繰り返しの謎解き商会

*

「その日のまえに」重松清・読書感想。短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」ガン告知を隠す母と息子。テレビドラマ化、映画化された作品もレンタルしてみたい

      2017/11/10

その日のまえに (文春文庫)

 

「その日のまえに」重松清(文藝春秋)の読書感想です。

 

重松清『その日のまえに』は、単行本が発売されてすぐに読み、感想を書いていました。主に、ガンの告知を受けた母親がそれを息子に隠す短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」についてのもの。

 

読書の感想を書いたものが見つかったので、加筆してアップいたします。

 

『その日のまえに』は、その後映画化テレビドラマ化されました。まだ、作品を見ていないので、是非レンタルして見てみたい。

 

ラジオドラマ化もされています。

 

スポンサーリンク




映画化は、大林宣彦監督、南原清隆(ウッチャンナンチャン)、永作博美出演で。脚本、市川森一。音楽・主題歌にクラムボン。

 

映画化から6年後、NHKBSプレミアムでテレビドラマに。前編後編の作品。佐々木蔵之介、檀れいなどのキャストにて放送。

 

2016年には朗読劇にも。

 

 

重松清さんの作品というと、直木賞受賞作『ビタミンF』(新潮文庫)『エイジ』(朝日文庫、新潮文庫)『定年ゴジラ』『流星ワゴン』『疾走』『十字架』など、名作多数。

 

テレビドラマ化、映画化も多数。大好きな作家さんです。

 

「その日のまえ」まで、人は呼吸して生きている。

それは、いつまでも続くものではない。どう医学が進歩しようと、いつかは止まる。永遠ではなくなる日、その日がやって来る。

 

「ひこうき雲」では、病気なんて吹き飛ばしてしまうくらい負けん気の強い小学生女子、ガンリュウこと、岩田隆子。

 

「朝日のあたる家」では、学校の先生ぷくさんの夫はいきなり、その日だった。

 

「潮騒」では、男は余命3カ月。でも、電車に乗って、海へ向かう。

 

「ヒア・カムズ・ザ・サン」では、ガンの告知を受けた母親がそれを息子に隠す

父親は息子が赤ん坊のとき交通事故で亡くなっている。母子家庭。稼ぎ手は母親だ。息子は高校一年生。羞恥心の固まりになるお年頃。ミスりたくない。

 

何かを認めたくない気持ちがある一方で、それを確認するのが怖くって、なかなか踏み出せない。

 

同級生の目、他人の目。大きく言えば、世間の目。ミスりたくない。

 

そんな中、母親はストリートミュージシャンのカオルに惚れ込んでしまう。病気のことを尋ねたい息子だが、母親の口から出てくるのは、カオルのことばかり。母親と息子の会話はまるで、漫才を聞いているかのように見える。母親がのろけてぼけて、息子は聞きたいことをかかえつつも、突っ込む。ぼけとつっこみ。

 

漫才はどちらかが欠けると、笑いは起きない。それまであった、間や空気は消えてしまう。だけども、息子には羞恥心。

 

羞恥心とは、なんてやっかいな感情なのだろう。

 

その日は有無を言わさず近づいていて来てる。

 

本人のもやもやさとは問答無用、関係なく。

 

以上、「その日のまえに」重松清・読書感想。短篇小説「ヒア・カムズ・ザ・サン」。テレビドラマ化、映画化された作品もレンタルしてみたいという話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

伝説の馬券師による競馬予想法を、スマホやパソコンでできる時代になったのか…。レース映像、パトロールビデオ、ゴール入線後の伸びを見る

競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

 

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

 

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

 

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

 

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

セブンイレブンのそこそこうまい、値段手頃なたこ焼き。ソースとマヨネーズの容れ物は、ディスペンパックに戻してほしい【コンビニ】。冷凍のもいいのだけど……

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

村上春樹の小説『ノルウェイの森』を110回読んだあの人は、新刊『騎士団長殺し』を買ったのだろうか。考察したり評価して何回読むんだろう

1日1食がダイエットや健康に良くやってみようと思ったのは、ある短篇小説の影響から。好転反応でだるくなることもあるけど続ける方向で

Apple純正のラジオ。公式の商品を作ったら面白いな。iTunesではなく。音楽流れるスピーカーに付加価値プラス。安くできれば、なお良し?

