競馬予想をレース映像分析専門家が攻略するブログ

繰り返しの謎解き競馬

競馬レース映像分析

スプリングステークス2020競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

スプリングステークス 競馬予想 過去

 

スプリングステークス2020競馬予想。過去のレース結果を見る

スプリングステークス2020(G2)。中山競馬場・芝1800mで行われます。

 

2020年のスプリングステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のスプリングステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2020年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないかスプリングステークス。

 

1着賞金5400万円。正式には「フジテレビ賞・スプリングステークス」と呼ぶ。3着までに入線した馬たちに皐月賞への優先出走権が与えられるレース。いわゆる、3歳馬による、トライアルレース。

 

スプリングステークスの歴代勝ち馬・優勝馬

ミホノブルボン・マルチマックス・ナリタブライアン・ナリタキングオー・バブルガムフェロー・ビッグサンデー・クリールサイクロン・ワンダーファング・ダイタクリーヴァ・アグネスゴールド・タニノギムレット・ネオユニヴァース・ブラックタイド・ダンスインザモア・メイショウサムソン・フライングアップル・スマイルジッャク・アンライバルド・アリゼオ・オルフェーヴル(阪神開催)、グランデッツア・ロゴタイプ・ロサギガンティア・キタサンブラック・マウントロブソンなど。

 

スポンサーリンク




1着から3着馬の前走傾向をレース映像分析

スプリングステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のスプリングステークスのレース映像分析ではありません。

 

過去のスプリングステークスの結果、1着~3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。

 

前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のスプリングステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱・出走表に書かれない激走買いデータをまとめます。

 

馬券になる前走は重要な過去データ

スプリングステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ウインブライト・ステルヴィオ・エメラルファイト。

 

どのような競馬を前走でしていた馬が過去のスプリングステークスで馬券になったのか。ファンタジスト・エポカドーロ・アウトライアーズ。

 

オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。

 

2020年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

スポンサーリンク




スプリングステークス競馬予想2020【過去レース映像消去法】

スプリングステークス 過去データ分析

スプリングステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2020みたいなものです。競馬予想に使うデータ。

 

過去にスプリングステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。

 

過去にスプリングステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

競馬予想・本命視? ヒモに入れる?

スプリングステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともスプリングステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンターは誰か、ゲストは誰か、密かに気にしつつ分析します(こらこら)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去のスプリングステークスの前走を文字起こし

例えるならば、過去のスプリングステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2020年のスプリングステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

スプリングステークス2019

2019年スプリングステークス・レース過去結果データ

 

スプリングステークス2019・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.4-11.8/12.1-12.1-12.1/12.0-11.6-12.1

 

1着・エメラルファイト(10番人気・石川裕紀人騎手・馬体重454kg)

2着・ファンタジスト(1番人気・武豊騎手・馬体重484kg)

3着・ディキシーナイト(7番人気・石橋脩騎手・馬体重524kg)

 

オッズ・過去配当結果

スプリングステークス2019・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 2710円

複勝 9・590円/1・230円/10・410円

 

スポンサーリンク




1着・エメラルファイト(オッズ・10番人気)

2019年スプリングステークス1着、エメラルファイト(オッズ・10番人気。血統・クロフネ産駒)の前走は、白梅賞(京都競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、2番・1着。藤岡康太騎手。

 

前走は、白梅賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.3-11.0-11.6/12.5-12.2/11.9-11.7-12.2

 

エメラルファイトは、2枠2番からスタート。出遅れ。抑えつつ、中団から。

 

逃げて行ったのは、ミッキースピリット。テン3ハロン34.9秒。おおよそ標準の逃げ。エメラルファイトのテン3ハロンは35.5秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し遅めを継続して行く。エメラルファイトは、抑えつつ中団のインを追走して行く。

 

3角-4角。インベタで回って行く、エメラルファイト。

 

直線。入り口では前が壁気味も、進路を探して見つけて行くエメラルファイト。外から追い込んで来た、アーデントリーに進路を塞がれそうになるも、追って、追って伸びて行く。じわりじわりジワリと伸びて行って、逃げ馬を交わしてゴール。エメラルファイト1着。上がり3ハロン35.3秒。

 

