競馬レース映像分析ネタ

紫苑ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

紫苑ステークス 競馬予想 過去

 

紫苑ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

紫苑ステークス2019(G3)。中山競馬場・芝2000mで行われます。3歳牝馬たちによるレース。アップダウンのある中山芝2000m。秋華賞トライアル。秋華賞へと向かいたい3歳牝馬たちが中山の芝に集まります。

 

紫苑ステークスの「紫苑」とは、キク科の多年草のことだそう。1着賞金は3500万円。

 

2019年の紫苑ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の紫苑ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、紫苑ステークス。激走する脚質、傾向、法則はあるか? 分析します。

 

紫苑ステークス、歴代優勝馬、勝ち馬は、アルコセニョーラ、モエレカトリーナ、ダイアナバローズ、カルマート、パララサルー、セキショウ、クインズミラーグロなどなど。

 

スポンサーリンク




紫苑ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

紫苑ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の紫苑ステークスのレース映像分析ではありません。過去の紫苑ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の紫苑ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。実際に走った馬を見て競馬予想すると自信に繋がります。オッズ、人気にとらわれず有力馬が見つけやすい。自分なりの展望をしやすくさせます(慣れるまでに時間はかかるけども)。

 

紫苑ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ビッシュ、ディアドラ、ノームコア。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の紫苑ステークスで馬券になったのか。マウレア、カリビアンゴールド、ヴィブロス。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。3連単買おうが、3連複買おうが、単勝、複勝、ワイドでも気になる有力馬。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、紫苑ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

紫苑ステークス 過去データ分析

紫苑ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に紫苑ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に紫苑ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

紫苑ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも紫苑ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の紫苑ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の紫苑ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の紫苑ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

紫苑ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

紫苑物語(新潮文庫)

2018年紫苑ステークス・レース過去結果データ

 

紫苑ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.8-12.2/12.3/12.7-11.9-11.8/11.5-11.5-11.2

 

1着・ノームコア(2番人気・ルメール騎手・馬体重456kg)

2着・マウレア(1番人気・武豊騎手・馬体重440kg)

3着・ランドネ(7番人気・吉田隼人騎手・馬体重508kg)

 

紫苑ステークス2018・オッズ・過去配当結果

紫苑ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 420円

複勝 14・150円/1・130円/8・310円

 

スポンサーリンク




紫苑ステークス2018・1着・ノームコア【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2018年紫苑ステークス1着、ノームコア(オッズ・2番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、フローラステークス(東京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、16番3着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.1-12.0-11.8/12.1/12.1-12.0-11.9/11.5-11.3-11.7

 

ノームコアは、8枠16番からスタート。東京競馬場・芝2000mで不利な大外枠16番から、まずまずのスタートも、押さえつつ様子見で前目へ向かうノームコア。先行できるも2角入りは内に2頭いる外目走りに。

 

逃げたのはデュッセルドルフ。テン3ハロンを36.9秒。3歳オープン馬のラップとしては少し遅めの逃げ。ノームコアのテン3ハロンは37.0秒。内に2頭いる外を走ってるので距離ロスを加味するとしんどさは結構ある形。

 

向正面。内にいた1頭、カーサデルシエロが引いて、内にいるのは逃げ馬デュッセルドルフ。強めに押さえつつの展開になるノームコア。残り1200m付近から「12.1-12.0-11.9」とテンは少し遅めで入りつつも、中間過ぎから少しずつペースアップしていく。テンの入りは決してドスローではないので、流れとしては結構辛い。

 

3角-4角。内に1頭いる外を押さえつつ回っていくノームコア。

 

直線。ノームコアは、一杯に追って追うもサトノワルキューレ、パイオニアバイオに交わされて、クビ・クビの3着(0.1秒差)。ノームコアの上がり3ハロンは34.6秒。

 

紫苑ステークス2018最終追い切り・

美浦W 稍 - - - -(モヤか何かで計測できなかった?)