鼻うがいうまくいかない失敗系男子です。風邪予防に簡単で効果があると方法を知り、器具、食塩水を買ったのですが…。角度が悪いのか、タイミングか

キヨーレオピンファイブキャプレット200錠を、Amazonで買ったらめんつゆのおまけ【にんにく】。値段高いが疲れとれ効果あり、使用中

 

この記事はいかがでしょう・その2

「赤塚不二夫のアニメ展なのだ」を見て来たのだ。漫画をやめようとした際、寺田ヒロオに言われた名言エピソードがかっこいい。これでいいのだと言える理由なのかなと

雨の歌・雨の曲といえば、おすすめ5曲・その1。『優しい雨/小泉今日子』『雨/森高千里』『雨は手のひらにいっぱい/SUGARBABE』など【カラオケ】

小林路子の菌類画「きのこ・イロ・イロ/吉祥寺美術館」を見て来た。マツタケモドキ? グッズコーナーにきのこの山はなかったものの、ガチャガチャを発見

競馬予想とブログ論は似てる。違うのは結果の明らかさ。書き方あれば、SEOあり、アフィリエイト、稼ぐ方法…。血統あれば、調教あり、騎手、馬場、パドック…

植草甚一スクラップ・ブック展を見て来た(世田谷文学館)感想。さりげない名言にしびれまくる。「植草甚一の収集誌」を買い、Tシャツも気になったけど買わず…

競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

カラオケで歌いたいけど、歌えないリクエストしたい名曲5曲! フジファブリック『LaidBack』大滝詠一『趣味趣味音楽』など。その2(おすすめ曲多し)

午後の紅茶ストレートティー500ミリペットボトルをたまにうまいのを思い出してコンビニで買ってしまう話。いろんな広告やコラボあったなぁと思い出して…【飲み物】

 - 読書感想・レビュー , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

コミュニケーション能力が上手くなるコツはあるのか。コミュニケーション能力をアップさせ、会話で使う言葉を工夫して、仕事に活かす。コミュニケーション能力を向上、改善したりするコツ。面白い本を読みました。コピーライター、小西利行さんの本『伝わっているか?』。イルカがスナックに来るっていう本です(いろいろ説明ぶった切りすぎ)。もといもとい。コミュニケーション能力が上手くなるきっかけとは何か、について書かれた本です。本1冊読書するくらいで、コミュニケーション能力がアップするなんてという話もありますが、濃厚に書かれた本は別です。小西利行『伝わっているか?』、自分のコミュニケーション能力をどうアップしていこうかという作戦が立てられる本、読書と言いましょうか。

絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケ感想。面白い、かわいい。シュールなジタバタ主人公。何歳向け、対象年齢関係なく楽しめる話です【読書】

絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケの感想です。シュールにかわいいジタバタ主人公の登場。ヨシタケシンスケさんの『もうぬげない』、面白いだけでなく、ジタバタしつつも主人公の考えていることに、そう来るかと絵本のページをめくってしまいます。もうぬげないんだけど、どうしようか。シュールかもしれないけど、ジタバタ工夫してみようか。そんな姿が、かわいい? 面白い? どうにかなるさ……。絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケ、何歳向け、対象年齢関係なく楽しめる話です。おすすめ。部屋に置いてあると話題になること間違いなし。

偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コン

偏愛マップ(齋藤孝)という、ルール、やり方、作り方、書き方簡単にできる、自己分析に、合コン盛り上がる項目ネタ探し、自己紹介、自己PR、ブログにもぴったりな面白い本があります。齋藤孝さんの偏愛マップ、初対面の方に話すネタを探しておくのにも有効。ルールにやり方、作り方、書き方は簡単。偏愛マップ的なやり方をすれば、自分の心底好きなものを他の人に見せることができるという……。盛り上がる面白いネタ、項目は持ちネタにできる。ポイントは自己紹介と言っても、ちょこっと好きではなく、濃厚に迫るくらい好きなものを紙に書いていくやり方、作り方をします。何と言っても、偏愛、偏愛でございます。

