf MOOK)

 

京都新聞杯2018

2018年京都新聞杯・レース過去結果データ

 

京都新聞杯2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.5-11.7/11.7-12.1/13.2-12.6-12.1/11.3-11.4-11.9

 

1着・ステイフーリッシュ(7番人気・藤岡佑介騎手・馬体重454kg)

2着・アドマイヤアルバ(11番人気・岩田康誠騎手・馬体重464kg)

3着・シャルドネゴールド(4番人気・ボウマン騎手・馬体重440kg)

 

オッズ・過去配当結果

京都新聞杯2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 1280円

複勝 13・390円/8・670円/15・370円

 

1着・ステイフーリッシュ(オッズ・7番人気)

2018年京都新聞杯1着、ステイフーリッシュ(オッズ・7番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、共同通信杯(東京競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、9番・10着。中谷雄太騎手。

 

前走は、共同通信杯

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.9-11.1-11.7/12.3-12.2-12.4/11.7-11.5-11.6

 

ステイフーリッシュは、7枠9番からスタート。出遅れ。強めに抑え込んで、後方から。

 

逃げて行ったのは、コスモイグナーツ。テン3ハロン35.7秒。遅くもなく、早くもなくな標準くらいの逃げ。ステイフーリッシュのテン3ハロンは38.1秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準前後で推移していく流れ。ステイフーリッシュは、後方3番手で強めに抑えつつ追走していく。

 

3角-4角。内2頭外を回って、促していくステイフーリッシュ。外目に振っていく。

 

直線。外へ出して行ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って、追う。伸びていく。しかし、前を交わして行けるだけの脚にならず。ステイフーリッシュ10着。上がり3ハロン34.1秒。

 

ステイフーリッシュ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2018・過去結果データメモ】ステイフーリッシュの斤量は共同通信杯と変わらずの56キロ。前走のステイフーリッシュは、テン3ハロン標準で流れ、中間ラップもおおよそ標準で流れるレースを走った。

 

ステイフーリッシュは、出遅れたものの、二の脚次いで行けそうな勢い。しかし、強めに手綱引いて後方へ下がる。標準くらいのペースな中、強めに抑えつつ抑えつつの道中。3角あたりから外目に振って行って、距離ロス抱えつつ回っていく。直線は追って、伸びて行くも前に届かずの10着。上がり3ハロン34.1秒。

 

競馬新聞的にはスローペース表記になっているものの、せいぜいミドルペースと評価していいレース。ステイフーリッシュは出遅れて、前に取り付けそうな感じあるも、鞍上が強めに手綱引いて勢いが喧嘩している。こういうとき、よくかかり気味に走ってるように見えるのだけど、ステイフーリッシュもそんな感じで走ってる。

 

コーナー2回のコースでテン3ハロン38.1秒というのは、コーナー4つに延長した時の擬似的体験してるようなもの。鞍上が馬と喧嘩しつつその流れに乗って行こうとした。標準くらいのペースで距離ロスあって、上がり3ハロン34.1秒出せれば「コーナー4つ向きだったか」と思う結果になることは多い。

 

重賞に限らず、距離延長の成功例でもある。

 

京都新聞杯2018最終追い切り・

栗東坂路 良 55.5-40.0-25.4-12.6 一杯に追う

 

ホープフルステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
ホープフルステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  ホープフルステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見るホープフルステークス(ラジオたんぱ2歳、ラジオ ...

続きを見る

共同通信杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
共同通信杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  共同通信杯2020競馬予想。過去のレース結果を見る共同通信杯の歴代勝ち馬。優勝馬1着から3着馬の前走傾向を ...

続きを見る

 

2着・アドマイヤアルバ(オッズ・11番人気)

2018年京都新聞杯2着、アドマイヤアルバ(オッズ・11番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、3歳500万下(阪神競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、1番・1着。川田将雅騎手。

 

前走は、3歳500万下

馬場状態・重馬場に近い、稍重馬場

レースラップ・12.4-10.8-11.2/11.4-12.1/11.8-12.4-12.4

 

アドマイヤアルバは、1枠1番からスタート。発馬決めて、軽く促して前目。行きたい馬を行かせるのに抑えつつ先行。1頭外に出す。

 

逃げて行ったのは、タガノビバナ。テン3ハロン34.4秒。馬場状態考えてもかなり早い超ハイペース。アドマイヤアルバのテン3ハロンは35.4秒。こちらの数字でも早い先行。

