競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

競馬予想。前走スタート後、挟まれる不利。直線伸びる特徴。シニスターミニスター産駒、モンサンアルビレオ。新潟競馬場、ダート1800m

競馬予想。前走スタート後、挟まれる不利。直線伸びる特徴。シニスターミニスター産駒、モンサンアルビレオ。新潟競馬場、ダート1800m

 

シニスターミニスター産駒、モンサンアルビレオ。新潟競馬場、ダート1800m。

シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオ

 

新潟競馬場ダート1800m、4番人気で1着になりました。複勝310円。

 

スポンサーリンク




スタート後、挟まれる不利のある特徴

競馬のレースにおいて、スタート後挟まれる不利というのはちょいちょいあるのですが、そんな不利があっても道中脚を貯めて直線でそこそこ伸びてた特徴のある馬は馬券的に気になります。

 
レース映像から競馬予想に使えそうな不利、特徴を探したいと思います。そして血統面も
シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオの前走レース映像を細かく見ていきますと、スタート後挟まれてる不利が見てとれました。

 

直線での伸びなど、血統面詳しくみていきましょう。

 

複勝310円、とっても美味しい配当です。

 

スポンサーリンク




勝馬は、4番人気のモンサンアルビレオ。タイム、1:52.7

2014年9月20日(土)、新潟競馬場3レース。3歳未勝利ダート1800m。

 

2着マリアフィオーレとの着差は「大差」。

 

これはすごい着差つけました。新潟のシニスターミニスター産駒とは

このレース、ほとんど予想もしていなくラジオNIKKEIの放送を聞いていただけだったんです。

 

実況を聞いてて「勝った馬、どんだけ差をつけたんだろ?」と思ったのでした。こういう時はレース映像で確認するのに限ります。

 

勝った、9月20日のレースVTRを見てみます

モンサンアルビレオ、スタートは出遅れてます。1コーナーでは後方も後方。少しずつ追い上げてゆきます。

 

出遅れたものの追い上げて行って

3コーナー手前から、強めに追い上げて行くモンサンアルビレオ。楽に上がっていってますね。余裕たっぷり。無理に上がっていってて、余裕がなくなってるようには見えません。

 

捲くって、ロングスパート。

 

まさに、あれよあれよと言う間でした。

 

モンサンアルビレオの前を走る馬たち、ごぼう抜き。4コーナー手前で先頭。

直線中頃では「誰が見ても勝ちだわ、あの馬、モンサンアルビレオ」という塩梅。

 

「ごぼう抜きだよ、馬生は」という曲でもできそうな勢い(なんのこっちゃい)。

 

新潟競馬場ダート1800m、シニスターミニスター産駒強いわ

あれ、このレースって、いわゆる「スーパー未勝利」なのを忘れちゃうくらい。

 

こんな強い馬いたっけ? というくらいのレースでした。

 

スポンサーリンク




シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオの単勝は950円。複勝310円。

馬券持ってた人の直線における、安堵感を想像するととてもうらやましく思います。単勝950円ってけっこうおいしいですよ。

 

単勝持ってた人、ニヤニヤしたことでありましょう。

 

モンサンアルビレオの前走レースVTRをみました

モンサンアルビレオの前走は、 2014年9月7日でした。コースは新潟ダート1800mで今回と一緒です。

 

新潟ダート1200mからの距離延長。そこそこ人気がありました(5番人気)。

 

レース時刻は11:10。

 

スタートします。モンサンアルビレオは、外枠14番。

 

スタートして、「うわっ」と思いました。

 

両隣の馬に挟まれて、後方からのレース。モンサンアルビレオ

実況は「スタートしました。ほぼ、揃いました」と言っていますが、モンサンアルビレオの両隣の馬、13番ナムラヒロイン、15番コンフォータブルに挟まれて、出ばなをくじかれています。

 

一発くらって、もう一発軽くくらった感じですね、これ。

 

こういう風景はよくあると言えば、あります。

 

