繰り返しの謎解き商会

*

中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

      2017/12/24

中央競馬(JRA)や、地方競馬の予想に、競馬新聞に載ってるスピード指数などを使ったことがないという話。競馬ブックのレイティングJRDB日刊コンピ指数……能力、タイム、血統、展開指数。

 

競馬予想における、指数の作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるのです。しかし、出されてる数字に興味がない。ゆえに、馬券の当たる確率を高めるために自作しようと思ったこともない。

 

そんな、競走馬の能力を数字に見立てる指数について書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク




中央競馬(JRA)でも、地方競馬でも、なんらかの形で競走馬の力を数字化したもの、指数が競馬新聞に書かれています。

アンドリューベイヤーの指数、西田式スピード指数競馬ブックのスピード指数、日刊コンピ、タイム指数、レイティング……。JRDBの指数……。会費が必要だったり、無料のものだったり。

 

調べればもっともっとあることでしょう。インターネット上にすんごいデータ化されてありそう……。

 

また、市丸博司さんだったり競馬予想家の考える指数。競馬新聞に書かれている指数(なんらかの形で指数が書かれてない競馬新聞は今、ないですね)。

 

馬券裁判の卍氏も毎週指数をブログに書かれています(※有料化されたようです)。

 

あと、指数的なのは調教の評価などもそう。

 

関連→史上最強の馬券師卍。大勝の法則。競馬最強の法則2013.10感想。JRAにネット投票、馬券で儲け出す。カスタマイズして使用した、馬券予想ソフト馬王。

 

関連→卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

 

関連→『競馬で1億5千万儲けた予想法の真実』、外れ馬券裁判の当人卍氏の競馬本が発売されるのだそう。馬券の購入方法、ツール・過去データ分析方法・資金管理

 

スポンサーリンク




競馬予想における指数の意味

指数は予想のとっかかりとして具合がいいものではあります。そういう意味はおおいにあると思います。オッズと見比べて妙味のある馬を選ぶこともできるでしょう。馬券の買い方を考える上でも楽なのかと思います。パッとわかりますから。

 

なのですが、馬券を買い始めてから4年とちょっと。思えば、1度も指数を使って馬券予想をしたことがない、指数を当てにして馬券を買ったことがないなぁと、ふと頭を過りまして……。

 

どうしてだろうと。その話をブログに書いてみようかと。

 

関連→競馬予想ではパドックよりレース映像・動画を重要視する。馬体の最新情報を見極める、攻略することに意味がないのではなく、競走馬が仕事をするのはレースだから

 

関連→競馬予想方法の考え方として「馬券にならない馬をどのくらい消せるか」は重視したほうがいい。トリガミの買い目を減らす。回収率上げる。外れ馬券裁判で考えた。

 

関連→競馬予想する上で穴党・本命党と決め、馬券を買わないほうがいい理由。意味ある買い方するなら、精神的に偏らないほうが回収率上がる。本命・対抗・大穴・記号

 

指数の高い馬を買ってればさ、楽だけど……

馬券買い始めた頃から「指数の数字が高いのを買っていて馬券が当たったら、楽なことはない」なんて陳腐な表現ですけど、そういう感覚ってありました。単純に、指数に対する違和感だったのですが。

 

競馬に限らず、その手の具合良く並んでいる数字で儲けられるほど、アマカナイ、アマカナイヨの世界でしょう。

 

こう、なんといいましょうか、使い勝手がいいように見えて、使い勝手がよくないように思えたんです。馬券における指数って。

 

といいますのは、予想にはこういう要素があって、あって、あってといろいろ見て触れてきた上での指数導入ならいいのですけど、ハナから馬券初心者が指数を頼るのはよくないと……。

 

自分の競馬予想法、馬券術を構築する伸びしろをなくするように思えまして。

 

関連→競馬の馬券収支ノートを発掘。競馬初心者の頃、書き方、作り方は簡単に書いてたもの。いくら使って(購入して)当てたのか外れたのか。必勝法の入口【最初の万馬券】

 

関連→競馬予想初めた初心者の頃、一か月目で読んだ、馬券本メモ。血統・調教・騎手・穴馬券・馬単・三連単…知識ないですから

 

