競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

プロキオンステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

プロキオンステークス 競馬予想 過去

 

プロキオンステークス2020競馬予想。過去のレース結果を見る

プロキオンステークス2020(G3)。中京競馬場・ダート1400mで行われます。

 

2020年のプロキオンステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のプロキオンステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、プロキオンステークス 。

 

1着賞金3600万円。芝スタートのダートコース。基本的に内枠不利・外枠有利。

 

プロキオンステークス 、歴代の勝ち馬・優勝馬

ナムラコクオー・バトルライン・テンパイ・タヤスケーポイント・ゴールドティアラ・ブロードアピール・スターリングローズ・ニホンピロサート・ブルーコンコルド・ワイルドワンダー・ヴァンクルタテヤマ・ランデローテ・ケイアイガーベラ(以上・阪神ダート1400m)。メイショウバトラー・シルクフォーチュン(京都ダート1400m)。トシキャンディ・アドマイヤロイヤル・ベストウォーリア・ノボバカラなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

プロキオンステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のプロキオンステークスのレース映像分析ではありません。

 

過去のプロキオンステークスの結果、1着~3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のプロキオンステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走表に書かれない、激走買いデータをまとめます。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

プロキオンステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? キングズガード・マテラスカイ・アルクトス。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去のプロキオンステークスで馬券になったのか。ミッキーワイルド・インカンテーション・カフジテイク。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




プロキオンステークス競馬予想2020【過去レース映像消去法】

プロキオンステークス 過去データ分析

プロキオンステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去にプロキオンステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去にプロキオンステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

プロキオンステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともプロキオンステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のプロキオンステークスの前走を文字起こし

例えるならば、過去のプロキオンステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年のプロキオンステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

プロキオンステークス2019

2019年プロキオンステークス・レース過去結果データ

 

プロキオンステークス2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.3-10.5-10.5/11.0/11.7-12.2-13.0

 

1着・アルクトス(2番人気・田辺裕信騎手・馬体重548kg)

2着・ミッキーワイルド(3番人気・北村友一騎手・馬体重510kg)

3着・ヴェンジェンス(4番人気・幸英明騎手・馬体重490kg)

 

スポンサーリンク




オッズ・過去配当結果

プロキオンステークス2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 650円

複勝 10・230円/12・190円/4・220円

 

1着・アルクトス(オッズ・2番人気)

2019年プロキオンステークス1着、アルクトス(オッズ・2番人気。血統・アドマイヤオーラ産駒)の前走は、襷ステークス(東京競馬場・ダート1400m)でした。

 

枠順は、1番・1着。田辺裕信騎手。

 

前走は、襷ステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.2-12.1/11.9/11.7-11.7-12.4

 

アルクトスは、1枠1番からスタート。発馬決めて、軽く促しつつ前目へ。どうにか逃げて行こうとしているドリームキラリを待つ。先行のインから。3番手。

 

逃げて行ったのは、ドリームキラリ。テン3ハロン35.7秒。遅めの逃げ。アルクトスのテン3ハロンは36.0秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準前後で進む。アルクトスは、3番手4番手先行のインを抑えつつ、脚溜めて行く。

 

3角-4角。インベタで回って行く、アルクトス。

 

直線。入り口で4番手。進路を探しつつ、追って行くアルクトス。少し外目に出して進路確保。追って、追う。伸びて伸びて行って、ゴール直前ハナ差交わして1着。上がり3ハロン35.8秒。

 

アルクトス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2019・過去結果データメモ】アルクトスの斤量は襷ステークスから1キロ減の56キロ。前走のアルクトスは、テン3ハロン遅めで進み、中間ラップは標準前後で進む流れを走った。

 

アルクトスはスタート決めて、軽く促しつつ前目へ。どうにか押して押して逃げて行こうとするドリームキラリを待って、先に逃して行っての先行のイン。ペースは遅め。先行の3番手4番手で脚を溜めて行く。3角-4角はインベタ周り。直線、追って、伸びて行って逃げ馬をゴール寸前でかわしての1着。上がり3ハロン35.5秒。

 

