音楽雑談

山下達郎さんのライブに行くけれど、ネタバレされたら腹立たしくってしょうがないですよ。楽しみという末脚ためてたところで落馬させられるんですから

更新日:

山下達郎さんのライブを観に行きます。楽しみです。チケットどうにか取れまして。ネタバレになるようなところに踏み込まないようにしてるけど、Twitterあたりで情報が流れようになって、山下達郎さんのライブを観る前に万が一ネタバレされたら腹立たしくってしょうがないですよ、という話。

 

山下達郎さんがどういうライブをするのか、そんな楽しみという末脚ためてたところで落馬させられるんですから。ネタバレ、ダメダメ。

 

そう考えてたところ、読んでた新書に「(アニメや漫画のネタバレは)どんどんしなさい。ネタバレという言葉がNGワード」と書かれている人がいて、うーん、ライブやコンサートまで拡大解釈する人がいたらどうするんだろうと思いまして……。参加できることとして、別物ですからね……。

 

スポンサーリンク




 

コンサート、ライブのネタバレは「相当なお約束事を覗いて」駄目です

11月16日に神奈川県民ホールで行われる、山下達郎さんのライブに行きます(どうにかこうにか取れたチケットよ)。

 

山下達郎さんのツアーはすでに始まっておりまして、感想などTwitter、ブログで書かれていることでしょう。今回もMCで「ネタバレには気を使って」とおしゃっているのだろうか……。

 

自分はネタバレを一切読みたくないもので、神奈川県民が終わるまでは「山下達郎」では検索しないぞと、こころに決めております。mixiの達郎さんのコミュにあるネタバレは意地でも見ない。それに類することが長年フォローしている方から発言されても無視です。申し訳ないと思っておりますが……。

 

どういう曲をやるのか知らないまま、公演がはじまってほしいのです。

 

あんまり勉強して行きたくないと言いますか……(達郎さんもそんなこと過去におっしゃっていたような……)。

 

ライブのネタバレでやきもきするのが嫌だったので、過去2度ほど山下達郎さんのライブ初日に行ったりしてました。嗚呼、厚木。

 

ライブのネタバレ、避けてても、ふらっと見てしまうことは……まあ、しかたがないとはいえ、ありますねぇ……。セットリストを写真撮って上げてしまわれるとね……。

 

まあ、ネタバレを見たくないというのは、自分の勝手な話でありますから……。だけど、嫌ですよ。冒頭に書いた通り、楽しみという末脚をためていたところで落馬させられるわけですからね。まあまあ、何度も落馬してきてますが……。

 

イントロがはじまって「うっそ、この曲やるんだ」という、末脚ゆたかな感動は「答えを知らないリアルタイム性」から始まります(曲は知ってても、ライブで生で聞けるかどうかは知らない)。

 

明確な答え知ってると、末脚ゆたかな感動って薄れるんですよ。勉強して(暗記して)、テストに望むみたいになっちゃうの。

 

コンサートやライブの「ために」CDを聞くのではなく、もう日常に溶け込んでるかどうかなんですよ。

 

もちろん、コンサートやライブを何度も観たいという気持ちはわかりますよ。ただ、初回と2回目の心模様というのは別物なのです。

 

例外があるとすれば、ライブにおける「相当なお約束事」に関してでしょう。山下達郎さんなら、アレです。

 

関連→大瀧詠一さんが渋谷公会堂で行った、伝説のヘッドフォンコンサートを思い出す、ななみ「SILENTSTREETLIVE」。歌声を届けるアイデアだな

 

関連→前川清&クールファイブコンサート2015・昼の部を渋谷公会堂まで観に行って来た。あの歌い方を生で見ました。息子さん登場。嗚呼、カラオケに行きたい

 

関連→上手いと感じる歌手は歌唱力、声量、声質があるというけど「声、出てたよね」と思われるかが第一と思った、前川清コンサート後に聞いたおばちゃんの感想。

 

アニメや漫画、ドラマのネタバレはしてもいい?

