繰り返しの謎解き商会

*

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

      2017/11/15

20090823_yokota_6745_w800-1

 

競馬予想において馬券当たる確率、的中率をあげるにはどういう方法やコツがあるでしょうか。

 

馬券の当たる確率の考え方。競馬の的中率を上げる考え方。

 

馬券で勝つ確率を増やして収支を良くするには……。下世話ですが、お金は欲しいものです。競馬予想家や馬券師にならずとも。

 

競馬の確率は、ファクター(要素)別にデータがあり、たいてい数字で表されています。様々な競馬のデータの見方がレース結果や情報にはあり、そこからレースの人気やオッズに影響していき、馬券の組み合わせが作られて、結果が出て払い戻しが決まっていく。この流れは変わりません。

 

血統調教ラップタイム騎手競馬場の特徴馬場状態・指数・持ち時計・パドックレース映像逃げ馬先行馬差し馬追い込み馬距離延長距離短縮・返し馬・馬体・馬具・枠順の有利不利・位置取り・馬の癖・生産牧場・馬主・外厩、などなど……、競馬予想のファクターはキリがありません。オカルトなものも含めて、要素の数が減少することはないでしょう。

 

数字で表されているデータは、確率となり競馬の人気やオッズの参考になっていくわけですが、確率を「使う」とき、自信に結びつくものとして大きく二つに分れます。

 

誰かが調べたデータの確率を使うとき。

 

最初は誰かが調べたデータだったものの、再度自分で調べまくった確率を使うとき。

 

一見、どっちも同じように見えるかもしれませんが、全く違うものです。

 

スポンサーリンク




競馬予想の当たる確率、的中率を上げるポイントは、どのファクターを使って競馬予想するにしても、当たる確率を自分のものにすることをしたのかどうか。ここで差がついてしまう。

 

ただ書かれている数字をうのみにするのではなく、データに表されている確率、数字を自分の中で「確率の再構築」をしたのか。より使える状態な当たる確率化したデータや数字なのか。

 

10000字を越える長文ですが、おつき合い願えたら幸いです(リライトするたび文字数が増えていく、この記事……)。

 

目次

競馬予想の当たる確率を少しでも上げる方法とは。馬券がうまくなるには。的中率向上のコツ。

確率は様々なところにある数字です。どんなところにも出てきます。

 

パーセンテージで表す確率。どきどきわくわくなパーセンテージでございます(なんのこっちゃい)。

 

レースのオッズ、人気と関わりが深い。JRA・中央競馬のG1だけでなく、地方競馬の朝行われる少頭数レースでも確率は登場します。

 

確率には様々な計算方法、計算式から統計を出します。どんな確率も収束して数字が出ます。競馬におけるデータを数字で出そうと考えれば、出すことはできるということです。

 

たぶん、エクセルとお友達でしょう(ちょいちょい喧嘩してそうだけど……)。

 

「何回のうち何回、うまくいく」か「うまくいかないか」。

 

「何回のうち、何回当たる確率があるのか」(1番人気がこのオッズのとき、この騎手騎乗で……当たる数字は……どのくらいか)

 

「何回のうち、何回当たらない確率があるのか」(5番人気がこのオッズのとき、この種牡馬の……当たらない数字は……どのくらいか)

 

競馬予想にたくさん存在して、日々数字を変えて行く確率(これ以上数字のかわらない確率もあります)。

 

馬券の的中率や回収率に直結する数字です。

 

一番人気でオッズがこれこれなレースのとき、三連単の三連複の回収率はいくらか……。大穴の来る確率、三番人気が来る確率、最低人気、万馬券……。

 

関連→競馬の1番人気馬、複勝率。馬券になる確率は年間約65%。それを常識と考えれば、35%は外れる。いらないわけではないが、頼り過ぎると儲からない

 

関連→競馬予想で複勝馬券の年間的中率を63%くらいにすることは、とても簡単。1番人気ベタ買い。ただし、儲からない。回収率82%

 

関連→競馬予想家の上手さは、本命の複勝馬券的中率がなによりも大事。そして回収率が高いかどうか。メインの券種が3連単3連複だろうが関係ない

 

ひとつ要素(ファクター)があれば、データ(情報・結果)の多い少ないはあるにせよ確率で表すことができます。

ほかにも、ゾロ目、奇数、偶数、出目……馬番、様々な馬券術、馬券理論、予想方法の確率。血統もありますね。

 

当たる競馬ブログの確率はどうだろうか、競馬新聞は、スポーツ新聞は(東スポか、エイトか、競馬ブックか、サンスポか、スポニチか、えーっと、あと……、報知ゲンダイか……)、予想する記者は、競馬予想家は? 芸能人の予想は当たるのか……どうか。

 

ツイッター見てますと、当たるおまじないしてる人も……。当たる確率が上がるのでしょうか……。

 

有料予想、有料情報、無料予想、無料情報。どのくらい当たる確率があるのかも気になるところ……(自分は誰かの予想を買ったりはしませんが……)。

 

競馬、馬券の確率論で勝つ感じまでいけるといいのですが……。エクセルとの喧嘩回数が減って仲良くできるといいのですが……。下世話な言い方をすすると、競馬で儲かる確率の見つけ方ですね。

 

馬券の収支を良くするために準備しておく、自分の予想から見る確率とは? みたいな話も。

 

関連→中央競馬、JRAの年間レース数は日程・種類いろいろ約3400レース。荒れるときあれば、三冠かかるときあり。複勝馬券で考えると、当たる枠の総数は…

 

