競馬レース映像分析ネタ

中山記念2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

中山記念 競馬予想 過去

 

中山記念2020競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

中山記念2020(G2)。中山競馬場・芝1800mで行われます。

 

2020年の中山記念。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の中山記念のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、中山記念。

 

1着賞金6200万円。中山記念1着馬には、大阪杯(G1)への優先出走権が与えられるレース。

 

中山記念、歴代の勝ち馬・優勝馬

ホクトヘリオス・ユキノサンライズ・ダイナマイトダディ・ムービースター・サクラチトセオー・フジヤマケンザン・サクラローレル・キングオブダイヤ・サイレンススズカ・キングヘイロー・ダイワテキサス・アメリカンボス・トウカイポイント・ローエングリン・サクラプレジデント・バランスオブゲーム・カンパニー・トーセンクラウン・ヴィクトワールピサ・フェデラリスト・ナカヤマナイト・ジャスタウェイ・ヌーヴォレコルト・ドゥラメンテなど。

 

スポンサーリンク




中山記念の過去データから2020年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

中山記念の競馬予想、参考データと言っても、過去の中山記念のレース映像分析ではありません。

 

過去の中山記念の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の中山記念のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

中山記念で馬券になる前走は重要な過去データ

中山記念で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ネオリアリズム・ウインブライト。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去の中山記念で馬券になったのか。ラッキーライラック・アエロリット・サクラアンプルール。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、中山記念競馬予想2020【消去法】みたいなもの

 

中山記念のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去に中山記念というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去に中山記念が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱・出走表に書かれない激走買いデータをまとめます。

 

中山記念の競馬予想・本命視? ヒモに入れる

中山記念の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも中山記念の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンターは誰か、ゲストは誰か気にしつつ分析します(ちゃんとしろ)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の中山記念で馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2020年の予想に使う

例えるならば、過去の中山記念で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年の中山記念の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

中山記念2019競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2019年中山記念・レース過去結果データ

 

中山記念2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.1-11.5/11.7-11.5-11.7/12.1-11.6-11.9

 

1着・ウインブライト(5番人気・松岡正海騎手・馬体重492kg)

2着・ラッキーライラック(6番人気・石橋脩騎手・馬体重512kg)

3着・ステルヴィオ(2番人気・丸山元気騎手・馬体重490kg)

 

スポンサーリンク




中山記念2019・オッズ・過去配当結果

中山記念2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 700円

複勝 1・190円/3・240円/7・160円

 

中山記念2019・1着・ウインブライト【過去データ競馬予想】(オッズ・5番人気)

2019年中山記念1着、ウインブライト(オッズ・5番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、中山金杯(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、11番・1着。松岡正海騎手。

 

2019年中山記念1着の前走は、中山金杯

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.7-12.5/11.7/12.6-12.2-11.6/11.7-11.4-12.4

 

ウインブライトは、6枠11番からスタート。発馬まずまず。じわっと上がって行き、抑えつつ中団の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、タニノフランケル。テン3ハロンは35.6秒。おおよそ標準くらいの逃げ。ウインブライトのテン3ハロンは36.8秒。

 

1角-2角。内2頭外をきっちり回って行く、ウインブライト。抑えつつ。

 

向正面。タニノフランケルの逃げは、4ハロン目が「11.7秒」と、かなり早くなって行き、2ハロン少し遅めになり、再び残り800mで早くなって行く。ウインブライトは中団の外目を抑えつつ追走して行く。向正面過ぎ、外からステイフーリッシュ、続けてタイムフライヤーが交わして行くも釣られないように抑え込む。

 

3角-4角。内2頭外→3頭外をきっちり回って行く、ウインブライト。追い出して行く。

 

直線。外目を回ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追うウインブライト。伸びて、伸びてく。タニノフランケルとステイフーリッシュが粘るところを外から差し切る。ウインブライト1着。上がり3ハロン34.9秒。

 

中山記念2019・1着、ウインブライト・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2019・過去結果データメモ】ウインブライトの斤量は中山金杯から1キロ減の57キロ。前走のウインブライトは、テン3ハロンは標準前後で進み、4ハロン目にハイペースなラップになり、続く2ハロンは少し遅めで流れる。残り800mから加速して行く中を走った。

