繰り返しの謎解き商会

*

競馬予想のパドックは、ポイントや情報をレース映像・動画に比べて公平に見られると思う。馬体、首の動き、調子、発汗…

      2017/09/13

競馬予想におけるパドックは、競馬予想の仕上げ決め手という人も多い要素です。パドックに人は集まります。そんな、競馬予想のパドック、馬体、首の動き、調子、発汗……と言ったポイントや情報をレース映像・動画に比べて公平に見られるなぁと思ったのです。

 

レース映像・動画に比べて、パドックはじっくり馬を見られる場所だなと。馬体、首の動き、調子、発汗……パドックでは確認可能です。ただし、パドックで競馬をしているわけではない。競べ馬をしているわけではありません。だから、馬体、首の動き、調子、発汗…といったポイントや情報は走り去らないのです。

 

スポンサーリンク




パドックを見るより、レース映像・動画重視とブログに書いたけど……

DSCF1854

パドックよりもレース映像を重視して予想すると、以前ブログに書いたのですが、今、ちょっとだけ考えが変わりまして、パドックのデータを少しずつですが揃え始めています。パドックは競馬予想のデータを作る上で必要ない要素ではありません。

 

どういう位置づけでパドックをとらえるかがポイントです。

 

JRAレーシングビュアーで、レース映像だけでなくパドックの映像も見られるんだよなと思いまして。なるべく同じ状態になるような形でパドックにおける各馬の写真を揃えていけるなと(カメラワークでどうしてもうまくいかない馬も出て来ますけども……)。

 

とは言っても、基本的には以前ブログに書いた感覚と変わりません。競馬予想においてパドック党になろうとしているわけでもありません。自分の予想に活かせそうなところをパドックで見つけたもので、データ集めてみましょうかと。

 

そこで気付いたのですけども……。

 

競馬予想において、パドックはレースに比べて、公平である

中山競馬場の芝2000m走るにしても、阪神競馬場の芝1600m走るにしても、実際のレースにはどうしたって有利不利があります。競走馬の体力・気力。騎手の体力・気力を使いながらゴールを目指す。端的に見て、人間が感じてる有利不利が馬からすると逆になることもあります。

 

ところが、ところがです。

 

パドックにおいては、どうでしょう。パドックはスタートが同時でありませんし、馬は周回しているだけで競うことはまずありません。入れ込んだりする馬、勢いありすぎて二人引きで大変な馬、もうオウチニカエリタイノという馬、いろいろパドックにいますが、競馬をしているわけではありません。

 

といいますより、競馬になりそうなことがあったら厩務員さんが押さえます。確実に。

 

ゆえに、パドックで見ることのできる情報はほぼ公平になります。馬体、首の動き、調子、発汗……といった情報やポイントをじっくり確認することが可能です。どうぞ、これから走る馬の馬体を時間の許す限り見てくださいという場所がパドックです。

 

(人に感情が存在する限り、きっちりとした公平というのは無理ではあるのだけども、それはさておき……馬にも感情が……あるんだろうから……それもさておき)。

 

パドックで公平に見られる情報はレースに行くと別物になる。

 

レースは競馬、比べ馬をするわけですから、馬場、ペース、枠順、位置取りなど、有利不利のないままレースが進むことはない。アクシデントも起きる。

 

それを見る側は、パドックに比べて公平に見ることはできません。レース映像である程度見られますし、パトロールビデオを使えば角度が違うので確認できるパーセンテージは増えますが、いかんせん走ってる馬です。パドックのように見る側にあわせてくれることはありません。

 

面倒だけど、レース映像を見たとき合わせるのは見る側ということになります。パドックとは逆の立ち位置になる。いかんせん競馬をしている側はメシ食べるためにフル稼働している側面もありますから……(なので、見る側が走る側にあわせていけばある種、公平になるんですが……それは面倒というわけです)。

 

考えまするに、競馬における相馬眼っていうのはあるんでしょうけど、レースで起こりうること、起こったこともかなり知っててできるものじゃないかと。パドックを歩いている馬を見ただけで判断しているわけじゃないんだろうと思います。

