競馬レース映像分析ネタ

札幌2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

札幌2歳ステークス 競馬予想 過去

 

札幌2歳ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

札幌2歳ステークス2019(G3)。札幌競馬場・芝1800mで行われます。農林水産省賞典・札幌2歳ステークスが正式な言い方。2歳馬の重要なレース。賞金は3100万円。G1阪神ジュベナイルフィリーズ・朝日杯フューチュリティステークス・ホープフルステークスへ向かう馬たち、また翌年のG1レースに向けて大事なレース。

 

2019年の札幌2歳ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の札幌2歳ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 札幌2歳ステークス。穴馬激走して、3連複・3連単は高配当になるか?

 

札幌2歳ステークス(G3)、歴代優勝馬、勝ち馬は、ジャングルポケット、サクラプレジデント、ストーミーカフェ、アドマイヤムーン、ナムラマース、ロジユニヴァース、グランデッツァ、コディーノ、レッドリヴェール、ブライトエンブレム、アドマイヤエイカンなど。

 

スポンサーリンク




札幌2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

札幌2歳ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の札幌2歳ステークスのレース映像分析ではありません。過去の札幌2歳ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の札幌2歳ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。荒れるか荒れないか?

 

札幌2歳ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? トラスト、ロックディスタウン、ニシノデイジー。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の札幌2歳ステークスで馬券になったのか。ナイママ、ファストアプローチ、ブラックオニキス。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。荒れる、荒れない。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、札幌2歳ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

札幌2歳ステークス 過去データ分析

札幌2歳ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ・情報。傾向・特徴。過去に札幌2歳ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に札幌2歳ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

札幌2歳ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも札幌2歳の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の札幌2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の札幌2歳ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の札幌2歳ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

札幌2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

北海道冬Walker2018 まったく新しい札幌案内 HokkaidoWalker (ウォーカームック)

2018年札幌2歳ステークス・レース過去結果データ

 

札幌2歳ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿ってる良馬場

レースラップ・12.4-11.7-11.9/12.2-12.2-12.1/12.3-12.6-12.7

 

1着・ニシノデイジー(6番人気・勝浦正樹騎手・馬体重474kg)

2着・ナイママ(4番人気・五十嵐冬樹騎手・馬体重442kg)

3着・クラージュゲリエ(1番人気・石川裕紀人騎手・馬体重462kg)

 

スポンサーリンク




札幌2歳ステークス2018・オッズ・過去配当結果

札幌2歳ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 2820円

複勝 3・340円/14・190円/1・140円

 

札幌2歳ステークス2018・1着・ニシノデイジー【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2018年札幌2歳ステークス1着、ニシノデイジー(オッズ・6番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、2歳未勝利戦(函館競馬場・芝1800m)でした。枠順は、5番・1着。勝浦正樹騎手。

 

馬場状態・かなり乾いてる良馬場

レースラップ・12.7-11.6-12.6/12.5-11.9-12.0/12.1-12.2-12.1

 

ニシノデイジーは、5枠5番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ。ニシノデイジーの外からブラックウォーリアが前に入ってくるのに続いて、その前でバトルアグレッシブがかなり強めに押さえたまま1角に入っていく。大外枠からペイシャラトゥールがバトルアグレッシブを押さえつつ様子伺ってて、後続は大渋滞。前に行った馬がブレーキかけてて、後に続いた馬たちが「ちょ、ちょっと待って」となってる。

 

ニシノデイジーは1角-2角を若干後手後手になりつつ、内に2頭いる外を回ってく。スムーズに1角を入れていない。

 

逃げたのはメイショウトーチ。テン3ハロンを36.9秒で走る。少し2歳未勝利戦にしては少し遅いテンだが、ドスローでは決してない。ニシノデイジーのテン3ハロンは37.8秒。遅目なものの、1角入りまでに負荷のかかる事象があってのもの。

 

向正面。ニシノデイジーは押さえつつ外目。残り1200mから少しずつラップは上がっていく。残り1000mで「11.9秒」と加速していく。ニシノデイジーはラップが上がってても、追っつけて間に合わせてるわけではなく、軽く乗せる程度でペースアップについて行ってる。

 

