競馬レース映像分析ネタ

武蔵野ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

武蔵野ステークス 競馬予想 過去

 

武蔵野ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

武蔵野ステークス2019(G3)。東京競馬場・ダート1600mで行われます。1着賞金3800万円。チャンピオンズカップの前哨戦であり、武蔵野ステークスの1着馬にはチャンピオンズカップへの優先出走権が与えられる。正式には、東京中日スポーツ杯・武蔵野ステークスと呼ばれる。

 

2019年の武蔵野ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の武蔵野ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか、荒れないか、武蔵野ステークス。激走する穴馬は現れるのか。

 

武蔵野ステークス、歴代の勝ち馬、優勝馬は、クロフネ・サイレントディール・サンライズバッカス・シーキングザベスト・エイシンロンバード・キクノサリーレ・ワンダーアキュート・グロリアスノア・ナムラタイタン・イジゲン・ベルシャザール・ワイドバッハ・ノンコノユメなど。

 

スポンサーリンク




武蔵野ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

武蔵野ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の武蔵野ステークスのレース映像分析ではありません。過去の武蔵野ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の武蔵野ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出馬表から漏れる買いデータを探しましょう。

 

武蔵野ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? タガノトネール・インカンテーション・サンライズノヴァ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の武蔵野ステークスで馬券になったのか。ゴールドドリーム・サンライズソア・クインズサターン。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、武蔵野ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

武蔵野ステークス 過去データ分析

武蔵野ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に武蔵野ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に武蔵野ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

武蔵野ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも武蔵野ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の武蔵野ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の武蔵野ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の武蔵野ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

武蔵野ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

武蔵野 (新潮文庫)

2018年武蔵野ステークス・レース過去結果データ

 

武蔵野ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.3-10.9-11.6/11.9-11.9/11.8-12.1-12.2

 

1着・サンライズノヴァ(1番人気・戸崎圭太騎手・馬体重534kg)

2着・クインズサターン(7番人気・四位洋文騎手・馬体重474kg)

3着・ナムラミラクル(2番人気・ルメール騎手・馬体重480kg)

 

スポンサーリンク




武蔵野ステークス2018・オッズ・過去配当結果

武蔵野ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 290円

複勝 4・130円/3・470円/10・150円

 

武蔵野ステークス2018・1着・サンライズノヴァ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ゴールドアリュール産駒)

2018年武蔵野ステークス1着、サンライズノヴァ(オッズ・1番人気。血統・ゴールドアリュール産駒)の前走は、グリーンチャンネルカップ(東京競馬場・ダート1400m)でした。枠順は、7番・1着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.0-11.3/11.8/12.0-12.2-12.7

 

サンライズノヴァは、4枠7番からスタート。外目の枠、ハットラブ落馬。サンライズノヴァは出遅れ。押さえつつ、空馬と並走の形で後方から。

 

逃げて行ったのは、ハヤブサマカオー。テン3ハロン34.7秒。少し早い逃げ。サンライズノヴァのテン3ハロンは36.3秒。

 

向正面。押さえつつ、内にサンライズノヴァ、外に空馬・ハットラブが並走する形。ペースは早いままを維持していく。

 

3角-4角。インを走ってたサンライズノヴァ。外から空馬が内に入り気味になってブレーキ踏むシーンが見られる。影響がないようにサンライズノヴァの外を走ってた、ダノングッドの外へ空馬が向かうように誘う。コーナーはおおよそインベタ・内目で回りつつも、大外へ振って行くサンライズノヴァ。

 

直線。大外に出して追い出す進路は確保、追って追って、サンライズノヴァは追い始める。伸びて、伸びて、最後方からぐんぐんごぼう抜き。ゴール前、2着馬・ナムラミラクルを差し切って、1着でゴール。サンライズノヴァの上がり3ハロン35.4秒。上がり最速。

 

武蔵野ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 51.7-38.1-25.3-13.1 一杯に追う

 

※【武蔵野ステークス2018・過去結果データメモ】サンライズノヴァの斤量はグリーンチャンネルカップから1キロ減の56キロ。前走のサンライズノヴァは、出遅れ+ペース少し早めで流れる+3角入り口で空馬に絡まれてブレーキ+内目回りつつ大外へ出して、一杯に追っての上がり3ハロン最速で1着。

 

負荷のかかる競馬というよりは、手間のかかる競馬。強烈な追い込み馬なのもあって、相手関係によって印の重は上げ下げした方がいいタイプ。

 

