競馬レース映像分析ネタ

新潟記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

新潟記念 競馬予想 過去

 

新潟記念2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

新潟記念2019(G3)。新潟競馬場・芝2000mで行われます。正式には、農林水産省賞典・新潟記念。1着賞金は4100万円。サマー2000シリーズの一戦。夏競馬も終わり。総決算?

 

2019年の新潟記念。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の新潟記念のレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 新潟競馬場の外回りコース、狙い目となる馬はいるか? 波乱はあるか? 荒れるか、荒れないか、新潟記念。プレゼンター、ゲストは誰だろう?

 

新潟記念の歴代優勝馬、勝ち馬は、パルブライト、オフサイドトラップ、ダービーレグノ、ヤマニンアラバスタ、ユメノシルシ、アルコセニョーラ、ホッコーパドゥシャ、ナリタクリスタル、トランスワープ、コスモネモシン、マーティンボロ、パッションダンスなどなど。

 

スポンサーリンク




新潟記念の過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

新潟記念の競馬予想、参考データと言っても、過去の新潟記念のレース映像分析ではありません。過去の新潟記念の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の新潟記念のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。抜群な馬を探し、大荒れ演出馬を馬券の買い目に組み込む。

 

新潟記念で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? アデイインザライフ、タツゴウゲキ、ブラストワンピース。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の新潟記念で馬券になったのか。メートルダール、アストラエンブレム、アルバートドック。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。考察、攻略。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、新潟記念競馬予想2019【消去法】みたいなもの

新潟記念 過去データ分析

新潟記念のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に新潟記念というレースが行われなければ、データも生まれない。過去に新潟記念が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

新潟記念の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも新潟記念の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

過去の新潟記念で馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の新潟記念で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の新潟記念の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

新潟記念2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ぴあ新潟市食本

2018年新潟記念・レース過去結果データ

 

新潟記念2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.9-11.1-11.6/11.7/11.9-11.9-11.8/11.7-10.7-12.2

 

1着・ブラストワンピース(1番人気・池添謙一騎手・馬体重530kg)

2着・メートルダール(6番人気・福永祐一騎手・馬体重490kg)

3着・ショウナンバッハ(13番人気・三浦皇成騎手・馬体重452kg)

 

スポンサーリンク




新潟記念2018・オッズ・過去配当結果

新潟記念2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 180円

複勝 1・120円/5・360円/4・1200円

 

新潟記念2018・1着・ブラストワンピース【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2018年新潟記念1着、ブラストワンピース(オッズ・1番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、日本ダービー(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、8番・5着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.0-12.3/12.4-12.4-12.3/12.2-12.0-11.7/11.2-11.2-12.2

 

ブラストワンピースは、4枠8番からスタート。出遅れ数歩手前。後手踏んでることには間違いないブラストワンピース。軽く促しつつ、中段へ。ダービーの1角入りでごちゃごちゃするのに若干参加。しんどい感じ。

 

逃げて行ったのは、エポカドーロ。テン3ハロンを36.0秒。ほんの気持ち遅めの逃げ。ブラストワンピースはテン3ハロン36.8秒。

 

1角-2角。内に1頭いる外を押さえつつ回っていくブラストワンピース。

 

向正面。中間ペースは少し早くなるハロンはあるものの、標準あたりのペースで進んで行く。ブラストワンピースは押さえつつ、追走。

 

3角-4角。ブラストワンピースの位置取りは変わらず、内に1頭いる外を回ってく。

 

直線。ブラストワンピースの鞍上、池添騎手は外に出したいのだけど、ダービー勝ち馬ワグネリアンが外からフタしてて出せない。前が壁なシーンが続く。残り400m、ブラストワンピースは内目に追い出す進路を求めるも、ダノンプレミアムが前に入ってきて、進路消失。ワグネリアンが抜けて行った後を外目に切り替えて追って追って追って伸びるも届かず。ブラストワンピース5着。上がり3ハロン34.5秒。

 

新潟記念2018最終追い切り・

美浦W 良 53.8-38.4-12.8<4>馬なり余力

 

