競馬レース映像分析ネタ

シリウスステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

シリウスステークス 競馬予想 過去

 

シリウスステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

シリウスステークス2019(G3)。阪神競馬場・ダート2000mで行われます。1着賞金3600万円。

 

2019年のシリウスステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のシリウスステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? シリウスステークス、大穴・穴狙いできる激走馬はいるか? チャンピオンズカップ(中京競馬場・ダート1800m)の前哨戦。

 

シリウスステークスの歴代優勝馬・勝ち馬は、ドラゴンファイヤー・マイネルアワグラス・ワンダーアキュート・キングスエンブレム・ヤマニンキングリー・ナイスミーチュー・ケイアイレオーネ・クリノスターオー・アウォーディーなどなど。

 

スポンサーリンク




シリウスステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

シリウスステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のシリウスステークスのレース映像分析ではありません。過去のシリウスステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のシリウスステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。荒れるか荒れないか、シリウスステークス。

 

シリウスステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? マスクゾロ・メイショウスミトモ・オメガパフューム。どのような競馬を前走でしていた馬が過去のシリウスステークスで馬券になったのか。ピオネロ・ドラゴンバローズ・ウェスタールンド。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。3連単、3連複、単勝に複勝、ワイドどの券種にも役立つデータになるはず。

 

過去のレース映像データを使った、シリウスステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

シリウスステークス 過去データ分析

シリウスステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去にシリウスステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去にシリウスステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。馬柱、出馬表に隠れた当たりなデータを探します。

 

シリウスステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともシリウスステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

過去のシリウスステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去のシリウスステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年のシリウスステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク




シリウスステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

シリウスの道 下 (文春文庫)

2018年シリウスステークス・レース過去結果データ

 

シリウスステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・水の浮く不良馬場

レースラップ・12.6-10.8-11.3/13.5/12.2-12.3-12.3/12.2-11.9-12.4

 

1着・オメガパフューム(2番人気・和田竜二騎手・馬体重450kg)

2着・ウェスタールンド(7番人気・北村友一騎手・馬体重484kg)

3着・サンライズソア(3番人気・ルメール騎手・馬体重508kg)

 

スポンサーリンク




シリウスステークス2018・オッズ・過去配当結果

シリウスステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 480円

複勝 3・190円/16・370円/14・190円

 

シリウスステークス2018・1着・オメガパフューム【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・スウェプトオーヴァーボード産駒)

2018年シリウスステークス1着、オメガパフューム(オッズ・2番人気。血統・スウェプトオーヴァーボード産駒)の前走は、ジャパンダードダービー(大井競馬場・ダート2000m)でした。枠順は、14番・2着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・

レースラップ・12.5-11.8-12.8/12.9/12.6-13.1-12.6/12.5-12.2-12.8

 

オメガパフュームは、8枠14番からスタート。大外枠。気持ち後手気味にスタートも、押さえつつ、内目に入って行って中団へ。

 

逃げて行ったのは、テーオーエナジー。テン3ハロン37.1秒。遅目な逃げ。オメガパフュームのテン3ハロンは37.7秒。

 

1角-2角。オメガパフュームは2頭外をきっちり回って行く。若干掛かってて、押さえてるシーン見られる。

 

向正面。テーオーエナジーの逃げは早くならず進む。オメガパフュームは軽く促して上がってく。

 

3角-4角。内3頭いる外をきっちり回るオメガパフューム。追ってく追ってく。上がってく。

 

直線。外目を回ったこともあり、オメガパフュームは追い出せる位置を確保。ゴリゴリに追い出し始める。なかなか前を捉えられなかったがゴール間際、追い込んで2着。オメガパフュームの上がり3ハロンは37.3秒。

 

シリウスステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 55.1-39.9-25.7-12.9 一杯

 

※【シリウスステークス2018・過去結果データメモ】オメガパフュームの斤量はジャパンダートダービーより3キロ減の53キロ。前走は、ペース遅かったものの外目外目を押さえつつ脚貯めて回って、上がり3ハロン37.3秒。4つのコーナーの距離ロスから上がりを考えると早い。適正距離を走ってる感。距離が短くなって行くときには印の重さを下げて行った方がいいタイプだろうけど、シリウスステークスはダート2000m。あとは水の浮く不良馬場をどう考えて印の上げ下げをするか。