 

早くなるハロンあるも、脚溜められるラップになるハロンもあるレースだった。ウインブライトは内目に入れず、4つのコーナーで距離ロス抱えての競馬に。向正面ではまくり気味に上がって行く馬2頭にこすられつつ、引っ張れないようにしつつ。それでいて直線は追って伸びての1着。距離ロスあって上がり3ハロン34.9秒あれば、馬券には入れたいところ。

 

中山記念2019最終追い切り・

美浦W 重 85.0-39.2-53.7-39.0-12.8<7>馬なり余力

 

スポンサーリンク




中山記念2019・2着・ラッキーライラック【過去データ競馬予想】(オッズ・6番人気)

2019年中山記念2着、ラッキーライラック(オッズ・6番人気。血統・オルフェーヴル産駒)の前走は、秋華賞(京都競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、7番・9着。北村友一騎手。

 

2019年中山記念2着の前走は、秋華賞

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.9-12.7/12.1/11.8-11.9-11.8/11.5-11.8-11.9

 

ラッキーライラックは、4枠7番からスタート。発馬まずまず。出たなりで前目、先行ポジションへ。外から2頭3頭とラッキーライラックの前に入ってきて、強めに手綱抑えて行く。

 

逃げて行ったのは、ミッキーチャーム。テン3ハロンを35.7秒で。少し早めの逃げ。ラッキーライラックのテン3ハロンは36.5秒。

 

1角-2角。内1頭半くらい外を強めに抑えつつ追走して行くラッキーライラック。

 

向正面。逃げ馬のペースは「11.8-11.9-11.8秒」とかなり早めなペースで走って行く。ラッキーライラックは中団外目を抑えつつ追走して行く。若干だが、早くなって行ってるペースについていけなくなってる、前を走るサヤカチャンのペースに付き合ってる(サヤカチャンの鞍上が後振り返ってるシーンが見られる)。

 

3角-4角。内1頭半外→2頭外へ出して行く。ラッキーライラックはサヤカチャンの外へつけて行く。押して行って、ムチ入れて。

 

直線。大外へ振って行く、ラッキーライラック。追って、追って、追う。伸びて伸びるも、前にいたサラキアが壁になり残り100mくらいからうまいこと追えずにゴールしている。ラッキーライラック9着。上がり3ハロン34.8秒。

 

中山記念2019・2着、ラッキーライラック・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2019・過去結果データメモ】ラッキーライラックの斤量は秋華賞から2キロ減の53キロ。前走のラッキーライラックは、逃げ馬がかなり早めで引っ張り続けるきつい流れのレースを走った。

 

ラッキーライラックは発馬して、押すでも促すでもなく馬なりで上がって先行して行く。外から数頭前に入ってきて、負荷がかかりつつ1角入り。距離ロスはほどほど抱えつつ。かなり早いペースの中ついて行く。向正面で早いペースについていけなくなってる馬に少し付き合いつつ、距離ロスしつつ回る。その時点でムチが入ってたものの、直線はそこそこ伸びて9着。上がり3ハロン34.8秒。残り100mからうまいこと追えない時間もあり。

 

早いペースについて行って、多少の距離ロスあり。直線追えない壁あるも上がり3ハロン34.8秒。脚を整えて競馬できれば馬券になる可能性は大。ただし、ヒモくらいの印・馬券の相手がいいかと。

 

中山記念2019最終追い切り・

栗東坂路 重 50.8-36.9-24.4-12.6 一杯に追う

 

秋華賞2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
秋華賞2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  秋華賞2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析秋華賞の歴代優 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




中山記念2019・3着・ステルヴィオ【過去データ競馬予想】(オッズ・2番人気)

2019年中山記念3着、ステルヴィオ(オッズ・2番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、マイルチャンピオンシップ(京都競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、1番・1着。ビュイック騎手。

 

2019年中山記念3着の前走は、マイルチャンピオンシップ

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.1-11.5/12.1-11.7/11.6-11.2-11.7

 

ステルヴィオは、1枠1番からスタート。発馬決めて軽く促しつつ、前目へ。先行して行く。

 

