競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

毎日杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

毎日杯 競馬予想 過去

 

毎日杯2020競馬予想。過去のレース結果を見る

毎日杯2020(G3)。阪神競馬場・芝1800mで行われます。

 

2020年の毎日杯。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の毎日杯のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、毎日杯。

 

1着賞金3800万円。3歳馬によるレース。

 

毎日杯の歴代勝ち馬・優勝馬

ヒシマサル・シクレノンシェリフ・メルシーステージ・タイキフォーチュン・テイエムトップダン・ミラクルタイム・テイエムオペラオー・クロフネ・チアズシュタルク・タカラシャーディー・キングカメハメハ・ローゼンクロイツ・アドマイヤメイン(以上、阪神芝2000m時代)。ナムラマース・ディープスカイ・アイアンルック・ダノンシャンティ・レッドデイヴィス・ヒストリカル・キズナ・マイネルフロスト・ミュゼエイリアン・スマートオーディンなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

毎日杯の競馬予想、参考データと言っても、過去の毎日杯のレース映像分析ではありません。

 

過去の毎日杯の結果、1着~3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の毎日杯のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

毎日杯で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? アルアイン・ブラストワンピース・ランスオブプラーナ。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去の毎日杯で馬券になったのか。ウーリリ・ギベオン・サトノアーサー。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




毎日杯競馬予想2020【過去レース映像消去法】

毎日杯のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去に毎日杯というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去に毎日杯が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱・出走表に書かれない激走買いデータをまとめます。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

毎日杯の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも毎日杯の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

過去の毎日杯の前走を文字起こし

例えるならば、過去の毎日杯で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年の毎日杯の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク




毎日杯2019

2019年毎日杯・レース過去結果データ

 

毎日杯2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.9-11.5-12.1/12.2-12.0-12.2/11.2-11.2-11.9

 

1着・ランスオブプラーナ(3番人気・松山弘平騎手・馬体重462kg)

2着・ウーリリ(2番人気・福永祐一騎手・馬体重492kg)

3着・ヴァンドギャルド(1番人気・ルメール騎手・馬体重464kg)

 

オッズ・過去配当結果

毎日杯2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 510円

複勝 1・150円/2・160円/13・130円

 

1着・ランスオブプラーナ(オッズ・3番人気)

2019年毎日杯1着、ランスオブプラーナ(オッズ・3番人気。血統・ケープブランコ産駒)の前走は、アルメリア賞(阪神競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、2番・1着。松山弘平騎手。

 

前走は、アルメリア賞

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・13.1-11.8-11.6/12.0-12.2-12.4/11.4-11.1-11.9

 

ランスオブプラーナは、2枠2番からスタート。発馬決めて、抑えつつ前目、逃げて行く。ランスオブプラーナのテン3ハロンは36.5秒。遅めの逃げ。

 

向正面。抑えつつも、ランスオブプラーナのペースは早くなっていく。ため逃げはせず、ペースアップしていく。近づいていた後続が離れていく。

 

3角-4角。インベタで回っていく、ランスオブプラーナ。

 

直線。促すくらいで、後続を引き寄せつつ進んでいく。残り300m過ぎから追い出し開始。追って、追う。伸びて行って後続を離して行く。後続が迫ってくるものの、交わさせずゴール。ランスオブプラーナ1着。上がり3ハロン34.4秒。

 

スポンサーリンク




ランスオブプラーナ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2019・過去結果データメモ】ランスオブプラーナの斤量はアルメリア賞と変わらずの56キロ。前走のランスオブプラーナは、テン3ハロン少し遅めに逃げて行き、中間ラップから早めになるペースを作って行き後続を離して行く流れを走った。

 

ランスオブプラーナはテン3ハロンは遅く逃げたものの、中間ラップからハイペース気味に逃げて行く。そのままインベタで回って直線も伸びての1着。上がり3ハロン34.4秒。きつい流れになる部分を自ら作って、直線は垂れずに伸びられたのは評価できる内容。今回1番枠なのも有利に進めめられるポイントだったかと。テン3ハロンがもう少し早く走れれば、本命度は上がるイメージ。

 