 

スポンサーリンク




シリウスステークス2018・2着・ウェスタールンド【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

2018年シリウスステークス2着、ウェスタールンド(オッズ・7番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、薩摩ステークス(小倉競馬場・ダート1700m)でした。枠順は、4番・1着。北村友一騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・7.1-11.7-12.1/12.8-12.0-11.7/11.8-12.0-12.4

 

ウェスタールンドは、4枠4番からスタート。スタートはまずまず。一つ外のイーストオブザサンが勢いよく出して行った影響で若干後手。押さえつつ、押さえつつ、後方から1角入りするウェスタールンド。

 

逃げて行ったのは、タガノディグオ。テン3ハロン37.3秒と遅い逃げ。ウェスタールンドのテン3ハロンは38.4秒。

 

1角-2角。うちに1頭外目を回って行くウェスタールンド。気合いを入れられてスピードに乗せて行く。

 

向正面。ペース遅く進みかけたが、ウェスタールンドが外目を上がってく。まくり切らず、逃げ馬ウェスタールンドの外につける。ウェスタールンドが動いたことで、残り1000m「12.0-11.7」とペースアップ。かなり早くなって行く。

 

3角-4角。内1頭外を軽くスピードに乗せつつ回って行くウェスタールンド。

 

直線。追い始めるウェスタールンド。タガノディグオ粘るところ、ジワジワと交わす。タガノディグオを交わしてからは追い方を少し弱めつつ、1着でゴール。ウェスタールンドの上がり3ハロンは36.1秒。

 

シリウスステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 55.4-40.3-26.1-12.9 一杯に追う

 

※【シリウスステークス2018・過去結果データメモ】ウェスタールンドの斤量は2キロ減の55キロ。ウェスタールンドの薩摩ステークスは、後方からの競馬。ペース遅く進む。まくり気味に逃げ馬をつついてペースをかなり上げて、ウェスタールンドは脚の使いだしを前倒しにする。3角-4角、内に1頭外を回り、直線逃げ馬交わして、追い方気持ち弱めてゴール。上がり3ハロン36.1秒。

 

遅いペースを早いペースにして行ったのはウェスタールンド自身。脚の使い出しを早くしても、上がり36.1秒出せるというのは馬券に組み込みたい感あり。スタートからペースが遅いまま出した上がり3ハロンの数字ではない。

 

上がり3ハロンの価値というのは、えーっと、めんどくさい話はまあいいか(って、ブログかツイッターのどこかに書いてある話だけども。JRA全重賞129レース、このブログ記事書く気でいるので先を急ぐ、って話書いてる暇あったら書けよー)。

 

シリウスステークス2018・3着・サンライズソア【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)

2018年シリウスステークス3着、サンライズソア(オッズ・3番人気。血統・シンボリクリスエス産駒)の前走は、平安ステークス(京都競馬場・ダート1900m)でした。枠順は、9番・1着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・乾き気味の稍重馬場

レースラップ・7.1-11.5-12.5/13.1/12.5-11.9-11.7/12.1-12.3-12.6

 

サンライズソアは、5枠9番からスタート。発馬決めて、出して出してくサンライズソア。どうにかこうにかして逃げて行く。テン3ハロン37.7秒とかなり遅めの逃げ。

 

1角-2角。ハナを奪ってからはペース落として押さえつつの逃げ、サンライズソア。インベタで回って行く。

 

向正面。サンライズソアは押さえつつ、ゆったりとしたペースで走るも「12.5-11.9-11.7」と、かなり加速して、ペースを上げて行く。サンライズソアのペースの上げ幅は大きい。

 

3角-4角。インベタてペースを上げてくサンライズソア。一瞬、プリンシアコメータ、ミツバに前に出られるシーンがあるも、それは一瞬。

 

直線。残ってる脚を振り絞るように、サンライズソアは追い出し開始。追って、追って、後続に交わさせず11/2馬身差をつけて1着でゴール。サンライズソアの上がり3ハロン37.0秒。