逃げて行ったのは、アエロリット。テン3ハロン35.0秒。少し遅めの逃げ。ステルヴィオのテン3ハロンは35.4秒。

 

向正面。逃げ馬のペースはおおよそ標準くらいで継続。ステルヴィオは先行のインを抑えつつ追走。

 

3角-4角。インベタで回って行く、ステルヴィオ。

 

直線。内目をついて行く、ステルヴィオ。追って追って追って追う。4番手5番手。伸びて伸びる。内から伸びてきたペルシアンナイトと競い合いになるも交わさせずのゴール。ステルヴィオ1着。上がり3ハロン34.1秒。

 

中山記念2019・3着、ステルヴィオ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2019・過去結果データメモ】ステルヴィオの斤量はマイルチャンピオンシップから1キロ増の57キロ。前走のステルヴィオは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップも標準前後で流れたレースを走った。

 

ステルヴィオは内枠から先行して行く。インベタで道中脚を溜めて行って、直線は内突いて、追って伸びての上がり3ハロン34.1秒の1着。流れたペースは遅すぎるペースではなかったこともあり、上がり3ハロン34.1秒は評価できる数字。

 

ただし、インベタ追走な分、垂れる馬の後ろで後手を踏んだりすることもなかった分、ヒモに回したほうがいいパターンかと。

 

中山記念2019最終追い切り・

美浦W 重 53.9-38.4-12.6<4>馬なり余力

 

マイルチャンピオンシップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
マイルチャンピオンシップ2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  マイルチャンピオンシップ2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像 ...

続きを見る

 

中山記念2018競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年中山記念・レース過去結果データ

 

中山記念2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.7-11.7/11.5-11.5-11.8/12.2-11.9-12.5

 

1着・ウインブライト(2番人気・松岡正海騎手・馬体重474kg)

2着・アエロリット(5番人気・横山典弘騎手・馬体重504kg)

3着・マルターズアポジー(6番人気・柴田善臣騎手・馬体重528kg)

 

中山記念2018・オッズ・過去配当結果

中山記念2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 530円

複勝 5・190円/10・270円/8・460円

 

中山記念2018・1着・ウインブライト【過去データ競馬予想】(オッズ・2番人気)

2018年中山記念1着、ウインブライト(オッズ・2番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、中山金杯(中山競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、1番・2着。松岡正海騎手。

 

2018年中山記念1着の前走は、中山金杯

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.0-13.2/12.3/12.7-11.3-11.7/11.5-11.6-12.2

 

ウインブライトは、1枠1番からスタート。発馬決めて、軽く促して前目へ。先行して行く。

 

逃げて行ったのは、トーセンマタコイヤ。テン3ハロン36.5秒で。遅めの逃げ。ウインブライトのテン3ハロンは36.9秒。

 

1角-2角。3番手、4番手あたりでインベタで回っていく、ウインブライト。抑えつつ。

 

向正面。少し遅いくらいのペースで進みつつも、半ば過ぎからマイネルミラノがまくって行く。かなりのペースアップして行く。「12.7-11.3-11.7」。ウインブライトは先行のインを抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。インベタで回って行く、ウインブライト。追い上げ開始。

 

直線。垂れつつあった、トーセンマタコイヤの隙間をぬって、追って追うウインブライト。残り180mでマイネルミラノを交わして先頭。追って追う。伸びて伸びて行くが、セダブリランテスにクビ差交わされる。ウインブライト2着。上がり3ハロン34.8秒。

 

中山記念2018・1着、ウインブライト・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2018・過去結果データメモ】ウインブライトの斤量は中山金杯と変わらずの56キロ。前走のウインブライトは、テン3ハロン遅い→向正面でマイネルミラノが動きまくって行って急激にペースアップな流れを走った。

 

ウインブライトは内枠から、発馬決めて軽く促して行って先行のインから競馬。テン3ハロンは遅めで進む中、脚溜めて行く。しかし、向正面でマイネルミラノがまくって行ってペースアップ。先行していたもののペースアップにはついて行かず。3角-4角もインベタ周りつつ、直線は追って伸びての2着。テン5ハロンが早くなかった上でのペースアップもあり、脚溜めるハロンはそこそこあっての上がり3ハロン34.8秒。

