繰り返しの謎解き商会

*

競馬予想で相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかむなら、GI・重賞より新馬戦→未勝利戦が一番なんじゃ?

      2017/09/16

競馬予想のパドック。競走馬の最新情報が得られるパドックです。相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかみたいもの。レース映像を見ることをパドックより重要視してきたものの、パドック・馬体を見ることでよりレース映像を見て競馬予想に活かせるのではと思い、競馬予想でパドックを見る時間を増やしました。

 

気付いたのは、パドックで相馬眼をとまで行かずとも、馬体を勉強するなら、差のあまりないGI・重賞より、まず新馬戦→未勝利戦のパドックを見まくることが一番なんじゃということでした。

 

スポンサーリンク




パドックより、レース映像・動画と考えてるけど、パドック勉強するなら

その昔、「パドックなんてなんてさー」とケチをつけるブログを書いたことがあります。ケチつけると言いますか、競馬予想する上で得られるデータ量に差があるなぁと思ったのです。

 

パドックで得られる情報で、馬具や爪の状態など「単語化して、検索」できるものはとらえやすい。しかし、そうじゃないとらえにくい感触、感覚の部分を使った予想法があまり確立されてないなと考えたからです(だから「わっかんないじゃーん」っていう切り口ではないです。レース映像同様、簡単に人に教えられない要素をふんだんに含む世界なんだなということです)。

 

関連→競馬予想のパドックは、ポイントや情報をレース映像・動画に比べて公平に見られると思う。馬体、首の動き、調子、発汗…

 

関連→競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

 

しかししかし、人間、心変わりするものでございます。

 

変化できる者だけが生き残るのが生物の世界です(なんのこっちゃい)。

 

パドックに関する、基本的な感覚はブログに書いた通りで変わらないものの、レース映像見て予想する身にとって「パドックの有用性が増すレース」ってあるよなと。

 

レース映像を見てて、こういう条件のときレース映像でこういう特徴があるんだけど、もっと再現性をつかむ方法はないかなぁという話です。おいしそうに見えるものをもっとおいしくする方法を探すと、パドック・馬体にたどりついたという。

 

関連→競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

新馬戦(メイクデビューどこそこ)はどうしたって、パドック。なんてったって、パドック。

JRA中央競馬にしても、南関東競馬、門別競馬など地方競馬にしても新馬戦というのは、当たり前ですけど1走も走ってない馬が集まるわけで、レース映像はない。とすると自分が予想する上での武器を使えない。

 

そこで、新馬戦対策をあれこれ考えまして……。

 

調教のいい、血統のいい、兄弟馬に活躍馬・新馬戦勝ってるかどうか……。調べます、調べます。今だと、外厩もそうでしょうか。

 

これらのファクターを使って馬券当てられる人もいると思うんですが、自分はあれこれ手を尽くしてもうまく行かなかったんですよね……(調教の映像を使うのを考えたものの、出走馬全部が揃っていないですし)。

 

そのため、新馬戦と新馬戦以外の的中率、回収率見ると差がありました。

 

関連→新馬戦(メイクデビュー)の競馬予想法で試したことのあるもの、あれこれ【馬券・調教・血統】

 

とすると、新馬戦は買わないという選択もありはありですが、なんだかもったいない気もしたんです。

 

新馬戦の馬券をたくさんは買わないけど、未勝利戦など今後のレースのことを考えてパドックや馬体を勉強するのは手じゃないかな……と思いまして。

 

相馬眼まではいかなくってもいいのです。傾向が理解できれば。自分なりのパドック攻略法やコツをつかめれば……。

 

パドック知るなら、地方競馬から? 馬体を知るなら?

「パドックを知るならば、地方競馬からはじめたほうがいいよ。力差があったりするから」

 

どなたがおっしゃったのか忘れてしまいましたが、そう言ってる方がいました。

 

地方競馬のパドックを見てて、確かにそうかなと思います。

 

ポイントは、「力差」でしょう。

 

パドックを見てて馬体を見分けやすいというわけです。ただし、地方競馬のほとんどはダートですので、ダートで走りそうな馬を見つけるコツの話です。

 

関連→地方競馬ライブ、ネット中継の画質改善。レース、パドック映像向上、スマホからも見られて馬券予想も当たるよう…に【大井・船橋・川崎・浦和・門別…】

 

地方競馬ライブのネット中継でパドックは見られます。ただ、レース映像は録画してて後で見られるのですが、パドック映像は見られないので注意。

 

芝は中央競馬のパドック、JRAレーシングビュアーを使ってみて行くことが可能です。こちらは過去のパドックも見ることが可能です。ありがたい。

 

さて、パドックにおける力差を考えると、新馬戦というのは「GIで勝つ馬もいれば、地方競馬に行っても走らない馬も一緒に走る」と言われる通り、感覚として地方競馬のパドックっぽさ、つまり中央競馬において一番「力差」のあるレースなんじゃないかなと考えられます。