エメラルファイト・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2019・過去結果データメモ】エメラルファイトの斤量は白梅賞と変わらずの56キロ。前走のエメラルファイトは、テン3ハロンは標準くらいで流れ、中間ラップは少し遅めで流れるレースを走った。

 

エメラルファイトは出遅れ。無理に挽回せず中団の後あたりからの競馬。抑えつつインベタでコーナー回って行く。直線、進路を見つけるのに少し手間かかるものの追って伸びての1着。上がり3ハロン35.3秒。

 

出遅れの不利・負荷は距離延長することで薄れることがある。特に、コーナー増の距離延長。当たり前に流れるペースが遅くなることで、出遅れても中和されやすい。エメラルファイトもそのタイプ。

 

ただし、2019年のスプリングステークスで重要なのは1角の入り。横一列5頭雁行状態で入って行く馬がいる中、エメラルファイトは1角手前で手綱を引いて行って内に入れて行き距離ロスを減らしている。雁行状態は後方の馬群でもおきており、最初のコーナーで距離ロスしなかったことはこのレースを勝ったことに貢献している。3角-4角で外目に振ってるものの、最初のコーナーで距離ロスしていれば着差が着差だけに勝ててないはず。

 

スプリングステークス2019最終追い切り・

美浦W 良 82.5-66.4-51.8-38.2-13.3<4>直強めに追う

 

札幌2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
札幌2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  札幌2歳ステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る札幌2歳ステークスは2歳馬のG1レースに向けて重 ...

続きを見る

朝日杯フューチュリティステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
朝日杯フューチュリティステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  朝日杯フューチュリティステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る朝日杯フューチュリティステークスの ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




2着・ファンタジスト(オッズ・1番人気)

2019年スプリングステークス2着、ファンタジスト(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、朝日杯フューチュリティーステークス(阪神競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、14番・4着。武豊騎手。

 

前走は、朝日杯フューチュリティーステークス

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.7-10.9-11.7/12.4-11.8/11.3-11.2-11.9

 

ファンタジストは、8枠14番からスタート。発馬はまずまず。抑えつつ前目へ向かう。行きたい馬を行かせて中団から。

 

逃げて行ったのは、イッツクール。テン3ハロンを35.3秒で。少し早めの逃げ。ファンタジストのテン3ハロンは36.5秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは残り800mから加速して行く感じで流れて行く。ファンタジストは中団の外目を強めに抑えつつ追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外を回って行く、ファンタジスト。

 

直線。外目を回って来たこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追う。ムチ入れしつつ伸びを見る追い方で伸びて来る。しかし、前を交わすまでは伸びきれず。ファンタジスト4着。上がり3ハロン33.9秒。

 

ファンタジスト・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2019・過去結果データメモ】ファンタジストの斤量は朝日杯フューチュリティーステークスから1キロ増の56キロ。前走のファンタジストは、テン3ハロン少し早め→中間少し遅くなるも、残り800mから加速して行く流れを走った。

 

ファンタジストはスタートまずまずも大外枠。内で行きたい馬を行かせつつの中団。ペースは少し早く流れて行く中、外目で折り合って行く。3角-4角、距離ロス抱えつつ周り、直線は追って伸びるも4着まで。上がり3ハロン33.9秒。

 

遅いペースで流れなかったレースで距離ロスありつつの上がり3ハロン33.9秒であれば、離れた4着とはいえ評価していいレース。今回内枠もプラス。

 

スプリングステークス2019最終追い切り・

栗東坂路 稍 50.1-36.9-24.2-12.1 一杯に追う

 

小倉2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
小倉2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  小倉2歳ステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る小倉2歳ステークスの歴代優勝馬、勝ち馬1着から3 ...

続きを見る

京王杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】
京王杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

  京王杯2歳ステークス2019競馬予想。過去のレース結果を見る京王杯2歳ステークスの歴代勝ち馬・優勝馬1着か ...

