競馬レース映像分析ネタ

日経新春杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

日経新春杯 競馬予想 過去

 

日経新春杯2020競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

日経新春杯2020(G2)。京都競馬場・芝2400mで行われます。

 

2020年の日経新春杯。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の日経新春杯のレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? あれか荒れないか、日経新春杯。

 

1着賞金5700万円。ハンデキャップ競争。日経新春杯の勝ち馬にはオーストラリアで行われる、コーフィールドカップ(GI)の優先出走権が与えられるレースでも。

 

日経新春杯の歴代優勝馬・勝ち馬

カミノクレッセ・エルカーサリバー・ムッシュシェクル・ゴーゴーゼット・ハギノリアルキング・メジロランバダ・エリモダンディー・メジロブライト・マーベラスタイマー・ステイゴールド・シルクフェイマス・サクラセンチュリー・アドマイヤフジ・トウカイワイルド・アドマイヤモナーク・テイエムプリキュア・メイショウベルーガ・ルーラーシップ・トゥザグローリー・カポーティスター・サトノノブレス・アドマイヤデウス・レーヴミストラルなど。

 

スポンサーリンク




日経新春杯の過去データから2020年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

日経新春杯の競馬予想、参考データと言っても、過去の日経新春杯のレース映像分析ではありません。

 

過去の日経新春杯の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の日経新春杯のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

日経新春杯で馬券になる前走は重要な過去データ

日経新春杯で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ミッキーロケット・パフォーマプロミス・グローリーヴェイズ。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去の日経新春杯で馬券になったのか。ルックトゥワイス・ロードヴァンドール・シャケトラ。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、日経新春杯競馬予想2020【消去法】みたいなもの

日経新春杯のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去に日経新春杯というレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去に日経新春杯が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱、出走表に載らない激走買いデータをまとめます。

 

日経新春杯の競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

日経新春杯の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも日経新春杯の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンター、ゲストは誰だろうかと考えつつ、分析します(真面目にやれー)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の日経新春杯で馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2020年の予想に使う

例えるならば、過去の日経新春杯で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年の日経新春杯の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

日経新春杯2019競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2019年日経新春杯・レース過去結果データ

 

日経新春杯2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.7-10.8/11.8-12.4-12.6/12.9-12.8-11.9/12.2-13.1-12.4

 

1着・グローリーヴェイズ(1番人気・M.デムーロ騎手・馬体重454kg)

2着・ルックトゥワイス(5番人気・岩田康誠騎手・馬体重450kg)

3着・シュペルミエール(番人気・北村宏司騎手・馬体重504kg)

 

スポンサーリンク




日経新春杯2019・オッズ・過去配当結果

日経新春杯2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 270円

複勝 2・140円/10・200円/5・190円

 

日経新春杯2019・1着・グローリーヴェイズ【過去データ競馬予想】(オッズ・1番人気)

2019年日経新春杯1着、グローリーヴェイズ(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、菊花賞(京都競馬場・芝3000m)でした。

 

枠順は、18番・5着。福永祐一騎手。

 

2019年日経新春杯1着の前走は、菊花賞

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.9-12.5/12.9-12.6-12.4/13.3-13.0-12.8/12.7-12.8-12.2/12.2-10.7-11.3

 

グローリーヴェイズは、8枠18番からスタート。発馬をうまいこと決めるも、大外枠も大外枠18番。抑えつつ後方へ下げて行く。

 

逃げて行ったのは、ジェネラーレウーノ。テン3ハロンを37.2秒で。少し遅めのラップで逃げて行く。グローリーヴェイズのテン3ハロンは38.2秒。

 

最初の3角-4角。内2頭半外をきっちり回って行く、グローリーヴェイズ。

 

正面。後方馬群の外目を抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。ペースは遅いまま。

 

1角-2角。逃げ馬のペースは遅いのを継続して走って行く。グローリーヴェイズは内1頭半外目を回って行く。

 

向正面。後方馬群の外目を変わらず追走して行く、グローリーヴェイズ。

 

3角-4角。グローリーヴェイズは、後方から内3頭外目→4頭外へ出して行く。

 

直線。大外へ振ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って、追うグローリーヴェイズ。残り300m過ぎからはムチ入れしつつ伸びを確認するような追い方で伸びて来る。伸びはかなりあったものの、前を交わし切るまでには行かず。グローリーヴェイズ5着。上がり3ハロン33.9秒の最速(他に4頭)。