 

ならば、パドックの勉強にはもってこいだなと。

 

GIや重賞のパドックを見てますと、どの馬も良く見えてしまうことばかりなので、参考にならないのです。パドックの感覚を予想に組み込んで馬券外したこともしばしば。GI・重賞のパドックでもわかる人にはわかるんでしょうけど、その感覚に至るには、差の大きいレースのパドックから始めるのが一番と。

 

去年の半ばくらいから、新馬戦はちょいちょいパドックを見て予想してました。今年に入ってからは馬柱(血統)とパドックしか見てません。ただ、レース映像を見て、競馬予想して馬券を買うのとは違うのでほとんど馬券は小銭です。儲けようと思ってない……。

 

パドックの勉強を新馬戦・未勝利戦からはじめると、芝からダート・ダートから芝にも強くなれる可能性

パドックでダート走る馬はこんな感じというのをつかめてれば、ちょいちょいある「芝からダート替わり・ダートから芝替わり」を見極める材料を増やせるんじゃないかと思います。

 

距離延長・距離短縮もそうですが、競馬予想において妙味があるのは、予想する人が恐い条件です。芝からダート、ダートから芝、距離延長、距離短縮。うまくいくか読み切れない条件変更。ここに強くなると、複勝の300円以上が取りやすくなる。

 

条件変更に関して、血統以外に武器あったほうがいいわけで。サウスヴィグラス産駒がダート走るからと言って、どのサウスヴィグラス産駒が走るわけではない。ステイゴールド産駒が距離延長得意だからといって、どのステイゴールド産駒が走るわけではない(むしろ、最近は距離短縮のほうも走ってたりする……)。

 

パドックを勉強して、馬体を知って距離延長(コーナーが増える)、距離短縮(コーナーが減る)も同様にできる可能性はあるのだろうな……。

 

パドックを勉強するなら、差の大きい未勝利戦までかな……。

パドックで馬体を学ぶとき「力差」があることで判断しやすくなるのがポイントになる。

 

半年ちょっとパドックを見てて、500万、1000万と勝ち上がっていったレースのパドックというのは、「力差」が埋まってる印象があります。差が縮まってて、見分けにくい。差が発見できないと、自信を持って馬券を買っていきにくくなる。

 

新馬戦、未勝利あたりは、針の穴はそこそこ大きいのだけど、それより上のクラスは針の穴は小さいというわけです。

 

GIや重賞のパドック見てると、どれもよく見えるというヤツですね。

 

現状、パドック見るのは新馬戦が一番長く、次に未勝利戦です。

 

力差があって、見分けやすいところにお邪魔します(パドックさん、今までケチつけてすまんかった……)。

 

以上、競馬予想で相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかむなら、GI・重賞より新馬戦→未勝利戦が一番なんじゃ? という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRAの競馬場で内枠不利なコースデータを覚えたほうが良い。

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。

 

おすすめ競馬記事

指数を使って馬券を買ったことは、一度もないという話。指数のイメージについて【競馬・馬券】

競馬歴4年とちょっと。総流しで馬券を買ったのは1回。軸・武士沢友治……【競馬・馬券】。

メイショウノーベル・オールダートが得意か?芝スタートのダートが得意か?【競馬・馬券】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

SEKAI NO OWARIというバンド名の、バラエティ豊富さについて。「……の……、の法則?」

コーヒーゼリーを食べたくなりコンビニへゴーしたのは、クックパッドの記事のせい。おいしいなぁと食べてたら、喫茶店で注文したことあったっけとなる

 

 - パドック , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

競馬予想のパドックは、ポイントや情報をレース映像・動画に比べて公平に見られると思う。馬体、首の動き、調子、発汗…

競馬予想におけるパドックは、競馬予想の仕上げ決め手という人も多い要素です。パドックに人は集まります。そんな、競馬予想のパドック、馬体、首の動き、調子、発汗……と言ったポイントや情報をレース映像・動画に比べて公平に見られるなぁと思ったのです。レース映像・動画に比べて、パドックはじっくり馬を見られる場所だなと。馬体、首の動き、調子、発汗……パドックでは確認可能です。ただし、パドックで競馬をしているわけではない。競べ馬をしているわけではありません。だから、馬体、首の動き、調子、発汗…といったポイントや情報は走り去らないのです。

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。是非、競馬場へ。そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。5歳まで馬に育てられたという、軟式globe・パークマンサーのラップ、当時競馬をやってなかったけど、何故か覚えてる。そうだよアホだよレベルで覚えてる。そう、パークマンサー、5歳まで馬に育てられたならば馬券師になるといいよ(こらこら)。軟式globe・パークマンサー、是非、競馬場へ。学校へ行こうで告白した、5歳まで馬に育てられた才能と、そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】。