続きを見る

 

スポンサーリンク




3着・ディキシーナイト(オッズ・7番人気)

2019年スプリングステークス3着、ディキシーナイト(オッズ・7番人気。血統・ダイワメジャー産駒)の前走は、クロッカスステークス(東京競馬場・芝1400m)でした。

 

枠順は、7番・1着。マーフィー騎手。

 

前走は、クロッカスステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.2-11.9/12.5/11.7-11.0-11.5

 

ディキシーナイトは、7枠7番からスタート。発馬まずまず。抑えつつ、中団の外目につけて行く。

 

逃げて行ったのは、オトナノジジョウ。テン3ハロン35.5秒。少し遅めの逃げ。ディキシーナイトのテン3ハロンは36.1秒。

 

向正面。逃げ馬のペースはガクンと落ちてゆっくりになる。ディキシーナイトは、中団の外目を強目に抑えられつつ。

 

3角-4角。内2頭外目を回って行く、ディキシーナイト。

 

直線。外目回ったこともあり、追い出せる位置は確保したディキシーナイト。追い出し開始。追って、追う。伸びて伸びて、先頭に立つ。ムチ入れしつつ伸びを確認する追い方で他馬を交わさせずゴール。ディキシーナイト1着。上がり3ハロン33.6秒。

 

ディキシーナイト・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2019・過去結果データメモ】ディキシーナイトの斤量はクロッカスステークスと変わらずの56キロ。前走のディキシーナイトは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップは遅めで流れたレースを走った。

 

ディキシーナイトは発馬まずまずも、抑えて中団の外目から。ペースは少し遅めで流れる中、脚を溜めて行く。3角-4角で距離ロス抱えつつ回る。直線は、ムチ入れしつつ伸びを確認する追い方で伸びて行ってゴール。上がり3ハロン33.6秒。

 

距離延長は差し馬・追い込み馬から=上がりのあった馬から。ディキシーナイトは距離ロスもあり、直線の追い方は一杯に追ってない。厳しい流れになった、2018年のきんもくせい特別4着馬。この手のタイプはヒモには入れておきたい。

 

スプリングステークス2019最終追い切り・

美浦W 良 81.8-66.7-52.0-38.3-13.1<5>馬なり余力

 

uxcell コンプレッションバネ 圧縮スプリング 圧縮ばね ワイヤーバネ 0.3mmx4mmx15mm シルバートーン 20個入り

 

スプリングステークス2018

2018年スプリングステークス・レース過去結果データ

 

スプリングステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.4-11.3-11.9/12.2-11.8-12.1/12.4-12.2-11.8

 

1着・ステルヴィオ(1番人気・ルメール騎手・馬体重466kg)

2着・エポカドーロ(3番人気・戸崎圭太騎手・馬体重492kg)

3着・マイネルファンロン(6番人気・柴田大知騎手・馬体重458kg)

 

オッズ・過去配当結果

スプリングステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 230円

複勝 8・120円/5・180円/12・260円

 

1着・ステルヴィオ(オッズ・1番人気)

2018年スプリングステークス1着、ステルヴィオ(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、朝日杯フューチュリティステークス(阪神競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、10番・2着。C.デムーロ騎手。

 

前走は、朝日杯チューチュリティステークス

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-10.8-11.8/12.0-12.1/11.3-11.0-11.7

 

ステルヴィオは、5枠10番からスタート。発馬まずまずも、勢いがあり外を走っていたカシアスが抑え込んで前に入って来て、ステルヴィオも付き合って抑えて行く。中団の後まで位置を下げる形に。

 

逃げて行ったのは、ケイティクレバー。テン3ハロンを35.2秒で。少し早目の逃げ。ステルヴィオのテン3ハロンは、36.3秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは衰えず少し早目で推移して行く。ステルヴィオは中団の後を抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。少ししんどい位置に入った感。

 

3角-4角。内2頭外→4頭外へ出して回って行く、ステルヴィオ(アイアンクローに不利与えてる)。

 

直線。入り口は進路が塞がり気味な位置から。わずかな進路に頭を入れて行く、ステルヴィオ。こじ開けて行き、追って追う。伸びて伸びる。勝ち馬を交わせなかったが、勢いよく追い込んで来て、2着浮上。ステルヴィオの上がり3ハロンは33.8秒。

 

ステルヴィオ・過最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2018・過去結果データメモ】ステルヴィオの斤量は朝日杯フューチュリティーステークスより1キロ増の56キロ。前走のステルヴィオは、テン3ハロン少し早目→中間も少し早いのを維持する流れを走った。

 

ステルヴィオは発馬まずまずで先行しかけるも、外から入って来た馬の動作に付き合って抑え込んで行き、中団の後方からの競馬に。道中のペースは少し早めで流れて行く展開。抑えつつ、しんどいところに入りつつも折り合って行く。3角-4角で1頭大外へ吹っ飛ばしてしまったが、距離ロス拡大しつつ回る。直線は進路を塞がれ気味も追って伸びて来ての2着。上がり3ハロン33.8秒。