 

シリウスステークス2018最終追い切り・

栗東坂路 良 53.4-39.2-25.5-12.8 末強目に追う

 

※【シリウスステークス2018・過去結果データメモ】サンライズソアの斤量は平安ステークスより0.5キロ増。前走、ハナに立つまでに脚を使い、ペースをグッと落としつつも、残り600mまで楽をするわけではなく、残り1200mくらいからじわっと標準くらいのペースにして準備体操、残り1000mから「11.9-11.7秒」と急加速してコーナーに入って行く。直線はインベタからゴールに向かって追うだけで進路取りに苦慮する必要はなかったが、追って追って、上がり3ハロン37.0秒というのはオープンで出す上がりからして評価できる数字。

 

サンライズソアはタラタラ遅いペースで走った逃げ馬ではない。急加速して早い脚を使ったハロンがあっての上がり3ハロンである。

 

ただ、前走逃げた馬はなるべく本命にしないことに決めてるので、本命候補にはならないものの、逃げ馬が前走より馬場が渋って走るのはプラスになることが多いので、当然馬券の買い目から消すという選択肢はない馬である。

 

シリウスステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

シリウスの道 [DVD]

2017年シリウスステークス・過去レース結果データ

 

シリウスステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.8-11.3-11.5/13.5/12.5-12.3-12.3/12.0-12.5-13.2

 

1着・メイショウスミトモ(11番人気・古川吉洋騎手・馬体重478kg)

2着・ドラゴンバローズ(5番人気・和田竜二騎手・馬体重498kg)

3着・ピオネロ(3番人気・福永祐一騎手・馬体重500kg)

 

シリウスステークス2017・オッズ・過去配当結果

シリウスステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 7420円

複勝 4・1110円/5・240円/13・190円

 

スポンサーリンク




シリウスステークス2017・1着・メイショウスミトモ【過去データ】(オッズ・11番人気。血統・ゴールドアリュール産駒)

2017年シリウスステークス1着、メイショウスミトモ(オッズ・11番人気。血統・ゴールドアリュール産駒)の前走は、ラジオ日本賞(中山競馬場・ダート1800m)でした。枠順は、12番・7着。津村明秀騎手。

 

馬場状態・水の浮く不良馬場

レースラップ・12.6-11.5-12.4/12.6-12.2-11.9/12.1-12.7-13.0

 

メイショウスミトモは、6枠12番からスタート。スタートまずまず。軽く促しつつ、後方から内目を探って行くメイショウスミトモ。

 

逃げ馬は、スズカリバー。テン3ハロン36.5秒。少し遅い逃げ。メイショウスミトモのテン3ハロンは37.5秒。

 

1角-2角。中団から後方のインに潜り込むメイショウスミトモ。押さえつつ回って行く。

 

向正面。水の浮く不良馬場のラップとしては少し遅めに流れつつ、中間ラップは「12.6-12.2-11.9」と、思いっきり早くはなっていかない。メイショウスミトモはジワジワ上がっていく。

 

3角-4角。内に1頭外へ出すメイショウスミトモ。前を走るリッカルド。その前を走るディアデルレイ。ディアデルレイの脚がなくなってきて、垂れ気味。リッカルドはうまいこと交わしたいのだれど、すんなりとは垂れてくれない。フタをしに来るタムロミラクル。それらの動きに付き合って追い出し待たされたのがメイショウスミトモ。内目を突く選択肢は塞がれて、外目外目へ出して行く。

 

直線。外目に出して行ったメイショウスミトモ。追って追って、一杯に追うも交わし切るにはもう一歩、二歩足らず。7着。メイショウスミトモの上がり3ハロンは37.5秒。

 

シリウスステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 55.7-39.9-25.6-12.2 末強目に追う

 

※【シリウスステークス2017・過去結果データメモ】メイショウスミトモの斤量は、ラジオ日本賞より2キロ減。55キロ。前走のメイショウスミトモ。水の浮く田んぼ馬場なダートになると、馬場水分量で早い時計を出せるようになって、芝のラップに近く。重要なのは一度出したスピードを直線追い出すまでにいかに削がれないでいられるか? が鍵。