 

パドックは、ほぼ公平に見られる情報を見られるからといっても、実際レースの場に行くとそんなもんじゃないよという話です(もちろん、当たっていることもあるけれど)。これはパドックを見る上で頭に入れておいたほうがいいことでしょう(だから、競馬初心者に予想ファクターとしてパドックから入るのはおすすめできない)。

 

新馬戦(+初出走)のパドックデータだけ取ることにした

パドックについてあれこれ書いてますが、パドックは馬体を知る上で大切な要素です。そこで、新馬戦と初出走のパドックデータを取っていくことにしました。

 

ただ、ちょこちょこ作業を初めてますが、気の長くなる作業なのでいつ終わるか……。

 

現3歳馬、2015年6月からの新馬戦にどういう馬体で出走して、1年ちょい、スーパー未勝利が終わるときまでにどういう結果になったのか。

 

芝で降ろされてたけど、次走ダートで走った馬がいたとして、馬体に共通点はないかデータを集めてみる。ダートから芝、距離延長、距離短縮。そこに、血統とレース映像の分析を加える。割と面白いことがわかりそうな気がしてます。

 

新馬戦対策にもなりそうですし。

 

馬体やパドックでの動きから条件変更を見立てられるようになると、レース映像における傾向とあわせたとき、自信につながるでしょう。

 

パドックで見てる部分は真ん中から後ろです。前は隠れてしまって見られないこともありますから。

 

データ揃えるのは手間かかりますけど、こういうのを誰かに変わってもらっても意味がないからなぁ……。あれこれ気付いて行く過程が重要なことなので、変わってもらって、はい、データだと意味がない……。

 

(2017.09.13リライト 新馬戦パドックデータはまだ手つかずのままです……。ただ、どうすればいいのかはわかってるのでやるだけではあるんだけど……)。

 

以上、競馬予想のパドックは、ポイントや情報をレース映像・動画に比べて公平に見られると思う。馬体、首の動き、調子、発汗…という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRAの競馬場で内枠不利なコースデータを覚えたほうが良い。

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。

 

おすすめ競馬記事

競馬の収支ノートを発掘。馬券を買いだしたときにつけていたものであります【初心者の頃】

卍氏こと、馬券裁判男のブログがあることにびっくりした話【競馬・馬券】

ヴェルメンティーノ・前走一緒の馬が2着3着。力のないとみえる馬が先着した理由とは【競馬・馬券】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

ブックオフ会員ポイントカード・メンバーズカードを店舗レジで作成。BOOKOFFのサイトからWeb会員登録すると、メールでセール情報。買取の際にもポイントつく

「髪型、お兄ちゃん、山下達郎になりたいの?」と妹に言われたのは、髪の毛を後で結べるくらいに伸びたから。だけどな、俺は茄子は好きなんだよ…

イベント・企画・広告、仕事。人を集める方法やコツ。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた。

 

 - パドック , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。是非、競馬場へ。そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。5歳まで馬に育てられたという、軟式globe・パークマンサーのラップ、当時競馬をやってなかったけど、何故か覚えてる。そうだよアホだよレベルで覚えてる。そう、パークマンサー、5歳まで馬に育てられたならば馬券師になるといいよ(こらこら)。軟式globe・パークマンサー、是非、競馬場へ。学校へ行こうで告白した、5歳まで馬に育てられた才能と、そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】。

競馬予想で相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかむなら、GI・重賞より新馬戦→未勝利戦が一番なんじゃ?

競馬予想のパドック。競走馬の最新情報が得られるパドックです。相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかみたいもの。レース映像を見ることをパドックより重要視してきたものの、パドック・馬体を見ることでよりレース映像を見て競馬予想に活かせるのではと思い、競馬予想でパドックを見る時間を増やしました。気付いたのは、パドックで相馬眼をとまで行かずとも、馬体を勉強するなら、差のあまりないGI・重賞より、まず新馬戦→未勝利戦のパドックを見まくることが一番なんじゃということでした。