競馬レース映像分析ネタ

小倉2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

小倉2歳ステークス 競馬予想 過去

 

小倉2歳ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

小倉2歳ステークス2019(G3)。小倉競馬場・芝1200mで行われます。2歳戦。小倉芝1200mは下り坂で、直線に坂がないコースです。行った行ったの激走馬が生まれる要因なコースでもあります。小倉競馬、夏競馬の最終週開催。小倉2歳ステークス、1着賞金は3100万円。

 

2019年の小倉2歳ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の小倉2歳ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 3連単で行こうか、3連複で行こうか小倉2歳ステークス。はたまた単勝、複勝。是非とも的中したい。大穴データ、こいこい。穴馬データ、こいこい。

 

小倉2歳ステークスの歴代優勝馬、勝ち馬は、ゴッドスピード、タムロチェリー、メイショウボーラー、アルーリングボイス、アストンマーチャン、マルブツイースター、ジュエルオブナイル、エピセアローム、マイネルエテルネル、ホウライアキコ、オーミアリス、シュウジなどなど。

 

スポンサーリンク




小倉2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

小倉2歳ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の函館2歳ステークスのレース映像分析ではありません。過去の小倉2歳ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の小倉2歳ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。荒れるか荒れないかの取捨選択はレース映像分析にあり。

 

小倉2歳ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? レーヌミノル、アサクサゲンキ、ファンタジスト。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の小倉2歳ステークスで馬券になったのか。アズマヘリテージ、アイアンクロー、ダイイチターミナル。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、小倉2歳ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

小倉2歳ステークス 過去データ分析

小倉2歳ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に小倉2歳ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。展望も想定も傾向も回顧もない。過去に小倉2歳ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

小倉2歳ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも小倉2歳ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の小倉2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の小倉2歳ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の小倉2歳ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

小倉2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

井村屋 58g ミニようかん 小倉 58g×10個

2018年小倉2歳ステークス・レース過去結果データ

 

小倉2歳ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・11.9-10.4-11.1/11.7-11.7-12.1

 

1着・ファンタジスト(3番人気・武豊騎手・馬体重464kg)

2着・アズマヘリテージ(13番人気・荻野極騎手・馬体重454kg)

3着・ミヤジシルフィード(9番人気・和田竜二騎手・馬体重470kg)

 

小倉2歳ステークス2018・オッズ・過去配当結果

小倉2歳ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 520円

複勝 6・240円/9・1890円/8・680円

 

スポンサーリンク




小倉2歳ステークス2018・1着・ファンタジスト【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ロードカナロア産駒)

2018年小倉2歳ステークス1着、ファンタジスト(オッズ・3番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、2歳新馬戦(中京競馬場・芝1,200m)でした。枠順は、7番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.0-11.5/11.5-11.1-11.9

 

ファンタジストは、6枠7番からスタート。好発間近なスタートを切るファンタジスト。逃げられそうな感じも、内枠からスピードに乗せていったオーパキャマラードのペーススに付き合う形で押さえつつ、押さえつつ。

 

逃げ馬は、オーパキャマラード。テン3ハロン35.1秒。中京芝1200m・2歳未勝利戦のラップからすると少々遅め。ファンタジストのテン3ハロンは35.1秒と、オーパキャマラードの外をぴったり走ってたのがわかる数字。

 

3角-4角。内に1頭いる外を回っていくファンタジスト。押さえつつ。

 

直線。ファンタジストは気持ち手前を変えたりしつつ、ゴール直前、ディアンドルをかわすのにほんの気持ち追う程度でゴール。ファンタジストの上がり3ハロンは34.5秒。

 

小倉2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 54.0-38.5-24.8-11.8 強目に追う

 

※【小倉2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ファンタジストの斤量は新馬戦と変わらずの54キロ。中京の新馬戦、テンは早くないが脚を貯めつつ、他馬のペースにおつきあいする競馬。直線、貯めて来た末脚をゴールするために必要最低限だけ使ってる。それでいて、ファンタジストの上がり3ハロンは34.5秒あった。些細なことだけど、内に1頭いる外を回っての結果である。

 

