競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

シルクロードステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

シルクロードステークス2020競馬予想。過去のレース結果を見る

シルクロードステークス2020(G3)。京都競馬場・芝1200mで行われます。1着賞金3900万円。ハンデキャップ競走。

 

2020年のシルクロードステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のシルクロードステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、シルクロードステークス。

 

シルクロードステークスの歴代勝ち馬・優勝馬

フラワーパーク・エイシンバーリン・シーキングザパール・マイネルラヴ・ブロードアピール・トロットスター・ゲイリーフラッシュ・テイエムサンデー・キーンランドスワン・プレシャスカフェ・タマモホットプレイ・エムオーウイナー・ファイングレイン・アーバンストリート・アルティマトゥーレ・ジョーカプチーノ・ロードカナロア・ドリームバレンチノ・ストレイトガール・アンバルブライベンなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

シルクロードステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のシルクロードステークスのレース映像分析ではありません。

 

過去のシルクロードステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のシルクロードステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

シルクロードステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ダンスディレクター・ファインニードル・ダノンスマッシュ。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去のシルクロードステークスで馬券になったのか。エスティタート・セイウンコウセイ・セカンドテーブル。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




シルクロードステークス競馬予想2020【過去レース映像消去法】

シルクロードステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去にシルクロードステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去にシルクロードステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱、出走表に載らない激走買いデータをまとめます。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

シルクロードステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともシルクロードステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のシルクロードステークスの前走を文字起こし

例えるならば、過去のシルクロードステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年のシルクロードステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

シルクロードステークス2019

2019年シルクロードステークス・レース過去結果データ

 

シルクロードステークス2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・11.9-10.3-11.1/11.4-11.7-11.9

 

1着・ダノンスマッシュ(1番人気・北村友一騎手・馬体重474kg)

2着・エスティタート(11番人気・浜中俊騎手・馬体重462kg)

3着・ティーハーフ(12番人気・国分恭介騎手・馬体重474kg)

 

スポンサーリンク




オッズ・過去配当結果

シルクロードステークス2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 200円

複勝 2・130円/8・700円/18・890円

 

1着・ダノンスマッシュ(オッズ・1番人気)

2019年シルクロードステークス1着、ダノンスマッシュ(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、京阪杯(京都競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、3番・1着。北村友一騎手。

 

前走は、京阪杯

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.7-11.0/10.9-11.3-11.7

 

ダノンスマッシュは、2枠3番からスタート。発馬決まって、抑えつつ先行して行く。行きたい馬を行かせつつ。外からワンスインナムーンが前に入ってくる。

 

逃げて行ったのは、ワンスインナムーン。テン3ハロン34.1秒。少し遅い逃げ。ダノンスマッシュのテン3ハロンは34.4秒。

 

3角-4角。インベタで回る、ダノンスマッシュ。斜め前を走ってたオールポッシブルの前にダイアナヘイローか入って行き、オールがフワッとした後にダノンスマッシュがいて、少しフワッとしているシーンが見られる。そのため逃げ馬、2番手の間が空く。それでも、ダノンスマッシュは抑えつつ追走。

 

直線。残り300m切るまで、前が壁。開き始めた内を突いていく、ダノンスマッシュ。追って、追って追う。伸びて来て、先頭へ。追って、伸びて後続を交わさせずゴール。ダノンスマッシュ1着。上がり3ハロン33.6秒。

 

スポンサーリンク




ダノンスマッシュ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2019・過去結果データメモ】ダノンスマッシュの斤量は京阪杯から1.5キロ増の56.5キロ。前走のダノンスマッシュは、テン3ハロン少し遅めで流れたレースを走った。

 

ダノンスマッシュはスタート決めて、インベタで進めて行った。外から逃げ馬が入って来て強めに抑えつつ。3角手前で斜め前走ってた馬の前に入っていく馬がいて、フワッとした感じがダノンスマッシュにも連鎖して、前との間隔が空く。それでもインベタで回って行き、直線は内目を突いて抜けて、1着。上がり3ハロン33.6秒。

 

インベタで回ってくるのは距離ロスをなくせるけれど、何か起きたときに逃げるスペースを作れなかったりして不利をくらいやすくさせたりする。ダノンスマッシュのフワッととした事象もその手のもの。見てて些細に見えるけれど、それでいて上がり33.6秒出せれば、馬券に組み込みたい。

 

シルクロードステークス2019最終追い切り・

栗東坂路 良 53.4-39.3-25.4-12.6 馬なり余力

 

京阪杯2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
京阪杯2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  京阪杯2019競馬予想。過去のレース結果を見る京阪杯、歴代の勝ち馬・優勝馬1着から3着馬の前走傾向をレース ...