毎日杯2019最終追い切り・

栗東CW 良 81.9-65.8-51.3-38.1-12.4<8>一杯に追う

 

2着・ウーリリ(オッズ・2番人気)

2019年毎日杯2着、ウーリリ(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(京都競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、12番・1着。福永祐一騎手。

 

前走は、2歳新馬戦

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.7-12.4/12.8-12.8-12.7/11.7-11.3-11.2

 

ウーリリは、6枠12番からスタート。発馬決めて、強めに抑えつつ前目へ。先行の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、サンピラーアイ。テン3ハロン37.1秒。遅めの逃げ。ウーリリのテン3ハロンは37.7秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続して走って行く。ウーリリは先行の外目を抑えつつ追走していく。

 

3角-4角。内2頭外→内3頭外をきっちり回って行く、ウーリリ。

 

直線。外目を回ったこともあり、追い出せる位置は確保。じわじわ促して行き、追って、追って追う。伸びて伸びて行く、ウーリリ。2着馬・ミッキーブリランテと競り合いになるも、クビ差先着。ウーリリ1着。上がり3ハロン34.0秒。

 

ウーリリ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2019・過去結果データメモ】ウーリリの斤量は2歳新馬戦から1キロ増の56キロ。前走のウーリリは、テン3ハロン遅めで進み、中間ラップも遅いままなレースを走った。

 

ウーリリはスタート決めて、抑えつつ先行ポジションの外目につけて行く。道中も抑えつつ。距離ロス抱えつつ回って来て、直線は競い合いになるも、交わさせずの1着。上がり3ハロン34.0秒。

 

スローペースの距離ロスして上がりありパターン。

 

競い合って2着だったミッキーブリランテは、次走で勝ち上がってシンザン記念3着。3歳500万下1着。気にしてないと忘れてしまうことではあるものの、2着に下した馬の方が先に重賞で馬券になってたパターンでもある。ウーリリと比べて脚質的に少し差はあるものの、逃げ馬と追い込み馬みたいな差ではないので、この先にたようなことがあった場合、加点ポイントにはなるかと(重賞に関係なく起こる話)。

 

毎日杯2019最終追い切り・

栗東P 良 82.6-66.6-51.9-38.3-11.9<7>馬なり余力

 

新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、コツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】
新馬戦、メイクデビューの予想方法。馬券の買い方、競馬のコツと傾向。情報、評価、調教、追い切り映像、強い厩舎、血統、パドック、能力試験動画【中央、地方】

  新馬戦。メイクデビューの競馬予想方法。馬券の買い方、傾向攻略のコツ新馬戦出走馬のスケジュール、デビュー予定 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




3着・ヴァンドギャルド(オッズ・1番人気)

2019年毎日杯3着、ヴァンドギャルド(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、きさらぎ賞(京都競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、3番・4着。M.デムーロ騎手。

 

前走は、きさらぎ賞

馬場状態・雨の降る、稍重馬場に近づいてる良馬場

レースラップ・13.0-11.3-12.0/12.3-12.6-12.4/12.0-11.5-11.9

 

ヴァンドギャルドは、3枠3番からスタート。発馬決めて、押して行くも抑え込んで前目へ。中団の内目。

 

逃げて行ったのは、ランスオブプラーナ。テン3ハロン36.3秒。遅めの逃げ。ヴァンドギャルドのテン3ハロンは37.3秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準前後を継続して行く。ヴァンドギャルドは、中団の外目を抑え込みつつ追走して行く。

 

3角-4角。3番手まで上がって、抑えつつ、内1頭外を回って行くヴァンドギャルド。

 

直線。入り口で3番手。追って追う、ヴァンドギャルド。伸びて伸びて行くところ、外から2着馬・タガノディアマンテに抜かれてく。それでも伸びて、逃げ馬を交わせる寸前のところでゴール。ヴァンドギャルド4着。上がり3ハロン35.1秒。

 

ヴァンドギャルド・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2019・過去結果データメモ】ヴァンドギャルドの斤量はきさらぎ賞と変わらずの56キロ。前走のヴァンドギャルドは、テン3ハロン遅めで流れ、中間ラップは標準前後で推移して行く流れを走った。

 

