競馬レース映像分析ネタ

マイルチャンピオンシップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

マイルチャンピオンシップ 競馬予想 過去

 

マイルチャンピオンシップ2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

マイルチャンピオンシップ・2019(G1)。京都競馬場・芝1600mで行われます。1着賞金1億1000万円。マイルチャンピオンシップへの優先出走権を与えられるレースは、富士ステークス・スワンステークス。

 

2019年のマイルチャンピオンシップ。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のマイルチャンピオンシップのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、プレゼンター・ゲストは誰だろ、マイルチャンピオンシップ。

 

マイルチャンピオンシップの歴代勝ち馬・優勝馬は、サッカーボーイ・オグリキャップ・パッシングショット・ダイタクヘリオス・シンコウラブリイ・ノースフライト・トロットサンダー・ジェニュイン・タイキシャトル・エアジハード・アグネスデジタル・ゼンノエルシド・トウカイポイント・デュランダル・ハットトリック・ダイワメジャー・ブルーメンブラット・カンパニー・エーシンフォワード・エイシンアポロン・サダムパテック・トーセンラー・ダノンシャーク・モーリスなどなど。

 

スポンサーリンク




マイルチャンピオンシップの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

マイルチャンピオンシップの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

マイルチャンピオンシップの競馬予想、参考データと言っても、過去のマイルチャンピオンシップのレース映像分析ではありません。過去のマイルチャンピオンシップの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のマイルチャンピオンシップのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

マイルチャンピオンシップで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ミッキーアイル・ペルシアンナイト・ステルヴィオ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去のマイルチャンピオンシップで馬券になったのか。アルアイン・エアスピネル・イスラボニータ。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。馬柱・出走表に載らない買いデータをまとめます。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、マイルチャンピオンシップ競馬予想2019【消去法】みたいなもの

マイルチャンピオンシップ 過去データ分析

マイルチャンピオンシップのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去にマイルチャンピオンシップというレースが行われなければ、データも生まれない。過去にマイルチャンピオンシップが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

マイルチャンピオンシップの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともマイルチャンピオンシップの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のマイルチャンピオンシップで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

過去のマイルチャンピオンシップで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去のマイルチャンピオンシップで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のマイルチャンピオンシップの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

マイルチャンピオンシップ2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

マイルチャンピオンシップ2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年マイルチャンピオンシップ・レース過去結果データ

 

マイルチャンピオンシップ2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.1-11.5/12.1-11.7/11.6-11.2-11.7

 

1着・ステルヴィオ(5番人気・ビュイック騎手・馬体重478kg)

2着・ペルシアンナイト(3番人気・M.デムーロ騎手・馬体重492kg)

3着・アルアイン(4番人気・川田将雅騎手・馬体重520kg)

 

マイルチャンピオンシップ2018・オッズ・過去配当結果

マイルチャンピオンシップ2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 870円

複勝 1・310円/2・230円/3・240円

 

スポンサーリンク




マイルチャンピオンシップ2018・1着・ステルヴィオ【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ロードカナロア産駒)

マイルチャンピオンシップ2018・1着・ステルヴィオ【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ロードカナロア産駒)

2018年マイルチャンピオンシップ1着、ステルヴィオ(オッズ・5番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、毎日王冠(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、5番・2着。ルメール騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.0-11.5/12.0-11.7-11.7/10.9-11.2-11.7

 

ステルヴィオは、4枠5番からスタート。発馬まずまず。押さえつつ先行していく。ステルヴィオの前を走るステファノスの前にアエロリットがじわっと入ってきて、少し渋滞。

 

逃げて行ったのは、アエロリット。テン3ハロン35.3秒。少し早めの逃げ。ステルヴィオのテン3ハロンは36.2秒。

 

向正面。ステルヴィオは先行ポジションにいたものの、押さえ込んで中団まで下がる形に。逃げ馬のペースは「12.0-11.7-11.7秒」と、ゴールに近づくにつれて加速していく。早い流れ。

 

3角-4角。ステルヴィオは内2頭外→3頭外へ出していく。

 

直線。外目へ振ったこともあり、追い出す進路は確保。じわじわとふかすステルヴィオ。残り400mから追って追って、追って。ゴール間近で、4着馬・ステファノス、3着馬・キセキを差してゴール。ステルヴィオ2着。上がり3ハロン33.2秒。上がり最速。