3角-4角。ニシノデイジーは内に3頭いる外をきっちり回ってく。かなりの距離ロス。

 

直線。ニシノデイジーはかなりの外目を勢いつけて回ってきた遠心力を押さえきれなくって(?)、馬場の真ん中へ。ガチャガチャしつつも、追って追って1着。ニシノデイジーの上がり3ハロンは35.7秒の上がり最速。

 

札幌2歳ステークス2018最終追い切り・

札幌ダート 良 68.4-52.6-38.1-12.4<6>馬なり余力

 

※【札幌2歳ステークス2018・過去結果データメモ】未勝利戦からはニシノデイジーの斤量は変わらず。54キロ。前走、ニシノデイジーはテンが少し遅目も1角までに手間のかかる形+4つのコーナーを外目走り+中間ラップ早くなるレース展開+それでも上がり3ハロン35.7秒で上がり最速。強い。

 

「強い勝ち方」に見えない、ニシノデイジーの未勝利戦だけども、それは「強い」部分が偏ってないから。レース中に分散して表現されてるから、ニシノデイジーは2018年の札幌2歳ステークスで6番人気の単勝28.2倍だった。

 

前走の負荷かかりましたねカードを集めて、朝のラジオ体操スタンプカードと一緒に勝浦騎手に渡すと、よく気づきましたねカードと共に北の幸詰め合わせ引換券ももらえたレースだったんですな(なんじゃそれ)。

 

スポンサーリンク




札幌2歳ステークス2018・2着・ナイママ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ダノンバラード産駒)

2018年札幌2歳ステークス2着、ナイママ(オッズ・4番人気。血統・ダノンバラード産駒)の前走は、コスモス賞(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、9番・1着。五十嵐冬樹騎手。

 

馬場状態・稍重発表なものの、小雨降りつつ重馬場越えて不良に近い馬場状態

レースラップ・12.6-11.5-12.0/12.5-12.0-12.0/12.0-12.4-13.2

 

ナイママは、8枠9番からスタート。ゴリゴリに出していく、ナイママ。スピードにのせていくものの、前に入られイマイチ乗り切れずの1角入り。内に2頭いる外を走ってく形。

 

逃げて行ったのはアガラス。テン3ハロン36.1秒とかなり早いラップの刻み。ナイママのテン3ハロンは36.9秒。これも馬場状態を考えると早い。

 

向正面。押さえつつ走るナイママ。中間ラップはあまり目立たないが、残り1000mあたりから「12.0-12.0」と、かなり早くなっていく形。外目をナイママはじわじわ追い上げていく。

 

3角-4角。内に3頭いる外から1頭いる外をナイママは回ってく。

 

直線。ナイママは一杯に追って追って、使える脚を残らせず1着でゴール。残り100mくらいはバタバタ。ナイママの上がり3ハロンは37.5秒。

 

札幌2歳ステークス2018最終追い切り・

門別競馬場 不 74.0-61.4-49.9-37.5-13.3<3>直強目追う

 

※【札幌2歳ステークス2018・過去結果データメモ】コスモス賞から斤量変わらずのナイママ。コスモス賞ではテンかなり早く引っ張る馬がいる中、そこそこ早いラップで追いかけて、中間ラップ上がっても対応して1着でゴール(ナイママの上がりは最速ではない)。馬場状態の見立てはあるのだけど、ラップ面では馬券から消す必要はない。

 

ただ、ゴール近く鞍上がどうにかこうにか残ってる脚を振り絞るように追ってるように、次走で使える脚を少しでも残してたレースとは言い難い。

 

もう一つ、2018年の札幌2歳ステークスでナイママは1角入るまでにニシノデイジーなどを前に入り込んできてカットしてるシーンがある(ナイママは無理な競馬をしてるという話)。加えて、2018年の札幌2歳ステークスは向正面〜3角で垂れて来る馬を交わすのに「着順が着順にならなくなる事象」が起こってるポイントは見逃さない方がいい。

 

スポンサーリンク




札幌2歳ステークス2018・3着・クラージュゲリエ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2018年札幌2歳ステークス3着、クラージュゲリエ(オッズ・1番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、2歳新馬戦(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、10番・1着。モレイラ騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-12.9-14.7/14.1-12.8-12.5/12.0-11.3-11.3