関連→競馬の結果や成績から馬券になるデータ・情報を見つけると、同じ傾向はないか収集してまとめようとして目の前の予想をほっぽり出してしまう…

 

関連→競馬予想家に自分は向いてない理由。ただの馬券当たるのが好きでブログ書いてるだけなのさ。的中率・回収率は気にしますけど…

 

 

一番人気が、二番人気が、三番人気が……1着、2着、3着

競馬データの切り口には、単勝的中率だったり(勝率)、複勝的中率だったり(3着内率)、使う確率の範囲もあります。突き抜けて行くのか、そうでないのか。お金を稼ぐ額の幅といえばいいでしょうか。

 

そこをふまえてみると、どれたけ種類が存在しているのかわからないほど、競馬には確率は存在しています。

 

競馬のデータ(結果・情報)には、当たる確率がどのくらい今まであったのかは欠かせないです(当たり前ですけど)。

 

競馬新聞に限らず、インターネットの情報サイト、ターゲットなどの競馬予想ソフトには必ず掲載されています。必須ですね。自分のブログにも確率データはあれこれ書いてます。

 

関連→競馬予想する上でプール調教の時計を測ったら面白いんじゃ、と思った話。回収率・的中率、確率など活かせるデータになれば…

 

関連→地方競馬の馬券売上前年比増。そろそろどの競馬場にも、テン3ハロンのラップを計測する機械おいて欲しい。園田・高知・名古屋…

 

関連→地方競馬の予想でコース適性の話をあまり聞かないのは、平坦小回りが基本だから?大井・船橋・川崎・浦和・門別・園田…

 

関連→競馬における馬場状態は、有利不利を生む。雨降って、稍重・重・不良と湿るのは簡単だが、良馬場に乾くのは時間がかかる。これが基本

 

確率を競馬予想に使い、馬券に変換する

予想して確率を使う先は馬券になります。

 

点数を多くすると確率がどうなるのか、的中率回収率は、フォーメーション組んだときはどうだろうか、ボックスにしたときはどうだろうか、マルチがいいか……。馬券の組み合わせによる、確率。

 

馬券の種類(三連単・三連複・馬単・馬連にワイド……単勝、複勝)によってはどうか? 確率によって、買い方が変わったり。

 

人によっては、競馬場へ行って現地でパドック見て馬券を買うのがいいのか、自宅ウインズで資料やデータベース並べて馬券を買うのがいいのかという馬券を買う行動の確率もある(正確な収支データまでなくとも、感覚としてはあるでしょう)。

 

宝くじやロト6、ナンバーズ、パチンコなどのギャンブルにも確率は登場します。競輪や競艇にも。

 

競馬から目を少し離すと、確率は他にもあって、降水確率同じ誕生日になる確率、地震の起きる確率、病気になる確率、バスケットボールがゴールに入る確率……。

 

確率でものを見るということは、日常されています。賭け事だけでなく、行動するうえでアテにする数字として存在します。確率はお金儲けだけに関わるものではありません。

 

「何回のうち何回、うまくいく(当たる)」か「うまくいかないか(当たらないか)」。「儲かるか儲からないか」。

 

様々なランキングも確率とは無縁ではないでしょう。

 

なもので、データのない、データの薄い新種牡馬の血統データになると「新馬戦はパス、1番人気アテにできないし」「知ってる馬からにしよう」など、選択するのに不安になることも……(2歳3歳の未勝利500万クラスはデータがないから、午後からのレースの馬券を買ったりも……あるでしょう)。

 

すでに結果として情報やデータがある確率。

 

自分の行動を決めて行く上で安心感があるのは否定できません。

 

A地点からB地点へ向かうにしても、確率の高い経路を使っているものです。その決定に繋がっているのは、1度はその経路を使ったことからであるケースが多く……(上手くいった確率をなぞるというケースが……)。

 

関連→競馬予想で穴馬券を買えなくする原因は、データ(結果・情報)の見方、組み立て方にあるのでは?精度を上げるには…

 

関連→競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

 

関連→将棋の三手の読みができないから考える、馬券を買う人の都合を競馬予想に入れすぎると当たらなくなる話

 

さて、競馬・馬券における確率には、大きく分けて2種類あります。

ひとつは、自分が行動したことによって得た、確率(バッターにおける打率。ピッチャーにおける防御率)。

 

もうひとつは、他人が行動したことによって得た、確率(準備してくれた確率……を使う)。

 

一つ一つのデータに自分の指紋がついてるデータなのか、ついていないデータなのか

 

思うに、一番信用するのは、自分が行動したことによって得た確率でしょう。打席に立った経験はやはり大きい(逆に誤解にハマってしまうこともあるのだけれど……)。

 

他人が調べたデータであったとしても、実際再度調べたり、予想したりして、「これこれがこうしているときのデータは当たる確率が高い」「馬番が内枠で着順が悪くなってたとき、不利を食らってた可能性が高く、大穴になる確率が高い。単勝はないけど、複勝はあるからヒモには必ず入れる」「これこれこうしている条件のとき、こういう馬は当たる確率が低い」……と、実際感じた経験は馬券の自信に跳ね返ってくるものです。

 

関連→競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

関連→6月から始まる新馬戦。荒れる、荒れやすい理由を角居勝彦調教師の連載、感性の法則から考える。馬を走らせる材料を仕入れられてないレース。

 

関連→競馬の距離適性を見るポイントは1600m戦・マイルにあると角居勝彦調教師。脚質・ペースによる、延長・短縮の特徴、傾向を見るコツ

 

逆に、誰かが調べた数字をうのみにして、ただ使うときには、自信より不安のほうが膨らみます。

 