スポンサーリンク




小倉2歳ステークス2018・2着・アズマヘリテージ【過去データ】(オッズ・13番人気。血統・トーセンジョーダン産駒)

2018年小倉2歳ステークス2着、アズマヘリテージ(オッズ・13番人気。血統・トーセンジョーダン産駒)の前走は、2歳新馬戦(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、8番・1着。荻野極騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.4-11.1/11.8-12.0-12.2

 

アズマヘリテージは、5枠8番からスタート。出遅れ。軽く出して、先行集団に追い付く。そこからは押さえつつ、押さえつつの外目走り。

 

逃げて行ったのは、メイショウイギョク。テン3ハロン33.6秒。おおよそ標準なラップでの逃げ。アズマヘリテージのテン3ハロンは34.2秒。出遅れて挽回してのラップ。

 

3角-4角。内2頭いる外から大外へ出していくアズマヘリテージ。

 

直線。一杯に追って、スピード持続しつつムチ入れ多用でスカーヴァティを交わしてゴール。1着。アズマヘリテージの上がり3ハロンは35.4秒。上がり最速タイ。

 

小倉2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 54.9-39.8-25.5-12.5 馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2018・過去結果データメモ】アズマヘリテージの斤量は新馬戦から1キロ増の54キロ。新馬戦で出遅れて、中団まで追いついて、外目回って上がり最速。アズマヘリテージの前走に評価できる点はあるものの、その後の8レースで一切馬券にならずなのは注意。

 

2018年小倉2歳ステークス出走馬で他4頭が馬券になってない。5着馬チュウワフライヤーの適正は芝出なくダート。その後馬券になるブルベアオーロ、ジャカランダシティは外枠。アズマヘリテージはインをうまいこと立ち回って、直線全く壁がなかったのが好走の原因。

 

なので、この手のタイプはヒモくらいにしておく方が長い目で見て無難(もちろん、他に適性があることもあるので条件替わりは別の話だけども)。

 

スポンサーリンク




小倉2歳ステークス2018・3着・ミヤジシルフィード【過去データ】(オッズ・9番人気。血統・ロードカナロア産駒)

2018年小倉2歳ステークス3着、ミヤジシルフィード(オッズ・9番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、2歳新馬戦(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、12番・1着。和田竜二騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.0-10.7-11.4/11.7-11.5-11.9

 

ミヤジシルフィードは、8枠12番からスタート。外枠から好発も、押さえて押さえて外目を走ってくミヤジシルフィード。

 

逃げ馬はブルベアイリーデ。テン3ハロン34.1秒。若干遅めの逃げ。ミヤジシルフィードのテン3ハロンは34.4秒。外目をスピードに乗せつつ。

 

3角-4角。内2頭いる外を回ってく、ミヤジシルフィード。

 

直線。追い出せる位置をがっちり確保したミヤジシルフィード。強目に追い始めて、ムチ入れ多用しつつ迫るアールグランツに交わさせずのゴール。1着。ミヤジシルフィードの上がり3ハロンは34.8秒。

 

小倉2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 57.4-41.9-27.1-13.5 馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ミヤジシルフィードの斤量は新馬戦と変わらずの54キロ。新馬戦、ミヤジシルフィードは外枠から好発しつつも外目を走って、少々遅めのテン3ハロンも上がり3ハロン34.8秒。小倉2歳ステークスの出走馬によるけれど、馬券には入れたい内容の走りをしてる。

 

ただ、本命にまで印をあげる勇気はもらえない。

 

小倉2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

或る「小倉日記」伝 (角川文庫)

2017年小倉2歳ステークス・過去レース結果データ

 

小倉2歳ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・11.8-10.2-11.3/11.6-12.0-12.2

 

1着・アサクサゲンキ(3番人気・武豊騎手・馬体重450kg)

2着・アイアンクロー(5番人気・浜中俊騎手・馬体重430kg)

3着・バーニングペスカ(7番人気・川須栄彦騎手・馬体重446kg)

 

小倉2歳ステークス2017・オッズ・過去配当結果

小倉2歳ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 700円

複勝 17・260円/14・300円/10・390円

 

