競馬レース映像分析ネタ

ローズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

ローズステークス 競馬予想 過去

 

ローズステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

ローズステークス2019(G2)。阪神競馬場・芝1800mで行われます。ローズステークスはG1・秋華賞トライアル。1着賞金5200万円。正式には、関西テレビ放送賞・ローズステークス。コース形態としては阪神・芝1800mは若干、内枠不利。

 

2019年のローズステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のローズステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、ローズステークス。秋華賞へのデータヒント探しも。

 

ローズステークスの歴代勝ち馬・優勝馬はダイワスカーレット・マイネレーツェル・ブロードストリート・アニメイトバイオ・ホエールキャプチャ・ジェンティルドンナ・デニムアンドルビー・ヌーヴォレコルト・タッチングスピーチなどなど。

 

スポンサーリンク




ローズステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

ローズステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のローズステークスのレース映像分析ではありません。過去のローズステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のローズステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。軸馬探しはレース映像分析から。まとめます。

 

ローズステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? シンハライト・ラビットラン・カンタービレ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去のローズステークスで馬券になったのか。サラキア・カワキタエンカ・クロコスミア。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、ローズステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

ローズステークス 過去データ分析

ローズステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去にローズステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去にローズステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。三連複・三連単・単勝・複勝・ワイドとどの券種の馬券を買うにしても競馬予想のデータになるでしょう。

 

ローズステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともローズステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。馬柱に隠れた傾向、データ、情報はないか?

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のローズステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去のローズステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のローズステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

ローズステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

クナイプ バスソルト グーテバランス ワイルドローズの香り 850g

2018年ローズステークス・レース過去結果データ

 

ローズステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.7-11.0-11.5/12.3-12.4-12.2/11.0-10.8-11.8

 

1着・カンタービレ(5番人気・ルメール騎手・馬体重434kg)

2着・サラキア(2番人気・池添謙一騎手・馬体重450kg)

3着・ラテュロス(13番人気・秋山真一郎騎手・馬体重418kg)

 

ローズステークス2018・オッズ・過去配当結果

ローズステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 930円

複勝 13・310円/5・190円/4・1530円

 

ローズステークス2018・1着・カンタービレ【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年ローズステークス1着、カンタービレ(オッズ・5番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、5番・13着。田辺裕信騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-12.0/11.9-12.0-12.2/12.4-12.3-12.4/12.2-11.1-11.6

 

カンタービレは、3枠5番からスタート。発馬を決めて、押さえつつ様子を伺って行くカンタービレ。行きたい馬を行かせつつ、強めに押さえて1角入り。

 

逃げ馬はサヤカチャン。テン3ハロンを35.7秒。おおよそ標準のラップで逃げて行く。カンタービレも先行ポジションでテン3ハロンを36.8秒。

 

1角-2角。内に1頭いる外を回って行くカンタービレ。かなり強く押さえつつ。

 

向正面。中間ラップを衰えさせず、飛ばす逃げ馬サヤカチャン。早いペースを押さえが効いて追いかけるカンタービレ。残り1200mからもそこそこ流れてく。

 

3角-4角。まだまだ先頭はサヤカチャン。カンタービレは内に1頭いる外を回って、外目へ出して行く。

 

直線。追い出されるカンタービレ。しかし、馬なりで外から勝ち馬・アーモンドアイに交わされる。それでもカンタービレは追うも、伸びず。ムチ入れ多用する追い方で追い方は弱目になり垂れて行く。カンタービレは13着入線。上がり3ハロン35.5秒。

 

ローズステークス2018最終追い切り・

栗東CW 稍 88.9-71.8-55.1-40.5-12.0<6>馬なり余力

 

※【ローズステークス2018・過去結果データメモ】カンタービレの斤量はオークスから1キロ減の54キロ。600m、コーナー減の距離短縮。オークスで逃げたサヤカチャンの作ったペース【テン3ハロンは標準ペースなもの、残り1000mくらいまでは垂れない早いペース】に付き合った馬。カンタービレはインベタではなく、4つのコーナーを内1頭外回り。加えて発馬よく、二の脚も使って具合のいい位置を取れそうも、1角入るまでに行きたい馬の都合を通させてる負荷。

 

カンタービレの上がり3ハロンは35.5秒。直線までに厳しい競馬をして垂れたにしては粘ってる上がり3ハロン。本命にするには買い材料を見つけにくいところはあるものの、馬券の買い目からは消さない方が無難な前走内容。

 