 

クラージュゲリエは、8枠10番からスタート。スタートまずまず。外枠から押さえていくクラージュゲリエ。内目に入りつつ、内に1頭いる外を回って1角入り。

 

逃げたのは、レッドヴィータ。テン3ハロンを40.2秒。果てしないドスロー。函館・札幌の新馬戦でよく見かける光景ではあるけれど、果てしない。クラージュゲリエのテン3ハロンは40.7秒。北の地のドスロー街道。

 

1角-2角。先行ポジションにクラージュゲリエは付ける。しかし、果てしないドスローにタマランと追い上げてく馬が多数。しかし、クラージュゲリエの鞍上はとことんドスローに付き合う。かなり強目に手綱を押さえ込んで、押さえ込んで、後方まで下がる。モレイラ騎手が相当力を入れて押さえてるのがレース映像から見える。

 

向正面。ペースは全然上がらず。残り1000mあたりでもおおよそ標準くらいのラップで進む。クラージュゲリエは強めに押さえつつな展開変わらず、後方。

 

3角-4角。クラージュゲリエは内に2頭いる外→3頭外をきっちり回ってく。

 

直線、大外へ出されるクラージュゲリエ。距離ロスありつつも、追って追って、先頭を走るレッドヴィータを交わしてからは余力で走り1着でゴール。クラージュゲリエの上がり3ハロンは34.0秒。上がり最速。

 

札幌2歳ステークス2018最終追い切り・

札幌ダート 良 70.3-54.3-38.8-12.1<8>馬なり余力

 

※【札幌2歳ステークス2018・過去結果データメモ】クラージュゲリエの斤量は新馬戦と変わらずの54キロ。前走の新馬戦で、果てしないドスローなペースを都合よく楽に使わず、とことん強目に押さえて脚貯める競馬をしたクラージュゲリエ。人気になりやすい典型的なパターンではあるけれど、人気がどうの、オッズがどうの、鞍上がどうの、厩舎、馬主がどうの外厩がどうのではなく、押さえなくってどうする? という前走内容。

 

札幌2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく札幌

2017年札幌2歳ステークス・過去レース結果データ

 

札幌2歳ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-12.0-12.5/12.6-12.6-12.4/12.3-11.9-12.4

 

1着・ロックディスタウン(1番人気・ルメール騎手・馬体重490kg)

2着・ファストアプローチ(4番人気・蛯名正義騎手・馬体重538kg)

3着・ダブルシャープ(7番人気・石川倭騎手・馬体重470kg)

 

 

スポンサーリンク




札幌2歳ステークス2017・オッズ・過去配当結果

札幌2歳ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 300円

複勝 11・160円/14・280円/7・420円

 

札幌2歳ステークス2017・1着・ロックディスタウン【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・オルフェーヴル産駒)

2017年札幌2歳ステークス1着、ロックディスタウン(オッズ・1番人気。血統・オルフェーヴル産駒)の前走は、2歳新馬戦(新潟競馬場・芝1800m)でした。枠順は、5番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-12.2-12.8/13.4-13.6-12.8/11.2-10.5-11.1

 

ロックディスタウンは、5枠5番からスタート。スタートよし。押さえつつ、押さえつつ。中団前あたりの内目をロックディスタウンは走っていく。

 

逃げたのは、マヤノフロスティ。テン3ハロンを37.8秒とドスローなペースで逃げ。ロックディスタウンのテン3ハロンは38.3秒。強目に押さえつつ。

 

3角-4角。馬群の中に入れて押さえつつの追走、ロックディスタウン。中間ラップは早くならず、遅いまま。内に1頭外を走っていく。

 

直線。ロックディスタウンの前がしばらく壁で追い出せず。残り400m過ぎから前が空いて、強目に追い始め、差し切って1着。上がり3ハロン32.5秒。レース映像の印象として強くは追ってない。

 

札幌2歳ステークス2017最終追い切り・

札幌芝 良 65.3-50.4-35.9-12.1<6>直強目余力

 