 

インベタ追走ということもあり、強く推せない部分はあるものの馬券から消してはいけないタイプ。1000m通過がスローだったとしても、次のハロンがえらい加速して、ロングスパートになってたらレースの意味が違ってくるものでありまして。

 

中山記念2018最終追い切り・

美浦W 良 84.4-68.7-53.6-39.5-13.1<5>馬なり余力

 

中山記念2018・2着・アエロリット【過去データ競馬予想】(オッズ・5番人気)

2018年中山記念2着、アエロリット(オッズ・5番人気。血統・クロフネ産駒)の前走は、秋華賞(京都競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、1番・7着。横山典弘騎手。

 

2018年中山記念2着の前走は、秋華賞

馬場状態・雨の降る、重馬場

レースラップ・12.2-11.0-12.4/11.9/11.6-12.0-12.1/12.5-12.1-12.4

 

アエロリットは、1枠1番からスタート。発馬決めて、軽く促して行き前目へ。外から逃げ馬が入ってきて、かなり強めに手綱を抑え込んでる。

 

逃げて行ったのは、カワキタエンカ。テン3ハロンを35.6秒で。かなり早めの逃げ。アエロリットのテン3ハロンは35.9秒。こちらも少し早めの逃げ。

 

1角-2角。アエロリットは2番手3番手のインで早いペースに釣られないように抑え込む。

 

向正面。カワキタエンカのペースは「11.6-12.0-12.1秒」。馬場状態考えてもかなり早くペースアップして行く。逃げ馬についていく、アエロリット。じわっと1頭外へ出す。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、アエロリット。後続、迫る。

 

直線。入り口で3番手、モズカッチャンに交わされくアエロリット。追い始めるも、余力がない感じ。鞍上の手はゆっくりに。それでも大きくは垂れて行かずの7着。アエロリットの上がり3ハロンは37.9秒。

 

中山記念2018・2着、アエロリット・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2018・過去結果データメモ】アエロリットの斤量は秋華賞と変わらずの55キロ。前走のアエロリットは、馬場状態から考えてかなり早いペースで逃げて行った馬のペースに引っ張られてレースを走った。

 

アエロリットは発馬決めて、促しつつ前目へ。外から逃げ馬が入ってきて、強めに抑え込んで1角入り。テン3ハロンから早く流れて行ったペースは早いままを継続。演歌ってそんなテンポ早いのかと思いつつ、残り800mで重馬場の標準くらいのラップに。3角-4角、アエロリットは内1頭外へ出して行く。早いペースが続いてきてての1頭外周りの負荷は大きいかと。それでいて、直線は垂れつつ、脚も残ってない、鞍上は強く追ってない中、7着。

 

強い馬でなければ、もっと垂れてる。ゴール前の映像に残り続けてたりはしない。

 

単純に、長い距離を早いペースで走り、直線そこそこ粘った馬の好走パターン。京都より、中山の方が当たり前に流れるペースは急坂もあって遅くなりやすい。ペースが上がりにくいのは、アエロリットにとってプラス。

 

逃げた、カワキタエンカは次走、10着後、中山牝馬ステークスで1着(6番人気・単勝8.2倍)。

 

中山記念2018最終追い切り・

美浦W 良 52.9-38.8-12.9<7>馬なり余力

 

中山記念2018・3着・マルターズアポジー【過去データ競馬予想】(オッズ・6番人気)

2018年中山記念3着、マルターズアポジー(オッズ・6番人気。血統・ゴスホークケン産駒)の前走は、マイルチャンピオンシップ(京都競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、8番・15着。武士沢友治騎手。

 

2018年中山記念3着の前走は、マイルチャンピオンシップ

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.2-10.8-11.6/12.1-11.9/11.5-11.6-12.1

 

マルターズアポジーは、4枠8番からスタート。発馬、若干後手。促して行って前目、逃げて行く。テン3ハロン34.6秒。少し早い逃げ。

 

向正面。マルターズアポジーのペースは、おおよそ標準前後で進む。強めに抑えつつ、抑えつつ。

 