 

向正面。逃げ馬のペースはかなり早いままを継続して行く。アドマイヤアルバは、先行の真ん中で、ハイペースに引っ張られないようにかなり強めに体重を後ろに乗せるくらいに抑え込みつつ、追走して行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、アドマイヤアルバ。促しつつ。

 

直線。入り口で4番手、5番手。進路を探しつつ、追い出して行くアドマイヤアルバ。進路を発見して追って、追う。伸びて伸びて行く。内から伸びて来た2着馬・バトルマイスターと競合いになるも、クビ差交わさせずゴール。1着。アドマイヤアルバの上がり3ハロン35.7秒。

 

アドマイヤアルバ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2018・過去結果データメモ】アドマイヤアルバの斤量は3歳500万下と変わらずの56キロ。前走のアドマイヤアルバは、テン3ハロンかなり早めで流れ、中間ラップも衰え知らずのハイペースで流れたレースを走った。

 

アドマイヤアルバは発馬決めて、軽く促して前目。行きたい馬を行かせつつ抑えつつ、1番枠からも1頭外に出す。逃げ馬が馬場状態を味方にしてかなり飛ばしてハイペースで流れて、中間ラップもかなり早め。アドマイヤアルバはその早さにつられないようにかなり強めに抑え込んで抑え込んでの道中。3角-4角は距離ロス少なく回る。直線は進路探しつつも追って伸びて競り合うも1着。上がり3ハロン35.7秒。

 

テン3ハロン〜中間からかなりのハイペースに影響を受けまくって、アドマイヤアルバ自身のラップも早く流れて行った。ハイペースの負荷を受け続けて、上がり3ハロン35.7秒出せたのは評価できる。次走、コーナー増えて距離伸びたとき、当たり前に流れるペースが遅くなるとゆったり走れる分末脚が溜まることが多いパターン。アドマイヤアルバはそのタイプだったかと。

 

重賞じゃなくてもこの手のパターンは大なり小なりあるので注意。

 

京都新聞杯2018最終追い切り・

栗東CW 良 82.0-65.5-51.0-37.4-12.0<5>一杯に追う

 

3着・シャルドネゴールド(オッズ・4番人気)

2018年京都新聞杯3着、シャルドネゴールド(オッズ・4番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、毎日杯(阪神競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、4番・7着。川田将雅騎手。

 

前走は、毎日杯

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.9-11.6-11.5/12.0-12.3-12.1/11.5-11.1-11.5

 

シャルドネゴールドは、4枠4番からスタート。発馬まずまず抑えつつ、前目。外から逃げて行ったウォーターパルフェを行かせるのに抑え込んで行っての、先行。3番手、4番手。

 

逃げて行ったのは、ウォーターパルフェ。テン3ハロン36.0秒。少し遅めの逃げ。シャルドネゴールドのテン3ハロンは、36.2秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは、標準前後で進んで行く。シャルドネゴールドは、抑え込みつつ、逃げ馬の外へ付けて行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、シャルドネゴールド。

 

直線。入り口で3番手。外を回ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追うシャルドネゴールド。内から抜け出した馬を交わす程伸びきれない中、外から、ギベオン・インディチャンプに交わされて行く。伸びはあるものの、シャルドネゴールド7着。上がり3ハロン34.6秒。

 

シャルドネゴールド・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2018・過去結果データメモ】シャルドネゴールドの斤量は毎日杯と変わらずの56キロ。前走のシャルドネゴールドは、テン3ハロン少し遅めで進み、中間ラップは標準前後で流れたレースを走った。

 

シャルドネゴールドは、スタートまずまずから抑えつつ前目へ。逃げ馬を行かせるのに抑え込んで都合を通してあげる。3番手4番手で抑えつつの展開。ペースは少し遅めから標準くらいの流れ。3角-4角、距離ロス少なく回りつつ。直線は追って伸びて行ってるものの伸びきれずの7着。上がり3ハロン34.6秒。

 

単純に書くと、コーナー2回の競馬だとペースが早すぎる馬。距離適性がコーナー4つにあるタイプ。スタート後逃げ馬を待ってあげて、少し遅い程度の流れで脚溜めつつの上がり3ハロン34.6秒あれば、ヒモには入れておいた方がいいかと。

 

京都新聞杯2018最終追い切り・

栗東坂路 良 55.1-40.1-25.3-12.3 馬なり余力

 

毎日杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
毎日杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  毎日杯2020競馬予想。過去のレース結果を見る毎日杯の歴代勝ち馬・優勝馬1着から3着馬の前走傾向をレース映 ...