※【新潟記念2018・過去結果データメモ】ダービーからは斤量3キロ減のブラストワンピース。出遅れ気味のスタートが1角2角向正面3角4角と来て、直線の位置取りを決めてしまってるところはある。池添騎手が2018年のダービーの映像を何度も見直したと何かでおっしゃってたけど、気持ちはわかる。

 

競走馬はどんなレース、地方競馬10時台から始まる少頭数のレースであれ、凱旋門賞であれ、追わないと伸びない。その前に直線で追い出せる位置を確保しないと追い出せない。前が壁では追えない。ダービーで、直線ワグネリアンにフタされてても、ダノンプレミアムが前に入って来なければ、ブラストワンピースはワグネリアンといい勝負してただろう。ブラストワンピースは、スタート後手も脚を整えてレース運ぶも、直線足を整えきれなかった。それでいて、上がり3ハロン34.5秒。あとは、鞍上をどう見るかがポイントか。

 

スポンサーリンク




新潟記念2018・2着・メートルダール【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ゼンノロブロイ産駒)

2018年新潟記念2着、メートルダール(オッズ・6番人気。血統・ゼンノロブロイ産駒)の前走は、大阪杯(阪神競馬場・芝2000m)でした。枠順は、16番・10着。松山弘平騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.3-12.4/12.4/12.2-11.8-11.2/11.1-11.4-11.6

 

メートルダールは、8枠16番からスタート。大外枠から。メートルダールはスタートまずまずも、押さえつつ。インベタへと切り込むチャンスはあったものの、メートルダールの鞍上は選ばず、1角入り。

 

逃げたのは、ヤマカツライデン。テン3ハロン36.5秒。少し遅めの逃げ。メートルダールのテン3ハロンは37.7秒。大外枠から各馬の動きを見つつ。

 

1角-2角。押さえつつ、メートルダールは内1頭半くらい外を回ってく。

 

向正面。ゴールドアクターが動き、スワーヴリチャードがまくり気味に動く。残り1000mからラップは早くなり「11.8秒」、残り600mで「11.2秒」と急加速。動き出しが早くなってる。メートルダールは後方で動かず押さえ込む。

 

3角-4角。メートルダールは1頭外へ出す。内に2頭いる外→3頭いる外へ。ラップが早くなってく中、きっちり外目回っていく。

 

直線。一杯に追って追って追って、かなり馬場の真ん中を伸びてはいるのだけど、勝ち馬は遥か彼方。メートルダールは10着。上がり3ハロン34.5秒。

 

新潟記念2018最終追い切り・

美浦W 良 70.0-54.5-40.7-13.4<5>ゴール前仕掛け

 

※【新潟記念2018・過去結果データメモ】メートルダールの斤量は大阪杯から変わらずの57キロ。大阪杯はG1で相手関係強かった部分はあるものの、動き出し早くなった展開で外目をきっちり回りすぎたのは、メートルダールにとってかなりの負荷(動き出しの早さについていける位置取りでもなかった)。それでも上がり34.5秒あったのは馬券に組み込みたい感は2000メートルくらいある(ちょっと何言ってるかわからない)。

 

ただ、本命にするには勇気がいるタイプ。

 

スポンサーリンク




新潟記念2018・3着・ショウナンバッハ【過去データ】(オッズ・13番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2018年新潟記念3着、ショウナンバッハ(オッズ・13番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、福島テレビオープン(福島競馬場・芝1800m)でした。枠順は、1番・7着。内田博幸騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.4-11.3/11.6-11.4-11.6/12.2-12.6-12.9

 

ショウナンバッハは、1枠1番からスタート。もさっと出て、押さえつつ強目に押さえつつのショウナンバッハ。後方から。馬場の悪いインではなく、少し外目に出して1角入り。

 

逃げて言ったのはテオドール。テン3ハロン35.4秒。おおよそ標準。ショウナンバッハのテン3ハロンは38.6秒。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの曲って、テンポ遅い曲ばかりだったっけ?(どうでもいい)。

 