続きを見る

 

2着・エスティタート(オッズ・11番人気)

2019年シルクロードステークス2着、エスティタート(オッズ・11番人気。血統・ドリームジャーニー産駒)の前走は、京阪杯(京都競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、1番・5着。藤岡康太騎手。

 

前走、京阪杯

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-10.7-11.0/10.9-11.3-11.7

 

エスティタートは、1枠1番からスタート。発馬まずまず、抑えつつインから中団。前を走る馬たちの隊列が決まるのを伺う。

 

逃げて行ったのは、ワンスインナムーン。テン3ハロンを34.1秒で。少し遅い逃げ。エスティタートのテン3ハロンは34.7秒。

 

3角-4角。インベタで回っていく、エスティタート。ダノンスマッシュのところに書いた通り、フワッとなる事象がエスティタートの前で起き、連鎖反応でエスティタートも後手を踏んでいる(ダノンの後にエスティタートという隊列)。

 

直線。残り300mまで前が壁だったダノンの後にいた、エスティタート。内を突いたダノンを追いかけず、少し外へ出して追い出していく。追って、追う。馬群の中から抜け出して来るが前を交わすまでは伸びきれず。エスティタート5着。上がり3ハロン33.7秒。

 

スポンサーリンク




エスティタート・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2019・過去結果データメモ】エスティタートの斤量は京阪杯から1キロ減の53キロ。前走のエスティタートは、テン3ハロン少し遅めで流れたレースを走った。

 

エスティタートの前走は単純に、前を走ってたダノンスマッシュに起きたことがエスティタートにも近しく起きてたレースだった。直線の動き方が逆で、ダノンの方が追いやすい進路取りできた感はある。着差は0.4秒。ダノンはシルクロードステークスで1.5キロ増。エスティタートは1キロ減。2.5キロの差は短距離戦では大きい。

 

エスティタートの上がりは33.7秒あり、少し遅めの流れ、インベタ競馬とはいえ、評価可能な数字。

 

馬券の相手・ヒモには塗りたい前走内容。

 

シルクロードステークス2019最終追い切り・

栗東坂路 良 58.0-41.6-26.2-12.6 末強目に追う

 

3着・ティーハーフ(オッズ・12番人気)

2019年シルクロードステークス3着、ティーハーフ(オッズ・12番人気。血統・ストーミングホーム産駒)の前走は、淀短距離ステークス(京都競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、7番・3着。池添謙一騎手。

 

前走、淀短距離ステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.7-11.2/11.4-11.6-12.1

 

ティーハーフは、6枠7番からスタート。出遅れ。外からグランドボヌールに入って来られる。後方から。軽くスピードに乗せつつ。

 

逃げて行ったのは、オールインワン。テン3ハロン34.0秒。標準くらいの逃げ。ティーハーフのテン3ハロンは、35.2秒。

 

3角-4角。内1頭外→2頭外を回っていく、ティーハーフ。じわじわ促しつつ。

 

直線。入口から大外へ振っていく、ティーハーフ。手前変えて変えて、追って追う。馬場の真ん中から伸びてくる。伸びはかなりのものがあったが、前を捉え切るまでには至らず。ティーハーフ3着。上がり3ハロン34.0秒。最速。

 

ティーハーフ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2019・過去結果データメモ】ティーハーフの斤量は淀短距離ステークスより2キロ減の57キロ。前走のティーハーフは、標準くらいなテン3ハロンで流れるレースを走った。

 

ティーハーフは、出遅れ+外から前に入られる。後方からの競馬。道中、スピードに乗せつつ、出来るだけ距離ロス少なく回って行って、直線は伸びて伸びての上がり34.0秒の最速。

 

出遅れで前に入られて、後手踏んで、それでも追い込んで来て上がり最速だった馬。上がりはペースに左右されるので注意は必要も、この手の追い込み馬はヒモには塗っておきたい。3着までに来て馬券になったら「ありがとう」。来なかったら「またね」くらいの付き合いがいい。

 

シルクロードステークス2019最終追い切り・

栗東坂路 良 54.1-39.7-25.6-12.7 馬なり余力

 

NHK特集 シルクロード デジタルリマスター版 (新価格) DVD-BOXI

 

 

シルクロードステークス2018

 

2018年シルクロードステークス・レース過去結果データ

 

シルクロードステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・稍重馬場に近い、良馬場

レースラップ・12.2-10.9-10.9/11.1-11.5-11.7

 