見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

となりの億万長者・成功を生む7つの法則の感想・レビュー。人間、見栄というのはプライドから、承認欲求から。男性も女性も虚勢を張ってお金を使う。プライドのため見栄のために消費し、浪費する。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』という本を読みました。見栄を張る、虚勢を張り続けたところには、男女問わず億万長者であり続けてる人は少ないんだなというのが大きな感想です。この見栄を張る消費には、承認欲求が関わってるんだろうなぁと思いつつ、となりの億万長者・成功を生む7つの法則の感想を。

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想・レビュー。アイデアを仕事にしたり、商品化したい人にぴったりな本。自分の持っている能力の需要と供給。自分の能力に需要があることを発見でき、かつ供給できる状態に持って行けるかどうかという感覚。マーケットという言葉に馴染みのない人が多いんじゃないかなぁ、というのがちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』の第一印象でした。市場感覚を身につけようという本です。と、いいますのはマーケット(市場)ってあっちこっちにあるんです。例えば、スーパーは、スーパーマーケットの略。多種多様な商品が揃う市場です。売り場ですね。

『ウイナーズサークルへようこそ/甲斐谷忍』感想。馬券を買う側な内容の漫画。競馬予想好きには面白い。おすすめ。消去法、血統派、データ派、パドック

ウイナーズサークルへようこそ/甲斐谷忍。感想・レビューです。馬券を買う側な内容の漫画。競馬予想好きには面白い。おすすめ。消去法で行く、桜紅子。妹、美登里。血統派の風間駿。データ派の宇多田惣吉。そこに、パドックで馬を見るのが上手い山川七雄が加わって、さぁ大変。七雄は漫画家志望だったところから、前走以前の馬体写真があると馬の成長度が見えるいわゆる相馬眼の持ち主。ただし、本人はあまりその能力に気づいてない模様。ウイナーズサークルとは、馬券の回収率をうまいことあげようと企む集まり。馬券の当たる確率を上げよう集団でございます。競馬予想して馬券を買う側の内容な漫画で面白い。

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店、カフェに行きたくなるおすすめ本。作り方もお店によって違う。東京千歳船橋・堀口珈琲気になる【読書】

『コーヒーゼリーの時間/木村衣有子』感想。喫茶店やカフェでコーヒーゼリー食べたことないと思ってブログ書いてたら、おすすめすぎる本が発売されました。木村衣有子『コーヒーゼリーの時間』です。作り方もお店によって違うもので、その差を読む見るのは楽しかったです。東京・千歳船橋『堀口珈琲』は気になりますね。行ってみたいです。『コーヒーゼリーの時間』には、福島はいわきの「ゼリーのイエ」に始まって、19店舗のコーヒーゼリーが収められています。行ってみたいなぁと付箋を貼ったのは、東京・千歳船橋『堀口珈琲』。東京は新宿『ベルク』のコーヒーゼリーもブラック。

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。みうらじゅん「ない仕事」の作り方という、文字列がなんとも興味をそそります。みうらじゅんさんの、エッセイ集です。面白い、おすすめなエッセイ集でした。だって、みうらじゅんさん、ない仕事をある仕事にするわけですから……。みうらじゅん「ない仕事」の作り方、競馬の「ケ」の字も出てきませんが、競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本です。

運勢占い本『未歳生まれは、超運すぎる人/橋幸夫』感想。未年は超運らしい。未年なので読んでみた。占いや運勢の意味と競馬の血統は似てる。変わるのは自分次第

運勢占い本『未歳生まれは、超運すぎる人/橋幸夫』を読んでみました。感想を。なんでも、未年は超運だという話をTwitterで見て、自分羊年なもので気になりまして。占いや運勢に関して、良い悪いなど語られますが、意味合いでなんだか競馬の血統と似てるなぁと『未歳生まれは、超運すぎる人』読みながら思いました。良い運勢でも変わるのは自分次第だという話。それにしても、橋幸夫さんが未歳生まれは、超運すぎる人みたいな運勢・占い本を書かれてたとは……。びっくり。