競馬

JRA中央競馬レース映像動画。HPで無料で視聴可能に。ライブ中継リアルタイムでないが

JRA中央競馬の全レース映像、動画。ホームページで視聴可能に。無料。ライブ中継、リアルタイムでないが。競馬予想にリプレイ【スマホ】

 

中央競馬(JRA)全レースの映像・動画がHPで無料で視聴可能に

中央競馬(JRA)の全レース映像、レース動画がJRAのホームページにて視聴できるようにという競馬予想ニュース。

 

もちろん、無料。スマホからもJRA、中央競馬の全レース映像、動画が見られるように。

 

ライブ中継、リアルタイムで中央競馬のレース映像、動画が視聴できるわけではないのですが、これは嬉しいニュースです。

 

JRAのホームページすごい、無料だし(ホームページがすごい?)。

 

いやはや、ついに、JRA全レースのレース映像、動画を手軽に見られる時代がきました。レース映像派としても嬉しい競馬予想ニュース。いいんだよ、レース映像、ライブ中継でなくても、リアルタイム放送でなくても(したほうがいいけども←本音)。

 

スポンサーリンク




レース映像見られる競馬場→東京、中山、京都、阪神、中京、小倉、新潟、福島、函館、札幌

レース映像見られる競馬場→東京、中山、京都、阪神、中京、小倉、新潟、福島、函館、札幌

未勝利でも1勝クラス(500万下)でも、東京、中山、京都、阪神、中京、小倉、新潟、福島、函館、札幌と、全国各地の競馬場のレース映像を見られる場所が増える。

 

もちろん、JRAのホームページでレース映像を無料で見る分、ライブ中継でないなど制約はありますけど、手段が確実にあるのとないのでは気合の入れようが違ってきます。

 

レース映像、動画を無料で見られる手段がネットにある。レース結果もわかる。

 

あとは、するかしないかだけ。

 

レース映像派のライバルが増えるの不安?

レース映像派のライバルが増えるの不安?

レース映像派としては、JRAホームページで無料でレース映像が見られるようになって、ライバルが増えるかもという危惧もあるけど(大げさ。でも、かつてのスピード指数や昨今のAI競馬予想のようにある程度馬券が当たることが知られると、オッズに影響するわけで。おそろしやー←勝手に震えてろ。手間がかかる分だけ楽じゃないぞー)。

 

JRAのホームページ、ライブ中継、リアルタイムな放送でレース映像を見られないものの、見られるまでに時間差が半日もあるわけではありません(レース終了後、20分後程度でJRAのホームページの該当レースページにアップされるそうです。

 

当たり前ですが、東京、中山、京都、阪神、中京、小倉、新潟、福島、函館、札幌とJRA、中央競馬の競馬場、どの競馬場でも同じタイムスケジュール)。

 

スポンサーリンク




JRAのレース映像から競馬予想に使える材料を発見

JRAのレース映像から競馬予想に使える材料を発見、馬券の回収率・的中率(当たる確率)を上げていける

レース回顧、馬券の復習にレース映像。レース映像を見て展開から、ペースから、馬場状態から、ラップタイムから競馬の傾向、特徴を研究するのにはうってつけでしょう。

 

まさに走った馬をどう見立てるのか。見方を判断する材料がふんだんに映っています。

 

レース映像を見ていくとよくわかることですが、JRAの競馬場は同じ形状、コース形態をして設計されるわけではありません

 

東京競馬場、中山競馬場、阪神、京都と、コース形態に差が大きくあり、有利不利などもある。コーナーがきつかったり、コーナーの出口に特徴があったり。

 

レース映像を見ることで納得していける、競馬予想する際に腑に落ちていける部分はたくさんあります(レース映像を見ることが楽しくなりすぎて、寝不足になる人多数だけども。研究大好きな人はレース映像、ハマりますな)。

 

スポンサーリンク




競馬予想の当たる確率を上げる材料探しにかなり役立つ

競馬予想の当たる確率を上げる材料探しにかなり役立つ

それゆえ、今回の競馬予想ニュース、JRAのホームページで全レースのレース映像、動画を無料で見られるようになったことは大きな話なのです。

 

馬券の、競馬予想の当たる確率を上げる材料探しにかなり役立つ。レース映像を見る手間はありますが、納得して競馬予想、そして回収率を上げていけるのは間違いありません。

 

JRAのホームページで無料で見られるレース映像、動画を体感して、面白いぞ、もっとこれは知りたいぞとなった場合、いいサービスをJRAは用意しています。

 

濃密に中央競馬のレース映像、動画を見たければ「JRAレーシングビュアー」に入るのは手です。

 

また、競馬予想サイト、データベースの大手net-keibaの月額サービスにもJRAのレース映像、動画を見られるサービスもあります。

 

