ブログ

ブログのmeta description(メタディスクリプション)設定は、SEO対策。意味や効果はあると思う。検索のテレビ欄っぽい感じ。書き方も似せて

更新日:

a0006_001837

ブログmeta description(メタディスクリプション)設定は、SEO対策になるだろうと思った話。何文字書けばいいのか、文字数の心配はあるけど、意味や効果はあると思う。

 

なぜならば、Googleなどの検索結果における「ラジオ・テレビ欄」っぽい感じなので。書き方もラテ欄に似せていく感じで書けばいいのではないかと。

 

行動のイメージ話でございます。

 

スポンサーリンク




meta description…。メタディスクリプション……。1年ちょっとブログをやってきて、設定してなかった……。

2014年の2月にブログを始めてから、1年ちょっと経過しまして記事数も500を越えました。

 

アクセス数はたいしたことはありません。4割くらいはフロー要素の強い競馬予想の記事ですから、レースが終わって検索して読んでいただけることはマレです。そう、まさにフロー。おお、ブログの知名度もぜんぜん低いのでフロー。

 

競馬予想の数を増やしていけばアクセス数、増えるかもしれませんが、今のところはお休み中。他の記事を書くほうがいいなという感じ。競馬の記事でも予想以外のネタはありますから。

 

といいますのは、競馬予想の記事をブログに書いてますとどうしても「見栄」を張るような予想になってしまうなと調子が落ちたときに感じたんです。ここはムリクリ攻めないほうがいいと。

 

関連→見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

 

関連→自己評価は高いより低いときに、男性女性問わず効果ある特徴あり。コミュニケーションをとる上で、心理的に意味が生まれる理由【仕事・お金・性格・長所短所】

 

関連→恋愛・就活・仕事。うまくいくコツをつかむ人とは、下手な鉄砲数うちゃ当たるということわざの意味を効果的に知ってる。わからないことを減らしていく【競馬】

 

そんなことを考えてましたところ、meta description(メタディスクリプション)の記事をいくつか読みまして……。

 

meta description タグの役割と最適化方法 バズ部

meta descriptionとは-SEO HACKS

 

などなど……meta description(メタディスクリプション)関連記事、たぶん、50記事とか60記事くらい読んだかな。ひとつふたつの記事で済ませないでどうしてもたくさん読んで、知ったことを再構築してから行動に移すクセがあるもので……。

 

meta description(メタディスクリプション)とは、Googleなどで検索したときに表示される、タイトルに続く短文のことですね。簡単に言いますと。

 

設定してないと、リード文、ブログの上部にある文章から検索したキーワードを頼りに表示されたりします。よく、ブログの文章で出だしが大切なんて話があるのは、検索した際に表示される短文のチョイスの順番からでしょうか。イントロ、出だしは大切というわけですな……。

 

ちゃんと、meta description(メタディスクリプション)を設定するとSEO対策になりますよと。意味や効果はありますよと。

 

meta description、設定したほうがいいな……

meta descriptionがあるのはうすうす知ってはいたのです。SEO対策になるというのも、そうなんだろうなと思ってはいた。しかし、どうにも設定が面倒くさそうというイメージがありまして。設定しなくっても、リード文あるし、Google検索もアルゴリズムも進化して、上位表示あたりのこともどうにかしてくれるものと気楽に考えてもいまして。

 

いや、人まかせ、プログラムまかせはよくないですね。良く書けたブログ記事でも、知ってもらえる構成になってないと知ってもらえないものですから。

 

ブログ1年ちょっとやって、500少々記事を書いて全くmeta descriptionを設定してませんでした。SEO対策してなかった。何文字書けばいいのか、文字数決めて、再度文章書くの面倒だし……。書き方もピンと来てないし。

 

なもので、検索をして「表示してほしい感じはこれ」になかってなかったんです。

 

Google検索さん、うまいこと見繕ってくださいとなってた。

 

それはいけない。いけん、いけん。不親切だわ。ダメ、不親切。意味も効果もありゃしない設定。

 

ブログのこの記事にはこういうことが書かれていますよ、ということを短文にして凝縮しておく必要はある……。何文字書けばいいのか? 嗚呼、調べればいい。文字数の心配? 嗚呼、調べればいいではないか、ないか。

 

meta descriptionは、ブログの記事を凝縮するってことです。どうにか選んでくれるさみたいな感じに行かないほうがいいなと。検索をしていただいて、ブログに来てもらうのにちょっとした紹介は必要だなと。

 

なもので、プラグイン「Meta Manager」を導入しまして、500ちょっとの記事ひとつひとつにmeta descriptionを書き込んでゆきました。

 

自分がちょいちょい書くネタ、スタイルというとおおげさですけど、そういうもののmeta descriptionはテンプレートを作りました。

 

※(2017.7.7)現在は、「All in One SEO」プラグイン使用中。

 

関連→文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

関連→文章がうまくなる、面白い内容になる基本的なコツ。知っていることやネタを増やすこと。濃い・薄いの感覚把握。書けない、思いつかないの原因【読書】

 

そうかそうか。meta descriptionって、ブログにおける(Google検索における)ラジオ・テレビ欄じゃん

500ほどの記事ひとつひとつにmeta descriptionを設定してゆきます。面倒と言えば面倒です……。しかし、気付いたのは、ブログに書かれた文章のおいしいところを凝縮する形になるんですね。見所になる文章を作るようになると。

 

これ、何かに似てると思ったんです。内容の意味や効果を持たせるという感覚において、書き方が似てる。えーっとっと。

 

そうだ、ラジオ・テレビ欄の文章だ。

DSCF1548

 

写真にうつってませんがテレビ欄の上には、テレビ東京とテレビ局名。土曜スペシャルというのは、番組名です。「ローカル路線バスの〜蛭子悲劇…衝撃ラスト」までは番組の内容を凝縮して、視聴者に見てもらうための文章。

 

ブログに置き換えますとテレビ局は「ブログ名」、番組名は「ブログ記事タイトル」、アドレスが表示され、そして「検索キーワードに応じた内容の文章」が表示される(=meta description)

 

そうかそうか。そう考えると書くのは楽しくなります。

 

ラジオ・テレビ欄の文章を読んで、番組を見てもらったり聞いてもらったりすることと、検索して書いた記事読んでもらうことはほとんど一緒のことですから(ラ・テ欄はフロー要素強いですけど……)。

 

それに、自分の表現したものは出来うる限り見てほしいもの。

 

ラジオ・テレビ欄がどう番組を凝縮して文章にしているのかを分析してゆくと、meta description上手になれそうですね。

 

これはけっこう発見でした。関連性たっぷりあります。面倒だなと思うこともイメージで解決できそうです。

 

以上、ブログのmeta description(メタディスクリプション)設定は、SEO対策。意味や効果はあると思う。検索のテレビ欄っぽい感じ。書き方も似せてでした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




ブログ関連記事

ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

ブログのネタ切れ問題を解決する方法とは。競馬などのことを書いて、約1日1記事計算でブログ1年経過。アクセス数は全然だけど、エックスサーバの契約延長!

ブログに書く記事の文章、文字数問題の考え方。400、1000、2000…。アクセス数をアップするには?まもなく300記事。ブログ9ヶ月目【競馬】

ブログ記事を書き続けるコツは、どこか使いどころのあるものを書くことなんじゃないか。その上でアクセスアップ、SEOに検索上位も繋がって行く【競馬・馬券】

競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

 

スポンサーリンク




-ブログ
-, , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.