 

マイルチャンピオンシップ2018最終追い切り・

美浦W 良 69.4-53.5-39.0-11.9<3> 直一杯に追う

 

※【マイルチャンピオンシップ2018・過去結果データメモ】ステルヴィオの斤量は毎日王冠から1キロ増の56キロ。前走のステルヴィオは、テン3ハロン少し早い+中間ラップは弛まず少し早いペースのレース。位置取りを下げつつ折り合って、外目へ距離ロスしつつ、直線は追って追って、上がり3ハロン33.2秒の最速。

 

ステルヴィオは道中下げたとはいえ、自身のペースは少し遅い程度。距離ロスありつつ、上がり最速。馬券からは外せないタイプ。

 

マイルチャンピオンシップ2018・2着・ペルシアンナイト【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ハービンジャー産駒)

マイルチャンピオンシップ2018・2着・ペルシアンナイト【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2018年マイルチャンピオンシップ2着、ペルシアンナイト(オッズ・3番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、富士ステークス(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、13番・5着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.9-11.3/11.3-11.5/11.0-11.6-11.7

 

ペルシアンナイトは、7枠13番からスタート。まずまずのスタートも逃げ馬の早さについていかないように、強めに押さえつつ、押さえつつ中団に位置取るペルシアンナイト。

 

逃げて行ったのは、マルターズアポジー。テン3ハロン34.6秒。おおよそ標準くらいのラップ〜ちょい早。ペルシアンナイトのテン3ハロンは35.5秒。

 

向正面。逃げ馬・マルターズアポジーの脚色は「11.3-11.5秒」とかなり早めのペースに振れる。ペルシアンナイトは早くなっていくペースに誘われないよう、外目を押さえつつ折り合っていく。

 

3角-4角。ペルシアンナイトは2頭外をきっちり回っていく。

 

直線。入り口でペルシアンナイトの進路はあるように思えたが、外へ出したいエアスピネルが前に入ってきて、その外をレッドアヴァンセが入ってきて、思いっきり進路を塞がれる。時間を要した不利。そこから外目に振って、ペルシアンナイトは追い出し開始。しかし、舌は外に出てしまいぶらぶら、手前変えて変えて追って追うも、伸びきれず残り100mは流し気味でゴールしてる。ペルシアンナイト5着。上がり3ハロン33.8秒。

 

マイルチャンピオンシップ2018最終追い切り・

栗東CW 良 50.8-36.8-11.7<6>ゴール前気合い付ける

 

※【マイルチャンピオンシップ2018・過去結果データメモ】ペルシアンナイトの斤量は富士ステークスから2キロ減の57キロ。前走のペルシアンナイトは、59キロも背負ってのレース。逃げ馬・マルターズアポジーはテン3ハロン飛ばさなかったものの中間ラップはかなり早めに推移。距離ロスありつつ、直線の不利。そこまであって、上がり3ハロン33.8秒。

 

ペルシアンナイトは2018年のマイルチャンピオンシップを前走から2キロ減での出走。前走13番枠の外枠から2番枠の内枠替わりはプラス。脚を整えて競馬できれば、馬券になる材料は揃っていた。しんどい競馬の斤量減は基本的に買い。

 

マイルチャンピオンシップ2018・3着・アルアイン【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

マイルチャンピオンシップ2018・3着・アルアイン【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年マイルチャンピオンシップ3着、アルアイン(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、天皇賞秋(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、7番・4着。北村友一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.5-11.8/11.5/11.7-11.6-11.3/10.9-11.6-12.0

 

アルアインは、5枠7番からスタート。発馬決めて、前目、先行していくアルアイン。

 

2角。アルアインは内に1頭いる外を回って行く。外からキセキが入ってきて前に入って来る。

 

逃げて行ったのは、キセキ。テン3ハロン36.2秒。少し遅めの逃げ。アルアインのテン3ハロンは36.3秒。

 

向正面。押さえつつも、キセキの外に合わせていくアルアイン。逃げ馬のペースは「11.5/11.7-11.6-11.3」とハイペースに振れてかなり早くなっていく。

 

3角-4角。内に1頭外を回っていく、アルアイン。

 