どうにか押して押して逃げて行こうとする馬を待つのは、スタート後の選択肢をいささか放棄することになるので、しんどい競馬になりやすい。インベタ追走でペースも遅かったが、上がり35.5秒は早い。相手関係では本命候補。

 

プロキオンステークス2019最終追い切り・

美浦P 良 66.0-51.3-37.9-11.4<8>馬なり余力

 

スポンサーリンク




2着・ミッキーワイルド(オッズ・3番人気)

2019年プロキオンステークス2着、ミッキーワイルド(オッズ・3番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、麦秋ステークス(東京競馬場・ダート1400m)でした。

 

枠順は、10番・1着。北村友一騎手。

 

前走は、麦秋ステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.9-11.7/12.2/12.1-11.8-12.2

 

ミッキーワイルドは、5枠10番からスタート。発馬決めて、強目に抑えつつ中団の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、ノーフィアー。テン3ハロン35.2秒。少し早めの逃げ。ミッキーワイルドのテン3ハロンは35.8秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準前後で進む。ミッキーワイルドは、中団の真ん中あたりを抑えつつ、追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外を回って行く、ミッキーワイルド。

 

直線。入り口で中団の少し前あたりにミッキーワイルド。外目に振って行ったこともあり、追い出せる位置は確保。促しつつ上がって行き、追って、追う。伸びて伸びて行って、後続を突き離す。1着。ミッキーワイルドの上がり3ハロンは35.5秒。最速タイ。

 

ミッキーワイルド・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2019・過去結果データメモ】ミッキーワイルドの斤量は麦秋ステークスから1キロ減。前走のミッキーワイルドは、テン3ハロン少し早めで進み、中間ラップは標準で流れたレースを走った。

 

ミッキーワイルドは、スタート決めて強めに抑えつつ中団の外目からの競馬。ペースは少し早めから標準くらい。抑えつつ、脚溜めて行く。3角-4角、距離ロスしつつ回る。直線は促しつつじわじわ上昇して行って、追って追う。伸びて行って、後続を全く近寄せないでゴール。1着。上がり3ハロン35.5秒の最速タイ。

 

距離ロスあって、上がり最速はタイでも買い。1キロ減も買い材料。

 

プロキオンステークス2019最終追い切り・

栗東坂路 良 53.4-38.8-24.8-12.1 馬なり余力

 

スポンサーリンク




3着・ヴェンジェンス(オッズ・4番人気)

2019年プロキオンステークス3着、ヴェンジェンス(オッズ・4番人気。血統・カジノドライヴ産駒)の前走は、天保山ステークス(阪神競馬場・ダート1400m)でした。

 

枠順は、3番・1着。幸英明騎手。

 

前走は、天保山ステークス

馬場状態・重馬場

レースラップ・12.3-10.5-11.8/12.0/11.6-11.6-12.4

 

ヴェンジェンスは、2枠3番からスタート。発馬決めて、押して押して前目へ。スピードに乗せるも他馬の勢いの方が優って、先行の外目から。

 

逃げて行ったのは、ファッショニスタ。テン3ハロン34.6秒。遅めの逃げ。ヴェンジェンスのテン3ハロンは34.9秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続して行く。ヴェンジェンスは、先行の3番手・4番手を抑えつつ追走して行く。ペースが遅いこともあって、かなり強めに抑え込んでいるシーンが見られる。

 

3角-4角。内3頭外をきっちり回って行く、ヴェンジェンス。

 

直線。大外を回ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って、追うヴェンジェンス。伸びて、伸びる。後方からスマートアヴァロン追い込んで来るも交わさせずのゴール。ヴェンジェンス1着。上がり3ハロン35.3秒。最速タイ。

 

ヴェンジェンス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2019・過去結果データメモ】ヴェンジェンスの斤量は天保山ステークスから1キロ減の56キロ。前走のヴェンジェンスは、テン3ハロン遅めで進み、中間ラップも遅めを継続する流れを走った。

 