スポンサーリンク




小倉2歳ステークス2017・1着・アサクサゲンキ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・Stormy Atlantic産駒)

2017年小倉2歳ステークス1着、アサクサゲンキ(オッズ・3番人気。血統・Stormy Atlantic産駒)の前走は、2歳未勝利(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、1番・1着。和田竜二騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.0-10.5-11.1/11.7-11.5-12.0

 

アサクサゲンキは、1枠1番からスタート。発馬決めて、軽く促しつつイン。押さえつつ逃げてく。アサクサゲンキのテン3ハロンは33.6秒。標準あたりのラップ。カクテルドレスが外でついていく。

 

3角-4角。インベタで押さえつつ走るアサクサゲンキ。

 

直線。アサクサゲンキは一杯→強目→流す感じの追い方で後続は全く近寄れず。1着でゴール。上がり3ハロンは35.2秒。上がり最速。

 

小倉2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 51.6-38.1-25.4-12.9 馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2017・過去結果データメモ】アサクサゲンキの斤量は変わらず。54キロ。新馬戦のアサクサゲンキはテンが遅く逃げて、上がり最速だったわけではない。テン3ハロン33.6秒と標準ラップであり遅い数字ではない流れの中、逃げて上がり最速だった。テン早+上がり早な馬。小倉芝1200mのコース形態に合うでしょう。2017年の小倉2歳ステークスで17番枠は引っかかるものの、そこそこ流れたペース+上がりあり経験馬は次走で強みとなること多し。

 

小倉2歳ステークス2017・2着・アイアンクロー【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・アドマイヤムーン産駒)

2017年小倉2歳ステークス2着、アイアンクロー(オッズ・5番人気。血統・アドマイヤムーン産駒)の前走は、フェニックス賞(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、10番・3着。ホワイト騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.5-11.5/11.8-11.6-12.1

 

アイアンクローは、8枠10番からスタート。大外枠が影響したのか、一つ内のゴールドクイーンがアイアンクローよりも早く出て外に少し膨れたたせいで進路カットされたからか、後手を踏む形のスタート。促して、促していく。

 

逃げたのは、勝ち馬ゴールドクイーン。テン3ハロン34.1秒。少し遅めの逃げ。アイアンクローのテン3ハロンは34.5秒。

 

中団真ん中まで巻き返していくアイアンクロー。スタートからのチグハグさで馬群の中で押さえ込むのにかなり力が入ってる感。アイアンクローの前を走ってる2着馬・レグルドールの押さえが効いて走ってるのも影響して、行きたい感のあるアイアンクローと力相反してるシーンも見られる。

 

3角-4角。アイアンクローは押さえつつ、内に1頭いる外を回っていく。

 

直線、アイアンクローは追い出す進路をこじ開けて、追って追って、前2頭になってからはムチ入れ多用しつつ、再度追ってレグルドールにハナ差迫る。3着。アイアンクローの上がり3ハロンは35.3秒。

 

小倉2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 57.3-42.3-26.8-12.5 馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2017・過去結果データメモ】フェニックス賞から斤量は変わらずの54キロ、アイアンクロー。前走、スタートの事象は馬の癖ではなく他馬による不利。脚を整えて競馬出来づらい中、テンは早くないものの、上がり3ハロン35.3秒であれば、ヒモに塗るのは悪くない。

 

「前走、不利ありましたね。でもがんばりましたね」カードは持ってた。

 

小倉2歳ステークス2017・3着・バーニングペスカ【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・パイロ産駒)

2017年小倉2歳ステークス3着、バーニングペスカ(オッズ・7番人気。血統・パイロ産駒)の前走は、2歳新馬戦(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、9番・1着。武豊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・11.9-10.5-11.1/11.5-11.5-12.2

 

バーニングペスカは、6枠9番からスタート。スタート良く、少し促して前へ。逃げたかったが内から入ってきたラブカンプーにこすられる。しかし、押さえつつインに入って逃げてく。手間のかかる逃げ。バーニングペスカのテン3ハロンは33.5秒。標準よりやや早いペース(※ラブカンプーはラブカンプーで負荷のかかるレースになってもいる)。