スポンサーリンク




武蔵野ステークス2018・2着・クインズサターン【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・パイロ産駒)

2018年武蔵野ステークス2着、クインズサターン(オッズ・7番人気。血統・パイロ産駒)の前走は、シリウスステークス(阪神競馬場・ダート2000m)でした。枠順は、6番・9着。藤岡佑介騎手。

 

馬場状態・水の浮く不良馬場

レースラップ・12.6-10.8-11.3/13.5/12.2-12.3-12.3/12.2-11.9-12.4

 

クインズサターンは、3枠6番からスタート。発馬決めて軽く促しつつも、スピードにうまいこと乗らず、後方のインからな展開になるクインズサターン。

 

逃げて行ったのは、コパノチャーリー。テン3ハロン34.7秒。馬場状態考えると、少し遅め逃げ。クインズサターンのテン3ハロンは36.6秒。

 

1角-2角。1角入り口で外からヒロブレイブが前に入ってくる。クインズサターンはおおよそインベタで回って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは一旦緩む。その後「12.2-12.3-12.3秒」と不良馬場で時計が出るにしては早くならない展開で進む。クインズサターンは少し外目へ出して、スピードに乗せて行く。

 

3角-4角。クインズサターンは外目へ出して行き、内に2頭外へ。ラインルーフの内に切れ込んで行く。しかし、前を走ってたリーゼントロックの脚がなくなってたところ、外からグレイトパールが上がって行って、リーゼントロックが急に下がってくる。その側にクインズサターンがいてブレーキ踏んでる。一度下り、ラインルーフの外へ切り替えて追い出して行く。内3頭外目をきっちり回って行く。

 

直線。かなり外目へ振る。クインズサターンは手前変えて変えて、コーナーで追い出してたスピードを加速させて行く。しかし、強目・一杯に追うことはなく、ムチ入れしつつ伸びを確認する形の追い方でじわじわ伸びて行ってゴール。クインズサターン9着。上がり3ハロン37.3秒。

 

武蔵野ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 54.1-39.2-25.6-12.8 末強目に追う

 

※【武蔵野ステークス2018・過去結果データメモ】クインズサターンの斤量はシリウスステークスと変わらずの56キロ。コーナー減の400m距離短縮。クインズサターンの前走は、水の浮く不良馬場。テンから中間からペースが早かったわけではないものの、クインズサターンはスピードに乗せて競馬する展開に。3角入り口、外に出して追い上げて行こうとするまではよかったものの、急に馬が垂れて来る展開は誤算。ブレーキかけて、外に切り替えるのはペース早くなりつつある勝負所では痛い不利。そこから距離ロスありつつ、直線の追い方は軽めで伸びを見ている感(レース映像にはほとんど写ってないので、パトロールビデオをご覧ください)。

 

「3角の不利+距離ロス+直線追い方軽め」。この点でヒモには塗っておいた方がいいかと(パトロールビデオを見る手間が報われる、単勝34.0倍の7番人気2着!)。

 

クインズサターンの上がり3ハロンは37.3秒と、後方から追い上げた馬+不良馬場にしては早くない数字。競走馬は追わないと伸びない。追う行為の負荷が軽い場合、上がり3ハロンは早くならない傾向があるので、文字面だけ見てると見間違う。

 

武蔵野ステークス2018・3着・ナムラミラクル【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・スパイキュール産駒)

2018年武蔵野ステークス3着、ナムラミラクル(オッズ・2番人気。血統・スパイキュール産駒)の前走は、グリーンチャンネルカップ(東京競馬場・ダート1400m)でした。枠順は、15番・2着。藤懸貴志騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.0-11.3/11.8/12.0-12.2-12.7

 

ナムラミラクルは、8枠15番からスタート。スタート決めて、出して出して、出して、出して前へ向かうナムラミラクル。

 

逃げ馬は、ハヤブサマカオー。テン3ハロンを34.7秒。少し早い逃げ馬。逃げ馬の外につけていった、ナムラミラクルのテン3ハロンは、34.8秒。こちらも早め。

 

向正面。ペースは垂れることなく早いまま進む。ナムラミラクルは早めで流れるペースを押さえつつの追走。

 

3角-4角。ナムラミラクルは内に1頭外をきっちり回って行く。

 

