おすすめ本レビュー【面白い作品の感想】

お金を稼ぐ仕事。方法の参考に。商売・アイデア・工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

更新日:

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

 

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

お金仕事アイデアちきりん『マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』(ダイヤモンド社)の感想・レビューです。

 

定価・1500円+税。263ページ。

 

スポンサーリンク




マーケット感覚ってなんだろう? がちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』の第一印象

マーケットという言葉に馴染みのない人が多いんじゃないかなぁ、というのがこの本の第一印象でした。

 

市場感覚を身につけようという本です。

 

と、いいますのはマーケット(市場)ってあっちこっちにあるんです。

 

スーパーマーケットにはちょいちょい行くので、マーケット感覚、イメージはしやすいけども…

例えば、スーパーは、スーパーマーケットの略。

 

多種多様な商品を揃えるお店です。多種多様な商品が揃う市場です。売り場ですね。

 

関連→スーパーとコンビニ。行きたいのは?「私はコンビニ。雑誌種類多く売ってるから」…ただ、雑誌の売上は減ってるんだそうで。客単価上げないのか【読書】

 

関連→ガムの売り上げ減少。噛むことでストレス解消効果はあるが、ゴミは出る。キシリトール、シュガーレス商品などあるも、付加価値の発見は限界か【コンビニ】

 

関連→パインアメドリンク・感想レビュー。味は甘酸っぱくっておいしい、うまいそのまま。穴は……売上げはどのくらいに?ファミリーマート限定【コンビニ】

 

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』で不安だった部分

日頃「マーケット(市場)」とは言わず、スーパーとだけ言ってると……。

 

身近なところにマーケットがあっても、日頃スーパーとしか言っていないと、マーケットがあるぞというところまで気持ちがいかないところがある(たくさん商品があるということが「当たり前」になっちゃってる……)。

 

マーケット感覚って、ピンっと理解できる人はどのくらいいる?

なので「マーケット」+「感覚」と組み合わせても、なかなか「ああ!」とはなりにくいだろうなと。

 

そこは、ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』読んでて、ちょっぴり不安でした。お金を稼いでいく仕事や方法探しの参考にはなるのですが……。

 

ちきりんさん、ちょっととっつきにくい本書かれたなぁ、と(その分、いろいろと考える材料になるわけでいいのだけれど……)。

 

ちきりんさんの書く、マーケット感覚とは? 自分の持つ「売れる力」の需要と供給。お金を稼ぐ仕事や方法

繰り返しになりますが、マーケットというのは、市場という意味。

 

マーケットには、需要と供給が存在しています。そこにお金を稼ぐ、仕事や商売があります。各種、アイデアや工夫がある。

 

ちきりんさんが『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』に書かれてる、マーケット感覚とは、需要と供給をいかにとらえるかという感覚のことと言っていいでしょう。

 

自分が持っている「売れる、お金を稼げる能力」の需要と供給がマーケット感覚

自分の能力に需要があることを発見でき、かつ供給できる状態に持って行けるかどうかという感覚。

 

もしくは、誰かの能力に需要があることを見抜き、供給できるところへもってゆける感覚。

 

需要と供給うごめく市場をとらえて、行動できる感覚。

 

一番なのは、需要があるのに供給の少ない能力や価値を発見する感覚ということでしょう。

 

ええ、そうです。アイデア、工夫です。

 

関連→アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

 

パイは大きくないこともあるが、マーケット感覚を活かす場所は意外とある。その人独自にお金を稼ぐ方法や仕事があったりする

「実は世の中には、あなただからこそ知る情報やノウハウを、お金を出してでも知りたがってる人たちが大勢いるものなのです」

唯野奈津実『スキマ評論家入門』(リットーミュージック)・36pより

 

唯野奈津実『副業革命! スキマ評論家入門 世界で一人だけの評論家になって稼ぐ方法』(リットーミュージック)に書かれたこと、そのままの話が『マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』に書かれています。

 

関連→仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

 

関連→見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

 

関連→人生ゲーム。ネタ化するルールとマス目の文。遊び方の簡単さ。年齢重ねれば、職業カードイベントで涙、お札株券に染み込んでルーレット回します【結婚、子供】

 

売れる力の需要と供給を見ないのは、損。お金を稼ぐアイデアや工夫を見てないと、マーケット感覚を身につけられない

どんな商売でも、「需要と供給」というのは介在しています。

 

供給に偏ると値崩れし、需要に偏ると値段高騰するヤツです。

 

現在の需要と供給を簡単に知る方法。ヤフオクに30品くらい不用品を出品する

ここら辺の感覚って、自分のいらないもの30品くらいをヤフオクにかけてみるとよくわかります。なんらかの形で需要に偏ってるものは、値段がつきます。しかし、供給に偏ってるものは、売れません(値段を下げざるおえない=価格競争)。

 

マーケット感覚に馴染みがない。需要と供給のバランスを見てない

マーケットという言葉に馴染みがない人というのは「需要と供給」を見てない、気にしてないところがあるんしょう(だから、ヤフオクに出品して意外な値段がついてびっくりする。需要と供給を知ってる人は安く売られてるのを見て、仕入れる。メルカリでも同じでしょう。客層が違うと思うけど)。

 

経済が回るのは、お金が使われるから。あるマーケット感覚の中で

お金というものは使われるから、経済が回転して回転して、なんらかの形で懐に入ってくるわけです。

 

「どうしてお金が得られたのか」という、根本的な需要を知ろうとすることは食いっ逸れないために重要な感覚。

 

要するに、「なんで使ってくれたのか」「なんで使いたくなったのか」ということ。

 

ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』の根底にある考えは、そういうことではないでしょうか。

 

需要と供給の移り変わりに敏感になれるか。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』に書かれてます

「変化が起きると、今まで必要だったものが不要になり、新たなモノへの需要が生まれます。過去の人気商品を作っていた企業の仕事は減るけれど、だからといって変化を恐れる必要はありません。洗濯板が売れなくなったことを嘆くより、洗濯機が売れ始めたことを喜ぶほうがマトモですよね。大事なことは、その変化を自ら感じ取り、進むべき方向を早めに見極めることのできるマーケット感覚を身につけることなのです」

 

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』(250pより)。

 

関連→人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

 

関連→イベント・企画・広告、仕事。人を集める方法やコツ。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた。

 

関連→競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

 

ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』・まとめ

「なんで使ってくれたのか」「なんで使いたくなったのか」という、需要の根源を知っていると、他のことにも応用が効くものになるでしょう。

 

その応用が飯の種になる人がたくさんいるはずなんですよ……。

 

現状、気づいてないだけであって。

 

飯の種に気づくヒントに、おすすめな1冊。

 

関連→メロンパンの専門店「メロンパンファクトリー」あるのなら、コーヒーゼリーの専門店があっても。おしゃれでおいしいお土産にぴったり。大量に食べたい人の商品も

 

関連→松屋のタッチパネル券売機。使い方わかりにくい、注文方法わかりづらい。カルビ焼き肉定食に生卵つけて食券買うの大変で…。バイトに聞く手間増えるんじゃ?

 

関連→面白いのではと思ってしまう、ファミコンソフトデザイン集合。わたしのファミカセ展2015を見て来た/吉祥寺METEOR。シューティング・アクション・パズル…

 

以上、お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』感想という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




読書ネタおすすめまとめ【本屋巡りは楽しい趣味・読書ノートはルーズリーフに簡単に・本を読む効果、意味、メリット…】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

-おすすめ本レビュー【面白い作品の感想】
-, , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.