関連→競馬初心者の頃、二か月〜半年くらいで読んだ、馬券本メモ。坂路調教、鉄板競馬、穴馬、指数、レース映像分析、ヤリヤラズ、ラップタイム…

 

指数を競馬予想で使い続けてると……

指数をハナから使ってると競馬予想の瑣末な部分を見ようと思わなくなる。競馬本や馬券本雑誌のたぐいなんて知らなくってもいいや、俺はとなる。馬券が外れ、愚痴は増えていく。愚痴を言わなくするための納得の行く材料を仕入れなくなる。

 

こういう循環になるのが嫌だったのです。中央競馬・地方競馬に関わらず、競馬初心者の頃から指数べったりで行くとロクなことがないんじゃないか。

 

指数を構成する要素を知っててなのか、知らずなのか。この差は影響はでかい。

 

数字の高い低いは誰でも見分けがつきますから。

 

見分けがつく数字を使うとき「どうしてその数字になったのか」についてそれなりに知らない段階で使うのって恐くないのかと……。

 

指数の作り方や出し方の方程式、理論には興味があるけど、出された数字を使って馬券を買うことには興味がないまま競馬を続けています。レース映像を見て、年間の回収率が100%割らない年が続いても自作の指数を作ろうとも思いません。

 

関連→競馬のレース映像や動画の見方を結果から傾向分析するのは馬券予想で大切。JRA、地方競馬、当たる特徴研究しチェックしよう【YouTube、VTR】

 

関連→競馬予想・方法と復習コーナーをブログで開始。レース映像を見て、穴馬券を研究して、予想の仕方、やり方を考えた。結果、馬券の当たる確率(的中率)、回収率上昇

 

関連→中央競馬全てのレース映像、動画がJRAホームページで視聴できるように。スマホからでも。ライブ、リアルタイムではないけど…。レース回顧に、展開の傾向研究に

 

「指数が高かったのにどうしてこなかったんだろう」ということを考える材料を、レース前に持っていない状態になるのは嫌でして。模索する状態になりにくい。疑問も湧かない。ゆえにつまらなくなり、愚痴も多くなる。競馬の復習もやりにくい。

 

競馬予想していく上での発見がなくなるのは嫌なんですね。

 

指数を頼りにしていると、指数の外にあるものを追究する感覚が薄くなるんです。関連を見つけにくいと言いますか。

 

たぶん、馬券初心者だった自分が指数に興味を抱かなかったのは、単純に指数を扱うということが面白く思えなかったからでしょう。

 

参考→ロト6・ロト7・ミニロトが当たらない理由。確率攻略方法と、同じ数字買い続け三等当てた人の話。競馬予想とは買い方が違う【ナンバーズ・ビンゴ5・宝くじ】

 

調教に手を伸ばしたのは、伸びしろがあるなぁと感じたから。データ本に手を伸ばしたのも、伸びしろがあると感じたから。伸びしろがあると感じられるものでウロウロしていたほうが発見ありますし、失敗しても次に活かせる醍醐味を見つけられますから。

 

(最終的にレース映像をみて競馬予想するところに……。一番伸びしろがあると考えられたので)

 

関連→競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

 

関連→競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

 

関連→競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

と、ある馬がいて、指数80でございます。指数を構成する要素とはなんだろう

指数が80です、90ですと言われても、どうしてその数字なのかを詳細に語ってもらわないと、動きを大きく取れないでしょう(=馬券を買えない)。

 

70+5+5=80

も、80ですし、

 

10+80-10=80

も、80です。

 

どういう加点ポイント、減点ポイントがあっての数字なのか、表記されている指数は見たことがありません。80は80です。作り方や出し方の方程式はブラックボックスになってることが多いです。

 

どうして本命を打った馬がこなかったのか、このことを次に役立てられる形で持っておかないと、今、選択をミスったことが次以降、役立つ形になってゆかない「恐さ」ってあるんです。

 

指数を使ってると、それが流れていってしまうところがある。準備しにくいんです。積み重ねられないと、次も同じことしてしまう。なので、指数化しないで、指数化する前の状態が大事というわけです。

 

時間は有限じゃないですから、行動したことの試行錯誤をイイモノにするために指数を頼りにしていてはいけない……。

 

たぶん、そんなことが馬券を買い始めた頃おぼろげながら頭にあったんじゃないでしょうか。

 

パッとわかることではありませんし、定点観測しないといけないことではありますが、今解らないことがパッと解るための積み重ねっていうのも楽しみだったりします。

 

関連→信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

 

関連→恋愛・就活・仕事。うまくいくコツをつかむ人とは、下手な鉄砲数うちゃ当たるということわざの意味を効果的に知ってる。わからないことを減らしていく【競馬】

 

関連→競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

 

競馬予想の指数のイメージは、冷凍保存?