ヴェンジェンスはスタート決めて、押して押してスピードのせて前目に向かうも、他馬のダッシュが優って、先行の外目から。誤算だったのはペースかと。発馬後押してスピードに乗せたものの、逃げ馬がペースを落として走ったため、間隔の開いた4番手追走がみるみる内に接近。強目に抑え込む。3角-4角は距離ロスしつつ回る。直線、追って伸びて行っての1着。上がり3ハロン35.3秒の最速タイ。

 

テンから押してスピードに乗せたものの、逃げ馬がペース落としたことで脚を削られたパターン。それでも、距離ロスあって上がり3ハロン35.3秒は、馬券的に買い材料。

 

プロキオンステークス2019最終追い切り・

栗東坂路 良 54.0-38.5-24.8-12.3 馬なり余力

 

プロキオンステークス2018

2018年プロキオンステークス・レース過去結果データ

 

プロキオンステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・乾きつつある不良馬場

レースラップ・11.9-10.7-10.9/11.2/11.6-11.2-12.8

 

1着・マテラスカイ(5番人気・武豊騎手・馬体重508kg)

2着・インカンテーション(1番人気・三浦皇成騎手・馬体重506kg)

3着・ウインムート(2番人気・和田竜二騎手・馬体重502kg)

 

オッズ・過去配当結果

プロキオンステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 780円

複勝 13・280円/6・150円/3・190円

 

1着・マテラスカイ(オッズ・5番人気)

2018年プロキオンステークス1着、マテラスカイ(オッズ・5番人気。血統・Speightstown産駒)の前走は、花のみちステークス(阪神競馬場・ダート1200m)でした。

 

枠順は、3番・1着。武豊騎手。

 

前走は、花のみちステークス

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.2-10.6-11.4/12.0-11.7-12.8

 

マテラスカイは、2枠3番からスタート。発馬まずまずから、促して行って、前目へ。逃げて行く。マテラスカイのテン3ハロンは34.2秒。少し遅めの逃げ。

 

3角-4角。抑えつつ、抑えつつ。インベタで追走して行く、マテラスカイ。

 

直線。入り口で後方を少し離して、逃げて行くマテラスカイ。追って、追って追う。伸びて伸びる。後方からヴェンジェンスが追い込んでくるも、全く交わさせずのゴール。マテラスカイ1着。上がり3ハロン36.5秒。

 

マテラスカイ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2018・過去結果データメモ】マテラスカイの斤量は花のみちステークスから1キロ減の56キロ。前走のマテラスカイは、テン3ハロン少し遅めで流れるレースを自ら作った。

 

マテラスカイはスタートまずまずから、促して行って前目、逃げて行く形。ペースは少し遅めで抑えつつ逃げる。インベタ追走して、直線は追って伸びて行って、後続に影を踏ませないままゴール。1着。上がり3ハロン36.5秒。

 

逃げて、脚溜めて、直線追い込んでくる馬を近寄らせない逃げで1着。テンも上がりも少し遅いのだけど、強い競馬しているのは確か。前走より、1キロ減+馬場がより渋ったのはプラス(馬場が乾いてたら、ヒモに置いておく)。

 

プロキオンステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 稍 54.2-39.4-25.4-12.4 馬なり余力

 

2着・インカンテーション(オッズ・1番人気)

2018年プロキオンステークス2着、インカンテーション(オッズ・1番人気。血統・シニスターミニスター産駒)の前走は、かしわ記念(船橋競馬場・ダート1600m)でした。

 

枠順は、11番・3着。三浦皇成騎手。

 

前走は、かしわ記念

馬場状態・雨の降る良馬場発表

レースラップ・11.9-10.7-10.9/11.2/11.6-11.2-12.8

 

インカンテーションは、8枠11番からスタート。ガチャガチャッとした発馬。押して行って、スピードに乗せて行く。前目へ。先行の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、オールブラッシュ。テン3ハロン36.6秒。少し早めの逃げ。インカンテーションのテン3ハロンは37.6秒。

 

1角-2角。先行の外目につけて行くも、内にいたゴールドドリームが1角の入りで外に膨らみ気味に回る。その外にいたインカンテーションは内3頭外→内2頭外を回って行くことに。

 

向正面。中団の外目を抑えつつ追走して行く、インカンテーション。内目に入るチャンスはなし。

 