1角-2角。内に1頭半くらい外を押さえつつ走ってく。

 

向正面。テンが早かったわけではないが、おおよそ標準くらいのラップで流れて、残り1200mから「11.6-11.4」と、逃げ馬テオドールは早く引っ張っていく。いわゆる縦長の展開。ショウナンバッハは後方で押さえつつ。

 

3角-4角。内2頭いる外をジワジワと追い上げてくショウナンバッハ。最終的に4角出口では内に4頭ほどいる外をきっちり回っていく。

 

直線。ショウナンバッハは追って追って追う。前の馬に若干邪魔されるも、届かずの7着。ショウナンバッハの上がり3ハロンは35.4秒。

 

新潟記念2018最終追い切り・

美浦W 良 53.5-38.9-12.5<9>一杯に追う

 

※【新潟記念2018・過去結果データメモ】ショウナンバッハの斤量は福島テレビオープンより3キロ減。馬券になるパターンとしてはメートルダールに似てるかと。中間ラップが早くなってる中、後方から直線出すのに通った位置取りがかなり外+上がりはそこそこある(展開、ペース、位置取りからして追い込みきれてるということ)。

 

前走「負荷かかりましたねカード」は集めるのだけど、脚質的に次走でうまいことカードを使えない、使えるタイミングに注文がつく(追い込み馬より逃げ・先行馬の方が馬券的にいいと言う説明をするのに使える話)。

 

この手の追い込み馬を本命にするよりも、毎度ヒモに塗っておく方が無難な気がするタイプ。毎度ヒモに塗ってて、馬券になったらバッハを聞けばいいわけです(なんのこっちゃい)。

 

なんつったって、ショウナンバッハ、2018年の新潟記念で馬券になるまでおおよそ2年うんヶ月かかってる。その間、上がり最速から、何から記録しまくってる。

 

新潟記念2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

新潟 昔懐かし黄色いカレー バスセンターのカレー 220g×2個セット

2017年新潟記念・過去レース結果データ

 

新潟記念2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-10.9-11.4/11.7/12.1-12.3-12.0/11.4-11.2-12.0

 

1着・タツゴウゲキ(6番人気・秋山真一郎騎手・馬体重486kg)

2着・アストラエンブレム(1番人気・M.デムーロ騎手・馬体重474kg)

3着・カフジプリンス(12番人気・中谷雄太騎手・馬体重524kg)

 

スポンサーリンク




新潟記念2017・オッズ・過去配当結果

新潟記念2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 1200円

複勝 1・420円/11・170円/7・710円

 

新潟記念2017・1着・タツゴウゲキ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・マーベラスサンデー産駒)

2017年新潟記念1着、タツゴウゲキ(オッズ・6番人気。血統・マーベラスサンデー産駒)の前走は、小倉記念(小倉競馬場・芝2000m)でした。枠順は、2番・1着。秋山真一郎騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.8-11.3/12.3/11.6-11.5-11.9/11.9-11.8-12.2

 

タツゴウゲキは、2枠2番からスタート。スタートますまず。軽くリズムに乗せつつ、押さえて押さえて、行きたい馬を行かせて1角入り。斜め前でヴォージュも似たような走り。

 

逃げて行ったのは、バンドワゴン。テン3ハロン34.4秒。標準あたりの逃げ。タツゴウゲキのテン3ハロンは34.7秒。

 

1角-2角。タツゴウゲキはバンドワゴンに入ってこられつつ、インを押さえつつ走る。

 

向正面。バンドワゴンの作るペースは「11.6-11.5-11.9」と、ほんの気持ち早めに進んでく。残り800mでバンドワゴンの脚がなくなりつつある感じ。タツゴウゲキは押さえつつ変わらず。

 

3角-4角。内目を走るタツゴウゲキ。バンドワゴンの脚がなくなってきて、垂れてくるのを交わす準備に内1頭開けつつ、しばらくこう着状態が続く(=他馬と比べて選択肢が減ってる時間が発生してるということ=いわゆる4角ポケットにいても、有利になってないパターン=タツゴウゲキの通過順位が「3-3-3-5→1着」とVラインになってる原因)。