スポンサーリンク




ローズステークス2018・2着・サラキア【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年ローズステークス2着、サラキア(オッズ・2番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、青島特別(小倉競馬場・芝1700m)でした。枠順は、7番・1着。北村友一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・7.1-11.1-11.8/11.6-11.6-11.6/11.7-11.4-11.6

 

サラキアは、7枠7番からスタート。出遅れ。押さえつつ最後方からの展開になったサラキア1角に入って行きます。

 

逃げて行ったのはダイシンクイント。テン3ハロン35.8秒、気持ち早めのペース。サラキアのテン3ハロンは37.5秒。出遅れて最後方にいるラップ。

 

1角-2角。内に1頭外目を回っていくサラキア。

 

向正面。ダイシンクイントのペースは「11.6-11.6-11.6」と早いラップを続けて行く。サラキアは外目に出して押さえつつ調整しつつも上がって行く。

 

3角-4角。3番手、4番手まで上がってきたサラキア。内に2頭3頭いる外をきっちり回って行く。

 

直線。サラキアは、4角出口前から直線入り口にかけてうまいこと外目を回れなかったものの、手前を数度変えて軽く追う程度で後続をパーンと離す。残り120mくらいは流してゴール。サラキア1着。上がり3ハロン34.0秒。レコードタイム。

 

ローズステークス2018最終追い切り・

栗東CW 稍 85.5-69.4-53.8-39.5-11.5<9>馬なり余力

 

※【ローズステークス2018・過去結果データメモ】サラキアは青島特別より斤量2キロ増の54キロ。前走は、出遅れて最後方からの展開。逃げ馬のペースは早い+中間ラップもあげてく。そんなキツい展開の中、サラキアは外目をじわじわ追い上げて行って、外目回りで直線の追い方軽くゴール。サラキアは上がり3ハロン最速+レコードタイム(頻繁に行われない、小倉芝1700mのレコードですけれども)。

 

買い材料たくさんあり。次走で馬券になるレコードタイムの例と言っていいレースかと。

 

スポンサーリンク




ローズステークス2018・3着・ラテュロス【過去データ】(オッズ・13番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年ローズステークス3着、ラテュロス(オッズ・13番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、HTB賞(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、6番・4着。秋山真一郎騎手。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・13.3-12.9-12.8/12.5/12.1-12.2-11.8/11.8-11.6-11.7

 

ラテュロスは、6枠6番からスタート。スタート良く、前へ行くラテュロス。かなり強めに押さえて行く。

 

逃げたのはラテュロス自身。テン3ハロン39.0秒のドスローな逃げ。

 

1角-2角。押さえつつ逃げて行くラテュロス。

 

向正面。ラテュロスの刻むラップは「12.1-12.2-11.8」とじわじわ早くなって行く。

 

3角-4角。インベタで逃げて行くラテュロス。少しずつ加速。

 

直線。ラテュロスは追い出し始めるも、伸び方はイマイチ。しかし、追い方は脚ためつつの逃げとしてはラスト100mくらいが強かった感。4着。ラテュロスの上がり3ハロンは35.7秒。

 

ローズステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 稍 56.2-40.5-26.1-12.7 末強目に追う

 

※【ローズステークス2018・過去結果データメモ】ラテュロスの斤量はHTB賞から2キロ増の54キロ。200mコーナー減の距離短縮。ラテュロスの前走はテン3ハロンは39.0秒とドスローなのだけど、いわゆるドスローと違うのは残り1200mから少しずつラップをあげて脚を使い始めた点。残り600mからのヨーイドンではない。それでいて、ラテュロスの上がり3ハロンは35.7秒。思いっきり評価はできないが、コーナー4つの競馬で脚の使いだし早くして行ってという負荷からすると、ヒモにするのにぴったり。

 

「ラテュロス? スローペースで逃げて負けたんだろ。ハウエバーに差された? たえまなく続く愛の名を〜」と、いとも簡単に馬柱から消されそうだけど、言葉では伝えることがどうしてもできなかった走りをしてたとレース映像とラップから分かったりもします。そして、愛しさの意味を知るのですね(いい加減にしろ)。

 

ローズステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ローズ ド マラケシュ セラム ド ローズ120ml(オールインワン化粧水)

2017年ローズステークス・過去レース結果データ

 

ローズステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.4-10.9-11.3/11.8-12.2-12.0/11.6-11.3-12.0

 

1着・ラビットラン(8番人気・和田竜二騎手・馬体重444kg)

2着・カワキタエンカ(6番人気・横山典弘騎手・馬体重462kg)

