繰り返しの謎解き商会

*

競馬のレースで騎手が、ステッキ(鞭)を直線で入れなかった勝ち馬は馬券になるという、東スポの記事に「ホンマカイナ」

      2017/08/25

競馬のレースで騎手は直線、ステッキ・鞭を入れたり、追い出したり、ゴールに向かって動作が大きくなります。直線、ステッキ・鞭を入れてるシーンは良く見ます。右鞭、左鞭。そこからなのか、競馬のレースで騎手が、ステッキ・鞭を直線で入れなかった勝ち馬は馬券になるという。

 

騎手がステッキを直線入れなかった勝ち馬は馬券になるか……。そう、書かれていた、東スポの記事に「ホンマカイナ」と思ったのです。脚質、いろいろあるじゃん。

 

スポンサーリンク




競馬のレース。直線、ゴールに近づく騎手のアクションを競馬予想に活かす

DSCF0286

競馬のレースに有利・不利は大小あるけど、結果からレース回顧する上で触れないといけない不利はある。フェアリーS・ビービーバーレルの続き。

 

東スポに書かれていた記事には、中舘調教師の話を参考にして、レース中、直線ゴール近くを走る騎手のアクションを参考にして馬の強さを考えてみようと書かれている。

 

直線でステッキ・鞭を打たなかった勝ち馬を買おうというわけあります。

 

競走馬がスタートから走って来て、直線残り300、200mと追い出したりするわけですが、ゴーサインとしてムチを入れたりするシーンはどのレースでもあります。地方競馬の朝方の少頭数のレースでも、有馬記念でも。ダービーでも。

 

ムチ、ステッキを入れなくても勝ったらゴーサイン分アクセルを踏まなかったということだから、なんらかの脚が残ってるということはもちろん考えられます。

 

自分も、レース映像を見て行く上で、直線における騎手の動作と馬の反応と動きというのは気にしてまして、出走馬1頭1頭詳細に書くこともあります(そんなレース映像から考えられる、詳細なカルテみたいなものを、よっぽどの馬を除いて1頭1頭作らないと馬券を買えないような感覚になってしまいましたけど……)。

 

競馬における、逃げ・先行/差し・マクリ・追い込みというスタートからの脚の使い方

レース後半、直線における騎手の動作と馬の反応といいましても、逃げ先行の馬たちと、差しやマクリ追い込みの馬というのは、直線においての「体力・気力の残り方」が違いますから、直線ゴール間際のムチの使い方、追い方をイッショクタにすることはできません。

 

スタートを切られてからの体力や気力の使い方に違いがあるからです。

 

逃げや先行馬というのは、スタートして前半に「体力・気力」を使うわけで、直線では前半の貯金をどう崩されないかが勝負です。たいてい直線では「追ってる」し、ステッキは「入れてる」でしょう。イメージとしては、使えるものを使い切るという感じ。馬場にその馬の体力、気力は残さないぞと。有利になるのは、馬場が湿る、テン3ハロンが下り坂でいったいったいった。ふらふらしてて、ステッキを入れてない馬もいるでしょう。

 

調教師に「逃げられたとしても、逃げさせたくない」気持ちがあるのは、逃げてしまうとその馬の「限界が見えやすい」からと考えてもいい。だから、ためて行くということが重要視されるのもわかります。

 

関連→未勝利戦、馬券攻略のコツがうもれてる?2歳新馬戦の中距離。タメを作る場面が競馬であるかどうかが大切と角居調教師

 

差しや追い込みの馬たちはスローペースで、後半勝負、でありますから、体力、気力を温存することも可能な競馬ができるわけです。騎手は鞭・ステッキを使いますし、直線で追うことは基本です。しない馬はほとんどいません。「流した〜」という表現が実況でされるのは、差しか追い込み馬ばかり。

 

「東スポの記事、自分の考えと、逆だな……」

東スポの記事読んでて「自分の考えてたことと真逆なことが書かれてるなぁ」と思ったんです。競馬のレースで騎手がステッキを直線で入れなかった勝ち馬は馬券になる……?

 

ステッキをパンッ……パンッ……と、リズム良くいれ、ほとんど「追わず」ゴールした馬は余裕を残してる、気力、体力を温存してると考えてたのです(これは、勝ち馬に限らない。「直線でここからだと届かない」と判断した騎手がどこまで伸びるのか試してみたりしているように見える=追う動作の何段階かを残している)。

 

このステッキのリズムというのが早すぎると良さが減ってゆく感覚があります。ゆっくりと入れてて、反応がいいと強い馬という印象があります(ただし、逃げ先行馬がタレていくときに同じような動作になるのは注意。あと、騎手にも特徴があって……もごもご……)。

 

つまり、ステッキだけで伸びてあまり追ってない馬が強いということは、追った馬は力を発揮してるということです。追えば追うほど、馬はエンジンをフル稼働してゆくということです。直線、差し追い込み馬な脚質においての話ですが……。

 