直線。ナムラミラクルは馬なり→軽く促して、逃げ馬・ハヤブサマカオーを交わしていく。追い出し初めて、先頭。後続を離して行く。追って、追って、そのまま1着でゴールかと思ってるところに、後方からサンライズノヴァが強烈な末脚で追い込んできて、差される。ナムラミラクル2着。上がり3ハロン36.9秒。

 

武蔵野ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 54.9-40.4-26.5-13.3 馬なり余力

 

※【武蔵野ステークス2018・過去結果データメモ】ナムラミラクルの斤量はグリーンチャンネルカップと変わらずの56キロ。ナムラミラクルの前走は、大外枠からスタートも長い間出して行って、逃げ馬の外へつける形。少し早いペースを1頭外へ追いかけることになった(机上の空論計算でナムラミラクルのペースは逃げ馬より早い)。

 

少し早いペース追いかけた負荷ありつつも、直線は垂れることなく先頭に立ち後続を離したのは強い競馬。ただし、1着狙いではなく、ヒモ・相手にはしっかり入れておきたいタイプ。

 

2018年の武蔵野ステークスは、その後JRAで馬券にならなかった馬のほうが多いレース。4着・ユラノトは鼻出血の休養明け。インカンテーションやグレンツェントには馬券になりまくってた頃の勢いはない。ウェスタールンドのコーナー減の短縮は、ヒモ・相手タイプ。サンライズノヴァを信用するか、ユラノトを信用するかなレースだったかと。

 

武蔵野ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

武蔵野夫人 (新潮文庫)

2017年武蔵野ステークス・過去レース結果データ

 

武蔵野ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.2-11.6/12.2-12.7/12.0-11.6-11.9

 

1着・インカンテーション(6番人気・三浦皇成騎手・馬体重502kg)

2着・サンライズソア(8番人気・吉田豊騎手・馬体重500kg)

3着・アキトクレッセント(15番人気・荻野極騎手・馬体重502kg)

 

武蔵野ステークス2017・オッズ・過去配当結果

武蔵野ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 1390円

複勝 13・460円/9・550円/7・2600円

 

スポンサーリンク




武蔵野ステークス2017・1着・インカンテーション【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・シニスターミニスター産駒)

2017年武蔵野ステークス1着、インカンテーション(オッズ・6番人気。血統・シニスターミニスター産駒)の前走は、白山大賞典(金沢競馬場・ダート2100m)でした。枠順は、10番・1着。岩田康誠騎手。

 

馬場状態・不良馬場発表

 

インカンテーションは、8枠10番からスタート。外枠。若干後手。外へ膨れ気味になったのか、調整しつつ先行して行くインカンテーション。

 

逃げて行ったのは、クリノスターオー。2番手でインカンテーションは追いかけて行く。

 

3角-4角。内1頭外を押さえつつ回って行く、インカンテーション。

 

正面。引き続き、押さえつつクリノスターオーを追いかけて行く、インカンテーション。

 

1角-2角。内に1頭外を回って行く、インカンテーション。クリノスターオーがペースを上げていくものの、インカンテーションは馬なりでついてく感。

 

向正面。インカンテーションは外からクリノスターオーに併せて行く。

 

3角-4角。いっぱいいっぱいになりつつどうにか食らいつく、クリノスターオー。インカンテーションは内1頭外を回りつつ追い出し開始。

 

直線。4角出口でインカンテーションはクリノスターオーを振り切って先頭。追って追って、後続に交わさせず1着でゴール。インカンテーションの上がり3ハロンは39.7秒。

 

武蔵野ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路・53.3-39.0-25.7-12.9 強めに追う

 

※【武蔵野ステークス2017・過去結果データメモ】インカンテーションの斤量は白山大賞典から1キロ増の57キロ。コーナー4つ減+500mの距離短縮。前走のインカンテーションは、6つあるコーナーを内に1頭外回り続ける形。内にいたクリノスターオーに付き合う競馬をする。直線はゴリゴリ一杯に追ってるわけでない。

 

インカンテーションは4走前のフェブラリーステークス13着。大外枠から凍結防止剤の撒かれ、かなり乾いてる馬場をテン3ハロン34.0秒とかなり飛ばしまくって失速している。

 

「前半無理して使った脚を使わず、後半に持ってきたら具合よく走れた」という例。フェブラリーステークス凡走後、ずっと続けて好走できてるのは「脚の使い所を後ろに持って行ったから」だろう。