 

不良馬場について、詳しくは、noteに書いた「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α(有料)」に書いたので割愛しますが、メイショウスミトモの3角-4角あたりの事象から直線の伸びは、本命にするまではいかないにしても馬券の買い目からは消せない感のあるレース内容でした。

 

シリウスステークス2017・2着・ドラゴンバローズ【過去データ】(オッズ・5番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2017年シリウスステークス2着、ドラゴンバローズ(オッズ・5番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、オークランドレーシングトロフィー(阪神競馬場・ダート1800m)でした。枠順は、11番・1着。和田竜二騎手。

 

馬場状態・重馬場。

レースラップ・12.6-10.8-13.3/12.7-12.6-12.3/12.1-11.9-12.6

 

ドラゴンバローズは、6枠11番からスタート。若干後手気味なスタート。軽く促して前目へ向かうドラゴンバローズ。しかし、内目が混んでいて、入って行けずな1角入り。

 

逃げて行ったのは、マッシヴランナー。テン3ハロン36.7秒。少し遅い逃げ。ドラゴンバローズのテン3ハロンは37.3秒。

 

1角-2角。外から内目に入って行くも「いれたげなーい」と内に3頭いる外目をきっちり回って行くドラゴンバローズ。

 

向正面。ペースは上がって行かず、ゆっくり流れて行く。ドラゴンバローズは外目を押さえつつもジワジワ上昇。

 

3角-4角。ドラゴンバローズは、道中、内へ入る隙間もなく1角入りの位置そのまま、内に3頭いる外目をきっちり回って行く。

 

直線。ドラゴンバローズは外目走っただけあって、追い出す位置は悠々と確保。粘る先行馬ロイヤルパンプを交わす手前までは強く追うも、ムチ入れ多用しつつ伸びを見つつ1着でゴール。ドラゴンバローズの上がり3ハロンは36.4秒。

 

シリウスステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 良 56.2-41.3-27.0-13.0 末強目に追う

 

※【シリウスステークス2017・過去結果データメモ】ドラゴンバローズの斤量はオークランドレーシングトロフィーから3キロ減の54キロ。前走は、一言で言うとドラゴンバローズは「距離ロス」。4つのコーナー、合計6頭外を回った距離ロスあっても上がり3ハロン36.4秒で、脚を残し気味に勝ったレース。

 

ペースが遅く流れた+馬場の湿り気を上手く使ってるところはあるけれど、いかんせん距離ロスは大きい。枠順も前走より内になるのもプラス。

 

スポンサーリンク




シリウスステークス2017・3着・ピオネロ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

2017年シリウスステークス3着、ピオネロ(オッズ・3番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、エルムステークス(札幌競馬場・ダート1700m)でした。枠順は、9番・7着。ルメール騎手。

 

馬場状態・重馬場

レースラップ・6.8-10.6-11.8/12.3-11.9-11.6/11.7-11.8-12.4

 

ピオネロは、6枠9番からスタート。出遅れ。一つ外のモンドクラッセが勢いよく出たのも影響したか。後方から押さえつつのピオネロ。

 

逃げて行ったのは、ドリームキラリ。テン3ハロン35.4秒。馬場を考えるとおおよそ標準くらいのラップ。ピオネロのテン3ハロンは36.6秒。

 

1角-2角。押さえつつ、後方から、ピオネロは内に3頭外を回って行く。

 

向正面。残り1000mあたりからジワジワラップは動き出していく。後方のかなり外目を押さえつつなピオネロ。

 

3角-4角。3頭、4頭外目をきっちり回って行くピオネロ。後方のまま。

 

直線。ピオネロは追って追うも、前を走る馬たちをまとめて交わす末脚は見られずゴール。ピオネロは7着。上がり3ハロン36.2秒。

 

シリウスステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 82.6-66.7-52.4-38.8-12.2<7>一杯に追う

 

※【シリウスステークス2017・過去結果データメモ】ピオネロの斤量はエルムステークスと変わらずの56キロ。前走のピオネロは、ドラゴンバローズと同様に距離ロスが響いてる。出遅れて、ペースはそこそこ早く流れる中、外目で折り合って、直線伸びてきてはいるものの前に届く位置ではない。しかし、上がり3ハロン36.2秒は最速ではないものの早いラップ。