 

スポンサーリンク




日経新春杯2019・1着、グローリーヴェイズ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2019・過去結果データメモ】グローリーヴェイズの斤量は菊花賞から2キロ減の55キロ。前走のグローリーヴェイズは、テン3ハロン少し遅めで進み→道中のペースも上がらずな流れのレースを走った。

 

長距離レースの大外枠の恐怖と言いましょうか。外目で距離ロス抱えつつ走ることになって、3角-4角かなり外目を回っての直線。直線半ば手前からは強く鞍上は追ってないのにも関わらず、伸びてくるグローリーヴェイズ。スローペースな流れのレースとはいえ、距離ロス抱えて上がり3ハロン33.9秒はかなり早い。

 

2019年日経新春杯は2キロ減。重たい斤量のときしんどい競馬した負荷が軽くなるのはプラス。今回2番枠もプラス。本命候補。

 

(※この年の菊花賞は内枠でもブラストワンピースがしんどい競馬をしてたりもするので、内枠が良かったわけではない)。

 

日経新春杯2019最終追い切り・

美浦W 良 55.2-39.6-12.8<8>強目に追う

 

菊花賞2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
菊花賞2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  菊花賞2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析菊花賞の歴代優 ...

続きを見る

 

日経新春杯2019・2着・ルックトゥワイス【過去データ競馬予想】(オッズ・5番人気)

2019年日経新春杯2着、ルックトゥワイス(オッズ・5番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、グレイトフルステークス(中山競馬場・芝2500m)でした。

 

枠順は、11番・1着。戸崎圭太騎手。

 

2019年日経新春杯2着の前走は、グレイトフルステークス

馬場状態・小雨降る湿りつつある良馬場

レースラップ・6.9-11.5-12.1/12.6/12.0-12.7-12.4/12.1-11.9-12.0/12.0-12.1-12.4

 

ルックトゥワイスは、7枠11番からスタート。まずまずのスタート。周りを伺いつつ、抑えつつ、先行して行く。

 

逃げて行ったのは、ケンホファヴァルト。テン3ハロン36.8秒。少し遅めのにげ。ルックトゥワイスのテン3ハロンは、37.4秒。

 

最初の3角-4角。内1頭外目を回って行く、ルックトゥワイス。

 

正面。4番手で入り口あたり。メイショウキトラに交わされて5番手。折り合いつつ追走して行く。

 

1角-2角。若干ペース上がったものの落ち着く。ルックトゥワイスは内1頭外目を回って行く。

 

向正面。プライムセラーが故障して避ける。ペースは残り1200m付近からハイペースになり動き出しが手前になって行く。ルックトゥワイスは4番手を追走して行く。

 

3角-4角。一瞬たれかかったように見えるも、内2頭外を回って、追い上げ開始。

 

直線。入り口で4番手、追って、追うルックトゥワイス。残り100mを切って先頭。抜け出してからは追う手を緩めつつ、後続に交わさせずゴール。1着。ルックトゥワイスの上がり3ハロンは35.9秒。最速。

 

スポンサーリンク




日経新春杯2019・2着、ルックトゥワイス・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2019・過去結果データメモ】ルックトゥワイスの斤量はグレイトフルステークスから2キロ減の55キロ。前走のルックトゥワイスは、テン3ハロン少し遅めでスタートして、少し遅めを継続して行き、残り1200mからハイペースになっていくレースを走った。

 

スタートから抑えつつ、折り合いつつ、先行して行き、向正面からペースアップに「ついて行けなくなったか?」と思わせるも、2度目の3角-4角で距離ロス抱えつつ回って来て、直線は追って伸びての上がり3ハロン35.9秒の1着。最速タイ。

 

ロングスパートになっても対応して上がり最速。距離ロスあってのものであり、評価できる前走内容。

 

日経新春杯2019最終追い切り・

栗東坂路 稍 55.4-39.8-25.6-12.8 末強目に追う

 

日経新春杯2019・3着・シュペルミエール【過去データ競馬予想】(オッズ・3番人気)

2019年日経新春杯3着、シュペルミエール(オッズ・3番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、オリオンステークス(阪神競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、8番・1着。北村宏司騎手。