 

直線。タツゴウゲキはバンドワゴンの前をカットして行って迷惑かけつつも、追い出せる進路を確保。ムチを連打して、追う強さを加減しつつサンマルティンを交そうと試みるも、しぶとくラスト50mくらいは強目に追ってのゴール。タツゴウゲキ1着。上がり3ハロン35.7秒。

 

新潟記念2017最終追い切り・

栗東CW 良 51.3-37.7-12.1<5>馬なり余力

 

※【新潟記念2017・過去結果データメモ】タツゴウゲキの斤量は小倉記念より3キロ増。前走、そこそこ早いペースで流れる中、タツゴウゲキ自身もそこそこのペースでついて行って、垂れる馬にみっちりおつきあいしつつ追い出すタイミングがかなり遅れるも差し切った。ハンデが増えるのをどう考えるかはポイントだろうけど、馬券から消す選択肢はない馬。

 

小倉記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

新潟記念2017・2着・アストラエンブレム【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ダイワメジャー産駒)

2017年新潟記念2着、アストラエンブレム(オッズ・1番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、エプソムカップ(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、10番・2着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.4-11.9/12.1-11.5-11.7/10.8-11.6-12.1

 

アストラエンブレムは、5枠10番からスタート。スタートを決めて前目へ押さえつつ走るアストラエンブレム。

 

逃げたのは、マイネルハニー。テン3ハロン36.1秒。少し遅い逃げ。アストラエンブレムのテン3ハロンは36.3秒。馬場の悪いところをインベタで走るのがマイネルミラノ。

 

向正面。残り1000m付近からペースアップしていく動き出しの早い展開。アストラエンブレムは先頭集団の外を強めに押さえつつの追走。

 

3角-4角。内に2頭半くらいいる外をきっちり回っていくアストラエンブレム。

 

直線。残り600m過ぎに「10.8秒」とさらにペースアップする中、アストラエンブレムは追い出しを待つ(ペースが上がってるのに追い出さずについていってる)。アストラエンブレムが追い出したのは残り300mを過ぎてから(勝ち馬・ダッシングブレイズは結構追ってる)。アストラエンブレムは追って追うも届かずの2着。上がり3ハロン34.2秒。

 

新潟記念2017最終追い切り・

美浦坂路 良 52.2-38.1-25.1-12.5 馬なり余力

 

※【新潟記念2017・過去結果データメモ】アストラエンブレムの斤量は0.5キロ増。前走、エプソムカップ、テンは早くならなかったが、中間から早くなりつつ、外目を回って追い出すタイミングをゴール近くにずらして上がり3ハロン34.2秒。評価できるところ多数あり。

 

新潟記念2017・3着・カフジプリンス【過去データ】(オッズ・12番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2017年新潟記念3着、カフジプリンス(オッズ・12番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、小倉記念(小倉競馬場・芝2000m)でした。枠順は、4番・5着。中谷雄太騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.8-11.3/12.3/11.6-11.5-11.9/11.9-11.8-12.2

 

カフジプリンスは、4枠4番からスタート。スタート若干後手。そのためか、出して出してく。出ムチ数発なカフジプリンス。手前を何度も変えて変えて、スピードに乗せていく。

 

タツゴウゲキのところに書いた通り、逃げ馬はバンドワゴン。テン3ハロン34.4秒で走る。標準あたりの逃げ。カフジプリンスは35.4秒。

 

1角-2角。カフジプリンスは中団、後ろあたりのインを促してスピードに乗せていく。押さえて脚を貯めるよりも、その場その場で使ってる感じの走り。

 

向正面。バンドワゴンの作るペースは標準あたりのラップから若干早くなっていく。カフジプリンスはペースに対応するのに追っつけてく。

 

3角-4角。追って追って、カフジプリンスはインを立ち回るも外目に出して加速していく。タツゴウゲキにあった、バンドワゴンを交わす手間にはあまり関わっていない。

 