 

前から競馬する馬ではないが、発馬後、前に入って来た他馬のペースに合わせて行くのはそこそこの負荷。ペース少し早めの展開で大きな距離ロス。それでいて、上がり3ハロン33.8秒は早い。

 

距離延長+コーナー増は差し馬・追い込み馬から。ステルヴィオの前走はそれにぴったり。

 

スプリングステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 69.8-53.5-39.4-12.9<3>馬なり余力

 

2着・エポカドーロ(オッズ・3番人気)

2018年スプリングステークス2着、エポカドーロ(オッズ・3番人気。血統・オルフェーヴル産駒)の前走は、あすなろ賞(小倉競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、1番・1着。戸崎圭太騎手。

 

前走は、あすなろ賞

馬場状態・雨の降る、重馬場近づく稍重馬場

レースラップ・12.3-10.9-11.5/13.0/12.8-12.7-12.4/11.7-11.7-11.8

 

エポカドーロは、1枠1番からスタート。発馬決めて、押して押して押して行く。前目から逃げてく。外から、ラスエモーショネスにこすられる。エポカドーロのテン3ハロンは34.7秒。馬場状態からして、かなりのハイペース。

 

1角-2角。抑えつつ、インベタで回って行くエポカドーロ。

 

向正面。エポカドーロのペースは少し遅めで進む。抑えつつ、折り合いつつ。

 

3角-4角。2番手追走のラスエモーショネスがついけ行けなくなりつつあり手綱を動かす中、エポカドーロは抑えつつインベタで回って行く。

 

直線。入り口で先頭。軽く促して行く、エポカドーロ。強めに追う。伸びる。伸びる。残り200mでも先頭。そのまま後続を全く寄せ付けず、2着に31/2馬身差つけてゴール。エポカドーロ1着。上がり3ハロン35.2秒。

 

エポカドーロ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2018・過去結果データメモ】エポカドーロの斤量はあすなろ賞から変わらずの56キロ。前走のエポカドーロは、自身が逃げてテン3ハロンかなり早めで進み、中間ラップは少し遅めを継続して行く流れを作った。

 

エポカドーロは発馬から押して押して押してスピードに乗せて逃げて行く、外からこすられた影響もあり、テン3ハロンはハイペース。馬場状態考えても、ハイペースで進む。インベタ追走。向正面辺りではペースを落とすも2番手が外から付いてくる展開。3角-4角もインべタで周り、直線は後続を寄せ付けずの1着。上がり3ハロン35.2秒。

 

テンかなり早(中間で脚溜めて)上がりかなり早な馬。テンを早く行ったのにはこすられた影響もあるものの、34.7秒は馬場状態考えてもかなり早い。テンかなり早く行って、中間脚ためて直線どうにかこうにか脚を保たせる馬はいるのだけど、エポカドーロのように2着を突き離す馬はなかなかいない。上がり3ハロン35.2秒も早い。この手の馬はなかなか登場しないが、いたら馬券には組み込みたい。

 

スプリングステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 67.7-52.1-38.2-12.2<8>馬なり余力

 

3着・マイネルファンロン(オッズ・6番人気)

2018年スプリングステークス3着、マイネルファンロン(オッズ・6番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、フリージア賞(東京競馬場・芝2000m)でした。

 

枠順は、10番・2着。柴田大知騎手。

 

前走は、フリージア賞

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・13.0-12.0-12.4/12.6/12.5-12.5-12.3/11.3-11.1-11.8

 

マイネルファンロンは、8枠10番からスタート。出遅れ。よっこらしょという感じの発馬。抑えつつ、後方から。

 

逃げて行ったのは、ホリデーモード。テン3ハロン37.4秒。遅い逃げ。マイネルファンロンのテン3ハロンは38.5秒。

 

2角。内2頭外を回って行く、マイネルファンロン。後方。

 

向正面。逃げ馬のペースは標準から少し早めで進む。マイネルファンロンは抑えつつもじわじわ上昇。中団の外目で抑え込む。

 

3角-4角。内2頭外回り→外目に出して回って行く、マイネルファンロン。

 