ヴァンドギャルドは発馬決めて、促して先行ポジションへ。抑えて、脚溜めつつの競馬。距離ロス少なく回りつつ、直線、追って伸びて行くものの逃げ馬を交わすまでには至らずの4着。上がり3ハロン35.1秒。

 

ペースは遅めで流れた上がりとしては評価できる数字ではある。ヒモにはいれたい。

 

毎日杯2019最終追い切り・

栗東CW 良 51.4-38.0-12.0<6>末強め余力

 

伊藤園 毎日1杯の青汁 紙パック 200ml ×24本

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
東京スポーツ杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  東京スポーツ杯2歳ステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る東京スポーツ杯2歳ステークス、歴代の勝 ...

続きを見る

ホープフルステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
ホープフルステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  ホープフルステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見るホープフルステークス(ラジオたんぱ2歳、ラジオ ...

続きを見る

きさらぎ賞2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
きさらぎ賞2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  きさらぎ賞2020競馬予想。過去のレース結果を見るきさらぎ賞の歴代優勝馬・勝ち馬1着から3着馬の前走傾向を ...

続きを見る

 

毎日杯2018

2018年毎日杯・レース過去結果データ

 

毎日杯2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.9-11.6-11.5/12.0-12.3-12.1/11.5-11.1-11.5

 

1着・ブラストワンピース(1番人気・池添謙一騎手・馬体重522kg)

2着・ギベオン(2番人気・バルジュー騎手・馬体重502kg)

3着・インディチャンプ(3番人気・岩田康誠騎手・馬体重460kg)

 

スポンサーリンク




オッズ・過去配当結果

毎日杯2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 250円

複勝 1・120円/5・130円/3・140円

 

1着・ブラストワンピース(オッズ・1番人気)

2018年毎日杯1着、ブラストワンピース(オッズ・1番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、ゆりかもめ賞(東京競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、12番・1着。池添謙一騎手。

 

前走は、ゆりかもめ賞

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.7-11.5-13.1/12.1-12.2-12.6/12.6-12.9-12.5/11.9-11.8-11.7

 

ブラストワンピースは、7枠12番からスタート。若干後手な発馬。抑えつつ、中団後方の外につけて行く。

 

逃げて行ったのは、エルティグレ。テン3ハロン37.3秒。少し遅い逃げ。ブラストワンピースのテン3ハロンは38.7秒。

 

1角-2角。内に1頭外を回って行く、ブラストワンピース。

 

向正面。逃げ馬がアドマイヤキングに変わる。2ハロン早くなるも、ペースは標準前後で進む。ブラストワンピースは後方馬群の中で抑えつつ、折り合いつつ。

 

3角-4角。内1頭外→内2頭外を回って行く、ブラストワンピース。

 

直線。入り口では、後方馬群の中。促しつつ、進路を見つけて行く(少し他馬に迷惑かけてるが)。追って、追うブラストワンピース。伸びて、伸びて行って、先頭に出て行く。そこからは追う手を少しずつ緩めつつゴール。ブラストワンピース1着。上がり3ハロン34.0秒。

 

ブラストワンピース・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2018・過去結果データメモ】ブラストワンピースの斤量はゆりかもめ賞と変わらずの56キロ。前走のブラストワンピースは、テン3ハロン少し遅め→4ハロン目5ハロン目に少し早くなり、標準前後で進む流れを走った。

 

初シャドーロール。ブラストワンピースはスタート少し後手気味に切る。抑えつつ、中団後方へ。距離ロス少なく回って行く。向正面で逃げ馬が変わって行ったこともあり、ペースが少し早くなる。ブラストワンピースは後方馬群の中で折り合って、脚溜める。3角-4角で距離ロス増しつつ回って行く。直線は内目を突きつつ伸びて来て、上がり3ハロン34.0秒の最速でゴール。1着。

 

テン3ハロンは少し遅かったものの、早めに流れるハロンがありつつの脚のためにくい流れ。距離ロスは多くなかったが、それでも直線追って伸びての34.0秒は早い(他馬に軽くぶつかってるが)。

 

ブラストワンピース距離短縮になるが、新馬戦は東京芝1800m。こなせる範囲。馬券から消してはいけないタイプ。

 