 

2019年日経新春杯3着の前走は、オリオンステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.3-12.3-13.1/12.8-12.2-12.1/12.2-11.8-11.5/11.0-11.6-12.2

 

シュペルミエールは、8枠8番からスタート。発馬まずまず、抑えつつ外目から先行して行く。

 

逃げて行ったのは、チカノワール。テン3ハロン38.7秒。超ドスローペース。シュペルミエールのテン3ハロンは39.2秒。ドスローの世界へようこそ。

 

1角-2角。内1頭外目を回って行く、シュペルミエール。

 

向正面。残り1600mからじわじわペースアップ。標準くらいのラップで進み、残り1000mからハイペースに振れていく。シュペルミエールは2番手を抑えつつ、折り合いつつついて行く。

 

3角-4角。内1頭外目を回って行く、シュペルミエール。逃げ馬の外につけて行く。

 

直線。手応えあるようで、後方を確認しつつ、追い出すタイミングを身図る鞍上。残り300mを切って、追い出して行く。追って、追って追う。2着馬・アルメリアブルームが近くもハナ差交わさせずゴール。1着。シュペルミエールの上がり3ハロン34.8秒。

 

日経新春杯2019・3着、シュペルミエール・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2019・過去結果データメモ】シュペルミエールの斤量はオリオンステークスから2.5キロ減の55キロ。前走のシュペルミエールは、テン3ハロンドスローで始まり、中間ラップからじわじわペースアップして行く流れの中走った。

 

スタート決めて抑えつつ先行。逃げ馬がドスローなテン3ハロンで走って行く中2番手で追いかけて行く、シュペルミエール。逃げ馬の鞍上が武豊騎手で、ペースコントロールがうまくじわじわペースアップして行く展開。残り1000mからハイペースに。そんな流れをシュペルミエールはついて行く。インベタではなく内1頭外目を追走。直線は、アルメリアブルームと叩き合いになってハナ差の勝利だが、いかんせん57.5キロのトップハンデ。今回は55キロで2.5キロ減。上がりは最速ではないが34.8秒あれば評価していい数字。ただし、本命タイプよりヒモ・相手タイプ。

 

日経新春杯2019最終追い切り・

美浦坂路 良 52.9-38.9-24.8-12.1 強目に追う

 

社会人1年目からの とりあえず日経新聞が読める本 「やるじゃん。」ブックス

 

日経新春杯2018競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年日経新春杯・レース過去結果データ

 

日経新春杯2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重馬場に近い良馬場

レースラップ・12.9-11.4-11.7/13.0-13.0-12.6/12.3-12.5-12.3/11.6-11.4-11.6

 

1着・パフォーマプロミス(1番人気・M.デムーロ騎手・馬体重452kg)

2着・ロードヴァンドール(4番人気・横山典弘騎手・馬体重502kg)

3着・ガンコ(7番人気・酒井学騎手・馬体重496kg)

 

日経新春杯2018・オッズ・過去配当結果

日経新春杯2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 370円

複勝 7・170円/2・250円/9・380円

 

日経新春杯2018・1着・パフォーマプロミス【過去データ競馬予想】(オッズ・1番人気)

2018年日経新春杯1着、パフォーマプロミス(オッズ・1番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、グレイトフルステークス(中山競馬場・芝2500m)でした。

 

枠順は、1番・1着。戸崎圭太騎手。

 

2018年日経新春杯1着の前走は、グレイトフルステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・7.0-11.5-12.1/12.0/12.2-13.0-12.8/12.7-12.3-12.4/12.6-11.7-11.8

 

パフォーマプロミスは、1枠1番からスタート。発馬まずまずも抑えつつ、先行のイン。セセリが前に入ってくる。

 

逃げて行ったのは、バイオンディップス。テン3ハロン36.6秒。少し遅めの逃げ。パフォーマプロミスのテン3ハロンは38.0秒。

 

最初の3角-4角。パフォーマプロミスの前にセセリが入り、その前に逃げ馬バイオンディップスが入って行き、ちょうどコーナーに差し掛かって若干しんどい位置にパフォーマプロミスは走ってるように見える。インベタ。

 

正面。4番手、5番手先行のインに抑えつつ走るパフォーマプロミス。ペースは標準前後で進み、スローペースに入って行く。

 