 

※【紫苑ステークス2018・過去結果データメモ】ノームコアの斤量はフローラステークスから変わらずの54キロ。東京芝2000mの大外枠から先行ポジションを取るのはかなり辛いもの。スタートしてすぐコーナー入りする以上、スピードは出せない。それでも押さえつつ外目とはいえ先行して行ったノームコア。テンは早くならなかったものの、中間ラップは結構早い刻み方。それでも1頭外をついていく。2頭に競い負けたと言っても、上がり3ハロン34.6秒で0.1秒差。

 

紫苑ステークスの印の重さはあれど、前走内容からノームコアを消す選択肢はない。

 

スポンサーリンク




紫苑ステークス2018・2着・マウレア【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年紫苑ステークス2着、マウレア(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、3番・5着。武豊騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-12.0/11.9-12.0-12.2/12.4-12.3-12.4/12.2-11.1-11.6

 

マウレアは、2枠3番からスタート。スタートまずまずも少しずつ下げて馬群の中へ入るマウレア。かなり強めに押さえつつ1角入っていく。少々、ガチャガチャするシーン有り。

 

逃げて行ったのは、サヤカチャン。テン3ハロンを35.7秒。おおよそ標準のラップ。マウレアのテン3ハロンは37.3秒。

 

1角-2角。内に1頭いる外を回っていくマウレア。押さえ込むのに少し苦心してる模様。

 

向正面。後続をどんどん離してペースをあげるサヤカチャン。残り1200m切ってからもそこそこ早いペースでレースは進む。マウレアは折り合いつつ、内に1頭いる外を走ってく。

 

3角-4角。マウレアは引き続き、内に1頭いる外を回っていく。

 

直線。入り口でマウレアの前は壁気味。軽く追いつつ進路を探して、勝ち馬アーモンドアイが抜けた後、マウレアは追い出す。ムチ入れ多用しつつの追い方で伸びるも5着。マウレアの上がり3ハロンは34.0秒。

 

紫苑ステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 68.4-53.1-38.6-12.8<7>馬なり余力

 

※【紫苑ステークス2018・過去結果データメモ】マウレアの斤量はオークスより1キロ減。54キロ。前走のオークス、サヤカチャンが作る早いペースに引っ張られないように強めに押さえつつな展開のマウレア。直線、アーモンドアイに簡単に抜けていかれて無理しない騎乗でゴールしてるように思える。3着・ラッキーライラックの追いっぷりと比べればはっきりするかと。それでいて、上がり3ハロン34.0秒は優秀。

 

ただ、騎手心理としては無理に追わなくていいときは無理に追わないものです(かなりの妄想含む話ですけど、マウレアは紫苑ステークス2着後引退してる)。

 

紫苑ステークス2018・3着・ランドネ【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・Blame産駒)

2018年紫苑ステークス3着、ランドネ(オッズ・7番人気。血統・Blame産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、14番・11着。内田博幸騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.1-12.0/11.9-12.0-12.2/12.4-12.3-12.4/12.2-11.1-11.6

 

ランドネは、7枠14番からスタート。スタートうまいこと出て、押さえつつ様子を伺うランドネ。かなり強めに押さえられつつ、1角入り。

 

マウレアのところに書いた通り、逃げたのはサヤカチャン。テン3ハロン35.7秒。サヤカチャンについていく、ランドネ。ランドネのテン3ハロンは36.2秒。

 

1角-2角。ランドネは内に1頭外を回っていく。早くなり過ぎるのを押さえこんでる。

 

向正面。ペース上げるサヤカチャン。ペースは落ちることなく進んでく。2番手で押さえてくランドネ。2番手といっても楽してるわけではないペース。ペースやラップが遅ければ脚は貯めやすい。しかし、ペースやラップが早いとき、脚を貯めていくのはなかなか困難な馬が多い。

 

3角-4角。内に1頭外を回ってくランドネ。サヤカチャンとの差は埋まっていく。

 