※【札幌2歳ステークス2017・過去結果データメモ】ロックディスタウンの斤量は前走と変わらず。ドスローな新馬戦勝ちで上がりがしっかりある馬が次走、馬券になるパターン。道中、遅いペースを楽して走ってない。きちんと押さえが効いてる。

 

札幌2歳ステークス2017・2着・ファストアプローチ【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・Dawn Approach産駒)

2017年札幌2歳ステークス2着、ファストアプローチ(オッズ・4番人気。血統・Dawn Approach産駒)の前走は、2歳未勝利戦(札幌競馬場・芝1500m)でした。枠順は、10番・1着。ティータン騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・6.8-11.5-11.3/11.7-12.0/12.1-11.5-12.4

 

ファストアプローチは、8枠10番からスタート。札幌芝1500mの不利枠外枠から出遅れてスタートしたファストアプローチ。強めに外目で押さえつつ、押さえつつ。

 

逃げたのは、ロードネプチューン。テン3ハロン35.5秒。かなり早いラップ。ファストアプローチのテン3ハロンは36.1秒。こちらもそこそこ早い。

 

ファストアプローチの前で強烈に押さえ込んでた、ココロストライクが下がってくるのをファストアプローチは半分くらい受け止めてる。少し下がる形に。

 

向正面。中間ラップは息入れず早目で流れてく。厳し目に流れてくラップの中、ファストアプローチはじわじわと追い上げてく。

 

3角-4角。ファストアプローチは内に2頭3頭いる外をきっちり回っていく。

 

直線。直線入り口過ぎ先頭に立ち、ファストアプローチは強めに追うも、残り100mくらいで鞍上振り返って「もう、大丈夫」と流して1着でゴール。ファストアプローチの上がり3ハロンは35.6秒。

 

札幌2歳ステークス2017最終追い切り・

札幌芝 良 84.0-67.8-52.4-37.4-12.1<7>馬なり余力

 

※【札幌2歳ステークス2017・過去結果データメモ】未勝利戦からは斤量変わらずのファストアプローチ。前走、出遅れ+下がってきた馬を受け止め+テン早い+中間も早い+外目走り+流すシーンあり、上がりそこそこ。次走の札幌2歳ステークスで「脚を整えて走らせるといいですよ」カードが何枚もある形。最低限、ヒモに入れたい走り方をしている。

 

札幌2歳ステークス2017・3着・ダブルシャープ【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ベーカバド産駒)

2017年札幌2歳ステークス3着、ダブルシャープ(オッズ・7番人気。血統・ベーカバド産駒)の前走は、クローバー賞(札幌競馬場・芝1500m)でした。枠順は、4番・1着。石川倭騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・6.9-11.9-12.0/12.0-12.0/12.0-12.1-11.9

 

ダブルシャープは、4枠4番からスタート。若干後手なスタート。ダブルシャープは押さえつつもペースが上がらないので、強目の押さえる形に。

 

逃げて行ったのは、キョウエイルフィー。テン3ハロン36.8秒。少し遅目な逃げ。ダブルシャープのテン3ハロンは37.4秒。遅目。

 

向正面。中間ペースは標準あたりで進む。ダブルシャープは若干前に引っ張られるシーンあるも、引き続き強目の押さえが続く。

 

3角-4角。内に1頭いる外を回っていくダブルシャープ。追い出しは少し他馬より遅め。それまで押さえ続けてる。

 

直線。ダブルシャープは追い出せる位置をすぐに確保。タワーオブロンドンに負けず、1着。ダブルシャープの上がり3ハロンは35.8秒。

 

札幌2歳ステークス2017最終追い切り・

門別競馬坂路 良 42.1-27.3-13.8

 

※【札幌2歳ステークス2017・過去結果データメモ】斤量はクローバー賞から変わらず54キロのダブルシャープ。スタートから脚貯めて、直線追い込んで上がり35.8秒は逃げ馬のペースを考えると早くはないラップ。だけど、ダブルシャープの直線の追い方は両手で一杯追ってるわけではなく、ムチを多用してる時間の方が長い。微妙な差だけれども、強く追ってた場合、タワーオブロンドンと着差はもう少しついて、上がりも早くなってたはず。

