競馬レース映像分析

マシェリガール-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

マシェリガール-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

 

マシェリガール-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

トーセンファントム産駒、マシェリガール。東京競馬場、芝1600m。

 

マシェリガールの馬券、単勝1400円。複勝210円になりました。オッズとしてはイマイチですが、狙える材料を仕入れられてる複勝210円と、そうでない複勝210円では意味が違います。

 

前走のレース映像を見ていますと、スタート後いまいちで、二の脚を使おうと追い出して勢いに乗った。しかし、手綱を引いてブレーキ踏むという特徴がありました。不利です。スムーズにスタートから脚を整えられれば、馬券になるのではないかと想像できます。

 

トーセンファントム産駒・マシェリガール、血統面、レース映像分析など詳しくみていきます。

 

2015年6月27日(土)、東京競馬場1レース・2歳未勝利・芝1600m

結果は以下の通り

 

1着・トーセンファントム産駒・マシェリガール(菅原泰夫厩舎・横山典弘騎手)・時計・1:36.2

2着・キンシャサノキセキ産駒・アドマイヤモラール(上原博之厩舎・柴田善臣騎手)

3着・ダイワメジャー産駒・スターオブペルシャ(藤沢和雄厩舎・北村宏司騎手)

 

5番人気マシェリガールが内から抜けて、1着。1番人気、アドマイヤモラールが続き、3着にスターオブペルシャ。

 

マシェリガールの単勝、1400円。複勝210円。
 

スポンサーリンク




マシェリガール、狙ってました

予想では、アドマイヤモラール,スターオブペルーシャと時計面で1秒くらいの差があるように見てました。

 

しかし、前走のレース映像を見ますとマシェリガールのスタートから3コーナーまでの動きが変に見えたんです。

 

その動きを考えるに、次走で調整できるものだろうと判断(脚の使いどころを間違わなければ、時計は他2頭よりつまるということです)。

 

朝から勝負レース。無事、勝ちまして、桜花賞で本命にしたココロノアイに賭けた分+αを回収いたしました。ありがとう、ノリさん。

 

反省は、ここまで読んでたら、単勝とか、3連複3連単も買えたということですね。配当が薄くっても、点数絞ってれば儲けはけっこうありますから。

 

さて、変に見えた動きと、それを調節できるものと読んだ理由を。

 

トーセンファントム産駒・マシェリガールの血統特徴とは?

父・トーセンファントム

母父・ブライアンズタイム

母母父・ホワイトマズル

母母母父・Halo

母母母母父・Exclusive Native

 

Hail to Reason 5×4×5

Halo 4×4

 

トーセンファントム代表産駒

ブレイブスマッシュ・トーセンラムセス・ハレルヤボーイなど。

 

父、トーセンファントムは、ネオユニヴァース×トニービン。

 

父・ハーツクライ(サンデーサイレンス×トニービン)までの活躍はないかもしれないけど、覚えておいて損はない種牡馬かと。

 

母馬次第で芝にもダートにも行けそう。

 

スポンサーリンク




母、トーセンバスケットの2頭目の子ども

トーセンバスケットの2012(牡・父・トーセンファントム)は未出走。

 

マシェリガールの前走

2015年6月14日、東京競馬場6レース。2歳新馬戦。

 

マシェリガールの鞍上は、内田博幸。

 

レースVTR、スタート。

 

マシェリガールは5番枠から

スタートは少し遅い塩梅。

 

ここから、内田騎手ごりごり押してゆきます。

 

するとマシェリガールは二の脚を使いまーすと反応、先団へ。逃げてゆきそうな勢い。ここまではいいんです。新馬戦では前へ行くことを教えたほうがいいことがありますから。

 

内に、ニシノケイト。外にジュアンマリエ。

 

ところが、内田騎手抑えるんですね。後にどのくらい感覚があるのか見てるシーンがあります。二の脚を使って前へ行く勢いを作れたところにブレーキです。

 