続きを見る

 

京都人のいつものお昼

 

京都新聞杯2017

2017年京都新聞杯・過去レース結果データ

 

京都新聞杯2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.1-12.8/12.4-13.1/13.1-12.7-12.6/11.6-11.5-11.6

 

1着・プラチナムバレット(2番人気・浜中俊騎手・馬体重480kg)

2着・サトノクロニクル(1番人気・川田将雅騎手・馬体重456kg)

3着・ダノンディスタンス(6番人気・和田竜二騎手・馬体重522kg)

 

オッズ・過去配当結果

京都新聞杯2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 420円

複勝 11・170円/3・150円/2・350円

 

1着・プラチナムバレット(オッズ・2番人気)

2017年京都新聞杯1着、プラチナムバレット(オッズ・2番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)の前走は、はなみずき賞(阪神競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、6番・1着。浜中俊騎手。

 

前走は、はなみずき賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.5-12.8/12.7/12.5-12.6-12.7/11.5-11.4-11.6

 

プラチナムバレットは、6枠6番からスタート。発馬決めて、強めに抑えつつ前目へ。内から押して行ってた馬の都合を通して先に行かせるのにかなり強めに抑え込む。

 

逃げて行ったのは、ロードアルバータ。テン3ハロン37.1秒。少し遅めの逃げ。プラチナムバレットのテン3ハロンは38.0秒。

 

1角-2角。内1頭外、逃げ馬の外を強めに抑え込んで回る→インベタ。1角入りの際、力が喧嘩して軽く躓いてる。2番手。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準から少し遅めで進む。残り800mから早くならず、遅くなる。プラチナムバレットは、2番手のインを抑えつつ、折り合いつつ追走。向正面終わりで、アドマイヤアゼリが交わして行く。外に出して行って3角入り。

 

3角-4角。内1頭半くらい外を回って、追い出しの準備をして行くプラチナムバレット。

 

直線。外目に出していったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追うプラチナムバレット。伸びて、残り300m過ぎで先頭。追って、追って、追う。伸びて行って、外からエクレアスパークルが差して来るもクビ差交わさせずゴール。1着。プラチナムバレットの上がり3ハロン34.3秒。

 

プラチナムバレット・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2017・過去結果データメモ】プラチナムバレットの斤量ははなみずき賞と変わらずの56キロ。前走のプラチナムバレットは、テン3ハロン少し遅めで進み、中間ラップは標準前後で流れ、残り800mでスローに落ちて追い出しが伸びる形のレースを走った。

 

プラチナムバレットはスタート決めて、強めに抑えつつ、内から逃げたい馬を行かせる。プラチナムバレットが抑え込んでるスピードと押して押して出してるスピードに差があって、プラチナムバレットが「どうにか先に行って」と気を使ってる状態が続く。

 

ペースは少し遅め→標準前後→スローに落ちる1ハロン。向正面で抑えつつ、脚溜めつつ。交わして行く馬をやって、外目に出して行き3角-4角は距離ロス少し抱えつつ回る。直線、追って伸びて行って先頭。後続が迫ってくるも交わさせず1着。上がり3ハロン34.3秒。

 

スタート後逃げ馬の都合を通してあげた→(距離ロスは少な目+脚は少し溜めやすいペース)=上がり3ハロン34.3秒。相手関係にもよるが、馬券になる可能性はある前走。

 

京都新聞杯2017最終追い切り・

栗東CW 良 85.4-68.4-52.8-38.0-11.5<7>馬なり伸びる

 

2着・サトノクロニクル(オッズ・1番人気)

2017年京都新聞杯2着、サトノクロニクル(オッズ・1番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、水仙賞(中山競馬場・芝2200m)でした。

 

枠順は、2番・2着。フォーリー騎手。

 

前走は、水仙賞

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.9-12.1-13.1/13.0-13.2/12.9-13.1-12.5/11.7-11.2-11.5

 

サトノクロニクルは、2枠2番からスタート。発馬決めて、抑えつつ前目へ。行きたい馬を行かせつつ、中団の内目へ。

 

逃げて行ったのは、イブキ。テン3ハロン38.1秒。かなり遅い逃げ。サトノクロニクルのテン3ハロンは38.7秒。ドスローペース。

 

