競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

馬券の当たる確率を上げる

ドワンゴが開発中の競馬予想AI(人工知能)「Mamba(まんば)」に関する記事から、馬券と感情について考える

ドワンゴが開発中の競馬予想AI(人工知能)「Mamba(まんば)」に関する記事から、馬券と感情について考える

 

ドワンゴが開発中の競馬予想AI(人工知能)「Mamba(まんば)」に関する記事から、馬券と感情について考える

競馬の天才! 競馬AI人口知能の末恐ろしい「予想力」

競馬最強の法則ではないか! でお馴染みの『競馬の天才! Vol.1』に、ドワンゴが開発中の競馬AI(いわゆる人工知能)「Mamba(まんば)」に関する記事が掲載されていました。

 

競馬AI、人工知能を開発している人の話はブログ記事だったり、ツイッターだったり、ドワンゴという大きな企業体ではなく個人レベルで開発している話を読んだりして来てました。

 

競馬予想におけるデータをどう加工するのかについて興味があるからです。身もふたもないけど、出された指数的な数字に興味はないのですが、過程にはとてつもなく興味があります(勉強できる部分ですからね)。

 

中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない
中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

  中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興 ...

続きを見る

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事
競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

  競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




感情を持たないことがAIのアドバンテージ

感情を持たないことがAIのアドバンテージ

競馬最強の法則、じゃなかった、競馬の天才に掲載されたドワンゴの競馬AI「Mamba」の記事を読んで「感情を持たないことがAIのアドバンテージ」という言葉が引っかかりました。

 

人間、感情を持たないで生活することは不可能ですから、余計に。「競馬予想と感情」「馬券と感情」「1/3の純情な感情」って、卒論になるネタだと思うし(自分が大学生だったら歌いながら書きそうだわ ♪壊れるほど愛しても〜 1/3馬身届かない〜って、カラオケ行きたくなるだろっ)。

 

AIなら、人工知能なら、馬券買うとき感情はいらないよな

馬券買い続けるとき巻き起こる感情。AIなら、人工知能なら、馬券買うとき感情はいらないよなぁ、と(「馬券は単勝だ! どやっ!」みたいなのはないという話。

 

AIにおいては承認欲求はないと……開発する側に承認欲求はあると思うものの……)。

 

自分が競走馬にお金を回して、育てて、調教して鍛えて、自分が騎手として騎乗するわけではない。幾つものクッションがあったところにお金をかけるのが馬券である(馬主だと違う部分はあるけど)。

 

そのカラクリを考えると、クッションの分だけ感情は確実に存在しますから、最終的に馬券の取捨選択をする自分の感情に性能の高い手綱をつけるかは、馬券の鍵となるわけだけど、そういうことも競馬AIであれば関係ないと(感情という概念がないんだから知ったこっちゃないわな)。

 

スポンサーリンク




競馬AIを使わない人が馬券を買い続けるとき、瞬間的に感情を持たないことは可能だろうか

競馬AIを使わない人が馬券を買い続けるとき、瞬間的に感情を持たないことは可能だろうか

流石に最初から終わりまで感情を持たないで競馬予想して馬券を買うのは無理でしょうけど、瞬間的に感情を持たないことは可能じゃないかなぁと前から考えてたのでした。

 

「瞬間的に感情を持たない」というのは言葉として変なのですが、馬券を買い続けていく際、自信が明確に沸き起こるスタンスに立てるようにしていれば、調教が悪いだの、馬体重が二桁減っただの、競馬予想家の印にセリフがどうの、そういう買い目を惑わす感触から逃れることはできるんじゃないだろうか。

 

競馬AIを使わない人が馬券を買い続けるとき、瞬間的に感情を持たないことは可能だろうか2

そのためには、データの偏りだけをアテにして馬券を買うスタンスでは難しいでしょう。

 

競馬予想や馬券に限らないけど「自信」というものは、その人その人固有の心模様であり、1事象1事象の積み重ねの上にしか芽生えないから(例えば、芝からダート替わりに関してデータを固まりで見ないで1レース1レース、1頭1頭見まくった上で再構築しているかどうか。

 

違う言い方をすると、何らかの形で経験のないことに「自信」があるとは言いづらい)。

 

競馬AIを使わない人が馬券を買い続けるとき、瞬間的に感情を持たないことは可能だろうか3

競馬AIはその果てしなく面倒なことをやってしまえてるわけですね(繰り返しになるけど感情がない以上、競馬AIに自信もないので行動が自信化するわけではない……ただ、データを扱ってる人の自信はどうだろ……)。

 

競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない
競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

  競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならな ...

続きを見る

競馬のデータを様々な方法で情報収集した際、必ず生じるタイムラグとノイズ除去の話。集計、解析しても、分析や見方を考える上で変わらないこと
競馬のデータを様々な方法で情報収集した際、必ず生じるタイムラグとノイズ除去の話。集計、解析しても、分析や見方を考える上で変わらないこと

  競馬のデータを様々な方法で情報収集した際、必ず生じるタイムラグとノイズ除去の話。集計、解析しても、分析や見 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




ビッグデータを扱うとき、スモールなことについて以上に詳しい方が有利だろう

ビッグデータを扱うとき、スモールなことについて以上に詳しい方が有利だろう

なんと言いましょうか、自分の仮説ですが。

 

あるビッグデータを扱うとき、スモールなことについて異常に詳しい方がビッグデータがより生きるような気がするんです。

 

違う角度から言うと、囲碁や将棋のAIが成功したのは「対戦相手が囲碁や将棋に詳しすぎる、感情を持つプロだったから」。

 

ビッグデータを扱うとき、スモールなことについて以上に詳しい方が有利だろう2

当たり前ですけど、感情のある側にはもう一つ「体力」が関わって来ます。感情を持つ側と感情のない側が戦ったら、感情がない側が有利です。それは、体力がない側なのですから。

 

感情を持つ人、対、感情を持つ人がすることを正式に囲碁や将棋をすると考える人もいると思うんです。

 

そこから考えると、競馬のAIはどうなるんだろうと。

 

……この話、たぶん、続く。

 

以上、ドワンゴが開発中の競馬AI(人工知能)「Mamba(まんば)」に関する記事から、馬券と感情について考えるという話でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本 (競馬王馬券攻略本シリーズ)

鈴木和幸 競馬・勝つ考え方―「時計」と「馬場」で迫るプロの競馬理論

井内利彰 増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書

 

-馬券の当たる確率を上げる
-, , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.