 

3角-4角。押さえつつ、インを回っていくバーニングペスカ。

 

直線。追い始めて、じわりじわりとラブカンプーに並ばれかけるがバーニングペスカは交わさせず1着でゴール。バーニングペスカの上がり3ハロンは35.2秒。

 

小倉2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 58.1-41.5-25.9-11.8 馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2017・過去結果データメモ】バーニングペスカは新馬戦から斤量変わらずの54キロ。テン早+上がり早なアサクサゲンキパターン。この手の馬がいたら買い目からは消さない方が無難。夏の小倉、芝1200m2歳戦でテン早+上がり早な馬がいたら早い内からチェックしておくとワクワクできる夏になるかもしれない。アサクサゲンキは3番人気。バーニングペスカは7番人気である。うまいこと当てたら流しそうめん1ヶ月し放題である(やめとけ)。1ヶ月の薬味ローテーション考えるだけで知恵熱出そうだ(やめとけ)。

 

テン早+上がり早の話で言うと、2017年の小倉2歳ステークスにはモズスーパーフレアが1番人気で出走してた。軽く触れると、前走の新馬戦はテン3ハロン34.0秒-上がり3ハロン34.5秒だった。上がりはかなりあるが、テンは33秒台でない。小倉2歳でモズスーパーフレアはテン3ハロンを33.3秒で行って失速してる(早いラップの経験が後々の成績に活きてるんだろう)。

 

小倉2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

小倉百人一首 ひとりでできる! ! よみあげ機 ([バラエティ])

2016年小倉2歳ステークス・過去レース結果データ

 

小倉2歳ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気の残る良馬場

レースラップ・11.7-10.4-11.2/11.4-11.4-11.9

 

1着・レーヌミノル(1番人気・浜中俊騎手・馬体重464kg)

2着・ダイイチターミナル(10番人気・嘉藤貴行騎手・馬体重422kg)

3着・カシノマスト(4番人気・川須栄彦騎手・馬体重418kg)

 

小倉2歳ステークス2016・オッズ・過去配当結果

小倉2歳ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 390円

複勝 4・160円/2・630円/3・280円

 

小倉2歳ステークス2016・1着・レーヌミノル【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ダイワメジャー産駒)

2016年小倉2歳ステークス1着、レーヌミノル(オッズ・1番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、2歳新馬戦(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、9番・1着。浜中俊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.4-11.1/11.6-11.8-12.3

 

レーヌミノルは、8枠9番からスタート。うまいことスタート出て、押さえつつ前目へ向かうレーヌミノル。10頭立てだか外目。押さえつつ、押さえつつ。

 

逃げて行ったのはメイショウルーシー。テン3ハロン33.6秒と標準ラインの逃げ。レーヌミノルのテン3ハロンは33.9秒。ギリギリだが、33秒台である。

 

3角-4角。押さえつつ、レーヌミノルは内に2頭いる外をきっちり回っていく。

 

直線。レーヌミノルの鞍上、浜中騎手は後続の伸びを確認しつつ残り200mを過ぎたあたりで軽く追い始め、逃げたメイショウルーシーをあっさり交わしてゴール。1着。レーヌミノルの上がり3ハロンは35.4秒。

 

小倉2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東CW 稍 89.6-71.8-55.5-40.4-12.6<7>馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2016・過去結果データメモ】レーヌミノルの斤量は変わらず。テン早までは行かないが、位置取りは内に2頭いる外を回っているのでインベタをしたとすれば、机上の計算で33.5秒くらいか(コーナーの半円を内に1頭外走った場合おおよその計算だが、0.2秒のロスがある。ペースや馬場、不利・負荷は考慮する必要はあるけれど)。

 

レーヌミノルは直線、1着でゴールするのに必要最低限の追い方であり、強い競馬だった。本命タイプ。

 

小倉2歳ステークス2016・2着・ダイイチターミナル【過去データ】(オッズ・10番人気。血統・コンデュイット産駒)

2016年小倉2歳ステークス2着、ダイイチターミナル(オッズ・10番人気。血統・コンデュイット産駒)の前走は、2歳未勝利戦(福島競馬場・芝1200m)でした。枠順は、6番・1着。内田博幸騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.5-10.6-11.3/11.8-11.7-12.2