1角-2角。中団の内目を抑えつつ回って行く、サトノクロニクル。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続して行く。ドスローのヨーイドンの準備。サトノクロニクルは、中団のインを抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。インベタ→4角入って、追い出しつつ内1頭半外へ出して回って行く。

 

直線。外目に出して行って、追って追うサトノクロニクル。伸びて伸びて伸びて行く。逃げ馬・イブキが残ろうとしているところへ追い込んで行く。しかし、1/2馬身差届かず。サトノクロニクル2着。上がり3ハロン33.7秒。上がり最速。

 

サトノクロニクル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2017・過去結果データメモ】サトノクロニクルの斤量は水仙賞と変わらずの56キロ。前走のサトノクロニクルは、テン3ハロンドスローペース、中間ラップも遅いまま流れるレースを走った。

 

サトノクロニクルはスタート決めつつ、抑えつつ前目に向かう。行きたい馬を行かせつつ、待ちつつ、中団のインへ。ドスローなペースの中、距離ロス少なく回って行く。向正面でも脚溜めつつ、折り合いつつ。3角はインベタで周り、4角から外目に出して行って追い出して行く。直線は大外へ出して回って、追って追う。伸びはかなりあり、逃げ残ろうとしているイブキを捕まえに行くが交わせずのゴール。サトノクロニクル2着。上がり3ハロン33.7秒。上がり最速。

 

スタート後行きたい馬を待った→ドスロペースで脚溜めまくりつつ、距離ロス少なく回って、直線追って伸びての上がり33.7秒の最速。テンでイブキにハンデあげつつの結果であり、馬券の買い目からは外さない方がいいパターン。

 

京都新聞杯2017最終追い切り・

栗東CW 良 52.2-38.2-11.6<5>ゴール前気合い付け

 

3着・ダノンディスタンス(オッズ・6番人気)

2017年京都新聞杯3着、ダノンディスタンス(オッズ・6番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、すみれステークス(阪神競馬場・芝2200m)でした。

 

枠順は、6番・5着。和田竜二騎手。

 

前走は、すみれステークス

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.5-11.1-12.1/12.7-12.9/12.4-12.3-12.1/11.8-11.9-12.3

 

ダノンディスタンスは、6枠6番からスタート。発馬決めて。押して押して脚をつなげて行く。前目に向かうも、内からの馬の脚が早く中団の外目に付ける。

 

逃げて行ったのは、タガノアシュラ。テン3ハロン35.7秒。遅めの逃げ。ダノンディスタンスのテン3ハロンは36.3秒。

 

1角-2角。内2頭外を回って行く、ダノンディスタンス。抑えつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースは、遅め2ハロン→標準前後の3ハロンで流れて行く。ダノンディスタンスは中団の外目を抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外をきっちり回って行く、ダノンディスタンス。4角入ったあたりから追い出し開始。追って、追って追う。

 

直線。入り口で4番手。追い続けてく、ダノンディスタンス。追って、追う。しかし、伸びはあるものの、交わして行く伸びは見られない。ダノンディスタンス5着。上がり3ハロン37.3秒。

 

ダノンディスタンス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【京都新聞杯2017・過去結果データメモ】ダノンディスタンスの斤量はすみれステークスと変わらずの56キロ。前走のダノンディスタンスは、テン3ハロン少し遅めで進み、2ハロン遅めののち、中間ラップは標準前後で流れるレースを走った。

 

ダノンディスタンスは発馬決めて、押して押して前へ。しかし他馬の勢いがあり、一転抑え込んで中団の外目へ。距離ロス抱えつつ回って行く。ゆっくりになる2ハロンののち、ペースアップ。標準くらいの流れが3ハロン続いて行く。脚溜めつつの道中。3角-4角も距離ロス抱えつつ回りつつ、追い出し開始。直線は追って伸びるも伸びきれず、5着。上がり3ハロン37.3秒。

 

スタート後押して押してスピードに乗せたのを押さえ込んだのは、力が相反して負荷になりやすい。頭数少なかったものの距離ロスも負荷。ヒモに入れるのがいいかと。

 

京都新聞杯2017最終追い切り・

栗東坂路 良 54.1-39.9-25.9-12.6 一杯に追う

 

京都2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
京都2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  京都2歳ステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る京都2歳ステークスの歴代優勝馬・勝ち馬1着から3 ...

続きを見る

 

日本の庭 京都

 

以上、京都新聞杯2020競馬予想に。過去の結果から1~3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.