直線。外めに振ったこともあり、追い出せる位置は確保。手前変えつつ、追い出し始める。追って、追うマイネルファンロン。伸びて伸びて行くも、外からギベオン強襲。交わされて、マイネルファンロン2着。上がり3ハロン34.0秒。

 

マイネルファンロン・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2018・過去結果データメモ】マイネルファンロンの斤量はフリージア賞と変わらずの56キロ。前走のマイネルファンロンは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップは標準から少し早めで流れたレースを走った。

 

マイネルファンロンは出遅れ。抑えつつ、後方の外目へつけて行く。距離ロスしつつ回って、向正面で前に壁がないこともありツルツル上がって行く。中団の外目にどうにか押さえ込んで行く。3角-4角も引き続き距離ロスしつつ、直線、追って伸びるもギベオンに差されての2着。

 

出遅れ+距離ロスありつつ+上がり3ハロン34.0秒-向正面でツルツル上がって行った=ヒモに入れる前走内容というところ。

 

スプリングステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 83.4-67.8-52.5-38.6-13.0<6>馬なり余力

 

スプリング、ハズ、カム

 

スプリングステークス2017

2017年スプリングステークス・過去レース結果データ

 

スプリングステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・かなり乾いた良馬場

レースラップ・12.6-11.7-12.1/12.2-11.7-11.8/12.1-11.8-12.4

 

1着・ウインブライト(5番人気・松岡正海騎手・馬体重460kg)

2着・アウトライアーズ(2番人気・田辺裕信騎手・馬体重482kg)

3着・プラチナヴォイス(6番人気・和田竜二騎手・馬体重504kg)

 

オッズ・過去配当結果

スプリングステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 810円

複勝 10・250円/8・160円/7・440円

 

1着・ウインブライト(オッズ・5番人気)

2017年スプリングステークス1着、ウインブライト(オッズ・5番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、若竹賞(中山競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、12番・1着。松岡正海騎手。

 

前走は、若竹賞

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.2-12.5-11.8/12.5-11.8-12.0/11.9-11.7-11.9

 

ウインブライトは、7枠12番からスタート。発馬決めて、前目へ。内目の行きたい馬を行かせつつ、中団の外目へつけて行く。

 

逃げて行ったのは、ブラヴォバンビーノ。テン3ハロン36.5秒。少し早い逃げ。ウインブライトのテン3ハロンは37.8秒。

 

1角-2角。内1頭半くらい外を回って行く、ウインブライト。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めを継続して行く。ウインブライトは、中団を抑えつつ、折り合いつつ追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外→内5頭外を回って行く、ウインブライト。追い上げ開始。

 

直線。大外を回しまくったこともあり、悠々と追い出せる位置は確保。軽く促して上昇して行く。促しつつ、先頭。後方からの伸びを見つつ、軽く促してそのままゴール。ウインブライトはほとんど追ってない。1着。上がり3ハロン34.7秒。

 

ウインブライト・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2017・過去結果データメモ】ウインブライトの斤量は若竹賞から変わらずの56キロ。前走のウインブライトは、テン3ハロン少し早め→中間ラップも少し早めで流れたレースを走った。

 

ウインブライトは外枠から抑えつつ前目に向かうも、行きたい馬を行かせつつ中団の外目につけて行く。1角-2角の距離ロスは少なかったが、3角-4角の距離ロスはかなり大きい。直線はほとんど追ってなく促しつつのゴール。それでも上がり3ハロン34.7秒の最速。

 

距離ロスあっても上がり最速は買いパターン。

 

スプリングステークス2017最終追い切り・

美浦W 重 68.1-51.9-37.8-12.8<5>ゴール前仕掛け

 

2着・アウトライアーズ(オッズ・2番人気)

2017年スプリングステークス2着、アウトライアーズ(オッズ・2番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)の前走は、ひいらぎ賞(中山競馬場・芝1600m)でした。

 

枠順は、10番・1着。田辺裕信騎手。

 

前走は、ひいらぎ賞

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.5-11.2-11.4/11.7-12.3/12.2-11.8-11.7

 

アウトライアーズは、7枠10番からスタート。出遅れ。抑えつつ、後方から。

 

逃げて行ったのは、マイネルエパティカ。テン3ハロン35.1秒。少し早めの逃げ。アウトライアーズのテン3ハロンは36.6秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは少し早めを継続して行く。アウトライアーズは、後方馬群の中でかなり強めに抑えつつ、追走して行く。