1角-2角。逃げ馬が飛ばして、間あけて走る感じ。先行のインで脚ためつつ追走して行く、パフォーマプロミス。

 

向正面。スローペースまでペースは落ちて、ペースは標準前後で推移して行く。パフォーマプロミスは、4番手5番手で脚を溜めつつ追走する。

 

3角-4角。インベタで3角入って行くも、内2頭外へ出して追い出しの準備をして行くパフォーマプロミス。

 

直線。入り口で4番手、5番手。追い出して行く。追って、追って、追う。残り200mで先頭。内から2着馬・カラビナ。外から3着馬・ステイパーシストが迫ってくるものの、抜け出してからムチ入れしつつ伸びを確認する追い方で交わさせずゴール。1着。パフォーマプロミスの上がり3ハロンは34.9秒。

 

日経新春杯2018・1着、パフォーマプロミス・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2018・過去結果データメモ】パフォーマプロミスの斤量はグレイトフルステークスから2キロ減の54キロ。前走のパフォーマプロミスは、テン3ハロン少し遅めで進み、逃げ馬は飛ばしたものの標準くらいのラップからスローペースに入って行く流れを走った。

 

パフォーマプロミスはスタート決めて先行のインでじっと脚溜めて行く競馬。距離ロスは4角外に出すときくらいではあったものの、直線抜け出してから強く追わずに後続に交わされず、上がり3ハロン34.9秒出したのは次走も馬券に入れないと怖い感じはプンプンする。

 

日経新春杯2018最終追い切り・

栗東CW 稍 88.7-71.7-55.9-41.1-12.7<7>馬なり余力

 

日経新春杯2018・2着・ロードヴァンドール【過去データ競馬予想】(オッズ・4番人気)

2018年日経新春杯2着、ロードヴァンドール(オッズ・4番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、中日新聞杯(中京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、12番・3着。横山典弘騎手。

 

2018年日経新春杯2着の前走は、中日新聞杯

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.8-12.7/12.6/12.1-12.2-12.1/11.6-11.2-11.5

 

ロードヴァンドールは、6枠12番からスタート。発馬決めて、促して行って前目へ。じわりじわりと逃げて行く、ロードヴァンドール。テン3ハロン36.0秒。少し早めの逃げ。

 

1角-2角。逃げて行く、ロードヴァンドール。早いペースで引っ張って行ったわけではなく、少しペースは落とし気味に。

 

向正面。ロードヴァンドールは抑えつつ、脚を溜めつつの逃げ。「12.1-12.2-12.1」と勝負所付近でもペースを上げていかず。

 

3角-4角。インベタでペースを上げずに逃げて回って行く、ロードヴァンドール。

 

直線。残り400m。入り口から追い出し開始。2番手追走したマキシマムドパリに抜かせない。ロードヴァンドールは残り100m付近までは先頭。しかし、勝ち馬・メートルダール、2着馬・ミッキーロケットに交わされる。ロードヴァンドール3着でゴール。上がり3ハロン34.6秒。

 

日経新春杯2018・2着、ロードヴァンドール・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2018・過去結果データメモ】ロードヴァンドールの斤量は中日新聞杯と変わらずの56キロ。前走のロードヴァンドールは、テン3ハロン少し早めで逃げて行き、道中のラップを少し遅めで脚溜めつつ、直線どうにかこうにか3着に残った。

 

スタートしてじわじわ促して行って、ハナに立って逃げて行くロードヴァンドール。テン3ハロンは少し早いくらい。無理に逃げては行ってない。道中は脚を溜めつつの逃げ。直線は道中無理してペースあげなかったこともあり、なかなか後続に交わさせない粘り。脚を溜めた逃げて、上がり3ハロン34.6秒あるのは評価できる内容。

 

基本的に逃げ馬の距離延長は評価を上げない方がいいのだけど、テン3ハロン少し早めくらいで行って、溜めて逃げれて直線上がりのあった馬は別と考えた方がいい。ロードヴァンドールの鞍上、横山典弘騎手はソレが上手いので注意。2018年の日経新春杯で2番枠だったのも逃げ馬にとってはプラスだったかと。

 

日経新春杯2018最終追い切り・

栗東CW 稍 82.6-67.8-53.3-39.6-12.3<9> 馬なり余力

 

中日新聞杯2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
中日新聞杯2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  中日新聞杯2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析中日新聞杯 ...