馬柱と一体になって見られるので、オススメです。

 

スポンサーリンク




競馬予想にレース映像・動画を見るのは役立つ

競馬予想・方法と復習コーナーをブログで開始。レース映像を見て、穴馬券を研究して、予想の仕方、やり方を考えた。結果、馬券の当たる確率(的中率)、回収率上昇

 

地方競馬ライブ、ネット中継の画質改善。レース、パドック映像向上、スマホからも見られて馬券予想も当たるよう…に【大井・船橋・川崎・浦和・門別…】

 

中央競馬・全レースの映像動画が、JRAホームページで無料で

中央競馬・全レースの映像動画が、JRAホームページで無料で

Twitterのタイムラインにひょろりと流れてきた、競馬ニュース。いや、馬券ニュース。

 

3月28日(土)より、JRAホームページにおいて、全てのレース映像の視聴が可能となりますのでお知らせいたします。

 

3月28日(土)より全てのレース映像をご覧いただけます!

どっひゃーと思いました。いつか来るだろうとは思ってましたけど、JRAホームページで全レースの映像、動画が見られるように。無料でございます。

 

スポンサーリンク




JRAホームページで全てのレース映像・動画が無料で見られる時代

やればできる、JRA(こらこら)。やればできるぞ、JRAのホームページ。

 

JRA・中央競馬のレース動画、全レーススマホで無料で見られる。ライブ中継、リアルタイムではありませんが、全レースの映像が見られるようになったのは素晴らしい。

 

※JRAのホームページのメニュー「出馬表」「レース結果」などから、見たいレースに進むとレース映像、動画が見られます。画質もそこそこいいです。無料なだけあって、次に次にとレース映像を見ていくのには適してませんが……。

 

ライブ中継ではなく、レース終了後(約20分後)にアップ

JRAのレース映像が見られるとはいっても、ライブ中継ではなく、レース終了後にアップ

さすがにグリーンチャンネルやJRAレーシングビュアーでお金取ってて、地方競馬並にリアルタイムでライブで競馬中継を……、ネットでタダで無料で行きましょうとはいかないか……。

 

ライブ中継ではないけど、時間差は大きくありません。

 

JRAホームページの説明によりますと、レース後、だいたい20分後からレース映像を見られるようになるそうです。

 

3時間5時間後とかなりレース映像見るのに待つわけではありませんから、気になったレースを見て確認することは容易に可能になりました。ラジオでライブ中継聞いて、20分後にレース映像を確認するのも手でしょう。

 

スマホからでもレース映像、視聴可能です。

 

スポンサーリンク




新馬戦、重賞、特別レース、最終レース

新馬戦、重賞、特別レース、最終レース

いままでレース映像を見ることのできた、新馬戦、特別レース、重賞レース、最終レース(最終レースを視聴できてたのは知らなかった……)に加えて、未勝利、1勝クラス(500万下)など、1レースとか2レースとか朝早い平場までレース動画が見られるようになるのは、いいことですね。

 

とににもかくにも、自分が馬券を買う馬の走りやパドックを見ないで馬券を買うのは怖いものがあります。

 

新馬戦は競馬をしたことがない、レースを走ったことのない馬たちか競うので致し方ないとしても、1度でも競馬をしていたらその走りを見て競馬予想して馬券を買いたいものです。

 

パソコンからスマホから、ネットで

パソコンからスマホから、ネットで

パソコンからスマホから。どのレースでも競馬の結果が映像で動画で確認できる。素晴らしい。素晴らしいぞ、JRA。

 

競馬予想に役立つこと間違いなし。

 

レース回顧、馬券復習にもいいでしょうし、レース映像を見て展開から傾向や特徴を研究するのにぴったりでしょう。

 

自分の馬券を買ったレースは映像を見たい。馬券が取れたら、繰り返しみたい。人間だもの、勝ちの余韻に浸りたい。いい湯加減の感情温泉に浸かりたい(どういうんだよっ)。

 

スポンサーリンク




昔は、レース映像をビデオに録画して繰り返し見ている人が

昔は、レース映像をビデオに録画して繰り返し見ている人が

競馬予想本読んでますと、グリーンチャンネルで放送したレース映像をビデオに録画して文字通り擦り切れるほどレース映像を見たという猛者がいたり。

 

競馬場へビデオカメラ持って行ってレースを録画した人がいたり。競馬予想に活かしまくろうとした人がいたそうで。

 

そんなレース映像猛者な方々を見てて「これは自分にはできないな……」と感じたことがあります(でも、やるかなぁ、レース映像を全レース放送しているグリーンチャンネルをビデオ3倍速で録画して、JRAのレース映像見まくるか。特売で安いビデオテープ買いまくって。ただでさえ本の山がビデオテープの方が多くなってたりしそうだ…)。