 

ダイイチターミナルは、3枠6番からスタート。まずまずのスタート。軽く促して、先行していく。押さえつつ、押さえつつ。外からジワっとクロースリーニットが前に入ってくる。入り方がゆっくりなので、ダイイチターミナルは窮屈そうに押さえ込む。

 

逃げ馬はクロースリーニット。テン3ハロン34.4秒の逃げ。おおよそ標準ラップ。第1ターミナルのテン3ハロンは34.5秒。クロースリーニットが外から入ってくる感じはゆっくりだが、ペースは遅いわけではない。そこそこ流れてる中でゆっくり入ってきてると言う話。

 

3角-4角。内に1頭いる外を回っていく、ダイイチターミナル。少しずつ、クロースリーニットに併せていく。

 

直線。追い出し始めるダイイチターミナル。馬場の悪いところに脚取られるシーンあるも、一杯に追い、クロースリーニットを交わして、1着でゴール。2着馬に5馬身差つけた。ダイイチターミナルの上がり3ハロンは35.6秒の上がり最速タイ。

 

小倉2歳ステークス2016最終追い切り・

小倉ダート 稍 73.3-57.0-42.5-12.9<5>馬なり余力

 

※【小倉2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ダイイチターミナルは未勝利勝ち上がりと斤量変わらずの54キロ。先行するとき逃げ馬の都合に付き合った点は加点ポイント。インベタ計算するとテン早+上がり早にダイイチターミナルはなるのだけど、直線は一杯近くに追って脚使い切っての5馬身差。その点でレーヌミノルと差がついた形かと。

 

ただ「前走、福島?」「コンデュイット産駒?」「馬名なんだよ?」「ミルファームは新潟の千直じゃないのかよ」と小馬鹿にできる前走内容ではない。初戦の新馬戦、アエロリットの2着である(0.3秒差)。2016年当時、アエロリットの強さがくっきり見えてなかったとしても、馬券の買い目に入れるだけの材料は揃ってる。

 

細かいことを書くと、福島芝1200mというのは、少なからず登り坂があり(もちろんくだり坂もある)、小倉芝1200mの下って、下ってオンリーなコースとは違う。

 

小倉2歳ステークス2016・3着・カシノマスト【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・キャプテントゥーレ産駒)

2016年小倉2歳ステークス3着、カシノマスト(オッズ・4番人気。血統・キャプテントゥーレ産駒)の前走は、ひまわり賞(小倉競馬場・芝1200m)でした。枠順は、11番・1着。川須栄彦騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.6-11.2/11.3-11.5-12.4

 

カシノマストは、6枠11番からスタート。スタートまずまず。カシノマストは押さえつつ前目へ。内からテイエムヒッタマゲが出てきたのに付き合って追走していく。

 

逃げ馬はテイエムヒッタマゲ。テン3ハロン33.9秒。付いて行ったカシノマストのテン3ハロンも33.9秒。2歳オープンのラップからすると少々遅いが、33秒台の逃げ。

 

3角-4角。カシノマストは、テイエムヒッタマゲの外でかなり強目に押さえつつコーナーを回っていたのだが、4角入ったところでテイエムヒッタマゲがついていけない状況に。

 

直線。カシノマストは軽く追い出して、余力で後続を離して流してのゴール。7馬身差の1着。カシノマストの上がり3ハロン35.2秒。上がり最速。

 

小倉2歳ステークス2016最終追い切り・

連闘。中間軽目。

 

※【小倉2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ひまわり賞からは1キロ減のカシノマスト。ひまわり賞は九州産馬の戦いで対戦相手をどう捉えるかは鍵だろうけど、単純にラップを見れば、テン早近く-上がり早。逃げたい馬に付き合って1頭外回ってる。直線は一杯に追ってない。フェニックス賞はテン3ハロン32.8秒と暴走。でも2着。本命には心細いが馬券に入れていいカードは数枚揃ってる。

 

以上、小倉2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

小倉2歳ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.