馬券を数年買い続けてきて、現状、馬券における指数のイメージは、こんな感じ。

 

ある1レースにおける成績……、時計、馬場、道中の塩梅、枠順の有利不利、ペース、などなどを方程式に入れ、数字に「冷凍保存」したもの。

 

そう、成績を冷凍保存したものが「指数」なんです。

 

次走出走してきたとき指数をどうするのかといいますと、冷凍保存されたものを解凍してあげないといけない、というイメージ。

 

カチンコチンの数字をそのまま使うのではなく、そのレース、そのレースに応じて解凍してあげるわけです。解凍する温度を変えるといいましょうか。

 

でもそんなことしている人ってどのくらいいるんでしょうか?

 

それが可能な指数の詳細な提示をしているものってどのくらいあるのでしょうか?

 

面倒なことをするんだったら、冷凍なんてしないで、素材そのままにしておけばいいじゃないのか……。

 

あと、自分で指数を作っている人はいいのだけど、誰かが作った指数で馬券を買ってる人って、ある日指数が提供されなくなったら馬券買えなくなっちゃうのかという心配もあるんです(余計なお世話ですけど)。

 

関連→競馬予想の勝つ準備・負けた後の準備について。馬券で負けない方法や法則、理論を作るコツは、前持った用意にある。取り返す、取り戻すと思うよりも有効では

 

関連→オッズをアテにしすぎて競馬予想続けてると、馬券を当てる確率や回収率は減る説。儲けられるかどうかの数字であり、馬の強さは完璧に反映されていない

 

関連→競馬予想することと、予想して馬券を買うことは基本的に別の考え方。大事なことは儲けを出したい気持ちにかかる精神的バイアスをどうまとめるか

 

指数で自分を見られなくないから、馬に対して指数は使わない

本音はコレです。

 

自分の評価を指数でされたかないから、馬を指数に封じ込めない。

 

お前は、指数で言うと64だななんて言われたくありません。

 

あと、数字だけ追いかけるようになって、馬を見なくなるのも嫌なんです。

 

ただ、スピード指数などで馬券を取り続けられる人たちは人たちですごいなぁと思いますよ。自分はそれは無理。

 

指数が高くっても、その馬を買えるかどうかは別問題

これもありますね。

 

馬券を買う根拠はとても大事というヤツです。その根拠の柔軟さで、100円賭けるところを1000円にも10000円にもできるわけですから。

 

指数が80というだけで、それが出走馬の中で1番だからといって馬券買えないですよ(もちろん指数だけで馬券を買うんじゃないだろうけど)。

 

関連→スマホ、パソコンを使ってネットで馬券購入と言っても、競馬予想からアナログさを消すことはできない。データの期待値狙いの危うさ【清水成駿氏の話】

 

関連→6月から始まる新馬戦。荒れる、荒れやすい理由を角居勝彦調教師の連載、感性の法則から考える。馬を走らせる材料を仕入れられてないレース。

 

関連→着差は競馬予想に使う数値、タイムとして着順より重要。0.1秒差、馬身差。クビ・ハナ・アタマ。比べてる馬との脚質の差には注意して

 

指数のツークッション

馬券を買って、自分が馬に乗るわけにはいきません。ということは、馬券を買う行為というのは、誰かに行動を託している。ワンクションあるわけです。ワンクッションがあるから紛れも生まれる。ノイズも走る。

 

誰かが算出した指数を使って馬券を買う。これ、もうひとつクッションを置いてることになる。指数のツークッション。紛れのツークッション。

 

クッションを置けばおくほど正解から遠ざかる。捕らえにくくなる。

 

中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。まとめ

競馬って、どこまで行ってもアナログなものでありまして。ドロドロしてるもの。

 

