小説を書く

短編小説「順番違いなんじゃよ」【読書】

更新日:

20080322_shibuya_3160_h800-1

 

短編小説「順番違いなんじゃよ」

バス停に着くと、ベンチにおじいさんが座っていた。私は、これから吉祥寺に本を買いにいくところ。

「バス、来ないのう」

おじいさんは、口を開く。私に言ったのかどうかあやしい。ただのひとりごとだと思っていたら、おじいさんはもう一度、

「バス、来ないのう」

と、言った。

声のするほうを向くと、おじいさんは杖を両手で抱え込んでいた。私と眼が合う。どうしようどうしようと、回りを見ても、バスを待っていたのは、おじいさんと私だけであった。

逃げ道なし。弱ったな……。

母方のおじいちゃんは自慢屋だ。

若い頃はこんなだった、あんなことでとっても苦労した、努力努力努力の連続だった、そんな話を繰り返し聞かされてきた。たくさん話したとしても、そのあとでこちらの話を聞いてくれるのであればいい。残念ながら母方のおじいちゃんの話は、一方通行なのだった。

だから、おじいちゃんぽい人と話すことになると、私は対応そっけなく、避けるように過ごしてしまう。相手は母方のおじいちゃんではないのはわかっている。しかし、受け入れてもらえなかったという感覚は根深い。

話を聞いておける場所は、無限じゃないんだ。有限なんだ。だから、話を聞いてほしいのなら、少しはこっちの場所もあけてほしいんだ。

「ねっ、バス、どうしちゃったのかねぇ、20分くらい待ってるんだけど来ないんだよねぇ」

おじいさんが言った。

めんどくさいな。

 

スポンサーリンク




ああ、でも、今日バスが来ない理由はこれだ。

「今日、不発弾の処理するって話聞いたんですけど、その影響で遅れてるんじゃないですかね」

おじいさんの顔を見て言うと、どんどん話をたたみかけられそうな気がしたので、杖に向かって私は言った。

「ほう、今日じゃったのか。そうか、それじゃあしかたがないね。窓ガラスふっとんじゃったバスがのろのろ来られても困るからね」

そう言うと、おじいさんは、杖をベンチに立てかけた。

返事を返そうと、話の流れでのろのろやってくるバスを思い浮かべたものの、なんだか戦争の話に結びつきそうな気がした。目の前に座っているおじいさんが戦争に行かれたのかわからないけど……。

私は、すぐに返事ができず、頭の中がもやもやしてきた。

そして、頓珍漢な質問。

「おじいさん、その杖っていくらくらいするんですか」

しまった! 話題外れてる! バス早く来るといいですねぇ、とか言えって。もう、どうして選ばないのか安全策。

「えっ? 杖かい。これはね、20万だったなあ」

おじいさんは杖を見ながら、そう言った。

「にじゅうまんですか! 檜か何かでできてるとか、振ると花が咲くとか……、いつでもホームラン打てるとか……」

高齢化社会にも、貧富の差はびこる。

「あはははっ、兄ちゃん、すまん冗談じゃよ。通販、通販。こいつは5980円」

通販で杖を買う時代なんですか、おじいさん。

それから10分経っても、バスは来なかった。

その間、杖は持たなくっても本当は歩けるんだけど、ばあさんに持てと言われて持ってるんじゃあ、まったく。と、おじいさんの話は愚痴モードになってきた。その話の方向、よくない。

私は、早くここから逃れたいと思い、何度もバスの来る方向を見ていた。うまく距離感をつかめないもどかしさからの解放を……。

「君はいくつになるんじゃ?」

と、おじいさんに聞かれた。

「27になります」

「ほう、27か。じゃあ、昨日テレビに出てた子と同い年だな」

誰だろう。27歳の男なんて、テレビに毎日出てるのに。

「不思議なことを言ってたんじゃよ、その子」

「不思議なこと?」

まさか、壷とか売らないだろうな、このおじいさん。バス停で待っちゃうよ商法とか……、いやいやまさか。

「そう。不思議なことを言ってたんじゃ」

不思議なことねぇ……。

「その子はな、自分探しが、自分探しがって、何度も言ったんじゃよ」

バス停で待っちゃう自分探し否定商法……。

「ああっ、自分探し。流行語みたいなものですよ」

そう、探してる人多し、自分探し。

「変だと思わんかい?」

「えっ、はあ、変……」

自分探しね、どっか旅に出ちゃったりするんだよね。

「あのねぇ、順番が違うんだと思うんだよ」

「順番、ですか」

「当たって、磨くの順番じゃ」

「はぁ……」

「当たるんじゃ。ぶつかるんでもいいんじゃがな。まあ、石と石をぶつけたら砕けるなあ、そこで光ってるものが見えたら、磨く」

「自分磨きっていうのも、流行語みたいなもんですよ」

「そうなのか。順番が違うなぁ。磨くにしてもなあ、殻に入ったまんまじゃ何もしてないことと一緒じゃよ。割らないと、ひび入れないと。人の考えなんてな、ほおっておいたら固まるようにできでるんじゃから」