3角-4角。内目を回っていく、マルターズアポジー。

 

直線。逃げ残ろうと、追って追う。伸びはあったものの、外から後続が押し寄せて来て思いっきり交わされていく。マルターズアポジー15着。上がり3ハロン36.3秒。

 

中山記念2018・3着、マルターズアポジー・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2018・過去結果データメモ】マルターズアポジーの斤量はマイルチャンピオンシップから1キロ減の56キロ。前走のマルターズアポジーは、自身が逃げて少し早いペースのテン3ハロンから、中間ラップ標準くらいで進んだレースを走った。

 

マルターズアポジーはスタートから促して逃げていく形。稍重馬場から考えるとペースは早めで流れた。中間ラップは標準くらい。上がりは36.3秒と思いっきり垂れたというわけではない。アエロリットの変形バージョンと言いましょうか、早いペースで行った馬が中山芝1800mという当たり前に流れるペースが遅くなるコースに変わって好走するパターンかと。ただし、逃げ馬のコーナー増の距離延長もあって強くは推せない。ヒモくらいでいいかと。

 

中山記念2018最終追い切り・

美浦W 良 68.4-53.6-39.1-12.7<8>馬なり余力

 

中山記念2017競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年中山記念・過去レース結果データ

 

中山記念2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-12.2-12.6/12.9-11.1-11.6/11.6-11.3-11.7

 

1着・ネオリアリズム(3番人気・M.デムーロ騎手・馬体重514kg)

2着・サクラアンプルール(8番人気・横山典弘騎手・馬体重484kg)

3着・ロゴタイプ(7番人気・田辺裕信騎手・馬体重498kg)

 

中山記念2017・オッズ・過去配当結果

中山記念2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 710円

複勝 1・310円/5・910円/9・440円

 

中山記念2017・1着・ネオリアリズム【過去データ競馬予想】(オッズ・3番人気)

2017年中山記念1着、ネオリアリズム(オッズ・3番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、香港マイル(シャティン・芝1600m)でした。

 

枠順は、7番・9着。ムーア騎手。

 

2017年中山記念1着の前走は、香港マイル

馬場状態・良馬場発表

 

ネオリアリズムは、9番ゲート(7番)からスタート。発馬決めて、軽く促して先行ポジションの外目につけていく。

 

逃げて行ったのは、ビューティーフレーム。ゆっくり内に入ってきたこともあり、ネオリアリズムは抑えつつ少し待たさせる。

 

向正面。強めに抑えつつ、ネオリアリズムは2番手を追走していく。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、ネオリアリズム。

 

直線。逃げ馬の外を回ったこともあり追い出せる位置は確保。追って、追うネオリアリズム。伸びて伸びて先頭に出るも、後続に固まって交わされる。ネオリアリズム9着。

 

中山記念2017・1着、ネオリアリズム・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2017・過去結果データメモ】ネオリアリズムの斤量は香港マイルと変わらずの57キロ。前走のネオリアリズムは、初チークピーシーズ。スタート決めて促して行って、逃げ馬の外につけて行く展開。

 

日本とラップの測り方が違う部分もあるが、3ハロン目4ハロン目11.25-11.25と早くなったことの影響はありそう。それでも直線は一旦先頭に出るシーンもありの9着。チークつけて集中させて行くのが裏目に出た可能性も(中山記念では外してきた)。

 

これは時間が経過して振り返ってわかるある種、温故知新な話。翌年2018年の中山記念3着馬・マルターズアポジーの前走は、ネオリアリズムの前々走と同じマイルチャンピオンシップ。馬場状態は少しちがうが、テン3ハロンは34.6秒と一緒。直線の不利ありつつ、上がり3ハロンは35.6秒。今後、似たような戦歴の馬が出走してきた場合の参考にはなるはず(レース中の細かい部分は映像で確認する必要はあるけれど)。

 

中山記念2017最終追い切り・

美浦W 稍 68.6-53.5-39.0-12.5<7>一杯に追う

 

中山記念2017・2着・サクラアンプルール【過去データ競馬予想】(オッズ・8番人気)