 

出遅れて、インベタしつつ直線外目出したような走り方で上がり3ハロンが早かったわけではない。

 

シリウスステークスの枠順が13番であるものの、印はヒモでも残しておきたい前走内容。

 

シリウスステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

シリウス (ハヤカワ文庫 SF 191)

2016年シリウスステークス・過去レース結果データ

 

シリウスステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.6-11.3-11.4/12.9/12.3-12.5-12.3/12.1-11.8-12.5

 

1着・マスクゾロ(1番人気・秋山真一郎騎手・馬体重532kg)

2着・ピオネロ(2番人気・福永祐一騎手・馬体重500kg)

3着・アポロケンタッキー(4番人気・和田竜二騎手・馬体重562kg)

 

シリウスステークス2016・オッズ・過去配当結果

シリウスステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 360円

複勝 1・140円/8・130円/9・140円

 

シリウスステークス2016・1着・マスクゾロ【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・Roman Ruler産駒)

2016年シリウスステークス1着、マスクゾロ(オッズ・1番人気。血統・Roman Ruler産駒)の前走は、ジュライステークス(中京競馬場・ダート1800m)でした。枠順は、7番・1着。秋山真一郎騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.1-12.0-13.4/12.4-12.0-12.1/12.4-11.6-12.0

 

マスクゾロは、6枠7番からスタート。発馬を決めて、促すことなくそのまま前目へ行くマスクゾロ。外からモルトベーネが入ってくるも、逃げて行ったのはマスクゾロのほう。テン3ハロン38.5秒とかなり遅い逃げ。

 

1角-2角。ゆったりとしたペースで逃げて行くマスクゾロ。押さえつつ。押さえつつ。

 

向正面。マスクゾロの作るラップは、テン3ハロン遅いペースで行ったものの、中間ラップは「12.4-12.0-12.1」と早め早めに進んで行く。

 

3角-4角。スピードに乗せて逃げて行くマスクゾロ。

 

直線。外からブライトアイディアが迫ってくるも、マスクゾロの脚はある。軽く追い始めると、後続を離す離す。2着と6馬身差つけて1着。マスクゾロの上がり3ハロンは36.0秒。

 

シリウスステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 重 54.3-39.3-25.2-12.3 強目に追う

 

※【シリウスステークス2016・過去結果データメモ】マスクゾロの斤量はジュライステークスと変わらずの56キロ。マスクゾロの前走はテン3ハロンかなり遅く逃げつつも、中間は早目に走って行く。少しずつスピードに乗せて直線上がり3ハロン36.0秒の上がり最速の脚を使って1着でゴール。

 

マスクゾロの走り方が残り1200mあたりからラップを早くしていかない逃げであれば、上がり3ハロン36.0秒の価値は下がる。しかし、脚を貯めまくっての上がりではない。

 

マスクゾロの勝ち方は「馬券を買う人たちに安心感を与えやすい+自信を持たせやすい勝ち方」。ただ、強い勝ち方の裏付けもあったというレース内容。「前走、逃げた馬はなるべく本命にしない」ことに決めてはいるけど、迷うレース内容でも。

 

シリウスステークス2016・2着・ピオネロ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)

2016年シリウスステークス2着、ピオネロ(オッズ・2番人気。血統・ネオユニヴァース産駒)の前走は、BSN賞(新潟競馬場・ダート1800m)でした。枠順は、2番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-10.8-11.7/12.8-12.8-12.5/13.1-12.4-12.3

 

ピオネロは、2枠2番からスタート。まずまずのスタート。軽く促してスピードに乗せるも、逃げ・先行集団に付いて行かず押さえつつ1角入り。

 

逃げて行ったのは、トミケンユークアイ。テン3ハロン35.2秒と少し早い逃げ。ピオネロのテン3ハロンは36.6秒。

 

1角-2角。インを回っていくピオネロ。押さえつつ。中団前あたり。

 