直線。ムチを多用しつつ、伸びを見てるカフジプリンス。ジワりジワりと伸び、残り120mくらい強めに追ってゴール。カフジプリンス5着。上がり3ハロン36.0秒。

 

新潟記念2017最終追い切り・

栗東坂路 良 53.1-37.9-24.5-12.1 一杯に追う

 

※【新潟記念2017・過去結果データメモ】小倉記念からは斤量変わらずのカフジプリンス55キロ。小倉記念でカフジプリンスが追い通しな感じだったのは、当たり前に流れるラップがこの馬にとっては早過ぎたから。それでいても、直線伸びてきてるのはヒモでいいから馬券に組み込まないと怖いタイプ(たくさんいないけれど)。

 

カフジプリンスは、阿寒湖特別(札幌芝2600m1着)、神戸新聞杯(阪神芝2400m4着)、菊花賞(京都芝3000m・前ふさがる不利あり8着)、グレイトフルステークス(中山芝2500m・1着)、ダイヤモンドステークス(東京競馬場・芝3400m3着)など、長距離戦が得意。基本的に距離が伸びれば、流れるペースは遅くなる。ゆえに、追っつけなくってもよくなる。脚が貯まる。たぶん、カフジプリンスは1完歩の走る距離が長いんだと思う。

 

ではなんで、コーナー4つの小倉芝2000m→コーナー2つの新潟芝2000mでカフジプリンスが好走したのかというと、当たり前に流れるラップ構成が小倉の方が早いから。新潟の方が遅いから。厳密に述べるならば、テンの3ハロンのラップが違う。

 

ただ、この手のタイプを見つけたとしても、距離延長で印をあげるイメージでいた方が無難。

 

新潟記念2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

新潟のおいしいパン。

2016年新潟記念・過去レース結果データ

 

新潟記念2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.0-11.2/11.4/12.1-12.0-11.9/11.7-11.5-11.9

 

1着・アデイインザライフ(2番人気・横山典弘騎手・馬体重560kg)

2着・アルバートドック(1番人気・戸崎圭太騎手・馬体重480kg)

3着・ロンギングダンサー(9番人気・吉田豊騎手・馬体重490kg)

 

新潟記念2016・オッズ・過去配当結果

新潟記念2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 610円

複勝 17・230円/14・210円/12・440円

 

新潟記念2016・1着・アデイインザライフ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年新潟記念1着、アデイインザライフ(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、常総ステークス(中山競馬場・芝2000m)でした。枠順は、8番・1着。田辺裕信騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.9-12.1/12.2/12.3-12.0-12.0/11.9-11.6-12.0

 

アデイインザライフは、5枠8番からスタート。出遅れスタート。押さえつつ、押さえつつ、最後方から1角入り。

 

逃げて行ったのは、ダイワレジェンド。テン3ハロン35.6秒。少し早めの逃げ。アデイインザライフのテン3ハロンは38.1秒。THE 最後方。

 

1角-2角。アデイインザライフは、内に1頭外あたりを回っていく。押さえつつ、押さえつつ。

 

向正面。逃げ馬の作るペースはおおよそ標準ちょい早。タラタラしたペースではない。アデイインザライフは押さえつつもじわじわ外目に出していく。

 

3角-4角。アデイインザライフは内3頭いる外へ出して行ったのはいいものの、4角入ってくあたりでエアアンセム、ストレンジクォークも外へ出して行き、おおよそ6頭外を回っていく形に。追い込み馬の宿命といえばいいか、強さを測る指標と言えばいいか。距離ロスライフである(なんだよ、それ)。

 

直線。馬場の真ん中に出されたアデイインザライフは追って追って一杯に追って、ハナ差差し切って勝ち。上がり3ハロン34.2秒。

 

新潟記念2016最終追い切り・

美浦W 稍 82.2-66.1-51.3-37.4-12.9<5>強目に追う

 

