日常

服やTシャツタグ。かゆいチクチク首が背中が痛い。洗濯表示切る取る

ユニクロTシャツ XLサイズ

 

服やTシャツタグ。かゆいチクチク首が背中が痛い。洗濯表示切る取る

Tシャツのタグ。服のタグ。首の部分に縫い付けてあるタグ。洗濯表示。チクチク当たって首が痛いし、かゆいしすれる服やTシャツのタグ。背中のムズムズ感はさっさと解消したい。

 

ずっと、Tシャツ買ってもタグが邪魔なもので、対処法は切るし取るし。洋服のタグもそう。

 

洗濯表示を気にしないといけない、タグを付け替えたら大変なことになる高価なヴィンテージTシャツやおしゃれな洋服は着てないですし。

 

ブランド物ってなに? コーデとは? アレンジ? 自己主張のないメンズTシャツでいいのさ。安い激安ペラペラは別としても。

 

バンドTシャツもいいなぁと思うものの、タグが背中についてるのだと買うのためらってしまいます。デザインやプリントのかっこいいものはたくさんあるのですが。

 

ほんと、靴に入った小石のように首のあたりでTシャツのタグがチクチク痛い。かゆい。すれる。洋服買ったあとにいちいちタグを切ることだったり、取ることがいつも面倒。取り方切り方も適当になるのもなんともストレスが。Tシャツ、タグなしにできないのか。

 

タグを取らないでいられる人がすごい。

 

スポンサーリンク




洗濯表示タグは大切だろうけど、首? 背中に当たるとこ?

洗濯表示タグは大切なのは理解しますけども、首の後に縫い付ける? と毎度思う。

 

久しぶりにユニクロのTシャツを買ったのですが、タグがプリントされるデザインになってました。いつからそうなったのか解りませんが、不快感から解放されてて、いいなとなりまして。

 

洋服やTシャツを買ってタグや洗濯表示を切ったり取ったり、一つすることがなくなったのは嬉しいことです。

 

スポンサーリンク




ユニクロでTシャツを購入

久しぶりにユニクロで長袖のTシャツを買いました。いわゆる無地のTシャツでありまして、これといって特徴のないものです。ユニクロブランドのほんといわゆる長袖のTシャツ(メンズ)というもの。サイズはXL。

 

持ってる長袖Tシャツ数枚がへたって捨て時だったので、靴下と一緒にお買い上げ。

 

ユニクロのメンズ靴下(ソックス)のサイズ(ショート・レギュラー・アンクル)で一番具合の良かったサイズは、アンクルソックス

 

写真にありますように、Tシャツ首回り後頭部のところにタグがどーんと付いてひらひらしていなくって、Tシャツの生地と近しいものがぴょろっと縫い付けられてるだけになっています。これで、プリントされているユニクロのロゴやサイズが洗濯で消えても前後は確認できます。すぐにわかる。

 

こういうデザインのTシャツが増えてくれて、ほんとありがたい。

 

と、言いますのは……。

 

スポンサーリンク




首の後、敏感なんです。洗濯表示タグが当たって、首痛い、痛い、こすれるし、かゆいし、敏感肌。通称・ビンカーンなのです。

Tシャツの首、ちょうど後首のところに白いタグが縫い付けられてるTシャツがあります。

 

洗濯表示タグ。あと、ブランドのロゴデザインを縫い付けてあったり。洋服のタグは洗濯するときに見る必要があったりしますし、サイズが解らなくなると困ることもありますから、Tシャツに縫い付けてある洗濯表示タグなどの意味合いはわかります。

 

Tシャツのタグの意味合いは理解するのですが、自分、後首のところにひょろっとタグがついているTシャツを着てますと、違和感ハンパなくって。どうも相性が悪いんです。洗濯表示を気にする服着てないし。Tシャツじゃないし、と。

 

痛いし、かゆいし。痛いし、かゆいし。チクチク、チクチク、こすれてこすれて、痛し痒しだし(意味違う)。

 

例え、痛かったり、チクチクかゆかったりしても自分の目で確認できるところであれば多少は気が楽になるものです。原因を見ることができれば。しかし、自分の目で確認できないところの痛み、かゆみになると、ストレス溜まりまして。背中がかゆいと手が届かなくってしんどいっていうヤツです。

 

かいーの。

 

まさに、Tシャツのタグは、首の後でチクチク触れに触れ、もぞもぞもぞもぞと、マグマと言う名のかゆみ、痛みががたまりまして、うごごごごごーーーっ、切るぞ、取るぞとなる。

 

だから小声で「タグ……敏感肌を攻めないで」と言いたくなる(AKB48の新曲タイトルみたいだな……)。

 

スポンサーリンク




Tシャツ着るときに速攻でタグを切る

どんな高いTシャツのタグでもそうなることがわかったので、Tシャツを買ったら着るときに速攻でタグを切ることにしていました。タグを邪魔だからと言って取るのはどうにも、ハサミ入れるとき嫌な感じになるのですが、Tシャツ着てて、かゆくってしょうがない、痛くってしょうがないのはつらいですから、泣きながらタグ切ってました(少々、誇張)。

 

タグを切ってる際、うまいこと縫い目を切ることができればいいのですが、ときどきそうもいかない物件……じゃなかった、Tシャツにでくわしたりします。そんなときはけっこう首の後部分はえらいことになります。派手に失敗した現代美術みたいになります(その例えでいいのかよ)。

 

ええ、ウチには現代美術がけっこうありまして……。嗚呼、不器用ここにあり。

 

なものですから、ユニクロのTシャツのような首回りの感じはありがたいのです。

 

どこのどなたが発明したデザインなのかわかりませんが、タグを気にしなくっていいTシャツがどんどん増えてくださいな〜。セールがあったら買っちゃうぞー。

 

以上、服やTシャツタグ。かゆいチクチク首が背中が痛い。洗濯表示切る取るでした。

 

-日常
-