 

ダブルシャープはスタートから脚を溜め続けた展開で追い出すタイミングがゴールに近いのも見るポイントかと。ただ、買い目に残すとして、印の重さを上げ切るまでの材料にはならないかな?(コーナーが2つ増える方に適正があるかどうか? という話)。

 

とかく2歳戦3歳戦は新馬戦だろうが未勝利戦だろうが、自分が当たり前と考えてることをひょいひょい凌駕してくる馬が多い。そこで変に見立てを修正しすぎると、古馬のレースで下手を打つこともあるので注意した方が無難。愚痴も出ない(フロック扱いしてしまうのもこれまた違う話でもあったりする。自分が競馬を見てきて刻みつけてる定規の目盛り調整の話)。

 

札幌2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

札幌オリンピック [東宝DVD名作セレクション]

2016年札幌2歳ステークス・過去レース結果データ

 

札幌2歳ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.7-12.4/12.6-12.6-12.3/12.0-11.8-12.2

 

1着・トラスト(5番人気・柴田大知騎手・馬体重456kg)

2着・ブラックオニキス(10番人気・城戸義政騎手・馬体重408kg)

3着・アドマイヤウイナー(7番人気・岩田康誠騎手・馬体重496kg)

 

札幌2歳ステークス2016・オッズ・過去配当結果

札幌2歳ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 970円

複勝 5・370円/13・1180円/12・470円

 

札幌2歳ステークス2016・1着・トラスト【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)

2016年札幌2歳ステークス1着、トラスト(オッズ・5番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)の前走は、クローバー賞(札幌競馬場・芝1500m)でした。枠順は、8番・2着。柴田大知騎手。

 

馬場状態・重寄りの稍重

レースラップ・6.9-11.7-11.7/11.8-12.3/12.2-12.4-12.4

 

トラストは、8枠8番からスタート。鞍上のバランスが崩れるくらいの出遅れ。しかし、二の脚でかなり強めに押さえつつ中団へ。

 

逃げて行ったのは、コスモアリオーゾ。テン3ハロン36.2秒。そこそこ早いラップの刻み。トラストのテン3ハロンは36.8秒。馬場状態からすると標準ラップ。

 

向正面。残り1000mまでかなり早いラップで進み、残り800mあたりは標準あたり。トラストは出遅れを外目で挽回。早すぎるラップに釣られないようにトラストは強めにブレーキかけてるシーンあり。

 

3角-4角。トラストはスピードに乗せつつ、内に2頭いる外をきっちり回っていく。

 

直線。追い出せる位置をトラストは悠々確保。一杯に追って追って、2着。トラストの上がり3ハロンは36.8秒。

 

札幌2歳ステークス2016最終追い切り・

札幌芝 良 65.7-51.1-36.7-11.9<7>馬なり余力

 

※【札幌2歳ステークス2016・過去結果データメモ】トラストの斤量はクローバー賞から変わらずの54キロ。前走で、出遅れ+ペース早いのを強目に押さえつつ追走+外目走り。トラストの上がり3ハロンは気持ち遅いが、トラストのテン3ハロンも遅いわけではないので、距離伸びてコーナー増えた時には早いペースの経験は役立つ(当たり前に流れるペースが遅くなることが多いから)。

 

札幌2歳ステークス2016・2着・ブラックオニキス【過去データ】(オッズ・10番人気。血統・ブラックタイド産駒)

2016年札幌2歳ステークス2着、ブラックオニキス(オッズ・10番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、クローバー賞(札幌競馬場・芝1500m)でした。枠順は、2番・1着。城戸義政騎手。

 

馬場状態・重寄りの稍重

レースラップ・6.9-11.7-11.7/11.8-12.3/12.2-12.4-12.4

 

ブラックオニキスは、2枠2番からスタート。スタート良い。スピードに乗せて行くも、逃げて行ったコスモアリオーゾに前に入られる、ブラックオニキス。インを押さえつつ走ってく形に。

 

逃げ馬、コスモアリオーゾ。テン3ハロン36.2秒。そこそこ早いラップの逃げ。ブラックオニキスのテン3ハロンは36.7秒。気持ち早目。

 