3着・リスグラシュー(3番人気・武豊騎手・馬体重436kg)

 

ローズステークス2017・オッズ・過去配当結果

ローズステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 2640円

複勝 14・640円/16・490円/6・210円

 

スポンサーリンク




ローズステークス2017・1着・ラビットラン【過去データ】(オッズ・8番人気。血統・Tapit産駒)

2017年ローズステークス1着、ラビットラン(オッズ・8番人気。血統・Tapit産駒)の前走は、3歳上500万下(中京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、16番・1着。和田竜二騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.5-11.9/11.9-11.9/11.6-11.1-11.6

 

ラビットランは、8枠16番からスタート。ダートから芝替わり。スタートまずまずも押さえて下げて行って、後方から。

 

逃げて行ったのは、アポロテキサス。テン3ハロン36.2秒。少し遅い逃げ。ラビットランのテン3ハロンは37.3秒。

 

向正面。ペースは気持ち早くなるも標準ラインで進む展開。ラビットランは後方の内1頭外を押さえつつ走る。

 

3角-4角。斜め前を走っていたパンサーバローズが外に出して追い出して上がってくのを追いかける形で追い出すラビットラン。内1頭半外追走から3頭半外回り。

 

直線。大外へ出したラビットランは追って追って、ごぼう抜き。馬場の真ん中を追い抜きまくって、1着でゴール。ラビットランの上がり3ハロンは33.0秒。上がり3ハロン最速。

 

ローズステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 53.3-39.1-25.2-12.5 馬なり

 

※【ローズステークス2017・過去結果データメモ】ラビットランの斤量は、500万下より2キロ増の54キロ。前走は、初芝ということで使える脚を上がりに寄せる競馬をしたレースと考えていいかと。逃げ馬のペースは速くなかったが、少し遅めのペースを押さえて脚貯めて、外目回りで上がり3ハロン最速、33.0秒。強い。

 

タピット産駒もあって、ダートなんじゃないか感は確かにあるものの、2歳3歳時は血統傾向・産駒傾向を凌駕して古馬になる馬は重賞クラスでもいるもの。ラビットランもその手の強い一頭だったのでしょう。ラビットランタイプがこの先、ローズステークスに出走してくるかはわからないけど、馬券になるパターンとしては忘れないでおきたい(他のレースに出走してくることはいくらでもあるでしょうし)。

 

スポンサーリンク




ローズステークス2017・2着・カワキタエンカ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年ローズステークス2着、カワキタエンカ(オッズ・6番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、三面川特別(新潟競馬場・芝1800m)でした。枠順は、2番・2着。内田博幸騎手。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.8-11.3-11.8/12.5-12.3-11.7/11.3-10.6-11.8

 

カワキタエンカは、2枠2番からスタート。出遅れるも二の脚で押さえつつ前目へ行くカワキタエンカ。逃げられそうな感じありつつも、かなり強目にカワキタエンカが押さえ込んでいるので、外からウインマハロが入ってくる。しかし、インを走るカワキタエンカが逃げて行く。テン3ハロン35.9秒。ペースとしては少し遅め。

 

向正面。強目の押さえが続く逃げをするカワキタエンカは残り1000mくらいからじわっと早くなり、残り800mから加速して行く。

 

3角-4角。インベタで走るカワキタエンカ。少しずつスピードに乗せて行く。

 

直線。一瞬「あれっ? 脚ない? 垂れる?」となり、インからレッドアヴァンせに交わされ、カワキタエンカ、最後まで演歌歌わせてもらえないのかと見ていると、伸びて伸びて、2着でゴール。カワキタエンカの上がり3ハロンは33.9秒。

 

ローズステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 54.5-39.5-25.3-12.5 末強目に追う

 

※【ローズステークス2017・過去結果データメモ】カワキタエンカの斤量は三面川特別より2キロ増。54キロ。前走、出遅れて、逃げて行くまでに手間。楽に逃げていけたというより、負荷のかかった逃げと言えばいいか。なんとも歯がゆいレース内容で2着なのだけど、カワキタエンカの上がり3ハロン33.9秒はまずまずの数字。

 

桜花賞で重馬場寄りの稍重馬場をテン3ハロン34.7秒で行って、中間ラップも垂れず早いラップの刻みで、垂れても7着。レース結果を見れば、勝ち馬・レーヌミノルと0.6秒差。から考えると、もう少し中間ラップ緩めて行ってくれれば感はある。

 

テン+中間ラップ無理して早く行き過ぎた馬が中間ラップ無理しないと末脚溜まるのよパターン。

 