直線。サヤカチャンを捕まえに出るランドネ。しかし、早いペースを長い距離走ったこともあってか、フラッフラな脚。あっさり後続に交わされる。サヤカチャンは交わせたが伸びはジワジワ程度なランドネ。11着でゴール。上がり3ハロンは36.1秒。ヘロヘロで垂れたというより、粘ってたが正解。ウチパクさんの意地。

 

紫苑ステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 不 52.3-37.9-25.0-12.6 一杯に追う

 

※【紫苑ステークス2018・過去結果データメモ】ランドネはオークスから1キロ減。オークスのサヤカチャンが作ったペースはテンはそこまでではないものの、中間も息入れず早く流れた。それに2番手、内1頭外目でついて行ったのがランドネ。早いペースの中早いラップで走った馬の距離短縮は基本買い。

 

ただし、本命タイプではない(コーナーが減る場合は別に考える。ランドネは秋華賞6着後、コーナー減な修学院ステークスで1着。次走、愛知杯でコーナー増で逃げるも逃げ切れずの3着)。

 

紫苑ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

NBK 手芸用 畳へりテープ 彩羽 紫苑 10m巻 紫 HER36

2017年紫苑ステークス・過去レース結果データ

 

紫苑ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.4-12.3/12.5/12.8-12.3-11.9/11.5-11.4-11.4

 

1着・ディアドラ(1番人気・岩田康誠騎手・馬体重478kg)

2着・カリビアンゴールド(6番人気・田中勝春騎手・馬体重454kg)

3着・ポールヴァンドル(4番人気・三浦皇成騎手・馬体重528kg)

 

スポンサーリンク




紫苑ステークス2017・オッズ・過去配当結果

紫苑ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 250円

複勝 16・120円/11・300円/7・210円

 

紫苑ステークス2017・1着・ディアドラ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2017年紫苑ステークス1着、ディアドラ(オッズ・1番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、HTB賞(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、7番・1着。岩田康誠騎手。

 

馬場状態・重馬場に近いやや重馬場

レースラップ・12.8-11.9-12.3/12.7/12.8-12.2-12.1/11.7-11.6-12.0

 

ディアドラは、7枠7番からスタート。発馬寄れるもまずまず。押さえつつ、押さえつつ進むディアドラ。かなり強めに押さえられて外目を選択していく。

 

逃げたのは、バイナリーコード。テン3ハロン37.0秒。遅めの逃げ。ディアドラのテン3ハロンは37.8秒。

 

1角-2角。ディアドラは内に2頭いる外目を押さえつつきっちり走っていく。

 

向正面。残り1000mあたりからペースが上がっていく。ディアドラは押さえつつ追走。

 

3角-4角。ディアドラはもう1頭外、内に3頭いる外へ出してきっちり回っていく。手応えありそうな感じも結構な距離ロス。

 

直線。ディアドラの一つ内を走るラヴィエベールにもう1頭余計に外を余計に回る感じで、馬場の真ん中に出されるも強目に追ってラヴィエベールを交わさせず1着でゴール。ディアドラの上がり3ハロンは35.0秒。

 

紫苑ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 58.3-41.3-25.3-12.0 末一杯追う

 

※【紫苑ステークス2017・過去結果データメモ】ディアドラの斤量はHTB賞から2キロ増。前走、逃げ馬のペースはそこまで早くなかったものの、中間から早くなってく展開。それを追いかけたディアドラ。馬場の重たい中、コーナーで距離ロスしつつも押さえが効いて、上がり3ハロン35.0秒の上がり最速。馬場の渋った洋芝から考えて、ディアドラの上がりは早い。オークスも上がり最速の4着馬。1番人気とはいえ、消す材料なし。歯向かう材料なし。

 

スポンサーリンク




紫苑ステークス2017・2着・カリビアンゴールド【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2017年紫苑ステークス2着、カリビアンゴールド(オッズ・6番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、かもめ島特別(函館競馬場・芝1800m)でした。枠順は、8番・2着。蛯名正義騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-12.0-12.3/12.4-12.4-12.0/11.5-11.4-11.4