続きを見る

 

日経新春杯2018・3着・ガンコ【過去データ競馬予想】(オッズ・7番人気)

2018年日経新春杯3着、ガンコ(オッズ・7番人気。血統・ナカヤマフェスタ産駒)の前走は、江坂特別(阪神競馬場・芝2400m)でした。

 

枠順は、3番・1着。藤岡佑介騎手。

 

2018年日経新春杯3着の前走、江坂特別

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.1-12.5/12.0-12.1-12.5/12.3-12.2-12.1/11.6-11.3-12.4

 

ガンコは、3枠3番からスタート。発馬決めて、軽く促して前目へ。抑えつつ、2番手へつけて行く。

 

逃げて行ったのは、コスモボアソルテ。テン3ハロン36.5秒。少し早め〜標準くらいのラップ。ガンコのテン3ハロンは37.6秒。

 

1角-2角。インベタで回って行く、ガンコ。逃げ馬がかなり飛ばして離して逃げた2番手。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早め〜標準くらいを前後して進んで行く。ガンコは逃げ馬のペースに釣られないように強めに抑え込みつつ。内目追走。

 

3角-4角。インベタで回って行く、ガンコ。3角半ばくらいから逃げ馬の外へ出して行く。

 

直線。入り口付近で先頭に立つガンコ。追って、追って追う。追い込み各馬が追い込んで来るものの、どの馬にも交わさせずゴール。1着。ガンコの上がり3ハロンは35.2秒。

 

日経新春杯2018・3着、ガンコ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2018・過去結果データメモ】ガンコの斤量は江坂特別から5キロ減の52キロ。前走のガンコは、テン3ハロン標準から少し早めで流れて、少し早め〜標準くらいを前後しつつ継続して進む流れの中走った。

 

江坂特別はダートから芝替わり。スタート決めて促して行って2番手。逃げ馬が離して逃げて行く。テン3ハロンからハイペースに振れて早くなって行ったわけではなく、標準くらいのラップを継続して逃げてく形。その2番手にガンコ。2番手と言ってもガンコ自身のテン3ハロンは37.6秒とスローペース。インベタで脚溜めつつの道中。直線、追い込んでくる馬が多数いたものの、交わさせず2馬身差のゴール。上がり3ハロン35.2秒はまずまずの数字と言っていい。

 

ダートから芝替わりで走ったのは本物なのかどうなのか疑問は残るところ。しかし、今回は52キロ。5キロ減。前走に評価できるところはある。そういう馬がいた場合はヒモ・馬券の相手に入れておくのは悪くない選択と考える。

 

日経新春杯2018最終追い切り・

栗東坂路 稍 51.2-37.6-25.1-12.7 末強目に追う

 

はじめての人の日経225ミニ 基礎知識&儲けのルール

 

日経新春杯2017競馬予想【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年日経新春杯・過去レース結果データ

 

日経新春杯2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.8-11.5-11.3/12.2-12.4-12.3/12.3-12.5-12.0/12.5-11.8-12.1

 

1着・ミッキーロケット(1番人気・和田竜二騎手・馬体重478kg)

2着・シャケトラ(2番人気・浜中俊騎手・馬体重516kg)

3着・モンドインテロ(4番人気・シュミノー騎手・馬体重480kg)

 

日経新春杯2017・オッズ・過去配当結果

日経新春杯2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 290円

複勝 5・120円/3・150円/8・170円

 

日経新春杯2017・1着・ミッキーロケット【過去データ競馬予想】(オッズ・1番人気)

2017年日経新春杯1着、ミッキーロケット(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、菊花賞(京都競馬場・芝3000m)でした。

 

枠順は、8番・5着。和田竜二騎手。

 

2017年日経新春杯1着の前走は、菊花賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.0-11.3-11.0/12.4-12.2/12.7-13.6-13.2 -12.3/12.7-12.2-12.0/11.6-11.5-11.6

 

ミッキーロケットは、4枠8番からスタート。発馬まずまず決めて、先行ポジションへ行けそうも押さえ込んで下げていく。中団へ。

 

逃げて行ったのは、ミライヘノツバサ。テン3ハロンを35.3秒で。かなり早い逃げ。ミッキーロケットのテン3ハロンは37.9秒。

 