そこに指数というものが登場する。どこかデジタルな匂いがする指数。汗臭くないんです。人馬ともども泥だらけになってゴール板を駆け抜けるイメージはそこに介在していない。

 

今後も自分は使わないだろうなぁ……、指数。自作するもないだろうなぁ……、指数。

 

あっ、他人の商売の邪魔をする気はサラサラもないです。

 

関連→将棋の三手の読みができないから考える、馬券を買う人の都合を競馬予想に入れすぎると当たらなくなる話

 

関連→競馬の1番人気馬、複勝率。馬券になる確率は年間約65%。それを常識と考えれば、35%は外れる。いらないわけではないが、頼り過ぎると儲からない

 

関連→競馬の複勝って、儲かる馬券ですか?単勝は、三連複は、三連単は?買い方、方法は…。賭け方に確率…「えーっと……」

 

以上、中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともないという話でした。

 

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事に続く。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRA競馬場で内枠不利な特徴・傾向のあるコースデータを調べて覚えて予想したほうが良い

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。そして、予想を当てる確率高くして授業料回収

 

スポンサーリンク




おすすめ競馬記事

ダイワメジャー産駒・ボブキャット。福島競馬場・芝1200m、6番人気1着。距離短縮して芝で好走していた特徴。前走ダートから芝替わりカモフラージュ馬券

馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師

競馬のレース映像・動画を見て予想したり、復習・回顧するとき、実況音声は消してメモを取りまくる。特徴・傾向は自分で見つけていく

中央競馬、JRAの年間レース数は日程・種類いろいろ約3400レース。荒れるときあれば、三冠かかるときあり。複勝馬券で考えると、当たる枠の総数は…

トーセンファントム産駒・マシェリガール。東京競馬場・芝1600m、5番人気1着。前走、二の脚を使おうと勢いに乗ったところでブレーキな特徴

三連単、100円が2000万円馬券なヴィクトリアマイル。的中者少数。当てた人にミナレットすごい。東京競馬場で当てたら、確実に行くであろう場所はここ

ワイルドラッシュ産駒・ティーズアライズ。大井競馬場・ダート1600m、10番人気2着。前走スタート良し特徴も活かせず不利を作った近2走→乗り替わりで馬券に

スペシャルウィーク産駒・ローブデソワ。京都競馬場・ダート1400m、6番人気1着。得意の距離はコーナー2回な特徴。近2走は凡走。レース映像チェック

馬券大穴必中! 新戦術36。競馬最強の法則2014.10感想。穴馬の当て方、当てるヒント、狙い方特集。馬連・馬単・三連複・三連単のヒモ選びに最適。

岡田牧雄さん予想法コラム本「競馬のプロへの第一歩・素人にマネのできない馬券術」(競馬道OnLine新書)感想。当たる特徴をつかむのに重要なことは?【馬主】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

Amazonでショルダーバッグ購入。東京競馬場に行く為用。人気でおしゃれなブランドものより、馬券当たる軽いの。リュックサックも捨てがたいが

ヘルニアやったから腰は…でも歯は丈夫、内臓は元気なの「ごぼうもたくわんも問題ないよ」。雑談していたら2時間弱経過。相手は近所に住む90歳になるおばあちゃん。

雨の歌・雨の曲といえば、おすすめ5曲・その1。『優しい雨/小泉今日子』『雨/森高千里』『雨は手のひらにいっぱい/SUGARBABE』など【カラオケ】

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

カラオケで歌いたいけど、歌えないリクエストしたい名曲5曲! フジファブリック『LaidBack』大滝詠一『趣味趣味音楽』など。その2(おすすめ曲多し)

チュートリアルの漫才、バーベキューお笑いネタを思い出す、ランキング「BBQで要らない野菜TOP10」。トーマスマッコイ。ピーマン、玉ねぎ、エリンギ…

suicaを買う。いや発行する、作るか。定期持ってないもので…。ペンギンのデザインがかわいい。初めてのチャージ。これでJRも私鉄もバスもピッピッとな

小林路子の菌類画「きのこ・イロ・イロ/吉祥寺美術館」を見て来た。マツタケモドキ? グッズコーナーにきのこの山はなかったものの、ガチャガチャを発見

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

タワーレコード社長、嶺脇育夫氏のインタビューに「物を売るのは人」だなと思う。アイドルのCD売るにしても。BABY METAL好きな…という例え話に納得

グッドバイ/toeのYouTube動画。名曲。土岐麻子さん関連で聞きはじめたけど、何度聞いても飽きない曲。カラオケで歌えたら最高だけど…

 