「ほんとにそうなのかなぁ……」と。

 

この両者の差というのは、掛け金に出ます。馬券の自信に直結する。

 

ということは、誰かが調べた数字(馬券が当たるかどうか有用性があっても、自分が使うのに不安なデータ、情報)を使う率を低くすることで、競馬で当たる確率(的中率)が上がるのではないだろうか。

 

関連→馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

 

関連→オッズをアテにしすぎて競馬予想続けてると、馬券を当てる確率や回収率は減る説。儲けられるかどうかの数字であり、馬の強さは完璧に反映されていない

 

関連→競馬における複勝コロガシとは、成功確率の高いレースを選択できるWIN5みたい。コツや攻略法、必勝法などあると思うけど自分はしない

 

名捕手で名監督、野村克也氏の確率に関する話

さて、ここで話はプロ野球の話になります。野村克也監督の話。

 

カーブである。カーブが苦手でどうしてもうまく打てない。弱点があると、そこを徹底的に突いてくるのが、今も昔も変わらぬ日本の野球である。あまりカーブが打てないものだから、やがてお客さんまで「カーブの打てないノ・ム・ラ」などと野次るようになった。

プロの世界で一流打者と認められるのには三割を打たなければならない。私の場合、親からもらった素質で、二割五分は打てるという確信はあった。残りの五分をどうやって埋めるか。カーブをどう攻略するか。(171p)

野村克也「野村の「眼」弱者の戦い」(KKベストセラーズ)より。

 

 

バッターとして、二割五分まではいく。ただ、より活躍して行くためには、数字が足りない。カーブを攻略しないといけない。しかし、敵にその癖は見破られている……。

 

そこで、野村監督は作戦を立てた。スコアラーにお願いをして、自分に投げられたボールデータをとことん取り続けてもらったんだそうです。

 

関連→努力は人を裏切らない。努力は必ず報われる。2つのことわざ名言の意味とは。アピールしすぎは綺麗事になり嘘に近づく。才能は工夫して継続していく。

 

関連→信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

 

関連→自己評価は高いより低いときに、男性女性問わず効果ある特徴あり。コミュニケーションをとる上で、心理的に意味が生まれる理由【仕事・お金・性格・長所短所】

 

相手が自分に行動をとったことから考えられる、確率の研究。

ある程度高い確率で待つことができれば、カーブでも打ちこなすのはそれほどむずかしくはない。のちに私が三冠王を穫るのまでに成長できたのは、不器用な自分が「技術的限界」を感じて必死で辿りついた、地道な情報分析の成果だと思う。(174p・同上より)

野村監督に対してなされた投球のデータを積み重ね、研究することで、有利になる確率を探してきた。

 

野村監督がキャッチャーであることも加味して、確率を上げる材料を探してきた。

 

関連→競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

 

関連→小林弘明氏(風の馬券師・投資家)の競馬最強の法則、競馬予想TV回収率3冠王インタビューが面白かった。調教時計に関する、強さ弱さの見極めに関する疑問

 

関連→アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

 

関連→仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

 

競馬や馬券の確率で言うと、実際の現象1件1件を見てメモして精査していくこと。そして、再構築

野村監督がされたことを馬券に置き換えてみる。

 

なんらかのデータ確率を使い、予想して馬券を買った理由を「詳細に」書き留めて、メモしておくことが第一(例えば、馬場、血統、ペース、ラップ、人気……レースにおける、要素・ファクター)。

 

そこから、自分の確率を作り出す。

 

馬の見立ての癖を知るには、自分が「どうして」「なぜ」そう決定したのかという「詳細」が必要になる。誰かが調べてくれただけのデータを使うのでは、自分が有利になるデータを積み重ねることはできない。

 

実際に確率を使ってどうだったのかの積み重ねということである。

 

有用性の高い確率でも、この条件の元では有用性を発揮できないこともちょいちょいある。

 

どう確率を見立てたのかという、自分が実際動いたデータがとてつもなく重要という話なのです。

 

なんとなく印を打って見て、馬券買ってるだけでは何も残りませんが、書き留めることを自分で行っていくのは、タダです。馬券にスコアラーはいません。自分でやるしかありません。

 

「メモ魔」は得をします。いずれ、楽しくてしょうがなくなります。色々なことに気づく確率が増すからです。そのサイクルが回り始めたらしめたもの。

 

メモの件数が1件2件、10件20件では気づきませんが、50件100件とデータが溜まって来ますと、自分だけが発見できてる確率があったりするのです。馬券になっている確率の高い、予想の当たっているキーワードが。

 

中央競馬で予想したときはどうか、地方競馬ではどうか。新馬戦では? 未勝利戦では? 重賞ではどうか。芝では? ダートでは?

 

短距離、中距離、長距離……。競馬場ではどうか? 東京競馬場京都競馬場阪神競馬場中山競馬場……。

 

フォーメーションで馬券を買ったとき、ボックスで馬券を買ったとき。点数や種類や買い方もあるでしょう。

 

自分はどういう条件のとき、穴を見つけやすく、どういう条件のときはずしやすいのか。

 

それは、どういう「確率の詳細」を元にそう考えられるのか……。

 

関連→中央競馬、地方の新馬戦・メイクデビューの予想で試した方法紹介。当て方の参考に。調教・追い切り映像・血統・パドック・能力試験動画・厩舎成績…

 

関連→JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦予想成績は、使えるファクターに差があるので分けることにした話。馬券の買い方も変える

 

関連→競馬予想で相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかむなら、GI・重賞より新馬戦→未勝利戦が一番なんじゃ?