「磨くものは殻の中にあるということですか」

「そうじゃよ。殻を磨いててもなあ、自分が傷つかないように温めてるだけじゃないか」

卵は割らないと食べられないってことなのかな。温めるとゆでたまごになるけど、これも割らないと食べられない。テーブルの角にぶつけないと、もしくはおでこに……。って、違うか。

おじいさんは杖を掴んで、言った。

「当たったり、ぶつかったり、磨いたりしている間にな、わしは自分なんてものは探せてるって思うんじゃよ。いちいち口に出す必要はない」

バスが手前の信号で止まっていた。どこも壊れていない、いつもの吉祥寺行き。

おじいさんも立ち上がって、信号が変わるのを待っているようだった。

「何かにぶつかったり、当たったりしないとなあ、人間なにも発見できないようにできてるんじゃろな。学んでも、学びっぱなしにしないで、表現しないといけないんじゃ」

そう言うとおじいさんは、杖の真ん中を右手で持ち、ゆっくり歩きだしていた。

「おじいさん、バス!」

私は、呼び止めようと声をかけた。

「乗らないのー?」

聞こえているのかいないのか、おじいさんは角を曲がってゆく。

かなり遅れてきたバスは、いつもよりお客を乗せバス停に止まる。そして、扉が開く。私はバスに乗りつり革を握ると、おじいさんが歩いて行った方向を見た。

おじいさんがいた。杖をついて歩いているように見えた。

無理してたのかもな……。と、思っていると、バスはスピードを上げ坂道を登り始めていた。

「ご近所さんなら、また会うかもな」

 

2010年の8月に書いたものに、手を加えてアップしました。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

アンドリューベイヤー『競馬探究の先端モード』のブックオフにおけるカテゴリ分けは「趣味・就職ガイド」。馬券師・予想家養成コースかいな〜

中央競馬、JRAの年間レース数は日程・種類いろいろ約3400レース。荒れるときあれば、三冠かかるときあり。複勝馬券で考えると、当たる枠の総数は…

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




おすすめ記事はいかがでしょう

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】

小説すばる新人賞に応募。一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。最終選考に残ると信じて疑わず。賞金欲しかった…、印税、芥川賞、直木賞って妄想も

コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

三寒四温という四字熟語をいつ使うのか、本当の意味を知ったけど、春になっていく感じが好きで使い方、時期、間違ってるけど、いいか【季節の挨拶】

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

コント漫才ネタ台本・お笑いテーマ「ライブでスクラッチ」。ボケツッコミ一人構成設定。芸人の方、YouTube動画、宴会用に【テレビ・題材・演劇】

一人カラオケ、ヒトカラは料金安いストレス発散解消法でおすすめ。男女問わず効果あり健康的。歌える曲探しも楽しい。初めて行ったとき、デビュー話。問題は受付

運勢占い本『未歳生まれは、超運すぎる人/橋幸夫』感想。未年は超運らしい。未年なので読んでみた。占いや運勢の意味と競馬の血統は似てる。変わるのは自分次第

 

おすすめ記事はいかがでしょう・その2

プロポーズにリングケースのアイデアひとつ。おしゃれで薄型で小さい、結婚指輪を見せるタイミングの演出に使える?失敗の可能性減?あとは、言葉と相手…。

まっさらな心とは、どういう状態か。意味は? 人間の感じ方としてある言葉か。ジーンズやバッグ、パソコンとは違う。例えがズレてる違和感と対処方法。

松屋おすすめメニュー、カルビ焼肉定食に生卵の食券を出す。大根おろしいっぱいでうまいぞ、栄養。女性バイト「卵だけ…ですか?」→今日はクリスマスイブさ

カラオケで時々歌う、SEKAI NO OWARI。紅白出場時に、Twitterでバンド名大喜利が。ジブリのタイトルにある「〜の、の法則?」と関連する?【CD】

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

suicaを買う。いや発行する、作るか。定期持ってないもので…。ペンギンのデザインがかわいい。初めてのチャージ。これでJRも私鉄もバスもピッピッとな

面白いのではと思ってしまう、ファミコンソフトデザイン集合。わたしのファミカセ展2015を見て来た/吉祥寺METEOR。シューティング・アクション・パズル…

カラオケにLUCKY TAPESのおすすめな1曲『Touch!』が入ってて、嬉しかった…。アルバムけっこう聞いてたもので…。しかし…

-小説を書く
-, , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.