毎日杯2018最終追い切り・

美浦W 良 52.3-37.2-12.6<4>強目に追う

 

2着・ギベオン(オッズ・2番人気)

2018年毎日杯2着、ギベオン(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、フリージア賞(東京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、7番・1着。ルメール騎手。

 

前走は、フリージア賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-12.0-12.4/12.6/12.5-12.5-12.3/11.3-11.1-11.8

 

ギベオンは、6枠7番からスタート。出遅れ。抑えつつ、内へ入れて行く。後方の外目から。

 

逃げて行ったのは、ホリデーモード。テン3ハロンを37.4秒で。遅い逃げ。ギベオンのテン3ハロンは38.7秒。

 

2角。抑え込みつつ、内1頭外を回って行くギベオン。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準から少し早めで進む。かかり気味に上がって行った、マイネルファンロンに引っ張られないようにギベオンは強めに抑え込んでるシーンがある。後方追走から抑えつつも少し上がる。

 

3角-4角。内2頭外→内3頭外へ出して行く、ギベオン。

 

直線。馬なりから促しつつじわじわ上がる、ギベオン。追って、追って行く。残り200mで3番手も追って、伸びて交わす。差し切って、ギベオン1着。上がり3ハロン33.7秒。最速。

 

ギベオン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2018・過去結果データメモ】ギベオンの斤量はフリージア賞と変わらずの56キロ。前走のギベオンは、テン3ハロン少し遅め流れ→中間ラップは標準から少し早めで流れたレースを走った。

 

ギベオンは出遅れて、抑えつつ後方の外から。向正面に入ったあたりで、上がって行ったマイネルファンロンに外からこすられて、上がりそうになるのを抑えてるシーンが見られる。一旦抑えたものの、その後ジワリ中団まで上がる。3角-4角で距離ロス抱えて回って行って、直線は追って伸びての1着。上がり3ハロン33.7秒の最速。

 

距離ロスあって、上がり最速は買いパターン。

 

毎日杯2018最終追い切り・

栗東芝 不 89.1-71.9-54.4-38.8-12.5<1>馬なり余力

 

3着・インディチャンプ(オッズ・3番人気)

2018年毎日杯3着、インディチャンプ(オッズ・3番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、3歳500万下(京都競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、2番・1着。岩田康誠騎手。

 

前走は、3歳500万下

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.9-12.0/12.9-12.8/12.5-11.3-11.0

 

インディチャンプは、2枠2番からスタート。出遅れ。内に入れて、抑えつつ後方からの競馬。

 

逃げて行ったのは、ハゼル。テン3ハロン36.7秒。かなり遅い逃げ。インディチャンプのテン3ハロンは37.8秒。ウルトラパワフルドスロー。

 

向正面。逃げ馬のペースはかなり遅いままを継続して行く。ドスローに輪をかけて行く流れ。インディチャンプは、強目に抑え込まれて、最後方で脚を溜めて行く。

 

3角-4角。インベタ追走も、じわじわ促して行って外めに出していく。

 

直線。入り口では最後方。追って、追って追うインディチャンプ。伸びて伸びて行って、先頭に立つ。交わしてからは余韻で伸びて行って、1着でゴール。インディチャンプの上がり3ハロンは33.8秒の最速。

 

インディチャンプ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2018・過去結果データメモ】インディチャンプの斤量は3歳500万下と変わらずの56キロ。前走のインディチャンプは、テン3ハロンドスローで流れ、中間ラップもスローを継続して行くレースを走った。

 

インディチャンプは出遅れ。無理に挽回はせず内に入れて行って最後方からの競馬。ドスローで流れる中、脚を溜めて行く。3角-4角でも距離ロスはまず、直線へ向かうときに外に振って行く。直線は追って伸びて伸びて、先頭に立ってからは追い方を緩めて行ってゴール。1着。上がり3ハロン33.8秒の最速。

 

ドスローから出した上がりとしては優秀な数字。前を交わすのに必要最低限近くな追い方で上がり最速なのも加点ポイント。

 

毎日杯2018最終追い切り・

栗東坂路 不 53.2-38.7-25.7-13.3 馬なり余力

 