 

3角-4角。内2頭外→内3頭半外へ出して回って行く、アウトライアーズ。追い出し開始。

 

直線。大外へ出して行って、追い出せる位置を確保して行くアウトライアーズ。追って、追う。伸びて伸びて行く。先に抜け出していたイノバティブを交わして先頭。そのまま押し切ってゴール。アウトライアーズ1着。上がり3ハロン34.5秒。上がり最速。

 

アウトライアーズ・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2017・過去結果データメモ】アウトライアーズの斤量はひいらぎ賞から1キロ増の56キロ。前走のアウトライアーズは、テン3ハロン少し早めで流れ、中間ラップも少し早めで流れて行く中を走った。

 

アウトライアーズは出遅れて、後方からの競馬。抑えつつ脚を溜めて行く。向正面でも後方馬群の中。3角-4角から外に出して行って、距離ロス抱えつつきっちり回って行く。直線は追って伸びての1着。上がり3ハロン34.5秒で最速のゴール。

 

中山競馬場・芝1600mで有利に働く下り坂を使わず、脚を溜めて行き、登り坂で脚を使って上がり最速は評価できるレース内容。このレース2着馬はウインブライトで、位置どりは違うものの似たような負荷のかかる競馬をして距離ロスもしていた。この手のタイプは買っておかないと、馬券になって震えること多し。

 

スプリングステークス2017最終追い切り・

美浦W 重 54.5-40.3-12.8<7>馬なり余力

 

3着・プラチナヴォイス(オッズ・6番人気)

2017年スプリングステークス3着、プラチナヴォイス(オッズ・6番人気。血統・エンパイアメーカー産駒)の前走は、きさらぎ賞(京都競馬場・芝1800m)でした。

 

枠順は、5番・4着。和田竜二騎手。

 

前走、きさらぎ賞

馬場状態・重馬場

レースラップ・12.9-11.6-12.0/12.5-12.6-12.4/12.2-11.7-12.2

 

プラチナヴォイスは、5枠5番からスタート。発馬まずまず。抑えつつも前へ。2番手、逃げ馬の外へつけて行く。

 

逃げて行ったのは、タガノアシュラ。テン3ハロンを36.5秒で。少し遅めの逃げ。プラチナヴォイスのテン3ハロンは36.7秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは重馬場から考えて、標準前後で進む。プラチナヴォイスは、かなり強めに抑え込まれつつ、追走して行く。先行の外。

 

3角-4角。抑えつつ、内1頭外目を回って行くプラチナヴォイス。

 

直線。プラチナヴォイスは入り口で先頭。追って、追う。伸びて伸びてくも、勝ち馬・アメリカズカップに交わされる。伸びはあるものの、その後2頭に外から交わされて行く。プラチナヴォイス4着。上がり3ハロン36.6秒。

 

プラチナヴォイス・最終追い切り【過去結果データメモ】

※【スプリングステークス2017・過去結果データメモ】プラチナヴォイスの斤量はきさらぎ賞から変わらずの56キロ。前走のプラチナヴォイスは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップは標準前後で流れたレースを走った。

 

プラチナヴォイスは、発馬まずまず決めて抑えつつ先行。逃げ馬の外につけて行く。道中も脚を溜めつつの競馬で距離ロスは少なく回って、直線は先頭に立って伸びるも、差されての4着。上がり3ハロン36.6秒。

 

脚を溜めすぎたのが裏目に出た感。逃げ馬は飛ばして行かず、その遅さに付き合って走ったことによって、プラチナヴォイスの都合を通すように走れなくなって直線伸び切れなかった。馬場が渋ってる時にこのパターンは起きやすい。ラップ(上がり3ハロン)が「評価していいのかな?」という数字を見せるのが特徴。

 

スプリングステークス2017最終追い切り・

栗東CW 良 83.0-66.6-51.9-38.7-11.7<9>稍一杯に追う

 

SPRiNG(スプリング) 2018年 8 月号

 

以上、スプリングステークス2020競馬予想に。過去の結果から1~3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率・回収率を上げる5つのポイント+α」noteにて販売中!

 

ひとつよろしく


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめ競馬予想本・馬券本

 

-競馬レース映像分析
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.