 

走ってる馬を見て競馬予想して馬券を買うことの安心感ってあります。レース映像からわかることってたくさんあります。ライブ中継したときには気づかなかったことが繰り返し見るとわかって来ることもあって。

 

ビデオにレース映像・動画録画してた人たちからすれば

ビデオにレース映像・動画録画してた人たちからすれば

ライブ中継でリアルタイムで観られないけど手間かからないではないかと。

 

今はスマホでパソコンでレース映像見られるのはほんとありがたい。

 

JRA、全レースのレース映像を無料で見られるようにしてくれてありがとう。ありがとう。

 

ビデオでレース映像を研究していた人からすれば、今の現状はかなり楽と思うでしょう。レース映像を見る時間は変わらないのですが。

 

地方競馬は「地方競馬ライブ」と、無料でがんがん画質よく、クリアな映像をライブ中継でリアルタイム放送で配信していますし、JRAも後手を踏んではいられない状態ですけども…。

 

スポンサーリンク




JRA(中央競馬)のレース映像過去は、レーシングビュアー

JRA(中央競馬)のレース映像過去は、レーシングビュアー

JRAのホームページを読みますと、3月28日以降のレース映像は全て見られるようになるのだそう。

 

レース映像、パドック映像、調教などを見られる「JRAレーシングビュアー」(月額500円)との兼ね合いもあるでしょうから、過去のものはレーシングビュアーから、パドック調教もレーシングビュアーからというところでしょうか。

 

ありがたいサービスなのですが、レース映像にはいろいろと思うところありまして。レーシングビュアーにですけども。

 

JRAさん、パトロールビデオを見られるようにして

JRAさん、パトロールビデオを見られるようにして

【朗報】2017.1〜。パトロールビデオもJRAのホームページで公開されるようになりました。めでたい。画期的です。やればできる、JRA(こらこらこら)。

 

パトロールビデオの公開で、レース映像に映ってなかった馬の動きも結構確認できるようになり、ゴール後の動きも競馬予想に使えそうです。

 

JRAのホームページでパトロールビデオが見られるようになりましたから、確認できることが増えました。スタートの位置における不利の発見は増えましたね。内に外に寄れる馬の多いこと、多いこと。クビ、ハナ差で払い戻しが決まる以上、重要すぎる事項ですよ。

 

すでに、パトロールビデオの研究家としてnoteで予想出されてる方もいらっしゃいます。

 

もう少しレース映像のボリュームを増やしてくれれば、気づきにくかった馬も気づけるようになる気がするんですけどね、マニアックかしらん。

 

競馬のレース映像大好きなもので

競馬のレース映像大好きなもので

JRAレーシングビュアーや、netkeibaで動画見られるコースに毎月金払ってるものがタダになるのか、こらこらーっ、っていう人もいるかもしれませんが、今回のJRAのホームページで無料でレース映像見られるようになるのは大歓迎。

 

馬が仕事してるのって、レースですよ。レース。

 

馬と騎手の表現する場がレース。

 

ありとあらゆる競馬の予想ファクターの結果が出るのは、レース以外にありません。そのレースを容易に無料で見られるようになるのは嬉しいことです。

 

厳密に言うと、調教師の仕事を受けた馬が騎手と一緒に仕事する場をレースと呼ぶ。

 

これに気づいて以来、レース映像見なかった馬でないと本命に出来なくなりました(ただし、新馬戦除く……って、当たり前か)。

 

まあ……、レース映像の見方に特化した本ってほとんどないですし、感覚的なものも多分に含みますから……。

 

レース映像から予想するのっておもしろいって言われても、ってところはあります。

 

手綱引いたって言っても、多種多様ですし(ジェットスキーから引いたように見えるだけまで)。

 

レース映像から予想するのは、競馬予想界のドン、大数の法則様

レース映像から予想するのは、競馬予想界のドン、大数の法則様

大数の法則。なかなかお友達にはなれないタイプだったりします。レース映像を見て「こういうときはこうなりやすい」ことを具体的にパーセンテージ出せませんから(=予想「方法」として売り物になりにくい)。

 

定義づけがなかなか難儀な世界。しかし、自分の感覚だけでもレース映像の見方が確立されたら?