 

カリビアンゴールドは、8枠8番からスタート。若干がちゃっとスタート。強目に押さえつつ前目へ行くカリビアンゴールド。かかってるのを押さえ込むのに力を使ってる感じ。外目で1角入り。

 

逃げて行ったのは、スズカゼ。テン3ハロン37.2秒。遅めの逃げ。カリビアンゴールドのテン3ハロンは37.5秒。

 

1角-2角。押さえ込みつつ、カリビアンゴールドは内に2頭いる外を回っていく。

 

向正面。スズカゼの作るペースは早くならず、末脚勝負なペースに。カリビアンゴールドは押さえつつ、押さえつつ。外からアンドリエッテが交わしていくも、引っ張られず逆に前に壁が作られた状況に。

 

3角-4角。カリビアンゴールドは内に2頭いる外を回りつつ、アンドリエッテをかわすのに更に外へ回る。

 

直線。一杯に追って追って追うも、ポールヴァンドルを交わせずのカリビアンゴールド2着。上がり3ハロン34.0秒。上がり最速。

 

紫苑ステークス2017最終追い切り・

美浦坂路 重 56.0-41.3-26.2-12.2 馬なり余力

 

※【紫苑ステークス2017・過去結果データメモ】カリビアンゴールドはかもめ島特別から斤量は2キロ増。前走は流れは遅かったものの、かかったのを押さえつつ1角外目を入って行って、まくられるもさらに外目に出して追い込んで上がり最速の2着。カリビアンゴールドの上がり3ハロン34.0秒はテンの遅さからしても外目周りであり、早い。距離延長歓迎タイプ。

 

紫苑ステークス2017・3着・ポールヴァンドル【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ダイワメジャー産駒)

2017年紫苑ステークス3着、ポールヴァンドル(オッズ・4番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、かもめ島特別(函館競馬場・芝1800m)でした。枠順は、5番・1着。池添謙一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-12.0-12.3/12.4-12.4-12.0/11.5-11.4-11.4

 

ポールヴァンドルは、5枠5番からスタート。スタート好発。押さえつつ先行ポジションへ向かうポールヴァンドル。そのまま1角入り。

 

逃げた、スズカゼ。テン3ハロン37.2秒。逃げは遅め。ポールヴァンドルのテン3ハロン37.3秒。

 

1角-2角。内に1頭いる外を回っていくポールヴァンドル。押さえつつ。

 

向正面。カリビアンゴールドのところに書いた通り、スズカゼのペースは上がらず。押さえつつな展開変わらずのポールヴァンドル。

 

3角-4角。位置取りは内に1頭外を回るポールヴァンドル。押さえつつも追い出す準備。

 

直線。追って追って、ポールヴァンドルはカリビアンゴールドに交わさせず1着でゴール。上がり3ハロン34.3秒。

 

紫苑ステークス2017最終追い切り・

美浦W 重 66.3-51.9-38.6-12.8<8>馬なり余力

 

※【紫苑ステークス2017・過去結果データメモ】ポールヴァンドルの斤量はかもめ島特別より2キロ増。カリビアンゴールドとスタートからの動作は近しい感じ。早くならないペースを押さえ続けて、上がり3ハロン34.3秒。この数字は早い。函館・札幌を使った馬の取捨選択材料になるだろうレース内容。

 

※2017年紫苑ステークス出走馬18頭のうち、その後中央で馬券にならなかった馬が7頭。ダートに適性があった馬が1頭。

 

紫苑ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

黒ぶどう品種金シール 49×14mm 楕円形 500枚 (20枚×25シート) (紫苑(シエン))

2016年紫苑ステークス・過去レース結果データ

 

紫苑ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.0-10.9-11.9/12.1/12.7-12.3-12.1/11.7-12.0-12.0