 

馬券における1打席の考え方【確率を出す前提】

ここでひとつ、確認しておかないといけないことがあります。

 

とある1レースで馬券を買う。たくさん馬券を買った。しかし、1レースが1打席になるわけではないということです。

 

バッターの1打席は、打とうが打てまいが1打席。三振、ホームラン、ツーベース。デットボール……結果はあれやこれや。

 

ところが、馬券は1レースにおいて、頭数の上限までは打席を増やせるんです。

 

18頭立てのレースの単勝を18頭分、100円ずつ買う。 当たるの1頭。18打数1安打と一緒です。複勝ならば、18打数3安打。

 

打率は……計算してもしょうがないですね(儲かることもありますが……)。

 

関連→競馬予想する上で穴党・本命党と決め、馬券を買わないほうがいい理由。意味ある買い方するなら、精神的に偏らないほうが回収率上がる。本命・対抗・大穴・記号

 

関連→競馬予想方法の考え方として「馬券にならない馬をどのくらい消せるか」は重視したほうがいい。トリガミの買い目を減らす。回収率上げる。外れ馬券裁判で考えた。

 

関連→競馬予想して、3連複1頭軸・総流しで馬券を買ったのは1回だけ。軸・武士沢友治騎手。東京競馬場・ダート1400m新馬戦。15頭・105点・金額10500円也

 

関連→競馬予想で総流し馬券の買い方を禁じ手にする理由と意味(おすすめしない)。基本的に買う馬、消す馬を明確にして蓄積する。それが儲かるようになるコツだから

 

加えて、バッターの一打席での経験(データーの蓄積)はその人個人の経験です。ところが、競馬というのは、そうじゃない。

 

馬券を買った人間が馬に乗るのであれば、バッターと一緒の考えでいいでしょう(馬2頭に騎乗してレースするなんてできないのだから)。

 

でも馬券を買う側というのは、そういう状況にはならない。

 

ゆえに、頭数の上限までは打席を増やせるんです(有利であれ、そうでもなかったりのさじ加減)。

 

馬を1頭多く買うということは、1打席増えるということ(注・券種にもよるけれど……。例外は、馬券1点買い)。

 

このからくりが、競馬において確率が確率として存在する理由を濃くします(表現がまどろっこしいぞー)。

 

1打席の確率の出し方考え方をうまく使えれば、お金が儲かる方向に流れは行くけど、下手に使えば、全くもうからない方に流れは向かう。使うお金が多ければ多いほど、流れは急流になるからなおさらに。

 

なので自分は競馬予想、馬券における確率を見立てる際、1点で馬場の広い「複勝」「複勝率」を重視します。

 

三連単だろうが、三連複だろうが、WIN5だろうが、馬単、馬連、ワイド……。複勝の積み重ねで成り立ってるようなものですから。

 

関連→複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

関連→競馬で複勝馬券を買うとき、イメージと逆の購入金額設定をする話。勝つ買い方になる可能性も。大金はそこまで必要ない?

 

関連→競馬予想方法を簡単にできるようにしていると、たくさんのレース、馬券に手を出す考え方になってしまう?おすすめは面倒さの導入?

 

 

大数の法則。競馬における確率というのは、回数重視。それも、絶対的重視。

抽選ルーレット1セット

 

確率を確率たらしめるのは、回数です。よく確率の話で出て来る、大数の法則の話。

 

十七世紀にヨーロッパの主な数学者たちはパスカル理論に憧れた。オランダ人クリスティアン・ホイヘンス、スイス人ヤコブ・ベルヌーイ、フランズ人アブラーム・ド・モアブルらは確率論を開く鍵として賭け事を使った科学者である。大数の法則、標準偏差値そして平均法則が登場してきた。

科学者たちは長期的な結果は予言できたが、間近の結果を予測することはできなかった。コインをはじいたらどちらへ落ちるか当てられる者はいなかった。(119p-120p)

山川健一 監修 ニック・コンスタブル 小林政子 訳「一瞬の強い夢 ギャンブル」(太田出版)より。

 

 

回数をたくさん重ねたことにおいては、意味をもってくる確率。

 

ところが、「次はどうなるのか?」となると、とたんに濁る。とまどう。結論は出せない。確実な率(100%)への不安が出て来る。

 

馬券を買っている身からすると知りたいのは、次についてのことだ。次のレースであの馬が来るかどうかなのだ。次のレースで当たるかどうか、が知りたいのだ。

 

10回に3回来るのはわかった。100回で30回になる。10000回では……(何年後の話なのさ)。

 

知りたいのは、はずれる7回のほうではない。3回のほうだ。

 

関連→競馬にオッズがあり、結果が出るから面白い。馬券予想の楽しみ、買い方の組み合わせどうしよう、確率。荒れることあったり、大口入って異常オッズになったり。

 

関連→『ウイナーズサークルへようこそ/甲斐谷忍』感想。馬券を買う側な内容の漫画。競馬予想好きには面白い。おすすめ。消去法、血統派、データ派、パドック

 

関連→競馬予想の複勝的中率。亀谷敬正さん3割。じゃいさん2割。馬券を買い続け攻略するなら、本命の複勝的中率は収支に関わる数字。負けを減らすコツを作る

 

「大数の法則」において、確実なこと

「大数の法則」とは、簡単に言えば、「個々の事象の予測は無理(もしくは極めて困難)であっても、充分に多くの試行がなされるなら、全体像はかなり正確に予測しうる」とする法則のことである。例えば偏りのないサイコロの次の目の予測はランダムに過ぎないが、一〇〇回以上の試行をするなら、各目が出た回数は全試行数の六分の一に近寄っていくはずである。一〇〇回より、一、〇〇〇回、一、〇〇〇回より一〇、〇〇〇回のほうが、より六分の一に近い数字であろうことは、ほとんど確実なことである。(227p)