直線。アルアインは追って、追って、逃げ馬・キセキを追いかけてく。しかし、なかなか差は埋まらない。残り200mを切って、勝ち馬・レイデオロ、2着馬・サングレーザーに交わされる。アルアインはそれでね粘って、4着。上がり3ハロン34.5秒。

 

マイルチャンピオンシップ2018最終追い切り・

栗東坂路 良 52.5-37.8-24.5-12.4 馬なり余力

 

※【マイルチャンピオンシップ2018・過去結果データメモ】アルアインの斤量は天皇賞秋から1キロ減の57キロ。コーナー減の400m距離短縮。前走のアルアインは、テン3ハロンは少し遅めなペースも向正面からかなり早く流れた、ハイペースに振れた中コーナーを1頭外回っていく展開。距離ロスを机上の計算すると、逃げ馬キセキには勝ってる。

 

距離短縮は「逃げ馬・先行馬」からが基本。アルアインはぴったりな馬であり、2018年のマイルチャンピオンシップで3番枠を引いたのも、内目追走ができそうと予想でき、加点ポイント。本命にする心細さはあるけれど、消すまではない。

 

浅田次郎 天国までの百マイル (朝日文庫)

 

マイルチャンピオンシップ2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

マイルチャンピオンシップ2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年マイルチャンピオンシップ・過去レース結果データ

 

マイルチャンピオンシップ2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.2-10.8-11.6/12.1-11.9/11.5-11.6-12.1

 

1着・ペルシアンナイト(4番人気・M.デムーロ騎手・馬体重488kg)

2着・エアスピネル(2番人気・ムーア騎手・馬体重480kg)

3着・サングレーザー(7番人気・福永祐一騎手・馬体重482kg)

 

スポンサーリンク




マイルチャンピオンシップ2017・オッズ・過去配当結果

マイルチャンピオンシップ2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 880円

複勝 18・290円/11・180円/4・430円

 

マイルチャンピオンシップ2017・1着・ペルシアンナイト【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ハービンジャー産駒)

マイルチャンピオンシップ2017・1着・ペルシアンナイト【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2017年マイルチャンピオンシップ1着、ペルシアンナイト(オッズ・4番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、富士ステークス(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、5番・5着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く、不良馬場(ダートコースは水の浮く不良馬場)

レースラップ・12.6-11.3-11.7/12.2-12.0/11.2-11.2-12.6

 

ペルシアンナイトは、3枠5番からスタート。発馬まずまず。押さえつつ、中団の内目から競馬していくペルシアンナイト。

 

逃げて行ったのは、レッドアンシェル→マイネルアウラート。両馬のテン3ハロン35.6秒。おおよそ標準くらい。ペルシアンナイトのテン3ハロンは35.9秒。

 

向正面。前を引っ張っていく馬が2頭いてややこしいのだけど、中間のペースは「12.2-12.0秒」。馬場状態考えると、おおよそ標準くらい。ペルシアンナイトは内目を押さえつつ追走していく。中団から先行あたりまで位置をあげる。

 

3角-4角。ペルシアンナイトは内目を回っていく。

 

直線。「馬場の良いところに大外へ出す」VS「馬場は悪いが距離ロスしない」のゴングが鳴る。ペルシアンナイトは後者。馬場の悪い内をじわじわ追い上げてく。追って、追って、追う。伸びてはいるものの、ペルシアンナイトは残り100m流してる感。5着で入線。上がり3ハロン35.4秒。

 

マイルチャンピオンシップ2017最終追い切り・

栗東CW 稍 84.4-67.7-51.8-38.4-12.3<6>馬なり余力

 

※【マイルチャンピオンシップ2017・過去結果データメモ】ペルシアンナイトの斤量は富士ステークスから1キロ増の56キロ。前走のペルシアンナイトは、雨の降り続く不良馬場の中、テン3ハロンは標準→中間もおおよそ標準くらいで流れる展開。ペルシアンナイトは折り合いつつ、内目からの競馬。直線、強く追ってない部分はあるものの上がり3ハロン35.4秒は、馬場状態考えると及第点。ペルシアンナイトのテン3ハロン35.9秒も少し遅いくらいのラップ。

 

2017年のマイルチャンピオンシップでペルシアンナイトは18番枠の大外。不安であれば、馬券の相手・ヒモにするくらいの予想が良いかと。

 