 

レース映像を見て、競走馬を定義付けしていくのは見立てる人の力に依存する。

 

なにせ、走ってる馬をどう定義付けするかです。ピッチ走法・ストライド走法って分け方はできますけど、競走馬を2種類だけでっていうのは大雑把すぎます。

 

ピッチ走法で30種類。ストライド走法で30種類みたいに細かく定義づけされていく、枠が設定されていくものだと思うけど、見立てる人で枠の設定にズレがどうしてもおきてしまいます。

 

「ディープインパクト産駒」だったら、文字通り、ディープインパクト産駒の定義づけでいけますけども…。

 

さて、大数の法則に「勝てない」と馬券では「勝てない」です。

 

回数を重ねなくっても勝てたほうがいいわけで。目の前の1レースで馬券当たるようにできるか勝負です。競馬予想で大事なのは、まさにソレ。

 

……ボソボソ……、謎解き(目論み)もなしにいつまでもガラガラ回してられないって……ボソボソ。

 

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

レース映像を使って競馬予想する方法

レース映像を使って競馬予想する方法

うーん、例えば、中央競馬・東京競馬場で、東京競馬場・ダート1600m、6番枠からハイペースでテン37.7→上がり38.2、コーナーを最内で通過して、14-14-14→6着。タイム1:40.1という馬がいたとします。

 

次走は中山競馬場・ダート1800mに出てきました。

 

文字面だけみて、追い込んできたんだから、中山でもいけるんじゃないかって考えたとき、より確証を得たかったら、レース映像見る以外に手っ取り早い方法ってない気がするんです。

 

JRAのホームページからレース映像を見たところ、前走、追い込んで来る際、直線で前が詰まって手綱を引いたシーンが2度あった。

 

早速、JRAホームページのレース映像を見た。そこに、追い込んできたのはいいものの、直線詰まってた。手綱引いてた。

 

そうした場合、上がりの3ハロンは、スムーズに行けた場合もう少し早くなったのではないか?  そうは考えられないでしょうか。

 

モチのロン、馬場状態、ラップタイム 、ペース、他馬との兼ね合いなど見る必要のある視線はありますが、それらをダイレクトに調べる要素の発見としては具合のいいものがレース映像に映ってたと言えるでしょう。

 

レース映像を見て、不利や特徴を確認できれば、馬柱から感じた「この馬いけるかも」が確信につながりやすくなります。

 

レース映像を見て、不利があったなど、確信を持てるシーンが見つかれば、馬券を買う際の自信につながります。データや情報の文字面だけ見て決めてないからです。実際に走った馬と、データや情報を突きあわせてるから、自信につながるわけです。

 

馬柱にある文字面だけでは競馬予想はできない

馬柱にある文字面だけでは競馬予想はできない

大数の法則で導き出された有用性を加工しないといけません。データに手を加える必要が出て来るんですね。

 

上がり38.2というのは、もうすこし早い時計が出せた。

 

東京競馬場の上がり3ハロンですから、坂があるところでのものです。とすると、中山競馬場に変わったときにプラスになるのではないか、と。

 

こんなふうな考えが、大数の法則に勝つポイントなんじゃないかって考えてます。

 

レース映像が今までより見られるようになることで、新しい視点を見つける人が出て来たりしないかなぁと、期待しています。

 

JRA中央競馬の全レース映像、動画。ホームページで視聴可能に。無料・まとめ

JRA中央競馬の全レース映像、動画。ホームページで視聴可能に。無料・まとめ

今回のJRAのホームページからレース映像、動画が無料で見られるようになったのはいい競馬予想ニュースでした。

 

ライブ中継やリアルタイムな放送ではありませんが、今までより手軽にスマホからでも競馬のレース映像が見られるようになったのは、新しい発見も出て来る期待もできますし。

 

レース映像を見るのって、めんどくさいと言えば、めんどくさいものです。

 

JRA・中央競馬のレース映像であれ、地方競馬のレース映像であれ、見る時間、手間は結構あります。無料になっても見ない人は見ないでしょう。

 

それは、ライブ中継やリアルタイム放送が無料で始まったとしても変わらないでしょう。でも、一部の人は興味を持って見て行くはず。

 

ひゅーんって、馬通り過ぎていってしまうレース映像。その中で起こってることを抽出してあげるにはコツがいります。うまい表現ではありませんが、レース映像を見て競馬予想できるのは自転車に乗れるようになるようなもの、その自転車の形があれやこれや変わってるという話だろうと考えてます。

 

乗りこなせる自転車の多い人もいれば、少ない人もいる。

 

5年前と比べたときにレース映像をどこでも見られるようになった。これは、予想する上で有利に働くこととは言えないでしょうか?

 

便利になった分、分析に時間をさけるっていう。ビデオ時代からレース映像を追いかけてた人からすれば、新幹線乗ってる時間が急激に短くなったようなものでしょう(もっとうまい例えはないのか)。

 

見てみましょう、レース映像。JRAホームページならば無料です。

 

以上、JRA競馬レース映像動画。HPで無料で視聴可能に。ライブ中継リアルタイムでないが。リプレイという話でした。

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

馬券生活者・木下健の競馬で妻子を養う男の馬券術

 

-競馬
-