谷岡一郎「ツキの法則 「儲け方」と「勝敗」の科学」(PHP新書)より。

 

 

これから行なわれようとする、目の前にある1レースの答えを出してくれと言ったところで、「自分が再構築していない」確率は困惑し弱さを露呈します。

 

弱さを強くするためには、回数を増すトリックに招かないといけないのです。

 

回数の豊富さが、確率を保証するのです。

 

しかし、実際自分が調べている確率であれば、回数を増すトリックの誘惑から逃れることも可能です。

 

不安はどこかに投げてしまいましょう(イコール、自分が再度調べて再構築しているデータがたくさんあると言うことを大数の法則に則って考えた場合、どうなるでしょう……。本来、大数の法則の効きが良いのは細かく精査していったことを積み重ねた確率を使うときです)。

 

関連→競馬の穴馬とは、基本的にオッズの真ん中から下で人気のない馬のこと。意味ある探し方や見つけ方として、激走パターン、共通点、バイアスを調べ尽くしているか

 

関連→血統競馬予想の特徴をつかむためか…。種牡馬を箇条書きした、勉強メモを発掘。はて、なんのデータ? 芝ダートのコース適性か、短距離・長距離か、重馬場?

 

関連→競馬予想、馬券のために血統データベース作って勉強してた頃。母父以降の種牡馬に関しての考え方、配合傾向、特性を攻略しようと。おすすめの分析本

 

競馬における確率は単独で使うのではなく、複数で使うもの

カイザー(kaiser) 野球 カラー バット 【色指定不可※本数1本】 KW-541

野村監督はたくさんのパターンを、自分の経験したことからデータを取って考えた。そして、自分に有利な確率が顔を出した。

 

投じられる球を、ただバッターボックスで振りまくってたわけじゃない。データをとってもらってた。そのデータから考えられるパターンは、決してひとつではないでしょう。多数ある。

 

多数あると考えると、確率は単独で使わないのが一番。様々な確率パターンを使って考える。

 

試合の流れのもろもろの中で、パターンを組み合わせてゆく。その中で、ひとつの「答え」が出る。

 

そのときにおいての確率の高いパターンに賭ける。

 

バットを振る。

 

それは、言葉をもって説明できること。

 

確率の高いパターンとは、アイデアと一緒で、組み合わせが重要なんだと思う。

 

関連→史上最強の馬券師卍。大勝の法則。競馬最強の法則2013.10感想。JRAにネット投票、馬券で儲け出す。カスタマイズして使用した、馬券予想ソフト馬王。

 

関連→卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

 

関連→卍氏こと馬券裁判男ブログの存在に驚く。競馬予想で指数に興味はないけど…。作り方や出し方、算出方法の細かい話が重要なので…。精度を上げる理論を読みたいな

 

関連→競馬・馬券の破産確率。購入資金配分、分割比率について学ぶ。『馬券裁判ー競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実ー/卍著』感想。負けを先延ばしにする方法

 

回数が必要な確率から、確実な答えを導くにはアイデアが必要。すなわち、組み合わせ。

つまり、アイデアは「組み合わせ」であって、発見などではない。企画を立てるときに、魅力的かつ新鮮味のある「組み合わせ」を思いつくにはどうすればいいのだろうか。組み合わせのアイテム・素材には、記憶として蓄えられているデータと、新たに入手・準備した外部資料がある。記憶が、どういう風に神経細胞に刻まれて脳のどこに蓄えられているか、まだはっきりとはわかっていないらしいが、一箇所に集まっているわけではなく、偏在していると考えられているようだ。

アイデアを生む発想力というのは、偏在する膨大な記憶を徹底的に「検索」し、適したものを意識の表面に浮かび上がらせる力ではないかと思う。(218p)

村上龍「無趣味のすすめ」(幻冬舎文庫)より。

 

 

馬券を当てる確率を上げるのも、アイデアひとつ。方法もアイデアひとつ。理由にしても、アイデアひとつ。

 

関連→競馬予想・方法と復習コーナーをブログで開始。レース映像を見て、穴馬券を研究して、予想の仕方、やり方を考えた。結果、馬券の当たる確率(的中率)、回収率上昇

 

関連→アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

 

関連→中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

 

関連→競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

 

例えば、なんちゃらステークス。芝1600mのレースにおいて、距離延長組がデータ的に厳しい傾向

DSCF0696

 

あるレースにおいて、距離短縮か同距離組の成績がいいというレース傾向。なんていうデータがあったとする。

 

その際、「どうして、距離延長組は厳しいのか(=どうして消せるのか)=すなわち、理由」を説明できるか。

 

百発百中な確率までいく必要はないが、理由を出せるか。

 

データでそうなっている以外で説明できる「アイデア」があるのかどうか(=それは他のレース、朝の1レース目だろうとG1だろうと、地方競馬だろうと応用可能なことか)。

 

距離延長が厳しいとしても、成功例がある場合どういう状況においてだったのか(重賞で好勝負できるくらいの馬だったからでは、答えとして腰が弱い)。

 

データ的に駄目な傾向、複勝率が低かったとしても、上手く行った(馬券になった)ことに共通点があった場合、注意しなくていいのか。

 

芝1400mで追い込んだものの不発だった馬が、数少ない成功例の中にあった(追い込み切れなさそうだったので、ラスト100mは流していた、とか)。

 