3角-4角。内2頭外を回りつつ追い上げて行く、インカンテーション。

 

直線。外目を回ったこともあり、追い出しを続けて行くインカンテーション。逃げ馬を捕まえようと、追って、追って追う。外からゴールドドリームが併せて来る。伸びて伸びる。ゴール寸前、ゴールドドリームに交わされて、逃げ馬・オールブラッシュにアタマ差迫ったところがゴール。インカンテーション3着。上がり3ハロン37.4秒。

 

インカンテーション・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2018・過去結果データメモ】インカンテーションの斤量はかしわ記念と変わらずの57キロ。前走のインカンテーションは、テン3ハロン少し早めな流れの中を走った。

 

インカンテーションはスタートガチャガチャする。押して、スピードに乗せて前目へ。外枠からもあって、先行の外目につけて行こうとする。内にいたゴールドドリームが1頭外膨れ気味に回ったこともあり、インカンテーションは1角-2角を距離ロスしつつ回ることに。道中もインには入れず、中団の外目で脚を溜めて行く。3角-4角、ここでも距離ロスしつつ回る。直線は、逃げてるオールブラッシュを捕まえに出るも、ゴールドドリームに交わされ、オールブラッシュは交わせずの3着。上がり3ハロン37.4秒。

 

単純に距離ロスありすぎて、ゴールドドリームに僅差負け。強い競馬。ただ、2018年のプロキオンステークスの出走馬からすると、テンに脚のあるマテラスカイがいて、馬場がかなり渋ってる点はポイントかと。印の重さを本命にまでする怖さはある。最低限、馬券の買い目からは消さない方がいいパターン。

 

プロキオンステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 85.2-69.7-55.1-41.2-12.9<6>直強め余力

 

マーチステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
マーチステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  マーチステークス 2020競馬予想。過去のレース結果を見るマーチステークスの歴代勝ち馬・優勝馬1着から3着 ...

続きを見る

武蔵野ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
武蔵野ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  武蔵野ステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る武蔵野ステークス、歴代の勝ち馬、優勝馬1着から3着 ...

続きを見る

フェブラリーステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
フェブラリーステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  フェブラリーステークス2020競馬予想。過去のレース結果を見るフェブラリーステークスの歴代優勝馬・勝ち馬1 ...

続きを見る

 

3着・ウインムート(オッズ・2番人気)

2018年プロキオンステークス3着、ウインムート(オッズ・2番人気。血統・ロージズインメイ産駒)の前走は、天保山ステークス(阪神競馬場・ダート1400m)でした。

 

枠順は、10番・1着。松山弘平騎手。

 

前走は、天保山ステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.2-10.6-11.3/12.2/12.3-12.0-13.0

 

ウインムートは、5枠10番からスタート。発馬決めて、押して押して押して前に行く。しかし、内から逃げ馬が来て逃げては行けず。それでも押してスピードに乗せて行く。

 

逃げて行ったのは、ドライブナイト。テン3ハロン34.1秒。少し早めの逃げ。ウインムートのテン3ハロンは34.4秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し遅めにスピードが落ちる。ウインムートは、抑えつつ2番手を追走して行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、ウインムート。

 

直線。入り口で2番手。追い出せる位置は確保して、追って追うウインムート。逃げ馬をかわして先頭。伸びて伸びて行く。大外から、ヒデノインペリアルが追い込んで来るも交わさせずのゴール。1着。上がり3ハロン37.1秒。

 

ウインムート・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2018・過去結果データメモ】ウインムートの斤量は天保山ステークスから2キロ減の56キロ。前走のウインムートは、テン3ハロン少し早めで進み、中間ラップは少し遅めになる流れを走った。

 

ウインムートは、スタート決めて押して押して押して前目へ。逃げ馬が内から来ても押してスピードに乗せる。ペースは少し早めから少し遅め。2番手で抑えつつ追走して行く。3角-4角は内1頭外を回る。直線は、追って伸びて伸びて行って強烈な末脚の馬に交わさせずのゴール。1着。上がり3ハロン37.1秒。

 