ローズステークス2017・3着・リスグラシュー【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2017年ローズステークス3着、リスグラシュー(オッズ・6番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、14番・5着。武豊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.6-12.8/12.6-12.0-12.3/12.3-12.1-11.6/11.3-11.2-11.6

 

リスグラシューは、7枠14番からスタート。ポコンッと発馬。出遅れ。押さえつつ、中団の後方へ向かうリスグラシュー。インに入れず進んで行き1角入り。

 

逃げて行ったのは、フローレスマジック。テン3ハロン37.1秒。かなり遅めの逃げ。リスグラシューのテン3ハロンは37.9秒。

 

1角-2角。押さえつつ、リスグラシューは内に2頭いる外目を回って行く。

 

向正面。遅目のペースで進む展開と思いきや、残り1600mからフローレスマジックのペースはアップ。少しずつ早いペースになって行く。残り1200mから「12.3-12.1-11.6」。リスグラシューは中団の外目追走。かかり気味で押さえるのに苦心してるのが見える。

 

3角-4角。内2頭いる外をきっちり押さえつつ回って行くリスグラシュー。かかってしまった影響からか、勝負所の流れに乗り切れてない感。

 

直線。リスグラシューは追い出して進路はあるように思えるも、馬群の中で進路が消えてブレーキ踏むシーンあり。追い出せる位置をがっちり確保して追い続けられてはいない。リスグラシューは切り返して、切り返してを続けて少しずつ伸びるも、残り240mくらいからはムチを入れて様子を見る追い方になってゴール。リスグラシューは5着。上がり3ハロン34.2秒。

 

ローズステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 54.0-39.3-25.2-12.3 馬なり余力

 

※【ローズステークス2017・過去結果データメモ】リスグラシューはオークスから斤量1キロ減54キロ。前走は、出遅れ+少しずつペースの早くなって行く流れを外目で追走して行く形。かかりつつ。直線は一言で言うと消化不良。今後のことも考えてか無理はしてない追い方。もろもろ負荷のかかることあれど、強く追っていなくって上がり3ハロン34.2秒は優秀。馬券の買い目に入れて置かないと不安になる前走の走り。

 

ローズステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

RED ROSE SPEEDWAY [12 inch Analog]

2016年ローズステークス・過去レース結果データ

 

ローズステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・不良馬場に近い重馬場

レースラップ・12.6-11.2-11.6/12.0-12.5-12.2/11.7-10.9-12.0

 

1着・シンハライト(1番人気・池添謙一騎手・馬体重436kg)

2着・クロコスミア(11番人気・岩田康誠騎手・馬体重414kg)

3着・カイザーバル(6番人気・四位洋文騎手・馬体重470kg)

 

ローズステークス2016・オッズ・過去配当結果

ローズステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 160円

複勝 7・110円/1・880円/3・370円

 

ローズステークス2016・1着・シンハライト【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年ローズステークス1着、シンハライト(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、3番・1着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.7-12.1/12.3-12.4-12.5/12.9-12.6-12.7/11.4-11.5-11.6

 

シンハライトは、2枠3番からスタート。スタートまずまずも押さえて行って後方から。インに入れて行くシンハライト。

 

逃げて行ったのは、ダンツペンダント。テン3ハロン35.1秒。早めの逃げ。シンハライトのテン3ハロンは37.1秒。

 

1角-2角。シンハライトは押さえつつ、インベタで回って行く。

 

向正面。ダンツペンダントの逃げ、早かったのはテン3ハロンすぎくらいまでで、ゆったり進んで行く。シンハライトは後方で脚を貯めて行く。

 

3角-4角。シンハライトは内1頭外から、2頭半外周りで加速して行く。

 

直線。シンハライトは追って、追うもなかなか前を交わしていけず馬群の中。残り200m手前、微妙に壁になってるペプチドサプルの動きにシンハライトは惑わされる。切り返す最中、伸びてきてたデンコウアンジュに不利を与えるシンハライト。そこから追って、抜け出して、追って追ってビッシュを差し切ってゴール。1着。シンハライトの上がり3ハロンは33.5秒。

 

ローズステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 良 54.7-39.5-25.1-12.2 強目に追う

 

※【ローズステークス2016・過去結果データメモ】シンハライトの斤量はオークスから1キロ減。54キロ。600m、コーナー減の距離短縮。前走のラップは早かったのはテン3ハロンくらいで、中間あたりはヨーイドンになる準備可能な脚を貯めるラップタイムが続いた。シンハライトは後方のインで脚を貯めつつの競馬。直線、デンコウアンジュに直線で不利をかけてるが、上がり3ハロン33.5秒は上がり最速で優秀。