最初の3角-4角。内に1頭外、中団あたりを抑えつつ追走していくミッキーロケット。

 

正面。中団の内目を抑えつつ、折り合っていく。

 

1角-2角。テンから5ハロン目まではかなり早いペースで進む。ミッキーロケットの位置は変わらず、中団の内目を強めに抑えつつ追走していく。

 

向正面。ペースは一旦スローになっていく。動き出しは、残り1000mあたりから。インから上がっていく馬がいて、釣られないように抑えて折り合って追走。

 

3角-4角。内に2頭外目→3頭外へ出して回って、追い出しの準備をしていくミッキーロケット。

 

直線。外目を意識して出して行ったこともあり、前に馬はいるものの、追い出せる位置は確保。追って、追って、追うミッキーロケット。伸びはあるものの、前を交わせない。ミッキーロケット5着。上がり3ハロン34.6秒。

 

日経新春杯2017・1着、ミッキーロケット・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2017・過去結果データメモ】ミッキーロケットの斤量は菊花賞から2キロ減の55キロ。前走のミッキーロケットは、テン3ハロンから、続く2ハロン目までがハイペース→ペースの緩むハロンありつつの展開も、残り1000mから動き出してゴールに向かう、ペースの速い部分の多いレースを走った。

 

発馬は良かったものの、抑えつつ下げて行く。中団の内目から。かなり早く飛ばす馬たちがいる中、抑えつつ、折り合って行く。ペースの遅くなるハロンありつつ、インから上がって行く馬がいたりしつつ、動き出しは残り1000mからとなる。早くなって行ったときに外目に出して距離ロスを抱えたミッキーロケット。直線は追って、伸びての上がり3ハロン34.6秒。脚溜められる時間はあったとはいえ、この上がりは評価していい。通過順位は9-10-14-10→5着のVライン馬。馬券の買いどころは色々あった馬だった。

 

日経新春杯2017最終追い切り・

栗東坂路 重 52.3-37.3-24.1-12.3 一杯に追う

 

菊花賞2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
菊花賞2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  菊花賞2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析菊花賞の歴代優 ...

続きを見る

 

日経新春杯2017・2着・シャケトラ【過去データ競馬予想】(オッズ・2番人気)

2017年日経新春杯2着、シャケトラ(オッズ・2番人気。血統・マンハッタンカフェ産駒)の前走は、境港特別(阪神競馬場・芝2200m)でした。

 

枠順は、5番・1着。ルメール騎手。

 

2017年日経新春杯2着の前走は、境港特別

馬場状態・湿ってる良馬場

レースラップ・12.5-11.6-11.7/12.7-12.8/12.5-12.3-11.9/11.8-11.4-12.5

 

シャケトラは、5枠5番からスタート。出遅れ。外の馬と擦れる。前に入ってこられて後手。抑えつつ、中団後方から。

 

逃げて行ったのは、シャンパーニュ。テン3ハロン35.8秒。遅めの逃げ。シャケトラのテン3ハロンは37.3秒。ドスローペース。

 

1角-2角。抑えつつ、内1頭開けて回って行くシャケトラ。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いまま続くも、残り1000mあたりから標準くらいになり、残り800mから早くなって行く。シャケトラは後方で抑えつつ脚溜めて行く。

 

3角-4角。内1頭外→2頭外→4頭外へ出して行く、シャケトラ。

 

直線。大外に振ったこともあり、追い出す位置は確保。軽く促しつつ、先行集団に近寄るシャケトラ。追って、追って追う。2着馬・リッチーリッチーと競い合いに。ジリジリと交わして行き、シャケトラは1着でゴール。上がり3ハロン35.2秒。最速。

 

日経新春杯2017・2着、シャケトラ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2017・過去結果データメモ】シャケトラの斤量は境港特別から2キロ減の53キロ。前走のシャケトラは、テン3ハロン遅め→中間ラップも遅めで推移。残り800mあたりからペースアップして行ったレースを走った。

 

シャケトラはスタート出遅れ、外から逃げ馬に擦られて前に入られる不利。後手踏みつつも、後方で脚を溜めて行く。道中のペースは遅めなこともあって脚はため安かったものの、3角-4角はかなりの距離ロスを抱えつつ直線へ。2着馬と競い合いになるも、競り落として1着でゴール。上がり3ハロン35.2秒の最速。