1着・ファインニードル(4番人気・川田将雅騎手・馬体重488kg)

2着・セイウンコウセイ(5番人気・松田大作騎手・馬体重504kg)

3着・フミノムーン(15番人気・国分優作騎手・馬体重458kg)

 

オッズ・過去配当結果

シルクロードステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 770円

複勝 1・330円/7・370円/4・1740円

 

1着・ファインニードル(オッズ・4番人気)

2018年シルクロードステークス1着、ファインニードル(オッズ・4番人気。血統・アドマイヤムーン産駒)の前走は、スプリンターズステークス(中山競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、13番・12着。内田博幸騎手。

 

前走は、スプリンターズステークス

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・11.9-10.8-11.2/10.9-11.1-11.7

 

ファインニードルは、7枠13番からスタート。つまずき気味にスタート。押していくも、スピードに乗れず。

 

逃げて行ったのは、ワンスインナムーン。テン3ハロン33.9秒。遅めの逃げ。ファインニードルのテン3ハロンは34.2秒。外枠からもあって、中団外目を抑えつつ追走していく。

 

3角-4角。3頭外→4頭外をきっちり回っていく、ファインニードル。追い出していく。

 

直線。入り口で中団の後ろあたり。追って追う、ファインニードル。しかし、内から勝ち馬・レッドファルクスに入られ、外からダンスディレクターが来て進路を阻まれ気味に(不利ではない)。そこから追って追うも、12着まで。ファインニードルの上がり3ハロン34.1秒。

 

ファインニードル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2018・過去結果データメモ】ファインニードルの斤量はスプリンターズステークスと変わらずの57キロ。前走のファインニードルは、短距離のG1としては遅めなテン3ハロンな流れを走った。

 

つまずき気味にスタート。促して立て直すもスピードに乗れず。外枠もあって、ファインニードルは終始きっちり外目周りに。内に3頭4頭の距離ロスは大きかった。遅いペースで流れたこともあり、ファインニードルの上がり3ハロンは34.1秒を記録。距離ロスあってもこのくらいの上がりが出せるのは弱い馬ということにはならない(早いペースになれば、テン3ハロンが早くなって上がりは遅くなる。そこで評価していける)。

 

ファインニードルは2018年のシルクロードステークスで1番枠。インベタに近い競馬ができれば、馬券になる可能性は大。距離ロス減らせる枠順ということで、本命候補。

 

シルクロードステークス2018最終追い切り・

栗東CW 稍 81.8-66.1-52.0-38.8-12.0<6>稍一杯追う

 

スプリンターズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
スプリンターズステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  スプリンターズステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見るスプリンターズステークスの歴代優勝馬・勝ち ...

続きを見る

 

2着・セイウンコウセイ(オッズ・5番人気)

2018年シルクロードステークス2着、セイウンコウセイ(オッズ・5番人気。血統・アドマイヤムーン産駒)の前走は、京阪杯(京都競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、10番・7着。松田大作騎手。

 

前走、京阪杯

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.3-10.7-11.3/11.0-11.2-12.3

 

セイウンコウセイは、5枠10番からスタート。発馬決めて、促していく。先行集団の外目につけていく。

 

逃げて行ったのは、ネロ。テン3ハロン34.3秒。少し遅めの逃げ。セイウンコウセイのテン3ハロンは34.6秒。

 

3角-4角。内目には入れず、セイウンコウセイは内2頭外を回っていく形に。

 

直線。セイウンコウセイは外から来た、フィドゥーシアに交わされていく。追いかけて、追って追う。伸びはあるものの前を交わすまでの勢いはなくゴール。セイウンコウセイ7着。上がり3ハロン34.4秒。

 

セイウンコウセイ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2018・過去結果データメモ】セイウンコウセイの斤量は京阪杯より2キロ増の58キロ。前走のセイウンコウセイは、テン3ハロン少し遅めな流れのレースを走った。

 

発馬決めて、セイウンコウセイは促して先行していく。大外枠ではなかったものの、前に行きたい馬が内にいて距離ロスきっちり抱えて走る形に。直線は外から来た馬に交わされてしまう。それでも粘って伸びて、7着。上がり3ハロン34.4秒。勝ち馬・ネロとの着差は0.2秒差。短距離戦の0.1秒差の価値は中距離や長距離戦より価値が高いので、比較するときには注意が必要だけど、外2頭分の距離ロスを考えると悪くはないレース結果。馬券の相手・ヒモタイプ。

 

シルクロードステークス2018最終追い切り・

美浦W 稍 69.2-52.8-38.2-12.2<7> 一杯に追う

 