 

あとはかなり渋った馬場をどう考えるか。桜花賞は稍重寄りの良馬場だった。ナニハトモアレ、馬券から消す材料はレース映像にはない。

 

ローズステークス2016・2着・クロコスミア【過去データ】(オッズ・11番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2016年ローズステークス2着、クロコスミア(オッズ・11番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、フローラステークス(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、16番・14着。勝浦正樹騎手。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.8-11.6-11.6/11.7/12.0-12.0-11.9/11.4-12.4-12.3

 

クロコスミアは、8枠16番からスタート。スタートまずまず。押さえつつ、不利な東京芝2000mの大外枠から前目に向かうクロコスミア。かなり強めに押さえつつ、2角入り。

 

2角。クロコスミアは先行ポジションも、大外枠からが響いて、内におおよそ2頭外を追走。

 

逃げて行ったのは、クィーンズベスト。テン3ハロン36.0秒のそこそこ早目の逃げ。クロコスミアのテン3ハロンは36.4秒。標準よりやや早い先行。

 

向正面。クィーンズベストはペースを加速して行く「12.0-12.0-11.9」。クロコスミアを押さえつつ追走しているが外目走り。

 

3角-4角。クロコスミアは内におおよそ2頭外をきっちり回って行く。

 

直線。余力のあまりないクロコスミア。それでも追って粘るも14着。上がり3ハロン37.0秒。

 

ローズステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 良 55.4-40.1-25.3-12.3 末強目追う

 

※【ローズステークス2016・過去結果データメモ】クロコスミアはフローラステークスより斤量変わらず54キロ。前走は東京芝2000m、不利な大外枠+テン3ハロンそこそこ早い+中間もっと早いペースの中、外目きっちり周り。辛い展開ながら、直線粘って垂れるも上がり3ハロン37.0秒。

 

2016年のローズステークスで1番枠に入ったのは良かった(距離ロスなくして運べるので)。ただ、枠番成績的にはよくない枠番ではあるのだけど。

 

早いペースに引っ張られ過ぎた+上がり3ハロンが垂れすぎてない馬はヒモには塗っておくと吉。

 

ローズステークス2016・3着・カイザーバル【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・エンパイアメーカー産駒)

2016年ローズステークス3着、カイザーバル(オッズ・6番人気。血統・エンパイアメーカー産駒)の前走は、道新スポーツ賞(札幌競馬場・芝1500m)でした。枠順は、4番・6着。四位洋文騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・6.7-11.9-11.8/11.7-11.7/11.8-11.3-11.6

 

カイザーバルは、4枠4番からスタート。まずまずの発馬。押さえつつ。押さえつつ、外からオートクレール、グレイスミノルに入ってこられる。強めに押さえつつ。

 

逃げて行ったのは、ダイアモンドノーム。テン3ハロン36.3秒の逃げ。かなり遅め。カイザーバルのテン3ハロンは36.8秒。2角は内に2頭いる外周り。

 

向正面。ダイアモンドノームのペースは上がらずの展開。カイザーバルはペースが上がらないこともあって、強めに押さえつつな追走が続く。

 

3角-4角。カイザーバルは内に3頭くらい外をきっちり回っていく。前を走るグレイスミノルが追い出しを遅らせ気味なこともあってか、カイザーバルは少しブレーキ踏んでるシーンあり。手応えありそうだけど、位置取り的に追い出す選択肢を奪われてる感。

 

直線。カイザーバルは追い出せる進路は確保。追って追う。しかし、前を交わすまでの伸びはなく6着。カイザーバルの上がり3ハロンは34.5秒。

 

ローズステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 良 54.0-39.0-24.8-12.2 馬なり余力

 

※【ローズステークス2016・過去結果データメモ】カイザーバルの斤量は道新スポーツ賞から2キロ増。54キロ。300mの距離延長。カイザーバルの前走は、遅い流れの中、うまいこと脚貯めようとしたのがうまくいかず、外目を走りすぎる形になったレースかと。4角あたりで勢いに乗せて直線に入って行くことができないのは他馬にハンデ配っているようなもの。それでいて上がり3ハロン34.5秒は早い。

 

ローズステークスの前走が札幌芝1500mになる馬はそう多くないだろうけど、忘れないでおきたいパターン(ローズステークス以外でも使いどころはあるでしょう)。

 

以上、ローズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

ローズステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.