向正面。トミケンユークアイのペースはテン3ハロンはやや早目だったものの、向正面ではスピードが落ちる3ハロンが続く。ピオネロはインから外に切り替えてく。

 

3角-4角。ピオネロは内2頭外から3頭で回りつつ外目に出して行く。「脚は貯まってますよ」と言う感じ。

 

直線。ピオネロは追い出せる位置をすんなり確保。軽く追い出し初めて先頭。ムチ入れ多用する追い方で、迫るモズライジンを寄せけず、13/4馬身差つけてゴール。1着。ピオネロの上がり3ハロンは37.2秒。

 

シリウスステークス2016最終追い切り・

栗東CW 稍 81.8-66.1-51.5-38.1-12.2<5>一杯に追う

 

※【シリウスステークス2016・過去結果データメモ】ピオネロの斤量はBSN賞から1キロ増の56キロ。前走のピオネロは、若干早くなったテン3ハロンを追いかけず、脚を貯めていく。1角-2角をインで回り距離ロスはなかったものの、向正面からピオネロは外目に出して、結構な距離ロス。それでいて、直線は交わしにかかるモズライジンに差されない程度に追い、着差付けてゴール。ピオネロのBSN賞は、貯めてきた脚を必要最低限しか使ってないレースだったと言う話。脚を余すのではなく、使える脚を残す競馬をピオネロと福永祐一騎手はした。

 

シリウスステークス2016・3着・アポロケンタッキー【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・Langfuhr産駒)

2016年シリウスステークス3着、アポロケンタッキー(オッズ・4番人気。血統・Langfuhr産駒)の前走は、ブリリアントステークス(東京競馬場・ダート2100m)でした。枠順は、8番・1着。戸崎圭太騎手。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・7.1-10.9-11.9/12.0-12.4/12.4-12.3-12.6/12.2-13.1-13.5

 

アポロケンタッキーは、5枠8番からスタート。発馬決めて、押さえつつ。中団あたりに位置取りして行くアポロケンタッキー。どうにかこうにか前に行きたい外枠のトウショウフリーク・キングノヨアケ・ジェベルムーサをかなり強目に押さえて待ってあげる形で1角入り。しんどい顔しつつ、ケンタッキーに入店するアポロケンタッキー(ややこしいわ)。

 

逃げて行ったのは、キングノヨアケ。テン3ハロン35.9秒とかなり早目の逃げ。アポロケンタッキーのテン3ハロンは37.4秒。

 

1角-2角。内2頭外を回って行くアポロケンタッキー。早いペースに釣られないように押さえつつ。

 

向正面。逃げ馬のペースはテンの早いペースを維持する形で「12.0-12.4/12.4-12.3-12.6」と早いまま流れるラップ。アポロケンタッキーは外目を追走。じわじわ上がってく。

 

3角-4角。アポロケンタッキーは内に2頭半外から、3頭外を回って行く。外目に出して仕掛けて行く。

 

直線。アポロケンタッキーは追って追って、直線入り口でイースターパレードを交わす。再び、追って追って、ジェベルムーサを交わす。残り100m過ぎ、残ろうとしてるドコフクカゼを差して、アポロケンタッキーはケンタッキー完食1着でゴール(やかましいわ)。上がり3ハロン38.3秒。

 

シリウスステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 稍 53.2-37.9-24.4-12.3 叩き一杯

 

※【シリウスステークス2016・過去結果データメモ】アポロケンタッキーの斤量は0.5キロ増の57.5キロ。アポロケンタッキーの前走は、1角入るまでに逃げたい・先行したい馬の都合を通させた+テン早い+1角-2角外目+中間ペースも早い+3角-4角外目。でありつつも、じわじわ先を走る馬たちを交わして1着でゴール。上がり3ハロンは38.3秒と一見遅いラップに見えるが、スタートから残り600mまでのペースがかなり早く、その道中で脚を使ってしまってるから早い上がりにならない。

 

上がり3ハロンの価値というのは、えーっと、長くなるので割愛。

 

トニニモカクニモ、ペースが遅くなったら都合が良くなるという点でアポロケンタッキーは消せない。

 

以上、シリウスステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

シリウスステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.