3着・フミノムーン(オッズ・15番人気)

2018年シルクロードステークス3着、フミノムーン(オッズ・15番人気。血統・アドマイヤムーン産駒)の前走は、スワンステークス(京都競馬場・芝1400m)でした。

 

枠順は、12番・17着。和田竜二騎手。

 

前走は、スワンステークス

馬場状態・雨の降る重馬場

レースラップ・12.2-11.0-11.7/11.7/11.7-11.9-12.2

 

フミノムーンは、6枠12番からスタート。発馬まずまずも抑えつつ、後方外目へ下げていく。

 

逃げて行ったのは、トウショウピスト。テン3ハロン34.9秒。かなり馬場が渋ってる中でのラップとしては早い逃げ。フミノムーンのテン3ハロンは、36.2秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準くらいで推移。フミノムーンは、後方の外目でかなり長い間かかりまくって、抑えまくって。

 

3角-4角。フミノムーンは内3頭外目→4頭外目をきっちり回っていく。掛かる感じは抑えられつつ。

 

直線。大外へ振った、フミノムーン。追う。しかし、後方の位置取りはあまり変わらず、残り100m過ぎからは前が壁気味なこともあり、追い方は軽めになっているように見える。フミノムーン17着。上がり3ハロン36.1秒。

 

フミノムーン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2018・過去結果データメモ】フミノムーンの斤量はスワンステークスより1キロ減の55キロ。前走のフミノムーンは、テン3ハロンかなり早めなペースの中走った。

 

フミノムーンは発馬は良かったものの、外枠もあって後方からの競馬もかかってしまい抑え込むのに苦労しているシーンが見られる。コーナーに入って行ってからは落ち着いてたものの、ペースが早く流れる中、盛大に距離ロスを抱えることになる。直線は後方から追うもラスト100mは無理してない追い方でゴール。

 

フミノムーンは17着の上がり3ハロン36.1秒で、どこを評価していいかに悩むが、かかって+盛大な距離ロス+前々走のオパールステークス(京都芝1200m)で出遅れ最後方から上がり3ハロン32.6秒の最速あたりに馬券の買いどころはあるかと。ティーハーフっぽい馬と言いますか。ただし、ヒモ中のヒモで買うのがいいかと。

 

シルクロードステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 稍 56.0-40.5-26.0-12.3 一杯に追う

 

スワンステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
スワンステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  スワンステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見るスワンステークス、歴代の優勝馬・勝ち馬1着から3着 ...

続きを見る

 

[ヴィジュアル版]シルクロード歴史大百科

 

シルクロードステークス2017

2017年シルクロードステークス・過去レース結果データ

 

シルクロードステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・11.9-10.9-11.1/11.3-11.1-11.5

 

1着・ダンスディレクター(3番人気・武豊騎手・馬体重442kg)

2着・セイウンコウセイ(4番人気・松田大作騎手・馬体重500kg)

3着・セカンドテーブル(7番人気・水口優也騎手・馬体重486kg)

 

オッズ・過去配当結果

シルクロードステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 670円

複勝 7・230円/11・250円/9・400円

 

1着・ダンスディレクター(オッズ・3番人気)

2017年シルクロードステークス1着、ダンスディレクター(オッズ・3番人気。血統・アルデバランII産駒)の前走は、阪神カップ(阪神競馬場・芝1400m)でした。

 

枠順は、5番・4着。武豊騎手。

 

前走、阪神カップ

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.5-11.1-11.3/11.6/11.6-11.3-12.5

 

ダンスディレクターは、3枠5番からスタート。発馬まずまず。抑えつつ先行していると、外からイスラボニータが前へ入って来て、少しふわっとするダンスディレクター。

 

逃げて行ったのは、ミッキーアイル。テン3ハロン34.9秒。おおよそ馬場状態考えて標準。ダンスディレクターのテン3ハロンは35.5秒。

 

向正面。中間のペースは遅くもなく、早くもなくを推移していく。先行集団の中でダンスディレクターは強めに抑えつつ追走していく。

 

3角-4角。内1頭外を回っていく、ダンスディレクター。じわじわ追い出していく。

 

直線。入り口で4番手。追い始める、ダンスディレクター。追って、追って追う。差しきれそうな勢いで追い込んでくる。しかし、残り50m。外からシュウジ、フィエロに差される。ダンスディレクター4着。上がり3ハロン35.1秒。

 

ダンスディレクター・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2017・過去結果データメモ】ダンスディレクターの斤量は阪神カップから0.5キロ増の57.5キロ。前走のダンスディレクターは、テン3ハロンから早くもなく、遅くもなくなペースで進んだレースを走った。