種牡馬的にマイル以降の距離に成績の良い馬だった(例えば、ディープインパクト産駒ステイゴールド産駒とか)。

 

母父に長距離得意な種牡馬がいた。

 

前走から調教をトラックに変えて来た。

 

などなど。

 

馬券を買う上で、当たる確率(的中率)を上げる方法、コツのひとつは、「なんだかわからないけど、来た」を極力減らすこと。

 

(100%でないにしろ、高い確率で)わかるから、買うレース、馬を増やす。

 

確率を上げるアイデアなしに、やみくもに馬券を買ってても、打率は上がらないでしょう。

 

ひとつのひとつの予想ファクター。自分で再構築して、有用性のある確率を自分に引き寄せる。

 

こういう一番人気、二番人気、三番人気の確率は信用できる。こういう最低人気の馬はヒモに入れないと恐い。

 

それを組み合わせてエクセルと仲良くなる(人によってはターゲット?)。

 

関連→競馬の人気薄な穴馬券のうまい当て方と、投資における現在の不納得。儲けの共通点は「なんで買うのかわからない」と言われること?精神的バイアス、傾向特徴

 

関連→競馬予想の勝つ準備・負けた後の準備について。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にある。取り返す、取り戻すと思うよりも有効では

 

関連→競馬予想することと、予想して馬券を買うことは基本的に別の考え方。大事なことは儲けを出したい気持ちにかかる精神的バイアスをどうまとめるか

 

競馬は1つのファクターで成り立ってはいない=ひとつの確率で成り立っていない

確率を単独で使わず、複数で使う。

 

そう考えると、予想というのは、一つのファクターだけで取り続けられるのかという疑問が沸きます。

予想を積み重ねてゆけるものが一番だと思います。積み重ねてゆける予想方法から、派生していく形(別の予想を取り入れる)が理想でしょうね。軸になるものがないと、派生もしませんから。

競馬って、様々なファクターがこんがらがってるわけで、単独で存在してるわけじゃないから、つながりをアレンジしたり、応用したり、編集したりすれば面白くなってゆきますよ。

馬券雑誌、競馬王2014.05感想。巻頭、双馬毅さん。グラサン師匠の鉄板競馬は、Mの法則・今井雅宏氏、短縮ショックは蜜の味。究極の競馬場コース攻略より。

 

ひとつのファクターだけで、馬券の当たる確率を上げることはできない。しかし、複数のファクターを用いることによって、馬券の当たる確率を上げることが可能になる。

 

・他人が調べただけの確率、データを使うことに不安が走る

・確率が確率足りうるのは、回数が多いことにおいて。

・泣き所は、目の前の予想には向かない。

 

回数が多いと確率たりうるのだから(馬券になりうる可能性が高まるファクターならば)、複数の確率を用いれば、より可能性が増す。

 

複数の確率を「組み合わせ」て、確率を上げる方法を考えればいい。組み合わせることによって、確率における回数を増やす(確率の得意さを上げてあげる)。

 

これ、ひとつのファクターだけではできませんね。ひとつのファクターだけなら、回数重ねないと可能性を増さないんですから。

 

複数ならば、弱点も補強できる。

 

もちろん、組み合わせてゆく確率のデータというのは、バラバラです。バラバラだから、意味を持つんじゃないでしょうか。

 

もちろん、この組み合わせていくデータというのは、自分が「どうして」「なぜ」そう決定したのかという「詳細」を元にしたデータを使うということ。

 

自分の指紋のついてる再構築されているデータを組み合わせていく。

 

関連→スマホ、パソコンを使ってネットで馬券購入と言っても、競馬予想からアナログさを消すことはできない。データの期待値狙いの危うさ【清水成駿氏の話】

 

関連→小林弘明氏(風の馬券師・投資家)の競馬最強の法則、競馬予想TV回収率3冠王インタビューが面白かった。調教時計に関する、強さ弱さの見極めに関する疑問

 

関連→着差は競馬予想に使う数値、タイムとして着順より重要。0.1秒差、馬身差。クビ・ハナ・アタマ。比べてる馬との脚質の差には注意して

 

スポンサーリンク




当たる確率の発見。一見良くないデータも、アイデア次第では良いデータにすることも可能

データをどう組み合わせるのか、そのアイデアは大事です。

 

複勝率が低く、一見「駄目なデータ」に見えたとしても、その中でうまくいったことに共通点があることもある。

 

なので、文字面だけで判断してはいけない(正確には、数字面か……)。

 

面倒でも1件1件のデータを精査して再構築することは損ではない。

 

そのとき、重要なのは「精査する」ファクターについてどのくらい詳しく知ってるのかにかかってくる。日頃、どのくらい情報を仕入れているかに成果は左右される。競馬予想におけるファクターを自分が扱えるためにすることはある(情報を仕入れているから、自分の行動データから発見が増える)。

 

そんな、自分で導き出した確率を組み合わせで行くのが最高の形。やはり、上手くなるのには時間はかかる。

 

あと、競馬新聞の数字は叩き台。

 

馬場変われば、同じ定規で見られない。コーナーの数の増減でもタイムは変わるし、コーナーの位置取りでもタイムに変化は出るし……。

 

道中、手綱を引っ張る不利、寄られる不利、下がってこられる不利、前に壁がなくて、もしくはあったことによってかかってしまった。直線での追い具合……。

 

時計だけ、指数だけで比較することは果たしてできるのであろうか。

 

関連→競馬の距離適性を見るポイントは1600m戦・マイルにあると角居勝彦調教師。脚質・ペースによる、延長・短縮の特徴、傾向を見るコツ

 