 

スタート後の後手は一見大きくない不利に見えるが、何もできない時間が発生したのはけっこうな不利だったりする。その不利がありつつも徐々に外に出したとは言え距離ロスありつつ、直線追って伸びての上がり3ハロン35.2秒。最速。しんどい競馬の斤量減でもあり、馬券には入れたい前走内容。

 

日経新春杯2017最終追い切り・

栗東CW 重 80.9-66.1-51.3-37.9-11.9<9>強目余力

 

日経新春杯2017・3着・モンドインテロ【過去データ競馬予想】(オッズ・4番人気)

2017年日経新春杯3着、モンドインテロ(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、ステイヤーズステークス(中山競馬場・芝3600m)でした。

 

枠順は、8番・3着。ルメール騎手。

 

2017年日経新春杯3着の前走は、ステイヤーズステークス

馬場状態・稍重に近い良馬場

レースラップ・13.0-11.6-13.7/13.1-12.6-13.2/13.5-13.5-12.8/12.8-13.4-12.9/12.0-11.7-11.9/12.2-11.4-12.1

 

モンドインテロは、6枠8番からスタート。出遅れ。抑えつつ、後方へ下げて行く。

 

逃げて行ったのは、ウインインスパイア。テン3ハロン38.3秒。遅めの逃げ。モンドインテロのテン3ハロンは40.9秒。ドスローペース。

 

最初の1角-2角。後方馬群の内1頭外を抑えつつ追走して行く、モンドインテロ。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いまま推移。モンドインテロは後方を抑えつつ、折り合いつつ。

 

最初の3角-4角。内1頭外を走りつつ、じわっと外目に出して行くモンドインテロ。

 

正面。モンドインテロは後方馬群外目を追走して行く。ペースは遅いまま。

 

1角-2角。内1頭外を回って行く、モンドインテロ。

 

向正面。サイモントルナーレがまくって行き、まくり切って、ペースアップ。残り1200mからレースが動きだす。モンドインテロは後方馬群の外目を追走して行く。

 

3角-4角。モンドインテロは、内2頭外→4頭外をじわじわ追い上げつつ回って行く。

 

直線。大外へ振ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って追う。伸びて、伸びるモンドインテロ。残り300m過ぎからムチ入れしつつ伸びを確認しつつ、伸びてくる。勢いのある伸びではあったものの、勝ち馬・2着馬には届かず。モンドインテロ3着。上がり3ハロン35.0秒。最速タイ。

 

日経新春杯2017・3着、モンドインテロ・過去結果データメモ・最終追い切り

※【日経新春杯2017・過去結果データメモ】モンドインテロの斤量はステイヤーズステークスから0.5キロ増の56.5キロ。前走のモンドインテロは、テン3ハロンから中間からスローペース→まくった馬がいて動き出しが残り1200mからと早くなったレースを走った。

 

モンドインテロは出遅れて後方で脚を溜めて行く競馬。自身のテン3ハロンは40.9秒とドスローそのもの。6つのコーナーの距離ロスは少ない。しかし、最後の3角-4角の距離ロスは盛大に抱える。2度目の向正面でサイモントルナーレがまくって行ってからペースが早くなって行ったものの、モンドインテロは釣られて動かず。距離ロスあっても上がりのあった馬は基本的に買い。

 

日経新春杯2017最終追い切り・

美浦W 良 68.3-53.1-39.2-13.6<8>馬なり余力

 

ステイヤーズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
ステイヤーズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  ステイヤーズステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分 ...

続きを見る

 

日経電子版の読みかた――フジテレビ元経済部長が毎日実践している

 

以上、日経新春杯2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

 

日経新春杯2020の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィール

たけたけっのTwitter

 

レース映像のどこを見ればいいのか? 馬券の狙い方紹介します

レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」noteにて書きました。

 

5年6年と遊びにも行かず、飲みにも行かず、レース映像の分析、研究をしてきた中から「わかりやすいレース映像の視点、見方」をまとめました。

 

競馬予想本で類書がなかなかないファクター本となっています。

 

「あなたは、レース映像を見て競馬予想することが可能なのを知っていますか?」

 

最初の15000文字ほど好きなだけ読むことができます。ご覧くださいませ。

 

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.