 

スポンサーリンク




武蔵野ステークス2017・2着・サンライズソア【過去データ】(オッズ・8番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)

2017年武蔵野ステークス2着、サンライズソア(オッズ・8番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)の前走は、ブラジルカップ(東京競馬場・ダート2100m)でした。枠順は、4番・3着。北村宏司騎手。

 

馬場状態・雨降り続く、水のかなり浮きまくる不良馬場

レースラップ・7.3-11.4-12.0/11.9-11.8/12.0-12.0-12.3/12.3-12.5-12.6

 

サンライズソアは、2枠4番からスタート。好発も押さえつつ。内から出して、出して行くアドマイヤロケットを行かせる。サンライズソアは先行ポジションへ。

 

逃げて行ったのは、アドマイヤロケット。テン3ハロン36.7秒。馬場状態考えて、遅めの逃げ。サンライズソアのテン3ハロンは37.3秒。

 

1角-2角。押さえつつ、内1頭いる外を回って行くサンライズソア。

 

向正面。「11.9-11.8/12.0-12.0-12.3」と、逃げ馬・アドマイヤロケットのペースは早めで4ハロン走って行く。残り800mで緩む。サンライズソアは先行しつつ、早めで流れるペースに釣られないように押さえつつ。

 

3角-4角。サンライズソアは内に1頭いる外を押さえつつ回って行く。

 

直線。サンライズソアは追い出せる位置を確保して、追って追う。伸びてたものの、外から競いに追い込んできた、勝ち馬・メイショウウタゲが内へ押し込み気味にきたこともあって、サンライズソアの進路がなくなった訳ではないものの、若干勢いは削がれたように見える。サンライズソアは3着。上がり3ハロン37.3秒。

 

武蔵野ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 51.4-37.5-24.7-12.5 馬なり余力

 

※【武蔵野ステークス2017・過去結果データメモ】サンライズソアの斤量はブラジルカップから1キロ増の55キロ。コーナー減・500mの距離短縮。前走のサンライズソアは、ダートコースの水分が飽和した上に雨が強く降り続くという状態での競馬。スタートで逃げて行った、アドマイヤロケットの都合を通して行かせつつ、サンライズソアはついて行く展開。テン3ハロンは遅めで推移したものの、馬場状態を最大限に利用してペースアップして行く、アドマイヤロケット。サンライズソアは、直線抜け出してアドマイヤロケットを交わしに追い出すも、メイショウウタゲにフタされ気味に差されて、3着。

 

サンライズソアのラップは「37.3-37.3」なのだけど、中間ラップはそこそこ早めが続いたので「37.3-(早くなったペース追いかけて脚使ってました)-37.3」が、正解。道中、脚使う展開になっても直線伸びたという前走内容。

 

早くなって行ったペースに付き合っても、ある程度、直線脚を使えるということ=ペースが遅くなったら脚がたまりやすい。なので、馬券になる幅が広いとも言える。馬券の買い目から消さない方がいいタイプの馬。

 

武蔵野ステークス2017・3着・アキトクレッセント【過去データ】(オッズ・15番人気。血統・ウォーエンブレム産駒)

2017年武蔵野ステークス3着、アキトクレッセント(オッズ・15番人気。血統・ウォーエンブレム産駒)の前走は、グリーンチャンネルカップ(東京競馬場・ダート1400m)でした。枠順は、8番・4着。荻野極騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.1-11.6/11.8/11.7-11.5-12.2

 

アキトクレッセントは、4枠8番からスタート。発馬決めて、促して行き中団あたり外目へ向かうアキトクレッセント。

 

逃げて行ったのは、ウインムート。テン3ハロン35.0秒。おおよそ標準くらい。アキトクレッセントのテン3ハロンは35.4秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めで推移して行く。アキトクレッセントは押さえつつ、中団外目を追走。

 

3角-4角。内2頭外をきっちり回って行く、アキトクレッセント。徐々に追い出して行く。

 

直線。外目に出して行く、アキトクレッセント。追い出し開始。ゴリゴリに追い出すわけではなく、ムチ入れつつ伸びを見る追い方に強目に追う感じを交互に。アキトクレッセントは伸びて伸びて来る。しかし、前を交わしきるまでは伸びれず。4着。アキトクレッセントの上がり3ハロン35.5秒。

 

武蔵野ステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 80.9-66.4-52.3-39.0-12.4<7>  馬なり余力