マイルチャンピオンシップ2017・2着・エアスピネル【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

マイルチャンピオンシップ2017・2着・エアスピネル【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年マイルチャンピオンシップ2着、エアスピネル(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、富士ステークス(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く、不良馬場(ダートコースは水の浮く不良馬場)

レースラップ・12.6-11.3-11.7/12.2-12.0/11.2-11.2-12.6

 

エアスピネルは、4枠6番からスタート。発馬良かったものの、行きたい馬を行かせてく。押さえつつ、先行ポジションに位置取るエアスピネル。

 

逃げ馬は、レッドアンシェル→マイネルアウラートの順。両馬のテン3ハロンは35.6秒。逃げていくラップとしては、おおよそ標準くらい。エアスピネルのテン3ハロンは35.8秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.2-12.0秒」で進む。馬場状態からして、おおよそ標準くらい。エアスピネルは、先行ポジションの真ん中あたりを押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。内に1頭外を回って行く、エアスピネル。押さえつつ。

 

直線。「馬場の良いところに大外へ出す」VS「馬場は悪いが距離ロスしない」、エアスピネルは前者を選択。追って追う。内で粘るのはレッドアンシェル。エアスピネルは追って追う。差を縮めてく。残り100mを切ったあたりでエアスピネルはレッドアンシェルを交わす。1着でゴール。エアスピネルの上がり3ハロンは35.0秒。

 

マイルチャンピオンシップ2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 51.3-37.5-24.7-12.3 一杯に追う

 

※【マイルチャンピオンシップ2017・過去結果データメモ】エアスピネルの斤量は、富士ステークスから変わらずの57キロ。前走のエアスピネルは、テン3ハロンは標準あたり、続く中間ラップも標準くらいで続く展開。スタートから行きたい馬を行かせて、先行ポジションで折り合って行く。エアスピネル自身のテン3ハロンは少し遅いくらい。直線は馬場のいいところを選択して、上がり3ハロン35.0秒で1着。

 

馬場状態を考えると、エアスピネルはおおよそテン早+上がり早な馬。直線追い続けてる感じからして、ペルシアンナイトよりエアスピネルの方が追ってる感じはするものの、評価を下げていいわけではない。不良馬場など渋りの強い馬場は(滑ったり、つまずいたり、危険度が増すから)騎手の方々が良馬場に比べて気を使って走るので、レース映像見る方も気を入れてみたほうが良かったりする。

 

マイルチャンピオンシップ2017・3着・サングレーザー【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)

マイルチャンピオンシップ2017・3着・サングレーザー【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年マイルチャンピオンシップ3着、サングレーザー(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、スワンステークス(京都競馬場・芝1400m)でした。枠順は、3番・1着。C.デムーロ騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く重馬場

レースラップ・12.2-11.0-11.7/11.7/11.7-11.9-12.2

 

サングレーザーは、2枠3番からスタート。発馬は決まったものの、押さえつつ後方へ下げていくサングレーザー。

 

逃げて行ったのは、トウショウピスト。テン3ハロン34.9秒。馬場状態考えると、かなり早めの逃げ。サングレーザーのテン3ハロンは、36.1秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「11.7秒」。おおよそ標準くらい。サングレーザーは中団馬群の後に押さえつつも入って行く。

 

3角-4角。1頭分くらい開けて走っていることもあって、内に2頭外をきっちり回っていくサングレーザー。

 

直線。空いている内目を攻めて行くサングレーザー。追って追って、追う。2着馬・ヒルノデイバローと併せ馬で伸びてくる。サングレーザーはゴール前、アタマ差なれど差して1着でゴール。サングレーザーの上がり3ハロンは34.8秒。上がり最速。

 

マイルチャンピオンシップ2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 56.0-41.0-26.7-12.9 馬なり余力

 

※【マイルチャンピオンシップ2017・過去結果データメモ】サングレーザーの斤量はスワンステークスから2キロ増の56キロ。前走のサングレーザーは、テン3ハロンかなり早め→中間は標準くらいで進んだ展開を後方に下げて、折り合いつつ、距離ロスありつつ、上がり3ハロン34.8秒の最速で差し切る競馬。

 

距離延長は脚質的に大歓迎。

 

裸足の1500マイル [DVD]

 

マイルチャンピオンシップ2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

マイルチャンピオンシップ2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2016年マイルチャンピオンシップ・過去レース結果データ