関連→阪神競馬場・芝1600m。阪神ジュベナイルフィリーズ。桜花賞と同じ舞台で大事なレースと角居調教師。コースの傾向・特徴を見てみる

 

関連→馬の耳の動きを、競馬のレース映像分析や見方に使えないか考えたけど…。耳を絞る、伏せる、念仏、馬耳東風…

 

スポンサーリンク




競馬の当たる確率(的中率)をあげる方法コツ。馬券がうまくなる方法・まとめ

どのファクターを使うにしても、確率を自分のものにする必要がある。確率の再構築の必要。

 

競馬がどのような要素の組み合わせによって成り立っているのか、を考える(=その人その人の予想理論)。その取捨選択。順番も大事。

 

そのための準備というのは時間がかかる。

 

多様な思考が意味を持つ。なんて言うと、唾棄して嘲笑する人もいるだろうけど、人間の体や思考がひとつのファクターだけでできていないのを考えれば、競馬も同様に多様である。

 

何を組み合わせるのかです。

 

馬券上手というのは、組み合わせ上手。うまい具合に組み合わせる理由を持っており、方法も持ち合わせている。

 

組み合わせ上手というのは、編集上手ということになろうかと思います。

 

今のところ、ありとあらゆるデータ+レースVTRの組み合わせが、時間はかかるものの、馬券の当たる確率を上げる方法としていい手段だと考えています。

 

そのためのメモは……。もう大変なことになっております……。

 

関連→競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

 

関連→競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

 

以上、競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRA競馬場で内枠不利な特徴・傾向のあるコースデータを調べて覚えて予想したほうが良い

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。そして、予想を当てる確率高くして授業料回収

 

スポンサーリンク




競馬関連おすすめ記事

競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

ロージズインメイ産駒・コーリンバロック。東京競馬場・ダート1400m、芝からダート替わり11番人気1着。2番人気より前走の時計良。直線、前が壁特徴

ゴールドアリュール産駒・マイネルバウンス。中山競馬場・ダート1800m、6番人気3着。前走、4コーナーで躓くものの、直線伸びる特徴。次走、馬券に

競馬に強くなる調教欄の取扱説明書/井内利彰・軽くレビュー。見方を知るならこの本。改訂版発売。栗東坂路・美浦坂路・ウッドコース・ポリトラック

競馬好きなので、ジョージア・ディープインパクトという缶コーヒーを飲んでみた。伝説の飛ぶ脚質で圧勝できるかな、馬券で

競馬を始めたきっかけは、植島啓司『偶然のチカラ』『生きるチカラ』を読んだことから。しかし、競馬新聞を始めた人もいたとは、びっくり【馬券】

スペシャルウィーク産駒・メイショウノーベル。京都競馬場・ダート1200m、9番人気2着。得意なのは、オールダートか?芝スタートのダートか。特徴は

ダイワメジャー産駒・ボブキャット。福島競馬場・芝1200m、6番人気1着。距離短縮して芝で好走していた特徴。前走ダートから芝替わりカモフラージュ馬券

競馬のレース映像や動画の見方を結果から傾向分析するのは馬券予想で大切。JRA、地方競馬、当たる特徴研究しチェックしよう【YouTube、VTR】

鉄板競馬・最前線で異彩を放つ看板予想家の鉄板録/グラサン師匠・感想・レビュー。デイリー豊島俊介、血統・亀谷敬正、逃げ馬・山崎エリカ、調教・井内利彰、藤代三郎など。

岡田牧雄さん予想法コラム本「競馬のプロへの第一歩・素人にマネのできない馬券術」(競馬道OnLine新書)感想。当たる特徴をつかむのに重要なことは?【馬主】

Oasis Dream産駒・サンレーン。阪神競馬場・ダート1200m、5番人気1着。距離短縮結果出してた特徴のある逃げ馬で芝からダート替わり中穴馬券に。

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

ロト6・ロト7・ミニロトが当たらない理由。確率攻略方法と、同じ数字買い続け三等当てた人の話。競馬予想とは買い方が違う【ナンバーズ・ビンゴ5・宝くじ】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

一人カラオケ、ヒトカラは料金安いストレス発散解消法でおすすめ。男女問わず効果あり健康的。歌える曲探しも楽しい。初めて行ったとき、デビュー話。問題は受付

aiko、CDシングル『もっと』発売。ジャケットに、ピアノとaiko。スムーズに連想。タケモトピアノの歌と音楽とCM。ダンサー、そして、財津一郎

コント漫才ネタ台本・お笑いテーマ「相方が相談したいと」。ボケツッコミ一人構成設定。芸人の方、YouTube動画、宴会用に【テレビ・題材・演劇】

パラパラ漫画のネタを繰り返してくれる機械。お題はストーリー簡単、面白い、シンプルに笑えるものでオチに悩みつつ作ってみたい。馬、猫…◎ネタクリップ

プロポーズにリングケースのアイデアひとつ。おしゃれで薄型で小さい、結婚指輪を見せるタイミングの演出に使える?失敗の可能性減?あとは、言葉と相手…。

午後の紅茶ストレートティー500ミリペットボトルをたまにうまいのを思い出してコンビニで買ってしまう話。いろんな広告やコラボあったなぁと思い出して…【飲み物】

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

健康第一。食事・運動・睡眠、最新情報…。自分の病気に関する本は熱心に読むと、南伸坊氏。体重減らすにしても、自分の体に合うかの知識は欲しい【読書】

クックパッドで紹介の、れんこん団子レシピが簡単で美味しそう。あんかけ、スープ、おでん、鍋に合うのでは?