マシェリガールからすれば、「ちょっと待ってよ、ウチパクさん〜、前に私行けるわよー。どの子よりもっ!」でしょう。

 

テン3ハロン、35.5秒。文字面だけ見ると、なんともなさそうに思えるんですが、芝の上では数字に現れないやりとりがある。

 

マシェリガールは下がりだったものの、後続が横になっていたこともあって、結局3コーナー、4コーナーと、逃げたニシノケイトの外を走ります。

 

スポンサーリンク




直線

マシェリガールがすごかったのは、ここから。

 

4コーナーを回って来る時点で、ムチを入れられてますから、直線タレるなぁと見てたのですが、残り400mくらいのところで先頭に立つ。

 

「おおっ……」

 

1頭内にいる、このレース2着馬ジュアンマリエとのアップアップ度は明らかなものの、それから100mくらいはやりあうんですね。

 

残り200mを過ぎて、マシェリガールはタレてゆきます。

 

と言っても抜かれた馬は1頭だけ。4着。

 

「タフやん、この子……」

 

今回の走り、1着

東京競馬場、芝1600m。2歳未勝利。

 

マシェリガールは、7番枠から。

 

鞍上は、横山典弘騎手に乗り替わり。

 

スタートはまあまあ。二の脚を使うことなく、先行集団へ。

 

先行集団の後にいた、アドマイヤモラール、ハレルヤボーイ、フレンドミラクルあたりが手綱を抑え気味でしんどそうな走り。フレンドミラクルは後ろに下がってる。

 

マシェリガールは、じわりじわりと内へ入っていって、コーナーはインを走る。前走のように手綱を引っ張って、スピード調整をしているシーンはあまり見られず。

 

直線、マシェリガールは前から4番手あたりの内。

 

外が開いてるようにも思えたが、ノリさんは内を攻める。外で追う有力馬、アドマイヤモラール、スターオブペルシアをあっという間に交わして、先頭でゴール。

 

スポンサーリンク




マシェリガール-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

新馬戦の脚を使ってスピードに乗ってきたところでブレーキ、これは馬にとってかなりダメージになるということでしょう。

 

それが払拭される形になると予想すれば、時計面で引き算してあげる必要がでてくる。その計算式をいかに見立てるのかがレース映像を見て競馬予想するときの醍醐味になってきます。

 

マシェリガールの新馬戦の場合、馬は「前に行くよ」と騎手の合図があって、二の脚を使って前に行ったのであって、それは騎手側で調整ができることであると自分は読みました。

 

新馬戦のブレーキ踏んでしまってスピード削がれた分を、競馬前半でなく後半に持って来ることができるだろうと。

 

と、考えていたら、競馬ブックに菅原調教師のこんなコメントが。

「前向き過ぎる面があって初戦はついて行って甘くなった。もっとタメる形で」

そうです。マシェリガールは、前へ行きたがるところがあっても、タメられるだろうなと。

 

ちょっとした力の使いどころパズルで馬券を取ったようなレースでした。

 

以上、マシェリガール-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-でした。

 

競馬おすすめ記事

3連複フォーメーションとボックスは点数考え、競馬必勝法と買い方を確率高く作っていける

ダビスタを配合や繁殖牝馬の勉強に攻略したいけど、最終的に手を出さない

新馬戦予想法。買い方のコツ。競馬の評価と傾向。今週の想定にデビュー予定待ち遠しい

清水成駿の名言。競馬の伝説はどう生まれるか。ギャンブルだからこそ…

大数の法則を競馬に応用する意味とは。回数を増して平均化する証明は成り立たない?

競馬の着差は着順より重要。予想評価タイムの見方。1馬身差

ロト6、ロト7、ミニロト。当たらない理由。確率、予想攻略。同じ数字、番号を買い続け三等当たった人の買い方【ナンバーズ、ビンゴ5、宝くじ】

地方競馬ライブ中継。予想必須。無料で出馬表オッズレース結果、ネットで見られる
 

スポンサーリンク




-競馬レース映像分析
-, ,