テン3ハロン、内1頭外を少し早めでついて行き、ペースダウンあるも、直線は追って伸びての1着。2キロ減はプラス。ヒモには入れておきたい。

 

プロキオンステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 53.6-37.8-24.3-12.2 馬なり余力

 

プロキオンステークス2017

2017年プロキオンステークス・過去レース結果データ

 

プロキオンステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.2-10.9-11.1/11.8/12.1-12.4-12.4

 

1着・キングズガード(5番人気・藤岡佑介騎手・馬体重458kg)

2着・カフジテイク(1番人気・福永祐一騎手・馬体重486kg)

3着・ブライトライン(6番人気・川田将雅騎手・馬体重530kg)

 

オッズ・過去配当結果

プロキオンステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 700円

複勝 12・170円/8・140円/14・260円

 

1着・キングズガード(オッズ・5番人気)

2017年プロキオンステークス1着、キングズガード(オッズ・5番人気。血統・シニスターミニスター産駒)の前走は、天保山ステークス(阪神競馬場・ダート1400m)でした。

 

枠順は、3番・2着。藤岡佑介騎手。

 

前走は、天保山ステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.5-11.4/11.7/12.0-12.0-12.7

 

キングズガードは、3枠3番からスタート。少し後手。促しつつも後方から。

 

逃げて行ったのは、キタサンサジン。テン3ハロン34.0秒。早めの逃げ。キングズガードのテン3ハロンは35.5秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めを継続。前を走ってる、ノウレッジの外からビッグリバティが交わして行く際、ぶつかったのか、こすったのか強めに手綱を引いてかかる事象があり、その後につけて来たキングズガードも手綱を引いてブレーキ踏んでいる。強めに抑えつつ、後方追走。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、キングズガード。4角出口に向けて、大外へ出して行く。

 

直線。外目に振ったこともあり、追い出せる位置は確保。追うのを続けて行くキングズガード。追って、追って、追う。伸びて伸びる。先行集団から抜け出した、勝ち馬・サウススターマンを交わすことはできなかったものの強烈な末脚で追い込んで来ての2着。キングズガードの上がり3ハロンは35.4秒。最速タイ。

 

キングズガード・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2017・過去結果データメモ】キングズガードの斤量は天保山ステークスから2キロ減の56キロ。前走のキングズガードは、テン3ハロン早めで進み、中間ラップも少し早めを継続する流れを走った。

 

キングズガードは、出遅れ寸前くらいに後手踏んでのスタート。促しつつ後方から。ペースは早めで進む。離れた後方から馬群の後に追いついたのはいいものの、前を走ってた馬のリズム感が狂った後あたりにいて、キングズガードも手綱引く不利。それでも脚を溜めて行って、3角-4角、内目回りつつじわじわ外目に出して行く。直線は、追って追って追って伸びての2着。上がり3ハロン35.4秒の最速タイ。

 

後方一気タイプは、前で起きたことに巻き込まれる可能性が高い+スピードに乗せて、直線追い出せる位置を確保するには距離ロスする必要がある。その前者の不利を食らった形。それでも上がり最速の35.4秒出せたのは評価できる。そして、きつい競馬の次走、斤量減。

 

プロキオンステークス2017最終追い切り・

栗東CW 不 88.5-70.7-54.6-40.1-12.4<7>ゴール前気合い付ける

 

根岸ステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
根岸ステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  根岸ステークス2020競馬予想。過去のレース結果を見る根岸ステークス、歴代の優勝馬・勝ち馬1着から3着馬の ...