 

マイルチャンピオンシップ2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重に近い良馬場

レースラップ・12.3-10.9-11.2/11.7-11.4/11.7-11.6-12.3

 

1着・ミッキーアイル(3番人気・浜中俊騎手・馬体重484kg)

2着・イスラボニータ(2番人気・ルメール騎手・馬体重480kg)

3着・ネオリアリズム(7番人気・ムーア騎手・馬体重502kg)

 

スポンサーリンク




マイルチャンピオンシップ2016・オッズ・過去配当結果

マイルチャンピオンシップ2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 590円

複勝 16・230円/8・180円/15・440円

 

マイルチャンピオンシップ2016・1着・ミッキーアイル【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

マイルチャンピオンシップ2016・1着・ミッキーアイル【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年マイルチャンピオンシップ1着、ミッキーアイル(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、スプリンターズステークス(中山競馬場・芝1200m)でした。枠順は、15番・2着。松山弘平騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・11.8-10.5-11.1/11.2-11.2-11.8

 

ミッキーアイルは、8枠15番からスタート。発馬決めて、軽く促して前目へ。じわじわと外枠から内目に入れてく、ミッキーアイル。ソルヴェイグの前に入って行き逃げて行く。ミッキーアイルのテン3ハロンは33.4秒。標準くらいのラップで逃げて行く。

 

3角-4角。インベタ。強めに押さえつつ、押さえつつ、後方を引きつけて行く、ミッキーアイル。

 

直線。少しずつ追い出し始める、ミッキーアイル。追って、追って追う。残ってる脚を使い切るくらいに追うも、レッドファルクスに差される。ミッキーアイル2着。着差はアタマ差。上がり3ハロン34.2秒。

 

マイルチャンピオンシップ2016最終追い切り・

栗東坂路 重 51.7-37.3-24.2-12.4 一杯に追う

 

※【マイルチャンピオンシップ2016・過去結果データメモ】ミッキーアイルの斤量はスプリンターズステークスと変わらずの57キロ。400mの距離延長。ミッキーアイルの前走は、テンやや早+上がり早。全部が全部ではないが「テン3ハロンも早いし、上がり3ハロンも早く走れる」馬の中には、距離延長をこなす馬も多数いる。

 

距離が伸びたときに「当たり前に流れるペース」が遅くなることが多いため、早く走ってたことが遅くなることで末脚のたまり具合を良くすると言えばいいか。ミッキーアイルもそのパターン。

 

ただ、ミッキーアイルの2016年マイルチャンピオンシップは鞍上が無茶してゴール近く、ミッキーアイルの脚が残ってないところ外を走るネオリアリズムに寄れまくって押して行き、後方から伸びてきてる他馬に強烈な不利を与えたゆえの勝ちである。それゆえ、ミッキーアイルの前走のレース内容としては評価をあげないほうがいい(直線半ばで「GI勝てるかも!」と思ったら無茶してしまう騎手の気持ちはわかるけれども、逃げ馬ゆえ「ここを堪えてくれたら感」も想像できるけども、ダメですあれは)。

 

前走内容から次走走る可能性のあるパターンではあるものの、芝1200m→芝1600mへの距離延長の評価としてはヒモ中のヒモくらいでいいかと。何故ならば、古馬になってからミッキーアイルがマイル戦、1600mを走った成績が二桁着順ばかりだからである。

 

競馬のレース、結果は結果なのだけど、結果を精査せず重視しすぎると頓珍漢な事象を過大評価してしまうことになる。

 

マイルチャンピオンシップ2016・2着・イスラボニータ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・フジキセキ産駒)

マイルチャンピオンシップ2016・2着・イスラボニータ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・フジキセキ産駒)

2016年マイルチャンピオンシップ2着、イスラボニータ(オッズ・2番人気。血統・フジキセキ産駒)の前走は、富士ステークス(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、4番・2着。ルメール騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.5-11.8/11.8-11.7/11.2-11.2-11.8

 

イスラボニータは、4枠4番からスタート。まずまずの発馬。押さえつつ、先行ポジションへ向かう。行きたい馬を行かせつつ、インに入って勝ち馬・ヤングマンパワーの後につけるイスラボニータ。じわーっと、ヤングマンパワーの前にテイエムイナズマが入ってきて、渋滞発生。イスラボニータは強めに押さえてく。