向正面は残り1000mまではラップ早目。ブラックオニキスはインをスピードに乗せつつ追走して行く。

 

3角-4角。インを回ってくブラックオニキス。

 

直線。抜け出しにくいところにブラックオニキスはいたものの、空いたところを攻めて、伸びて伸びての1着。ブラックオニキスの上がり3ハロンは、36.7秒。上がり最速。

 

札幌2歳ステークス2016最終追い切り・

札幌芝 良 45.5-14.3<6>馬なり余力

 

※【札幌2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ブラックオニキスの斤量は前走と変わらず54キロ。かなり早いペースをインベタとはいえ脚を貯めつつ追走して、直線、上がりを使えた。トラスト同様、早いペースの経験が距離延長で生きた形かと。

 

印の重さは出走馬次第だけど、この手のタイプはヒモには入れたい。

 

(声を小さくしてささやくと、この時期の経験の少ない馬たちによる2歳戦は、レース映像分析的に「果てしないドスロー+上がりあり」or「テン・中間早いラップ経験馬」の取捨選択だったりする)。

 

札幌2歳ステークス2016・3着・アドマイヤウイナー【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ワークフォース産駒)

2016年札幌2歳ステークス3着、アドマイヤウイナー(オッズ・7番人気。血統・ワークフォース産駒)の前走は、2歳新馬戦(函館競馬場・芝1800m)でした。枠順は、2番・1着。岩田康誠騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.5-11.7-12.4/12.6-12.4-12.2/12.3-12.6-12.1

 

アドマイヤウイナーは、2枠2番からスタート。一つ内のウインポプリの勢いが良く、アドマイヤウイナーのスタート若干後手。軽くうながしてウインポプリの隣に入っていこうとするも、外から外から入ってくる馬がいて、アドマイヤウイナーは後手。後手踏んだ分を取り戻しつつ1角入り。インを追走して行く。

 

逃げたのは、コパノベスト。テン3ハロンを36.6秒。函館競馬場・芝1800m・2歳未勝利レベルでおおよそ標準。アドマイヤウイナーのテン3ハロンは37.5秒。やや遅め。

 

向正面。「12.6-12.4-12.2」と、1ハロンごとに気持ち早くなって行ってる。アドマイヤウイナーは1頭外へ出して行く。

 

3角-4角。内1頭の外を走るアドマイヤウイナー。斜め前を走るハローユニコーンが追って追ってるものの、ついて行けず、あっぷあっぷしてる。アドマイヤウイナーは斜め後ろで勢いが相反してて、付き合うことになりしんどいシーン。加えて、先行していたロイヤルヒーローの脚がなくなり垂れて来るのにも付き合う。4角あたりで一度アドマイヤウイナーは引いて、内に入れて垂れるロイヤルヒーローを交わして行く。

 

アドマイヤウイナーの通過順位が「6-5-3-4→1着」になってるからくりはレース映像を見るとバッチリ映ってて誰にも確認できる。

 

直線。インの狭いところから進路を探して、アドマイヤウイナーは他馬との追い出しが数完歩遅れるもムチ入れて軽く手前変えて変えて軽く追って、1着でゴール。上がり3ハロン36.7秒(ゴール後、岩田騎手が首をブルブルっと震わせて、ベーっと舌を出してるシーンがバッチリ映ってる。嬉しかったのかなん?)。

 

札幌2歳ステークス2016最終追い切り・

札幌芝 良 63.8-50.2-35.9-11.6<6>強目に追う

 

※【札幌2歳ステークス2016・過去結果データメモ】アドマイヤウイナーの斤量は変わらず。前走の新馬戦。1角入るまでに後手を踏む。ペースは標準あたりから。気持ちペースが早くなりつつある中、しんどいシーンが二つ。直線、抜け出してゴールする労力は軽い。上がり3ハロンはある。2016年の札幌2歳ステークスで12番枠になったのは引っかかるが、完全に買い目から消していい前走の走りではない。「納涼・脚を整えられませんでした祭りカード」は集まってる。

 

以上、札幌2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

札幌2歳ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.