 

※【武蔵野ステークス2017・過去結果データメモ】アキトクレッセントの斤量はグリーンチャンネルカップと変わらずの56キロ。前走のアキトクレッセントは、標準あたりで流れるペースの中、外目追走。アキトクレッセント自身のペースは遅かったわけではなく、ほんの少し遅いくらい。コーナーは内に2頭外をきっちり回ってることもあり、ラップを騎乗の空論計算すると逃げ馬のペースと同じくらいのテン3ハロン。直線は、あまり強くは追ってなく、伸びを見つつなシーンも多数あり、上がり3ハロン35.5秒であれば、ヒモに入れておくだけの前走内容はある。

 

アキトクレッセント、グリーンチャンネルカップの前走、プロキオンステークスでは向正面で挟まる不利があり。その前走、襷ステークスではエイシンバッケンの2着(0.3秒差)。

 

アキトクレッセントは、馬券の相手に入れてワクワクするだけのレースはしてきてる馬であった。もちろん、本命向きではないけれども。

 

武蔵野ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

鉄塔武蔵野線 [DVD]

2016年武蔵野ステークス・過去レース結果データ

 

武蔵野ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・重馬場

レースラップ・12.2-10.7-11.6/12.1-11.7/11.7-11.6-12.2

 

1着・タガノトネール(8番人気・田辺裕信騎手・馬体重498kg)

2着・ゴールドドリーム(2番人気・M.デムーロ騎手・馬体重514kg)

3着・カフジテイク(6番人気・津村明秀騎手・馬体重484kg)

 

武蔵野ステークス2016・オッズ・過去配当結果

武蔵野ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 3660円

複勝 11・590円/8・160円/3・390円

 

武蔵野ステークス2016・1着・タガノトネール【過去データ】(オッズ・8番人気。血統・ケイムホーム産駒)

2016年武蔵野ステークス1着、タガノトネール(オッズ・8番人気。血統・ケイムホーム産駒)の前走は、サマーチャンピオン(佐賀競馬場・ダート1400m)でした。枠順は、7番・3着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・良馬場発表

 

タガノトネールは、6枠7番からスタート。発馬まずまず。出して出してスピードに乗せて行く。先行ポジションへ向かタガノトネール。

 

逃げて行ったのは、グレイスフルリープ。強めに押さえつつ、タガノトネールは逃げ馬の横につけていく。

 

1角-2角。内1頭開けて走るグレイスフルリープ。そのため、2頭外目を回っていくタガノトネール。

 

向正面。タガノトネールは外目でグレイスフルリープを追いかけて行く。

 

3角-4角。位置取り的に1角-2角よりももう1頭外目を回ることになったタガノトネール。追走一杯に。

 

直線。残ってる脚が少なくなってるタガノトネール。あっぷあっぷしつつも、追って追って。逃げたグレイスフルリープを交わせず、ワンダーコロアールに内から差され、タガノトネール3着。上がり3ハロン38.3秒。

 

武蔵野ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 53.3-38.1-24.5-12.3 末強目に追う

 

※【武蔵野ステークス2016・過去結果データメモ】タガノトネールの斤量はサマーチャンピオンから1.5キロ減の56キロ。前走のタガノトネールは、単純に距離ロスが敗因かと。地方競馬、高知競馬や佐賀競馬などにある最内を使わない競馬で距離ロスが盛大に発生しやすいところ、佐賀ダート1400mはコーナー4つ。距離ロス発生部分が多くなり、これではあっぷあっぷしてしまう。

 

東京ダート1600mはコーナー2つ。タガノトネールは去年の武蔵野ステークス2着馬(ノンコノユメとハナ差)。2016年のフェブラリーステークス、モーニンの6着(0.5秒差)。

 

サマーチャンピオンの前走、プロキオンステークスでは有利な外枠からも、内目に入れず、テン3ハロン34.3秒とラップとしてはおおよそ標準くらいも、内に3頭いる外を回る距離ロス。計測されたラップよりもかなりしんどい競馬をしていたことになる。

 

この手のタイプは、最内を走れると浮上することが多いので、馬券的には要注意(オッズが美味しく仕上がってることがよくある)。

 

武蔵野ステークス2016・2着・ゴールドドリーム【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ゴールドアリュール産駒)