 

1着・ビッシュ(1番人気・戸崎圭太騎手・馬体重420kg)

2着・ヴィブロス(3番人気・福永祐一騎手・馬体重414kg)

3着・フロンテアクイーン(5番人気・蛯名正義騎手・馬体重456kg)

 

紫苑ステークス2016・オッズ・過去配当結果

紫苑ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 310円

複勝 18・140円/9・210円/2・270円

 

紫苑ステークス2016・1着・ビッシュ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年紫苑ステークス1着、ビッシュ(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、14番・3着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.7-12.1/12.3-12.4-12.5/12.9-12.6-12.7/11.4-11.5-11.6

 

ビッシュは、7枠14番からスタート。スタートまずまず。押さえて押さえて中団から。大外枠スタートもあって、1角入りは外目。

 

逃げて行ったのはダンツペンダント。テン3ハロン35.1秒。かなり早めの逃げ。ビッシュのテン3ハロンは36.3秒。東京・芝2400m・3歳オープンの標準ラインすると、少し遅めのラップ。

 

1角-2角。強めに押さえつつ、内目2頭ほどいる外を回っていくビッシュ。

 

向正面。ダンツペンダントの逃げはテン3ハロンくらいまでが早かったものの、その後の刻みは早くない。残り1000mちょい過ぎて、実況アナが「まだゆったりとした流れ」。

 

3角-4角。中団の内2頭外からビッシュは4頭外へ出していく。残り800mは「12.7秒」とヨーイドンの上がり3ハロン勝負となった。

 

直線。ビッシュは追って追って一杯に追う。先頭に立つもすぐに外からシンハライトとチェッキーノに差される。ビッシュ3着。上がり3ハロン34.1秒。

 

紫苑ステークス2016最終追い切り・

美浦W 良 71.2-54.6-40.8-13.5<8>馬なり余力

 

※【紫苑ステークス2016・過去結果データメモ】ビッシュはオークスから1キロ増の55キロ。前走、ラップが早かったのは600mちょいでそこから先はペースが緩んだ。なのでペースの早さに付き合う必要はなく、上がり3ハロンはきっちり「早い」と言い切れる数字が出てる。ビッシュはペースが上がりつつある1角-2角で外目周り。ヨーイドンの手前3角-4角は内に4頭外を回って行く形で距離ロス多めだった。

 

※2016年の紫苑ステークスでビッシュは大外枠になったが、それは紫苑ステークスを勝つのには幸運だったかもしれない。3角で起きたウインファビラスの挟まれ気味に進路がなくなって詰まり、リズム感が狂い後続起きた大きな不利に全く参加しないでの勝ちなのである。

 

被害馬は7頭。部分的な「点」で起きたのではなく「面」で起きた不利である。着順を着順として見ない方がいいレースになった(もちろん、それでも強い馬はいるけれどビッシュは紫苑ステークス勝利後、馬券に絡んでいない。不利や負荷を食らった馬は次に分析する2着・ヴィブロスを含めその後のレースで6頭馬券になってる。中央で勝てなかった1頭も地方競馬に行って馬券になってる。細かいことを書くと、3着馬フロンテアクイーンも間接的に不利を食らってたりする。パトロールビデオを何度も再生しないと腑に落ちないところのある部分であり、面倒さはオッズに溶け込む)。

 

紫苑ステークス2016・2着・ヴィブロス【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年紫苑ステークス2着、ヴィブロス(オッズ・3番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、3歳上500万下(中京競馬場・芝2000m)でした。枠順は、2番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.5-12.3/12.0/12.1-12.1-12.4/11.9-11.7-11.7

 

ヴィブロスは、2枠2番からスタート。ポーンとスタート勢いよく出るも、かなり強目に押さえ込んでいくヴィブロス。逃げたい馬、先行して行きたい馬を先にやって、中団あたりまで下げての1角入り。

 