熱狂する現場の作り方 サイバーコネクトツー流ゲームクリエイター超十則 (星海社新書)

先日、松山洋『熱狂する現場の作り方 サイバーコネクトツー流 ゲームクリエイター超十則』(星海社新書)を読みました。

 

そこにこんな、ネタバレに関する話が出てきます。

「弊社内では“ネタバレ”という言葉をNGワードにしています。

 

わかりますか?“ネタバレ”がNGではありません。そうでなく、「ちょっと、その作品、私まだ見てないので内容を言わないでくださいよー」“ネタバレ”しないでくださいよー」という発言そのものがNGということです。

 

もっとわかりやすく言うと、「どんどん“ネタバレ”をしなさい。周りの見ていない人は嫌がるかもしれないけれど、それは見てないヤツが悪い」ということです」

 

松山洋『熱狂する現場の作り方 サイバーコネクトツー流 ゲームクリエイター超十則』(星海社新書) 20pより。

 

わかるようなわからないような……。会社の中の話だけども……。

 

この話はアニメや漫画の話のネタバレの話ではあります。

 

漫画やアニメ、映画小説、ドラマなど、好きであればあるほど我れ先と知ってるものだという話は理解します。予想の半分にはノレるが、半分にはのれない。

 

ネタバレって2種類あると思うのです。

 

誰しもが手に入れて表現に触れられるものと、限られた人たちだけが表現に触れられるもの。言い換えると、たくさん生産されるものとそうでないもののネタバレの差。

 

大きく分けるならば……、

 

漫画、ゲーム、小説、アニメ、映画、ドラマ、小説……。知ることのできるチャンスは誰にもある。たくさん印刷されたり、生産されたりしている。表現者自身が生で演ずる必要はない。

 

コンサートやライブ、舞台、演劇……。これらは限られた人が観ることのできるもの。その場限りのもので、表現者自身が生で演ずるもの。

 

誰しも知ることのできるもののネタバレ感覚で、コンサートやライブのネタバレを言ってしまうのはよろしくない。拡大解釈されると困るなぁ……。

 

マンガやアニメのネタバレとコンサートやライブのネタバレば別物です。マンガやアニメのネタバレにしても気は使ったほうがいいと思います。

 

ネタバレ先行って、なんというのか、過剰が過剰を呼んで、また過剰になる仕組みな気がするんです。

 

関連→博多アラモード/五木ひろしのYouTube動画も良く、夜明けのブルース同様カラオケで歌ってる話。楽曲ダウンロード。作詞作曲・レーモンド松屋

 

関連→のあのわって今何しているのだろ、最近活動してるのかな?と、調べてみた。チェロ弾くyukkoさんが良くて【ループ、ループ・ゆめの在りか】

 

関連→米米CLUB、CDアルバム16作品をリマスターリリース。YouTube動画、カールスモーキー石井・ジェームス小野田・君がいるだけで・浪漫飛行…懐かしさ満載

 

コンサートやライブ。限られた人たちだけが観ることのできたものの「ネタバレ」はアウト。

たとえば、フェスみたいな単発もの、誰かのライブに飛び入りした、公演最終日とか、そういうのはいいとしても、長いツアーの初日にあったことを「あの曲やったー」とか、「アンコールこの歌だったー」とか、Twitterに書いたら駄目です。セットリストの写真アップなんてもってのほか。アウトー。

 

まぁ、ツアー初日のことが翌日スポーツ新聞に載ったりしますけどもね……。

 

山下達郎さんのファンクラブ会報で過去にあったことですけど、ツアー途中、コンサートの内容に触れる場合、注意書きの紙が封入されてました。封筒をあけて、会報やチラシの上に置かれていました。

 

ライブやコンサートのネタバレというのは、そのくらい気を使うものでしょう。

 

どかどかやっていいものではないわけです。

 

先にコンサートやライブを観た人たちの気持ちはわかります。誰かにコンサートの話したい。しゃべりたい。しゃべりたくってしょうがない。観たということのある種、優越感ってありますから。それを発散したい。

 

それはわかるけど、限られた人しか見られなかったもののネタバレをするのは駄目よ。今、楽しみの末脚をため続けてる人が少なからずいるわけですから……。

 

また、誰しも知ることのできるものであっても、推理小説の犯人をネタバレするのは違うでしょう。CHAGE&ASKA『僕はこの瞳で嘘をつく』にそんな歌詞ありましたね。

 

というように、ネタバレでも様々な気の使いどころってあります。

 

松山さんのおっしゃることは1面では理解しますが(好きなものに関してはどんどん先行して知っておくものだろう)、しかし、時と場合によってはエラいことになることを含んでいるものなのも事実です(会社でコンサートやライブのネタバレについて話したことはないのだろうか……)。

 

我れ先と知ったからといって、優越感に浸るものでもありません。むしろ、そういう優越感は「隠すもの」でしょう。

 

関連→カラオケにLUCKY TAPESのおすすめな1曲『Touch!』が入ってて、嬉しかった…。アルバムけっこう聞いてたもので…。しかし…

 

関連→Apple純正のラジオ。公式の商品を作ったら面白いな。iTunesではなく。音楽流れるスピーカーに付加価値プラス。安くできれば、なお良し?