雪印メグミルク 毎日骨太MBPスキム 200g

 

毎日杯2017

2017年毎日杯・過去レース結果データ

 

毎日杯2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.1-11.6/12.2-12.7-12.0/11.1-11.3-12.0

 

1着・アルアイン(2番人気・松山弘平騎手・馬体重520kg)

2着・サトノアーサー(1番人気・川田将雅騎手・馬体重472kg)

3着・キセキ(7番人気・シュタルケ騎手・馬体重482kg)

 

オッズ・過去配当結果

毎日杯2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 770円

複勝 3・150円/1・110円/6・320円

 

1着・アルアイン(オッズ・2番人気)

2017年毎日杯1着、アルアイン(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、シンザン記念(京都競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、7番・6着。シュミノー騎手。

 

前走は、シンザン記念

馬場状態・雨の降る重馬場

レースラップ・12.1-11.0-11.4/12.6-12.4/12.8-12.7-12.6

 

アルアインは、4枠7番からスタート。一つ内のブラックランナーの勢いがよく、アルアインは後手気味の発馬。促して促して、巻き返して前目へ。先行ポジションへ。

 

逃げて行ったのは、メイショウソウビ。テン3ハロン34.5秒。かなり早い逃げ。アルアインのテン3ハロンは35.0秒。馬場状態考えても早い先行。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めから標準くらいで流れていく。抑えつつ、中団を追走して行くアルアイン。

 

3角-4角。インへ潜り込んだ、アルアイン。おおよそインベタで回って行く。

 

直線。入り口で4番手5番手。追って、追い始めるも、飛ばしまくって行った逃げ馬が寄れる。アルアインの進路が急に塞がれる不利を食らう。立て直すのに時間かかりつつも、内を突いて行く。しかし、追って伸びて行くも脚を繋げて追い続けるには狭すぎる進路になり、伸びきれずのゴール。アルアイン6着。上がり3ハロン38.2秒。

 

アルアイン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2017・過去結果データメモ】アルアインの斤量はシンザン記念と変わらずの56キロ。前走のアルアインは、テン3ハロンかなり早めで流れ→中間ラップは少し早めから標準くらいの流れを走った。

 

アルアインは後手気味なスタートも促して行って、前目へ。誤算だったのは、かなりのハイペースに巻き込まれたことかと。アルアイン自身のペースもテン35.0秒と馬場状態からして早いラップで流れていく。中間ラップは標準くらいに戻って、インへ。インベタで回って行き、直線は追い出したところ、脚の無くなってフラッとした逃げ馬がよれて進路がなくなる不利。立て直して、内に進路見つけるも、脚を繋げて追って行くところまでは行かず。アルアイン6着。

 

ペースがハイペースで流れて行く中を走って、距離ロスなかったものの、直線はまともに終えない不利を食らっての6着。上がり38.2秒ではあるものの、まともに追えてなくてのもの。

 

確実にこの手の馬がいれば、買い目に入れたほうがいいタイプ。重賞以外でも。

 

毎日杯2017最終追い切り・

栗東CW 不 53.3-38.6-11.7<8>一杯に追う伸びる

 

シンザン記念2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
シンザン記念2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  シンザン記念2020競馬予想。過去のレース結果を見るシンザン記念の歴代優勝馬・勝ち馬1着から3着馬の前走傾 ...

続きを見る

 

2着・サトノアーサー(オッズ・1番人気)

2017年毎日杯2着、サトノアーサー(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、きさらぎ賞(京都競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、1番・2着。川田将雅騎手。

 

前走は、きさらぎ賞

馬場状態・重馬場

レースラップ・12.9-11.6-12.0/12.5-12.6-12.4/12.2-11.7-12.2

 

サトノアーサーは、1枠1番からスタート。発馬決めて、抑えつつ後方へ。じわじわ外に出して行く。

 

逃げて行ったのは、タガノアシュラ。テン3ハロンを36.5秒で。少し遅めの逃げ。サトノアーサーのテン3ハロンは、37.2秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは重馬場から考えて、標準前後で進んで行く。サトノアーサーは、後方の外目を抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。強めに抑えられつつ、内2頭外をきっちり回って行くサトノアーサー。

 