 

逃げて行ったのは、テイエムイナズマ。テン3ハロン36.3秒。かなり遅い逃げ。イスラボニータのテン3ハロンは36.9秒。

 

向正面。ドスローペースで進んだものの、中間ラップは「11.8-11.7秒」と標準くらいまで早くなって行く。イスラボニータは中団あたりのインでペースの遅さにしんどい競馬になってる感。

 

3角-4角。インベタで押さえつつ回って行く、イスラボニータ。

 

直線。内目がぽっかり空いてたものの、すぐには攻めて行かないイスラボニータ。残り300mくらいまでほぼ馬なり。そこから内目を攻略開始。追って、追って、ムチ入れして様子見つつも追って。しかし、ヤングマンパワーを交わすまでは追い込めず。イスラボニータ2着。上がり3ハロン33.7秒。

 

マイルチャンピオンシップ2016最終追い切り・

美浦W 良 68.1-52.5-38.0-12.8<6> 馬なり余力

 

※【マイルチャンピオンシップ2016・過去結果データメモ】イスラボニータの斤量は富士ステークスから1キロ減の57キロ。前走のイスラボニータは、ドスローペース→中間は標準くらいで進んだ展開をインでペースの遅さに窮屈になりつつも折り合って行く。距離ロスはなかったものの、直線は追い出しを待って、伸びを見つつ追う、脚を使う形。58キロ背負って、上がり3ハロン33.7秒。イスラボニータは2着であるものの、無理してない感も多少ある。

 

重い印を打つ必要のある前走内容。

 

マイルチャンピオンシップ2016・3着・ネオリアリズム【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

マイルチャンピオンシップ2016・3着・ネオリアリズム【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

2016年マイルチャンピオンシップ3着、ネオリアリズム(オッズ・7番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、札幌記念(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、13番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く重馬場に近づいてる、稍重馬場

レースラップ・12.7-10.9-12.0/12.2/12.1-12.2-12.7/12.5-12.1-12.3

 

ネオリアリズムは、7枠13番からスタート。まずまずのスタート。軽く促しつつも、押さえつつじわっと前目へ向かい、逃げて行くネオリアリズム。テン3ハロン35.6秒。馬場状態考えると少し早い。

 

1角-2角。インベタで逃げて行く、ネオリアリズム。押さえつつ。

 

向正面。ネオリアリズムの逃げるペースは「12.1-12.2秒」と早目で推移。残り800mで「12.7秒」とラップは緩む。ネオリアリズムは押さえつつ逃げていく。

 

3角-4角。インベタで回っていく、ネオリアリズム。

 

直線。一旦ラップを緩ませた1ハロンがあったせいか、追って追って、入り口で後続を引き離して行く、ネオリアリズム。残り200mを切って、後続もかなり追ってはいるもののネオリアリズムに近づけない。1着でゴールイン。上がり3ハロン36.9秒。

 

マイルチャンピオンシップ2016最終追い切り・

美浦W 良 71.7-56.0-40.9-12.7<7> 馬なり余力

 

※【マイルチャンピオンシップ2016・過去結果データメモ】ネオリアリズムの斤量は札幌記念と変わらずの57キロ。コーナー減・400mの距離短縮。前走のネオリアリズムは、テン3ハロン少し早めで逃げ、中間もやや早めで推移、一旦ペースを落とす流れを作る。直線は後続迫ってくるも、交わさせず着差もついた形で勝利。

 

距離短縮は「逃げ馬・先行馬」から考えて行くのが競馬予想の基本。そこからすると、ネオリアリズムが札幌記念で逃げてくれたのは、距離短縮な馬を競馬予想する際、楽になった部分だったりする。馬場状態考えて、テン3ハロンから中間2ハロンまでそこそこ早いペースで走り、直線は全く垂れてない。コーナー減って、距離短縮しても「走れそう」という競馬予想の自信が深まる前走内容である。

 

ただ、本命まで印をあげていいかというとそうでもない。

 

以上、マイルチャンピオンシップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

プロ馬券師土方吾郎が毎年確実に大儲けする理由

角居勝彦 挑戦!競馬革命 (宝島社新書 258)

奥野憲一 1番人気 取捨の極意 (競馬王新書)

 

 

マイルチャンピオンシップ2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.