しかし、スタートからしたい競馬ができないのは不利です。そんな特徴が発生しました。

 

スポンサーリンク




挟まれたこともあってか、モンサンアルビレオは後方からレース

逃げ馬、先行馬がどんどん走ってゆく中、1コーナーで、モンサンアルビレオ、豪快にひっかかります。

 

スタート後、挟まれた不利の影響があるんでしょうか。

 

馬じゃなくって、人間でもスタートして邪魔されたら、しばらくイライラってしますからね、これはよくわかる。

 

レース序盤なものの、ここまで来ちゃうと、馬がレースあきらめるか、騎手が無理をさせないか、まぁ、「こないな」って、思うもの。

 

ところがです。

 

3コーナーあたりで、内。

 

的場勇人騎手、外には出しません。4コーナーも後方であるけれど、内。直線で内を攻めます。ちょこっと邪魔されはしますが、最内を伸びてきます。

 

レース結果。モンサンアルビレオのタイムは1:56.4。上がり3ハロン、39.3

新潟競馬場ダート1800m、3歳未勝利の平均上がり3Fは39.0。

 

前半にいろいろあったにも関わらず、あきらめずに伸びて来た。

 

上がり3ハロンは平均より、0.3秒遅いだけ。

 

スタートで挟まれる不利、引っ掛からずの追走で脚を貯めることができれば馬券に

挟まれず、ひっかからず、イライラモードでなければ、良い数字が出そうと考えてもよいかと。

 

そう、「ワタシ、走れますっ!」ということを、モンサンアルビレオは見せていたのではないだろうか。

 

スポンサーリンク




シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオ、血統面

シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオの血統面はこんな感じ。

 

父シニスターミニスター

母父フレンチデピュティ

母母父Miswaki

母母母父Key to the Mint

母母母母父Halo

母母母母母父Northerm Dancer

 

もう、コテコテのダート血統です。

 

シニスターミニスター産駒関連の記事はこちらから

 

シニスターミニスター産駒代表産駒

インカンテーションキングズガードコウエイエンブレムダブルスターマイネルバサラダンシングミッシーリーゼントブルースビナスイートフラットライナーズコスタアレグレオアシスクイーンなどなど。

 

シニスターミニスターという種牡馬は、芝で3勝、ダートで145勝

シニスターミニスター産駒は、とりあえず、芝で消して、ダートで買いましょうという塩梅。

 

モンサンアルビレオの母系の血も、母父時のダート中距離成績で複勝率の高い馬の血がつながっている感じ。

 

母が、マヤノメメントではなく、その母ネガノになると、ビッグシャーク(Salt Lake産駒)、ホワイトヴェール(クロフネ産駒)、タピルージュ(ワイルドラッシュ産駒)、ダッシャーゴーゴー(サクラバクシンオー産駒)、ダッシャーワン(フレンチデピュティ産駒)など、活躍馬多数。

 

そんな血にシニスターミニスターをつけたわけですから、ダートで走ったとしても不思議ではないといえば、不思議ではないですね。

 

この先どうなりますか。楽しみな1頭。モンサンアルビレオ。

 

シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオ、まとめ

スタート直後にもお宝はあるぞー。

 

挟まれても、ひっかかっても、伸びた馬は注意?

 

【その後】10/5(日)次走、新潟競馬ダ1800m昇級戦(500万下)で、シニスターミニスター産駒モンサンアルビレオ、勝ちました! 時計、1:51.5(稍重)。

 

a1620_000501_m 

以上、競馬予想。前走スタート後、挟まれる不利。直線伸びる特徴。シニスターミニスター産駒、モンサンアルビレオ。新潟競馬場、ダート1800mという話でした。

 

 

シニスターミニスター産駒関連のおすすめ記事はいかがでしょう

シニスターミニスター産駒、ビックマウンテン。函館競馬場、ダート1700m。前走、出遅れ1コーナーまごつき、まくって直線失速も粘りあり特徴

 

-競馬レース映像分析
-, , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.