ですから、東スポに書かれたノンステッキな馬というのは、「追いまくってる」ことが多いんじゃないの? と思ったんです。力を極限までとは言わないけど、使い切ってる。追って、そこそこ伸びてる、後続も迫って来てない。だから、ステッキ入れない。逃げ・先行馬であれば、スタート後に脚使っているのですからなおさら。

 

果たして、次走も馬券になるのだろうか? 今回も力を使い切るような騎乗が可能なのか。力を使い切れたのは、なにか有利に働く事象があったからではないのか……。

 

ちょいと疑問に思った記事なのでした。

 

(余談を書くと、「この馬いいんじゃないの」と東スポで例にあげてた、エメラルエナジーは初茜賞で凡走してます……)。

 

そういえば、中京で「ホンマカイナ」という馬がデビューしてたなぁ……。

 

……まあ、馬に乗ったこともない人間が競馬のレース映像見まくってのたわごとですけどね……。

 

関連→不利・出遅れ・挟まれるレース映像分析カテゴリー

 

以上、競馬のレースで騎手が、ステッキ(鞭)を直線で入れなかった勝ち馬は馬券になるという、東スポの記事に「ホンマカイナ」という話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想のデータ(情報・結果)を「大数の法則」(確率)で考えるのは正しいのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRAの競馬場で内枠不利なコースデータを覚えたほうが良い。

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。

 

おすすめ競馬記事

競馬の収支ノートを発掘。馬券を買いだしたときにつけていたものであります【初心者の頃】

「勝つ」準備はできても、「負ける」準備は果たしてできないものなのか?【競馬・馬券】

ラホーヤビーチ・スタート◎な、先行馬が急ブレーキ。その後にいた馬→次走、単勝万馬券【競馬・馬券】

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

iPhoneアプリ、ボイスメモを使い一人カラオケ・ヒトカラを録音してみた。icレコーダーはスマホの中に?音質そこそこ。練習、確認用におすすめ

3月のライオン/羽海野チカ、漫画実写映画化のニュースを読んで、二海堂晴信の配役が頭をよぎる。モデルは村山聖さんとのこと。年齢何歳だっけ?【アニメ】

白髪な鼻毛がはさみで切ってたとき落下。ショック。私、30代男性。病気が原因だったらと検索してみた。ストレス?食べ物?老化?

 

 - レース映像分析 , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

馬の耳の動きを、競馬のレース映像分析や見方に使えないか考えたけど…。耳を絞る、伏せる、念仏、馬耳東風…

馬の耳の動きは気持ちや状態を表している部分もあるそう。絞る、伏せる。馬の耳の動きが競走馬の走りに関わる。それを見ることができる。ならば、馬の耳の動きを競馬のレース映像分析や見方に使えないか。そう、考えたけど…。馬の耳を絞る、耳を伏せる、馬の耳に念仏、馬耳東風……。関係ないものも混じってる気はしますが、競馬のレース映像を見続けてデータを取り続けていって、傾向や特徴がつかめればこっちのものです。誰かが用意してくれたデータと、1件1件自分で分析していったデータは使う際意味合いが違いますから。

中央競馬全てのレース映像、動画がJRAホームページで視聴できるように。スマホからでも。ライブ、リアルタイムではないけど…。レース回顧に、展開の傾向研究に

中央競馬(JRA)の全レース映像、レース動画がJRAホームページにて視聴できるようにというニュース。スマホからも、レース映像。ライブ、リアルタイムで競馬のレース映像が視聴できるわけではないのですが、これは嬉しいニュースです。レース回顧、馬券の復習に、レース映像を見て展開から傾向を研究するのにはうってつけでしょう。馬券の、競馬予想の当たる確率を上げる材料探しにも。JRAのホームページで面白いぞ、これはとなって濃密に中央競馬のレース映像、動画を見たければ「JRAレーシングビュアー」に入るのも手です。

競馬のレースに有利・不利は大小あるけど、結果からレース回顧する上で触れないといけない不利はある。フェアリーS・ビービーバーレル

競馬のレースに有利・不利は大小あります。競馬のレースが毎日のように行われて、不利がなかったレースは1レースもないでしょう。ゆえに、結果から競馬のレース回顧する上で、触れないといけない不利はある。不利があったから、有利になったレースもある。東スポに掲載された、フェアリーS・ビービーバーレルの話にちょいとした疑問が。レースの結果から回顧する上で、不利に最低限触れないと妙な話になるんだけどなぁと思った話を。

JRAレーシングビュアーの動画プレイヤーに、スロー再生機能追加。競馬予想に役立つ。レース映像・パドックをじっくり見られる

JRAレーシングビュアーの動画プレイヤーは使い勝手はそこそこいいものでした。そこへ、JRAレーシングビュアーの動画プレイヤー、スロー再生機能追加するとのお知らせが。中央競馬のパトロールビデオが見られるようになりますし、動画プレイヤーのスロー再生機能の追加は嬉しいものです。JRAレーシングビュアーの動画プレイヤー、スロー再生機能追加でレース映像・動画、パドックを見て競馬予想するときに発見が増えそうです。ありがたい。JRAレーシングビュアー、値上げしたりしないよな……。