2017年中山記念2着、サクラアンプルール(オッズ・8番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、白富士ステークス(東京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、14番・2着。横山典弘騎手。

 

2017年中山記念2着の前走は、白富士ステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・13.2-12.5-12.3/12.4/12.5-12.2-11.9/11.2-11.0-11.4

 

サクラアンプルールは、8枠14番からスタート。出遅れ。抑えつつ、中団の外目へ。

 

逃げて行ったのは、サムソンズプライド。テン3ハロン38.0秒。ドスローなペース。サクラアンプルールのテン3ハロンは38.8秒。よりドスローなペース。

 

2角。サクラアンプルールは内3頭外を回って行く。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し遅いくらいを継続していく。残り800mで加速していく。サクラアンプルールは中団外目を強めに抑えつつ、折り合いつつ。

 

3角-4角。内に3頭外をきっちり回っていく、サクラアンプルール。

 

直線。外目を回ったこともあり、追い出せる位置は確保。残り300mまでは馬なりで上がっていく。その先から追い出し開始。追って、追うサクラアンプルール。伸びて伸びてく。しかし、内からスズカデヴィアスが抜け出してきてクビ差差される。サクラアンプルール2着。上がり3ハロン33.2秒。

 

中山記念2017・2着、サクラアンプルール・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2017・過去結果データメモ】サクラアンプルールの斤量は白富士ステークスと変わらずの56キロ。前走のサクラアンプルールは、テン3ハロンドスローで進み、中間ラップは少し遅めを継続していく流れを走った。

 

サクラアンプルールは出遅れ。大外枠もあって、内には入れず距離ロス抱えての競馬に。道中も中団の外目で脚溜めていく。3角-4角も距離ロス抱え、直線は追って伸びてきてクビ差差されたものの、2着。上がり3ハロン33.2秒。

 

単純に、距離ロスあって上がりのあった馬は買い。

 

中山記念2017最終追い切り・

美浦W 良 82.5-67.2-52.9-38.9-13.8<8>一杯に追う

 

中山記念2017・3着・ロゴタイプ【過去データ競馬予想】(オッズ・7番人気)

2017年中山記念3着、ロゴタイプ(オッズ・7番人気。血統・ローエングリン産駒)の前走は、香港マイル(シャティン・芝1600m)でした。

 

枠順は、3番・5着。M.デムーロ騎手。

 

2017年中山記念3着の前走は、香港マイル

馬場状態・良馬場発表

 

ロゴタイプは、2番ゲート(3番)からスタート。発馬出遅れに近い後手。押して前目へ向かう。先行ポジションへ。

 

逃げて行ったのは、ビューティーフレーム。ゆっくり内に入って行った。その後にロゴタイプがつけて行く形。ゆっくりビューティーに入ってこられてることもあり、乗せて行ったスピードを削がれてる。

 

向正面。前に入ってこられたこともあり、ふわっとしてるロゴタイプ。

 

3角-4角。インベタで回って行く、ロゴタイプ。

 

直線。前が壁で全然追い出せない状態が続く。それでもロゴタイプはついて行って、外に出して進路を探す。進路見つけて、追って、追う。伸びて行って、横一線の勝負になるもロゴタイプ5着。

 

中山記念2017・3着、ロゴタイプ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【中山記念2017・過去結果データメモ】ロゴタイプの斤量は香港マイルから1キロ増の58キロ。前走のロゴタイプは、出遅れ気味なスタートで押してスピードに乗せて行き先行して行くも、逃げ馬がジリジリ内へ入って行ったこともあり、出したスピードを削がれつつの競馬に。それでも、インベタ周りとはいえ、直線は追い出しが遅れつつも追って伸びての5着。

 

位置取り的にネオリアリズムと似たようなもので、内か外かの差はあれど逃げ馬にじわりじわり入ってこられた負荷は似てた。斤量が58キロと前走より増えることもあり、ヒモに入れておくのが良いのかと。

 

中山記念2017最終追い切り・

美浦W 良 82.5-66.7-51.7-37.6-12.9<7>直一杯追う

 

以上、中山記念2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

 

中山記念2020の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィール

たけたけっのTwitter

 

レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.