2016年武蔵野ステークス2着、ゴールドドリーム(オッズ・2番人気。血統・ゴールドアリュール産駒)の前走は、ジャパンダートダービー(大井競馬場・ダート2000m)でした。枠順は、6番・3着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・良馬場発表もレース前半には雨が降ってて、湿ってる良馬場くらい

レースラップ・12.3-11.5-12.5/12.8/12.7-12.7-12.3/13.0-12.8-13.1

 

ゴールドドリームは、5枠6番からスタート。出遅れ。すぐ前に外から勝ち馬・キョウエイギアが入ってくる。ゴールドドリームは促して、促して、スピードに乗せて追いかけてく。ゴールドドリームは先行ポジションの外目につけてく。

 

逃げて行ったのは、ケイテイブレイブ。テン3ハロン36.3秒。少し遅めの逃げ。ゴールドドリームのテン3ハロンは、37.8秒。

 

1角-2角。ゴールドドリームは、内に3頭外を回って行ったものの、向正面出るまでに一度下げて、内目に切り替えて入ってくる。

 

向正面。内目を押さえつつ追走して行くゴールドドリーム。

 

3角-4角。内1頭開けて回って行く、ゴールドドリーム。じわじわ追い上げて行く。

 

直線。ゴールドドリームは追い出し開始。追って、追って、追って。勝ち馬・キョウエイギアに交わされるも、逃げ馬・ケイティブレイブを追い詰めてく。しかし、交わすまでには行かず、3着。ゴールドドリームの上がり3ハロンは39.6秒。

 

武蔵野ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 53.9-38.3-24.5-12.2 馬なり

 

※【武蔵野ステークス2016・過去結果データメモ】ゴールドドリームの斤量は、ジャパンダートダービーと変わらずの56キロ。前走のゴールドドリームは、出遅れ+すぐに前へ入られて後手踏んでからの競馬。立て直して先行できたのは良かったものの、1角入りでかなりの距離ロス。ゴールドドリームは、そこから手間かけて下げて、内目に入って距離ロスをなくす競馬をして行く。

 

脚をうまいこと整えて競馬できなかったものの、直線は追って追って、伸びての3着。スムーズに競馬できれば、もっと浮上する可能性のある競馬であり、この手な馬は「負荷がかかって、手間がかかって3着」であり、馬券から安易に消さない方が長い目で見たとき得になりやすい。

 

武蔵野ステークス2016・3着・カフジテイク【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・プリサイスエンド産駒)

2016年武蔵野ステークス3着、カフジテイク(オッズ・6番人気。血統・プリサイスエンド産駒)の前走は、グリーンチャンネルカップ(東京競馬場・ダート1400m)でした。枠順は、3番・1着。津村明秀騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.4-10.6-11.1/11.7/12.0-12.0-12.2

 

カフジテイクは、2枠3番からスタート。出遅れ。挽回せず、押さえつつ後方から競馬して行くカフジテイク。

 

逃げて行ったのは、トータルヒート。テン3ハロン34.1秒。かなり早めの逃げ。カフジテイクのテン3ハロンは36.5秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは早いままを維持。カフジテイクは後方で外目に出しつつ押さえつつな追走。

 

3角-4角。カフジテイクは内に2頭外をきっちり回って行く。

 

直線。じわじわと外目に出しつつ、追い出して行くカフジテイク。最後方から追って、追って、追って。伸びて行く、カフジテイク。内目から先にキングズガードが抜け出す。カフジテイクはキングズガードを追いかけて、追って、交わす。1着でゴール。カフジテイクの上がり3ハロンは34.4秒。上がり3ハロン最速。

 

武蔵野ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 54.0-39.4-25.3-12.5 強めに追う

 

※【武蔵野ステークス2016・過去結果データメモ】カフジテイクの斤量はグリーンチャンネルカップと変わらずの56キロ。前走のカフジテイクは、出遅れ+かなり早いテン3ハロンで流れる中を最後方から追いかけて行く。道中、カフジテイクは押さえつつ外目に出しつつ。コーナーで距離ロスありつつも、追って追っての上がり3ハロン34.4秒の最速。

 

距離ロスあっても、上がりある馬は馬券から外さない方がいいのだけど、強烈な末脚に傾いてる場合は、追い込み損ねる方に針が向くこともあり、無理に本命にはしない方がいい。強烈な追い込み馬の本命を当てるにはコストがかかる。

 

以上、武蔵野ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

武蔵野ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.