 - データの見方(情報・結果) , , , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

競馬予想で指数を使い馬券を買うのは便利で意味があるように見えます。しかし、その買い方に違和感があったのです。どうしてそう感じるのかをブログに書き探っていったところ、親父の仕事の教え方に謎を解く鍵がありました。競馬予想の精度を良くして、当たる確率、的中率や回収率を上げるには細かさを逃げ・先行させ、構築して差して、追い込んでいくことがなによりも大事です。競馬を見るとき指数を使っていると、どうしても深掘りしようというネタが探れません。そこのところを考えて行きます。指数を使って馬券を買うことに違和感を感じた根本要因を見つけたもので。ひとつ前に書いた、中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともないの続き。

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦予想成績は、使えるファクターに差があるので分けることにした話。馬券の買い方も変える

JRA中央競馬・地方競馬の新馬戦は通常のレースと同様に行われ成績が記録されます。しかし、中央競馬・地方競馬の新馬戦は予想に使えるファクターに差がある。今まで新馬戦の成績も他のレースと一緒の成績としてきたのだけど、自分の予想成績は、新馬戦と新馬戦以外に分けることに。そのほうが正確になるでしょう。新馬戦の馬券の買い方も変えていきます。はやり、馬券を買い続けていく上で再現性をしっかりつかんでるデータかどうかは大切です。新馬戦はどうしても再現性をつかんでいるかどうか微妙なデータで馬券を買うレース。他のレースと一緒の感覚でいるのは違うなと考えまして……。新馬戦の馬券の買い方は変えようと。新馬戦の馬券の買い方を変えるというのは主に金額ですね。

競馬の結果や成績から馬券になるデータ・情報を見つけると、同じ傾向はないか収集してまとめようとして目の前の予想をほっぽり出してしまう…

競馬の結果や成績は日々見ます。見方は色々。競馬の結果や成績から、馬券になるデータ・情報を見つけることもある。すると大変。馬券になる同じ傾向のデータはないか、収集してまとめようとしてしまうのです。細かく競馬の結果や成績を見ていると、意外と馬券になるデータ、傾向は見つかったりするのです。もう、俺の競馬データだぞ、データの見方だぞと、収集とまとめ作業です。そして、馬券になる傾向データを収集してまとめることが楽しくなってしまい、競馬の結果や成績ばかり見てしまい、目の前の予想をほっぽり出してしまうのです……。しかし、自分なりに競馬の結果や成績からデータの見方を作り上げるのは楽しいものです。時間、かかってもいいのさ。あっ、あれっ? でもさ、いいのか、これ? 俺の競馬予想。

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方。ファクター推測、競馬予想本・馬券本。「1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本」の感想・レビュー。様々なファクターを使い競馬予想する。馬券の買い方は追い下げで行くのが一番。競馬で稼ぐならば、馬券の買い方は追い下げと感じた本でした。JRDBファクターを使ってシミュレーションして、稼げる馬券の買い方を見つけた。その馬券の買い方を追い下げで買い続けた馬券裁判男こと、卍氏。競馬で、馬券で稼ぐとき、ファクター、データの組み合わせはとっても大切。JRDBのデータ、ファクターを使ってシミュレーション。卍氏は競馬で馬券で稼げる買い方にした。

阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」に納得という話を。阿佐田哲也氏の名言、ギャンブルの上達方法について書かれたものですが、もちろん競馬予想に馬券に応用可能なことです。ギャンブルがうまくなるポイントになる名言です。ただし、阿佐田哲也氏の名言で語られてることをこなすのは楽なことではありません。嗚呼、博打ちの世界なんだなと。しかし、競馬予想や馬券に限らず、ギャンブルで飯を食べられてるごくわずかな人の感覚にあることには変わりないと思います。阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」をはじめて読んだときは、ほんとどれだけうなずいたことか……。博打で、ギャンブルで飯を食べるというのはどういうことかと。阿佐田哲也氏の名言「ばくちというものは……」。