続きを見る

 

2着・カフジテイク(オッズ・1番人気)

2017年プロキオンステークス2着、カフジテイク(オッズ・1番人気。血統・プリサイスエンド産駒)の前走は、ゴドルフィンマイル(メイダン・ダート1600m)でした。

 

枠順は、13番・5着。福永祐一騎手。

 

前走は、ゴドルフィンマイル

馬場状態・重馬場発表

 

カフジテイクは、13番からスタート。発馬決めて、抑えつつ。後方外目へ下げる。

 

逃げて行ったのは、ノースアメリカ。

 

向正面。カフジテイクは、後方のかなり外目を追走して行く。抑えつつ、抑えつつ。

 

3角-4角。内2頭半くらい外を回って行く、カフジテイク。追い出して行く。

 

直線。大外へ出して行く、カフジテイク。追い出せる位置は確保。追って、追うのを続けて行く。ジリジリとだが、ムチ入れしつつ伸びを見る追い方で内目の馬たちを交わして行く。抜け出して行った馬たちを交わすまでには至らなかったものの、伸びて行っての5着。

 

カフジテイク・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2017・過去結果データメモ】カフジテイクの斤量はゴドルフィンマイルと変わらずの57キロ。前走のカフジテイクは、重馬場の中(水たまりも見られるので不良馬場に近い?)、外枠から発馬まずまず、抑えつつ後方、距離ロス抱えつつ回って、直線追って伸びて行っての5着。

 

追い込み馬にとって馬場が渋るのは不利になりやすい。逃げ・先行馬に馬場水分量ゴリゴリに使われて走られると追い込む側はより追いかけなくてはいけなくなる。2017年のゴドルフィンマイルも追い込み馬にとっては厳しい展開。外枠からで距離ロスして、追い込むも追い込みきれずの5着。直線は両手で強く追う形ではなく、ムチを入れつつ伸びを見る追い方で伸びて来てる。それで5着は評価したいところ。

 

かなり乾いた、良馬場替わりはプラス。ただし、キングズガードとは斤量面で部が悪い。

 

プロキオンステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 不 51.5-38.3-25.7-13.1 強めに追う

 

3着・ブライトライン(オッズ・6番人気)

2017年プロキオンステークス3着、ブライトライン(オッズ・6番人気。血統・フジキセキ産駒)の前走は、アハルテケステークス(東京競馬場・ダート1600m)でした。

 

枠順は、6番・10着。石橋脩騎手。

 

前走は、アハルテケステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.4-11.7/12.5-12.2/11.9-12.1-12.5

 

ブライトラインは、3枠6番からスタート。発馬決めて、軽く促しつつ前目へ。先行の内目に入れて行く。

 

逃げて行ったのは、ドリームキラリ。テン3ハロン35.4秒。少し遅めの逃げ。ブライトラインのテン3ハロンは36.0秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは、遅めから標準くらいで進む。ブライトラインは、中団の内目を抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。インベタで回って行く、ブライトライン。

 

直線。入り口で中団の内目。前は壁で進路を探して行く、ブライトライン。少しずつ、外目に出して行くも、前が塞がったままが続く。外目は出すところ全くなし。壁になっていた馬が抜けて行った隙を突こうと追って行く。しかし、内目から開いた隙に先に入れて行ったラインシュナイダーに進路を塞がれて、万事休す。追えないまま、ゴール板をすぎている。ブライトライン10着。上がり3ハロン36.8秒。

 

ブライトライン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【プロキオンステークス2017・過去結果データメモ】ブライトラインの斤量はアハルテケステークスから2キロ減の56キロ。前走のブライトラインは、テン3ハロン少し遅めで進み、中間ラップも少し遅めから標準くらいで進むレースを走った。

 

ブライトラインはスタート決めて抑えつつ、前目向かうも中団の内目から。ペースは少し遅め。脚を溜めて行く。内が開いていたこともあり、インべタで3角-4角を回って行く。直線は前が壁な状態が続き、前の馬について行ってるが、追い続けてる状態ではない。外目を諦めて内目で先に抜けて行った馬の進路を突こうとするも一歩早くその進路を取りに行った馬に進路を消されて、打つ手無くしてゴール。10着。上がり3ハロン36.8秒。

 

インベタ追走の罠。怖い罠でございます。直線はほとんど追ってない状態で、上がり36.8秒。ペースか遅く流れて脚の溜めやすさはあったものの、瞬間的に前が壁だった訳ではない。この点で馬券の相手、ヒモに入れておくパターンかと。

 

プロキオンステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 不 53.5-38.1-24.9-12.5 強目に追う

 

以上、プロキオンステークス2020競馬予想に。過去の結果から1~3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.