 

発馬まずまずから抑えつつ先行していくも、前に入られてフワッとするダンスディレクター。これがあると、乗せてるスピードに軽くブレーキ踏むことになるので、軽い負荷。コーナーの距離ロスは少なかったものの、直線は伸びきれずの4着。上がり3ハロン35.1秒。ペースは遅く流れなかったので、この上がりは評価していい数字。

 

シルクロードステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 不 51.6-37.6-24.8-12.5 馬なり余力

 

2着・セイウンコウセイ(オッズ・4番人気)

2017年シルクロードステークス2着、セイウンコウセイ(オッズ・4番人気。血統・アドマイヤムーン産駒)の前走は、淀短距離ステークス(京都競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、11番・1着。松田大作騎手。

 

前走は、淀短距離ステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.7-11.3/11.4-11.1-11.4

 

セイウンコウセイは、6枠11番からスタート。発馬決めて、軽く促しつつ先行していく。アットウィルを交わして、スピードに乗せて抑えつつ、逃げ馬の2番手外へ。

 

逃げて行ったのは、ローレルベローチェ。テン3ハロン34.1秒。少し遅めの逃げ。セイウンコウセイのテン3ハロンは34.2秒。

 

3角-4角。内1頭外を抑えつつ回っていく、セイウンコウセイ。

 

直線。逃げ馬の外2番手追走もあって、追い出せる位置は確保。追って、追って、追うセイウンコウセイ。伸びて伸びる。セカンドテーブルが追い込んでくるも、交わさせず着差つける。セイウンコウセイ1着。上がり3ハロン33.8秒。

 

セイウンコウセイ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2017・過去結果データメモ】セイウンコウセイの斤量は淀短距離ステークスと変わらずの55キロ。前走のセイウンコウセイは、テン3ハロン少し遅めな流れの中を走った。

 

発馬決めて、軽く促して逃げ馬の2番手外を先行していく。道中は抑えつつ脚貯めて、直線抜け出して1着。上がり3ハロン33.8秒。テンやや早+上がり早な馬。テンの脚があって、ある程度位置を取れる馬で直線伸びる脚もある馬は馬券から消さない方がいい。

 

シルクロードステークス2017最終追い切り・

美浦W 良 66.7-50.7-37.2-12.6<4>馬なり余力

 

3着・セカンドテーブル(オッズ・7番人気)

2017年シルクロードステークス3着、セカンドテーブル(オッズ・7番人気。血統・トワイニング産駒)の前走は、淀短距離ステークス(京都競馬場・芝1200m)でした。

 

枠順は、12番・2着。武豊騎手。

 

前走は、淀短距離ステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.1-10.7-11.3/11.4-11.1-11.4

 

セカンドテーブルは、6枠12番からスタート。発馬決めて、軽く促して先行して行く。抑えつつ、外目へ。

 

逃げて行ったのは、ローレルベローチェ。テン3ハロン34.1秒。少し遅めの逃げ。セカンドテーブルのテン3ハロンは34.4秒。内目へ入れて行く。

 

3角-4角。内1頭外を回って行く、セカンドテーブル。抑えつつ。

 

直線。入り口でセカンドテーブルは3番手4番手。セイウンコウセイの後につけていたのを外に出して追い出して行く。追って追う、セカンドテーブル。セイウン追いかけて伸びて行く。しかし、届かずの2着。セカンドテーブルの上がり3ハロンは33.8秒。

 

セカンドテーブル・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【シルクロードステークス2017・過去結果データメモ】セカンドテーブルの斤量は淀短距離ステークスと変わらずの56キロ。前走のセカンドテーブルは、テン3ハロン少し遅めな流れの中を走った。

 

初シャドーロール。セカンドテーブルは前走、セイウンコウセイを追いかける競馬をした。スタートから行かせたい馬を行かせつつ先行。脚溜めて、距離ロスは内1頭外。上がり3ハロンは33.8秒。セイウンと比べた場合、斤量の変わりがないこともあり、ヒモに印を寄せて行った方がいいかと。芝の短距離戦の先行馬で「ちょっと足りないところあるけど、2着3着に来る馬」はそこそこいるので、似たタイプの追い込み馬よりは印をあげたほうが馬券の当たる確率は上がるかと。

 

シルクロードステークス2017最終追い切り・

栗東CW 不 81.0-64.5-50.0-37.2-12.3<9>一杯に追う

 

女一匹シルクロードの旅 (コミックエッセイの森)

 

以上、シルクロードステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.