競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

競馬のデータは正確に数字が出されてることに疑いはありません。情報収集する手段、方法は様々。しかし、競馬のデータにタイムラグとノイズは必ず生じてるとしたらどう考えるでしょうか。日頃頼りにしている競馬予想データにしても、情報収集するにしてもです。どれだけ競馬のデータを収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なことは、タイムラグから生じるノイズを取り除かないと競馬のデータとして使い勝手が悪くなるということ。どんな方法や手段で手に入れた競馬情報もです。競馬のデータを収集して、集計して、解析することは安価にできます。しかし、より使える状態にするのには手間がかかります。その分析や作業を競馬予想と言っても悪くはないわけで……。競馬情報を収集した手段や方法をよりよくするヒントとアイデアについて。

馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

馬券が当たらない。競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を知れば知るほど、馬券が当たらない。競馬は当たらない。どうしてですか? 競馬本や馬券本、ブログを読んで馬券術を競馬予想のために知識を仕入れてても、馬券は当たらない。競馬は当たらない。どうしてか? 馬券が当たる前提で知ったこと、競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を全て足し算で考えているからではないかと。馬券術やデータ、情報は100%内で割合を変えることが大事です。その中で、自分に相性のいいファクター(要素)を見つけ出すこと。相性のいい競馬予想ファクターの知識、データ傾向、情報の見方については誰よりも知っておく。これが馬券の当たらないこと、競馬が当たらないことから逃れる道かと思います。競馬予想の知識として知ったことでも、捨てるものは捨てるということです。ただ、知らないと自分が捨ててもいいファクターだとは言い切れないところがあるのは、もう人間だものとしか言いようがありませんが……。競馬予想をしてて、馬券が当たらないのはつらいです。詳しく書いてみたいと思います。

競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

競馬のデータは、競馬予想に欠かせないもの。的中率、回収率、ファクターの切り口によって、馬券になるかならないか。競馬新聞の馬柱に掲載されている数字も競馬のデータです。しかし、競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くてもファクターの、事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれないのです。どんな的中率、回収率な競馬データを使って競馬予想していくときでも、重要なことは「どうしてそうなるのか、どうしてそうならないのか」について知ってるかどうかはあるでしょう。事象の原因を知っていれば応用が可能になりますから。その上で競馬のデータの回収率・的中率というわけです。自分に競馬の的中率・回収率データを引き寄せることを手間かけてするから自信にも繋がると。

競馬予想のデータ、情報・成績・結果にはすぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なものがある

競馬予想のデータ、情報・成績・結果には様々な切り口があります。情報として、データとして、競馬予想に成績や結果は利用できる。しかし、すぐ確認できる検索可能な要素(着順・タイム・血統・オッズ…)と、不可能なもの(レース映像・パドック・返し馬・調教動画)があるのではないかと思いまして。競馬予想のデータ、情報、結果、成績ですぐに確認できるものは、的中率、回収率をパパッと計算できます。枠が決められているからです。文字を見るだけで確率を知ることが可能です。しかし、検索不可能な競馬予想のデータ(レース映像・パドック・返し馬・調教動画)は、情報、結果、成績は簡単にデータを整えることはできません。そんな話を。

ダイエットする方法も、会社を辞めたい理由も、アマゾンのおすすめも、感想もレビューも意見も、相手からしたら予想になるよという話。乗れるか乗れないか

ダイエットする方法は運動です。会社を辞めたい理由は激務すぎだからです。アマゾンからのおすすめは黒木華写真集です。……感想もレビューも意見も、相手からしたら予想になるよという話。予想に乗れるか、乗れないか。見極めは「それはなぜか」を見つけられるかどうか。必要なことだけを日々知っていってる人にはなかなかできない技だ。知ることに躊躇しない人にとっては、当たり前のことでしょう。「ダイエットするには、こういう方法・コツがあると思う」「会社を辞めたい理由、仕事を辞めたい理由はこれこれで」「〜なのではないか」「こんなふうに感じた」「〜はおすすめ」など……、本だったり、ブログに書かれていたり、会話に出て来たりします。と言うよりも、そういう表現に囲まれて日々暮らしています。