 

関連→グッドバイ/toeのYouTube動画。名曲。土岐麻子さん関連で聞きはじめたけど、何度聞いても飽きない曲。カラオケで歌えたら最高だけど…

 

以上、山下達郎さんのライブに行くけれど、ネタバレされたら腹立たしくってしょうがないですよ。楽しみという末脚ためてたところで落馬させられるんですからという話でした。ネタバレは繊細だ。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬予想の複勝的中率。亀谷敬正さん3割。じゃいさん2割。馬券を買い続け攻略するなら、本命の複勝的中率は収支に関わる数字。負けを減らすコツを作る

三連単、100円が2000万円馬券なヴィクトリアマイル。的中者少数。当てた人にミナレットすごい。東京競馬場で当てたら、確実に行くであろう場所はここ

『競馬で1億5千万儲けた予想法の真実』、外れ馬券裁判の当人卍氏の競馬本が発売されるのだそう。馬券の購入方法、ツール・過去データ分析方法・資金管理

 

スポンサーリンク




山下達郎さん関連リンク

山下達郎オフィシャルファンクラブ会報「TATSURO MANIA NO93」到着。CD付録号でないのに、補強が素晴らしかった。3年分の会費払ってるからか(違)

カラオケで歌いたいけど、歌えないリクエストしたい名曲5曲! 山下達郎『ピンク・シャドウ』沢田研二『夢を語れる相手がいれば』ほかその1(おすすめ曲多し)

「PAPER DOLL/山下達郎」カバー収録。「TWILIGHT TIME」感想。『アクアマリンのままでいて/一十三十一』『悲しくてやりきれない/奇妙礼太郎』

ドーナツソング・DONUT SONG/山下達郎をライブでカバーしたYUKIさん。どの曲の途中で歌ってたっけ。ミスドのCMで使われた、アルバム収録曲

ラジオで、山下達郎さんと星野源さんが対談!「WE LOVE RADIO!~山下達郎・星野源のラジオ放談」。スペシャルライブも!

山下達郎さんのテレビに出ない、大きい会場でライブツアーしない、本を出さないという印税や年収に関わる、3つのしないことから、お金を稼ぐことを考える

 

スポンサーリンク




おすすめ記事はいかがでしょう

ごまが好きすぎて、セサミン成分おじさんになりそうだけど、クノールオニオングラタンスープに振りかけてます。栄養たっぷり(なんのこっちゃい)

美味しいみかんが食べたいのです。アマゾンさん。訳ありばかりおすすめされても。酸っぱい顔になってしまいます。

話す力を鍛える、向上させるコツは、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることでは?会話が苦手、焦る、頭が真っ白対策にも

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。是非、競馬場へ。そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】

さらばシベリア鉄道/大滝詠一のカバー、YouTube動画。ハッカドロップスが凛々しくって、良い。カラオケで歌うとけっこう大変な曲。

飼ってみたい動物・ペットたち。映画やテレビ、YouTube動画見てて憧れる。亀、アヒル、猫、犬、ペンギン、ヤギ…あと、馬

コートにマフラー、加湿器。いつから着るの、使うの?今からでしょ。気温下がってきて、この冬初登場の巻

貼るカイロ、温度調節して低温やけどに注意しつつ、足裏、お腹、腰、背中、首、肩の血行を良くして、健康のために使用中

 

おすすめ記事はいかがでしょう・その2

トーストの焼け具合を確認できる、おしゃれなトースターが気になる。掃除・お手入れしやすそう。商品化されるといいな

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

面白い芸人の人気の流行があっても、言葉の応酬ネタでウケを取るより、完全な漫才コントで笑いを取るほうが強いんじゃないかと思った話

泣ける歌に映画、アニメに漫画、いい話…。悪いわけではないし嫌いでもないけど、キリがない泣き過剰さ。柳家小三治さんと、井上陽水さんの言葉

アウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、まずインプットしてストックすること。そして、繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること

ヤマザキシベリアデラックスを食べてみた。スーパーで、あんこで甘いお菓子が欲しくなり…。うまい、おいしい、カロリー気にしない

iPhoneのスマホケース・Shibafulと、競馬本・城崎哲『JRA全競馬場・コース完全解析・コースの鬼』が同化していた…。面白い

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

-音楽雑談
-, , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.