逃げ馬はラブコール。テン3ハロン36.6秒やや早い逃げ。ヴィブロスのテン3ハロンは37.9秒。

 

1角-2角。ヴィブロスは内に2頭いる外をきっちり回っていく。押さえが効いてる追走。

 

向正面。気持ち早い逃げだったが加速すぎることなく進む。残り800mは少し緩む。ヴィブロスは変わらず強めに押さえつつ。前を走ってるアグリナデシコがついていけなくなり、あっぷあっぷするのに付き合って位置取りを下げてるシーンがある(ヴィブロスの通過順位は「8-9-10-11→1着」のVライン)。

 

3角-4角。ヴィブロスは少しずつスピードに乗せつつ、内に3頭外→5頭外へ出していく。

 

直線。かなりの大外へ出したヴィブロス。強目に追い始めるが、全頭交わしてからは弱め追いから流してゴール。1着。ヴィブロスの上がり3ハロン34.4秒。上がり最速。

 

紫苑ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 53.7-39.2-25.6-12.6 馬なり余力

 

※【紫苑ステークス2016・過去結果データメモ】ヴィブロスは500万下より斤量2キロ増。前走、ペースは速くはならなかったがスローペースではない。ヴィブロスはスタートから他馬の都合を通させて、外目を走る+下がってくる馬にも付き合う+輪をかけて外目追走+上がり最速。「馬券の買い目から消さない方がいいぞカード」がそこそこ集まってる状態だった。

 

※ノド手術明けのチューリップ賞は阪神芝1600mの不利枠からテン3ハロン34.6秒と暴走。それでも上がり34.8秒で12着。フラワーカップは後手気味スタートで内から無理に前に入られて、ごちャゴチャして1角入り。下がって落ち着かせるのに苦労する脚の整わないレース。それでいて上がり35.4秒ある12着(ひょっとして乗り替わりはプラスだった?)。

 

紫苑ステークス2016・3着・フロンテアクイーン【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・メイショウサムソン産駒)

2016年紫苑ステークス3着、フロンテアクイーン(オッズ・5番人気。血統・メイショウサムソン産駒)の前走は、オークス(東京競馬場・芝2400m)でした。枠順は、12番・6着。蛯名正義騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.3-10.7-12.1/12.3-12.4-12.5/12.9-12.6-12.7/11.4-11.5-11.6

 

フロンテアクイーンは、6枠12番からスタート。若干スタート後手。押さえつつ後方からのフロンテアクイーン。しかし、12番枠からなもので外目で1角入り。

 

逃げ馬はダンツペンダント。テン3ハロンを35.1秒の逃げ。かなり早めの逃げ。フロンテアクイーンのテン3ハロンは37.2秒。

 

1角-2角。かなり押さえつつ、うちに1頭いる外を回っていくフロンテアクイーン。

 

向正面。ビッシュのところに書いた通り、ペースは上がらすむしろ遅いペースな展開で進む。フロンテアクイーンの位置取りは変わらず、押さえつつ。

 

3角-4角。ヨーイドン手前。フロンテアクイーンは内に1頭開けた外を回っていく。

 

直線。追って、馬群割って抜け出してくるフロンテアクイーン。一杯に追って「もしや」という瞬間を作るも6着入線。上がり3ハロン34.1秒。

 

紫苑ステークス2016最終追い切り・

美浦W 良 66.9-52.1-38.1-13.3<2>馬なり余力

 

※【紫苑ステークス2016・過去結果データメモ】オークスからフロンテアクイーンの斤量は1キロ減。オークスで、早かったのはテン3ハロンくらいで脚ためやすい展開だったとはいえ、フロンテアクイーンの適正距離は長かったか。ただ、スタートから脚ためて行って上がり3ハロン34.1秒と見せているので、ヒモには塗って起きたい感あり。オークスの芝2400mは初物の距離で、適正距離とずれてることもよくある。

 

以上、紫苑ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

紫苑ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.