※【新潟記念2016・過去結果データメモ】アデイインザライフは常総ステークスから2キロ減。出遅れから、そこそこ流れたレースで脚ためつつの道中。アデイインザライフは末脚を発揮する場面でかなりの距離ロス。それでいて、上がり3ハロン34.2秒で上がり最速。ただの3角-4角の距離ロスではない。2016年の新潟記念でアデイインザライフは17番枠と大外枠だったものの、いかんせん強烈な追い込み馬である。下げて競馬するのだから深く心配する必要はない。あとは、ノリさんに「今回はぽつんでもいいです。いいです」とブツブツ言うだけである。

 

新潟記念2016・2着・アルバートドック【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年新潟記念2着、アルバートドック(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、七夕賞(福島競馬場・芝2000m)でした。枠順は、8番・1着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.0-11.0/11.9/11.7-11.6-11.7/12.2-12.4-12.6

 

アルバートドックは、4枠8番からスタート。うまいことスタート出て、強めに押さえつつ、押さえつつ。先手を取ることも可能に見えるアルバートドックだが、他馬の都合を通させての1角入り。

 

逃げたのは、メイショウナルト。テン3ハロン34.3秒とやや早い逃げ。アルバートドックのテン3ハロンは35.3秒。

 

1角-2角。アルバートドックは強目に押さえ続けて、内に1頭いる外を回っていく。中団あたり。

 

向正面。残り1200m-1000m「11.7-11.6秒」とメイショウナルトはラップを上げていく。残り800mで逃げ馬の脚は緩んでいく。アルバートドックは押さえつつの追走。

 

3角-4角。アルバートドックは内に2頭いる外へ出す。促しつつ回っていく。

 

直線。アルバートドックはよれて、マーティンボロに迷惑かけつつも追って、クリールカイザーを交わして、追ってきたダコールに交わさせずゴール。1着。アルバートドックの上がり3ハロンは35.9秒。

 

新潟記念2016最終追い切り・

栗東CW 稍 84.0-68.2-53.8-39.5-12.9<6>末一杯追う

 

※【新潟記念2016・過去結果データメモ】アルバートドックの斤量は七夕賞から1キロ増。58キロ。七夕賞はテンからかなり早く流れたペースに付き合いつつも、押さえ続けて脚貯めて、3角-4角外目回りつつも追い込み切れた。アルバートドックの上がりが目立つ数字にならないのは、早いペースに付き合ったから。ハンデを見てどう考えるかはポイントかと。

 

新潟記念2016・3着・ロンギングダンサー【過去データ】(オッズ・9番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)

2016年新潟記念3着、ロンギングダンサー(オッズ・9番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)の前走は、新潟大賞典(新潟競馬場・芝2000m)でした。枠順は、10番・6着。横山和生騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.3-11.5/11.9/12.2-11.9-11.6/11.5-10.8-12.5

 

ロンギングダンサーは、5枠10番からスタート。スタートしてすぐ躓く。ロンギングダンサーは巻き返すほどでもなく、押さえつつ中団へ。

 

逃げたのはマイネルミラノ。テン3ハロン35.4秒と、やや早めの逃げ。ロンギングダンサーのテン3ハロンは36.4秒。

 

向正面。残り1000-800と少し早めに刻んていくラップ。ロンギングダンサーは早いペースに引っ張られないように馬群の中で押さえる。

 

3角-4角。ロンギングダンサーは内に2頭いる外をきっちり回っていく。

 

直線。ロンギングダンサーの前が壁で、うまいこと追い出せる位置を確保出来ず、どうにもこうにもガチャガチャ。残り200m、前が開いて追って伸びるも6着まで。ロンギングダンサーの上がり3ハロンは34.5秒。

 

新潟記念2016最終追い切り・

美浦P 良 81.0-64.9-50.7-37.3-11.9<6>馬なり余力

 

※【新潟記念2016・過去結果データメモ】ロンギングダンサーの斤量は新潟大賞典と変わらずの53キロ。躓いてのスタート+そこそこ流れた早いペースに釣られすぎず+外目きっちり走り+直線うまいこと追えずも上がりそこそこあり。2015年の新潟記念4着馬。ヒモに入れておくタイプ。

 

以上、新潟記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

新潟記念2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.