 - 当たる確率(的中率) , , , , , , , , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

競馬予想することと、予想して馬券を買うことは基本的に別の考え方。大事なことは儲けを出したい気持ちにかかる精神的バイアスをどうまとめるか

競馬予想することと、予想して馬券を買うときには基本的に別の考え方が走るという話。大事なことは、儲けを出したい気持ちにかかる精神的バイアスをどうやって、本命対抗などの記号にまとめるか。競馬予想の仕方ややり方として、馬券術は多々あるけど、身銭を切って馬券を買い続ける精神的なことは、承認欲求に結びついてるし……。競馬にはアクシデントは多々あるし……。利害のからまない予想は、楽でいい? 澤上篤人氏のブログ、長期投資家日記の記事「そんなにノウハウをさらけ出して、いいんですか?」を読んでいましたら、ふと、「予想って、誰でもできるんだよな」と、頭をよぎりまして。楽でいいとまで言うと言い過ぎでしょうけど……。

競馬予想が嘘っぽく見えるのは、予想した人が馬に乗らないから?馬券を的中させるための考え方と手順の、最低限

競馬予想はあくまでも競馬「予想」。なので、嘘っぽく見える物事に遭遇したりします。どうしてだろうと考えると、競馬予想した人が馬に乗らないから、競馬予想が嘘っぽく見えるのではないかと。競馬予想した人が競走馬に乗るのであれば、関わる度数が上がるわけで嘘っぽさは薄まります。しかし、競馬予想でそんなことにはなりません。予想した人が馬に乗ることはありません。一定の嘘っぽさ、胡散臭さは残ります。競馬予想して、馬券を的中させるための考え方と手順の、最低限。競馬に関わる人がいて、競馬が行われる中で予想が成り立つという話を。

中央競馬、地方の新馬戦・メイクデビューの予想で試した方法紹介。当て方の参考に。調教・追い切り映像・血統・パドック・能力試験動画・厩舎成績…

中央競馬、地方競馬の新馬戦・メイクデビューは春過ぎから始まります。新馬戦の競馬予想は、使えるファクターが独特なレースです。そこで、中央競馬・地方競馬の新馬戦・メイクデビューの予想で試した方法紹介。新馬戦の当て方の参考にしていただければ……。調教・追い切り映像・血統・パドック・能力試験動画・厩舎成績……。中央競馬の新馬戦でも、地方競馬の新馬戦でも、予想ファクターとして、調教・追い切り映像・血統・パドック・能力試験動画・厩舎成績……以外にもいろいろとありそうですが、1度も競馬をしていない馬の予想としては十分なのではないかと思ったりします。

JRA中央競馬、地方競馬、海外含めて2016年の馬券年間回収率は、106.1%でした。買い方はほとんど複勝。レース映像見てばかり…

JRA中央競馬、地方競馬、海外含めて2016年の馬券年間回収率は、106.1%でした。馬券の回収率は100%を4年連続で越えていますが、もう少し回収率行きたかった。馬券の回収率130%は最低限行きたい数字。中央競馬の回収率はそこそこだけど、地方競馬がもうすこし勉強必要。馬券の買い方はほとんど複勝。競馬予想せず、レース映像見てばかりな日々でもありました。JRA中央競馬のレース映像使って、競馬予想していくコツは掴みつつあるかなと。地方競馬はまだ研究したり、分析が必要です。

競馬予想の勝つ準備・負けた後の準備について。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にある。取り返す、取り戻すと思うよりも有効では

競馬予想の勝つ準備と、負けた後の準備について、植島啓司『競馬の快楽』を参考に考えてみました。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にあるのではないか? 準備をしておけば、負けたときに学ぶ材料になり、どうして負けたのかを細かく精査する行動を取りやすくなる。競馬を見てて感情的に「取り返す、取り戻す」と思うブレーキにもなってくれる。馬券の当たる確率も高くなり、データの見方も良くなっていく。そんな、有効性も生まれたりするのでは……。勝つことに、負けたあとの準備あり。お金を取り返す、取り戻すことに感情的になりすぎてるとき、負けたあとの準備がおろそかになって、勝てなくなる。負けたことから勝てる材料を探そうという感情に切り替わらないからだ。

競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

競馬予想の何を見るか、何を重視するかを決めるのは自由。そこに関わる、馬券自信度ってなんだろう。競馬予想してて、何を見るか、何を重視するかは予想する人が決めるわけだけど、同じ競馬予想の要素を見てても馬券の自信に差が出る。ほんと、競馬予想において何を見るか、何を重視するかを決めるのは自由なのだが……。競馬予想の馬券自信度は、何を見るか、何を重視してようが、「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも関係がない。

競馬・馬券の破産確率。購入資金配分、分割比率について学ぶ。『馬券裁判ー競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実ー/卍著』感想。負けを先延ばしにする方法

競馬・馬券の破産確率を高めない。失敗しない馬券の購入資金配分、分割比率のコツを学ぶ。『馬券裁判ー競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実ー/卍著』感想。競馬予想、馬券購入を続ける上で、負けを先延ばしにする方法はある(破産確率を高めない)。逆に勝てる方法を見つけ、資金を増やす可能性も増す。馬券の予想法が良くても、資金管理が駄目だと続きにくくなってしまう。当たり前なことだけど、これは発見であった。指数を出すことにも、資金を自動的に競馬ソフトを使って回転させてゆくことにも興味はないもので、卍氏の本で読みたいと思ってたのは、「資金配分」のところでした。