着差は競馬予想に使う数値、タイムとして着順より重要。0.1秒差、馬身差。クビ・ハナ・アタマ。比べてる馬との脚質の差には注意して

着差は競馬新聞の馬柱には欠かせない数字です。競馬の勝ち馬からの着差。0.1秒差、馬身差。クビ・ハナ・アタマ。競馬予想に使う数値、タイムとして着差は着順より重要だと考えています。競馬新聞に書かれる、秒差や馬身差。クビ・ハナ・アタマ。着差は着順と違って、順番を決められるわけではありません。着差は勝った馬から何秒差があったのかの数字です。ここに競馬予想の理論が生まれる隙間があります。着差を競馬予想に使う場合、比べてる馬との脚質の差には注意するのがポイントかと思います。そんな話を。

地方競馬ライブ中継の動画プレイヤーの枠は、大きさを自由に変えられないか。レース映像を見やすく、予想をしやすく

地方競馬ライブ中継のサイトで、文字通り、地方競馬のライブ中継を見ています。過去のレース映像が馬柱から簡単に再生され、地方競馬の競馬予想に便利。ライブでリアルタイムに競馬中継を見られて、便利なサイトです。主に、南関東競馬、大井だったり川崎だったりの中継を見ます。地方競馬ライブ、とっても便利なサイトなのですが、過去映像で再生される動画プレイヤーの枠が小さいのです。大きくすると画面一杯に表示されて、馬柱が確認できない。タダで使ってなんだけど、大きさを自由に変えられないか。レース映像を見やすく、予想をしやすく……。

競馬のレース映像なら、JRAレーシングビュアー。評判は様々だけど、カクカク画質ではなくなった。重いときはあるけど…。馬柱とレース映像リンクが欲しい

競馬のレース映像なら、JRAレーシングビュアー。競馬のレース映像をJRAレーシングビュアーで見ないと馬券買えない感じになりました。JRAレーシングビュアー、評判は様々です。ただ、カクカク画質ではなくなったのは嬉しいこと。まだ重いときのあるJRAレーシングビュアーですが、評判を下げるものでもないかと。カクカク画質じゃなくなっただけでもいいですよ。JRAレーシングビュアーに欲しいなぁと思う機能は、レース週の馬柱と、ワンクリックでレース映像が見られるリンクです。地方競馬ライブみたいな馬柱が使いやすくっていいのですが……。中央競馬において、地方競馬ライブに近い機能な競馬サイトに、KLANがあります。

競馬模擬レース動画(YouTube騎手目線)はおもしろい。レース映像の見方、馬券予想の参考になる?【中山競馬場ダート1200m・東京競馬場芝1800m】

競馬の模擬レース動画がYouTubeに公式なものとしてアップされていました。騎手目線でおもしろいです。普段見られない角度からの競馬レースYouTube動画です。これは、レース映像の見方、馬券予想の参考になるとおもいます。中山競馬場ダート1200mで、柴田大知騎手。東京競馬場芝1800mでは野中悠太郎騎手にカメラがつけられています。YouTubeには他にもたくさんの模擬レース動画があり、時間を忘れて見てしまいます。レース映像を見て競馬予想している人には参考になる、模擬レースYouTube動画。競馬を予想していく上で、ファクターといいますか、見るところは多々あります。自分はレース映像を重要視して、ラップ、時計、馬場、競馬場の特徴、血統などを加味して予想します。競馬のレース映像のいいところって「何度でも見返せる」ということです。

競馬の成績、着順を2着3着と繰り返す馬の確率を馬券上どう扱うか、角居勝彦調教師の連載から考える

競馬のレースを走れば当然、成績、着順は決まります。その競馬のレースの成績、着順でときどき2着3着と繰り返す馬がいたりして、人気になる。着順、成績が良ければ馬券も買いやすいですから。しかし、頼りなる着順ではあるものの、大敗馬が巻き返して人気で飛ぶこともしばしば。競馬のレースで成績、着順を2着3着と繰り返す馬の確率を馬券上どう扱うか、角居勝彦調教師の連載から考えてみました。競馬のレースで大敗した馬の理由はみつけやすいが、2着3着な成績の馬がもっと走れる理由は意外と見つけにくい?

競馬予想ではパドックよりレース映像・動画を重要視する。馬体の最新情報を見極める、攻略することに意味がないのではなく、競走馬が仕事をするのはレースだから

競馬予想では、パドックよりレース映像・動画を重要視することにしています。歩いてる馬を見るパドック。発汗だったり、首の動きだったり、馬体の最新情報や調子を見極める場所です。パドックを攻略することに意味がないのではありません。レース映像を重要視するのは、競走馬が仕事をするのはレースだからです。持っている力を出すのはレースだからです。レース映像では、スタートからゴールまでの仕事っぷりを見ることができます。パドックはその前段階になります。なんといいましょうか、当たる確率を上げる予想ファクターの位置づけって大切だなぁと思いまして……。その人なりの、競馬を解釈した上で、どう位置付けするかの話です。そこから、競馬データの見方も派生していくんだろうなと。