直線。外めに振って行って、追って、追うサトノアーサー。伸びて、伸びて行く。先に抜け出した、アメリカズカップを交わせなかったものの、2着まで上がる。上がり3ハロン36.0秒。

 

サトノアーサー・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2017・過去結果データメモ】サトノアーサーの斤量はきさらぎ賞と変わらずの56キロ。前走のサトノアーサーは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップは標準前後で流れたレースを走った。

 

サトノアーサーは、発馬決めて抑えつつ後方へ。外目に出して行く。距離ロス抱えつつも、折り合って回っていく。中間ラップはそこそこ流れる展開。直線は追って、伸びて行っての2着。上がり3ハロン36.0秒。

 

馬場状態の悪さ、距離ロス、遅くなりすぎなかったラップからして、36.0秒は評価していい数字。

 

毎日杯2017最終追い切り・

栗東CW 不 51.4-37.8-11.7<7>直強めで余力

 

3着・キセキ(オッズ・7番人気)

2017年毎日杯3着、キセキ(オッズ・7番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、すみれステークス(阪神競馬場・芝2200m)でした。

 

枠順は、5番・3着。川田将雅騎手。

 

前走は、すみれステークス

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.5-11.1-12.1/12.7-12.9/12.4-12.3-12.1/11.8-11.9-12.3

 

キセキは、5枠5番からスタート。発馬まずまず。抑えつつ、後方へ。前に入ってくる馬が2頭。その度に軽く寄られてる。かかり気味になるのを強めに抑えこむ。

 

逃げて行ったのは、タガノアシュラ。テン3ハロン35.7秒。遅めの逃げ。キセキのテン3ハロンは36.4秒。

 

1角-2角。行きたがるのを抑え込みつつ、内1頭外を回って行くキセキ。

 

向正面。逃げ馬のペースは2ハロン遅くなるものの、残り1200mから早くなって行く流れ。キセキは後方の真ん中で強めに抑え込みつつ、追走して行く。

 

3角-4角。促しつつ、内3頭外をきっちり回って行く、キセキ。

 

直線。大外へ振って行ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って追う、キセキ。ジワジワ伸びてくる。先に抜け出していた2頭を交わすまでには至らずの3着。キセキの上がり3ハロンは36.3秒。

 

キセキ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【毎日杯2017・過去結果データメモ】キセキの斤量はすみれステークスと変わらずの56キロ。前走のキセキは、テン3ハロン遅めで進み、遅くなる2ハロンののち、残り1200mから少しずつ早くなって行くレースを走った。

 

キセキはスタート後、抑えて後方から競馬していこうとするも、時間差で2頭に前に寄られるように入ってこられる。そのせいもあってか、かかり気味に走って行くことになる。外からこすられて前に進んでいかれると、前へ前へ行きたがるスイッチの入る馬はそこそこいて、キセキもそのタイプかと。

 

のちのち、キセキが古馬になってからテンの早い流れを作る競馬をして好走しているけど、その芽はもうこの時点であったと言っていい。前である程度テン早く競馬する方が向く脚質なのだけど(※1)、クラシックに向けて考えると「溜めて、脚使う競馬」を陣営を含めしたいと考えるもの。それゆえ、かかっても強く抑え込ませるように競馬したというレースだったかと。その分、キセキにとって負荷のかかる競馬になっての3着。脚ためにくい脚質ながらも、上がり3ハロン36.3秒だったという話。なかなか見極めのつきにくいパターンたけども、ヒモになら入れることは可能かと。

 

(※1)キタサンブラックみたいな競馬が本来向く脚質ということ。ただ、キセキの場合、神戸新聞杯2着ののち菊花賞を勝ったので、コーナー減なレースに使いにくかったんだと思われる。

 

毎日杯2017最終追い切り・

栗東CW 重 66.3-53.3-38.2-11.8<7>馬なり余力

 

【Amazon.co.jp 限定】2020日めくり! 毎日シャンシャン366日カレンダー(特典:シャンシャンPCデスクトップカレンダーデータ配信) (9784582646009)

 

未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師
未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師

  未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調 ...

続きを見る

 

以上、毎日杯2020競馬予想に。過去の結果から1~3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.