繰り返しの謎解き商会

*

「 デジタル競馬予想 」 一覧

競馬のデータに必ず生じる、タイムラグとノイズ除去の話。どれだけ収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なこと

競馬のデータは正確に数字が出されてることに疑いはありません。情報収集する手段、方法は様々。しかし、競馬のデータにタイムラグとノイズは必ず生じてるとしたらどう考えるでしょうか。日頃頼りにしている競馬予想データにしても、情報収集するにしてもです。どれだけ競馬のデータを収集、集計して解析しても、分析や見方を考える上で変わらない大切なことは、タイムラグから生じるノイズを取り除かないと競馬のデータとして使い勝手が悪くなるということ。どんな方法や手段で手に入れた競馬情報もです。競馬のデータを収集して、集計して、解析することは安価にできます。しかし、より使える状態にするのには手間がかかります。その分析や作業を競馬予想と言っても悪くはないわけで……。競馬情報を収集した手段や方法をよりよくするヒントとアイデアについて。

競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くても事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれない

競馬のデータは、競馬予想に欠かせないもの。的中率、回収率、ファクターの切り口によって、馬券になるかならないか。競馬新聞の馬柱に掲載されている数字も競馬のデータです。しかし、競馬のデータは、的中率・回収率などの確率が高くてもファクターの、事象の集まりにすぎない。どうしてそうなるのか/そうならないのか、意味は答えてくれないのです。どんな的中率、回収率な競馬データを使って競馬予想していくときでも、重要なことは「どうしてそうなるのか、どうしてそうならないのか」について知ってるかどうかはあるでしょう。事象の原因を知っていれば応用が可能になりますから。その上で競馬のデータの回収率・的中率というわけです。自分に競馬の的中率・回収率データを引き寄せることを手間かけてするから自信にも繋がると。

競馬ブックwebは予想サイト・データベースサイトとして地方競馬にも強くなってほしい。調教欄、結果成績欄の充実、検索機能の改善…

競馬ブックweb、会員になってだいぶ経ちました。競馬ブックwebがないと競馬予想できない感じに。競馬予想と言えば、競馬ブックwebですよ。競馬新聞、競馬ブック自体は買わないんですけども……。競馬ブックweb、競馬予想サイト・データベースサイトとして充実しているのですが、地方競馬にも強くなってほしい。ほんと、地方競馬にも強くなってほしい。地方競馬の調教欄、結果成績欄の充実、検索機能の改善……。競馬ブックweb、競馬予想サイト・データベースサイトとしてもっと充実できますよ。中央競馬の使い勝手の良さとは競馬ブックwebの地方競馬版、うーんがんばってと言いたくなる感じでして……。いや、会費上がってもいいんです。競馬ブックwebのプレミアム版があったら入りますよ。個人的にはターゲットより、競馬ブックwebの方がいいです。

スポンサーリンク

アンカツ・安藤勝己さんが東スポで若手騎手に言ってたことを、競馬予想が馬券が上手くなりたい側に置き換えてみる

アンカツ・安藤勝己さんの東スポ正月号に掲載された記事を読む。「2016年の競馬界へ」。アンカツ・安藤勝己さんは、東スポの記事で若手騎手に濃厚なアドバイスをされました。ひと鞍でも多く乗るための努力と……。このアンカツさんが東スポに書かれた若手騎手への話を、競馬予想が馬券が上手くなりたい側に置き換えて考えてみました。ひとレースでも多く競馬予想する努力と、復習……。うまくなるコツを掴むために数をこなす状況を作り上げることが第一。もちろん、数をこなしていたら上手くなるわけではないが……、アンカツ・安藤勝己さんの東スポに書かれたことは競馬予想する上で参考になる。

馬券が当たらない。競馬予想の知識・情報の見方・データの傾向を知れば知るほど…。どうしてですか?

馬券が当たらない。競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を知れば知るほど、馬券が当たらない。競馬は当たらない。どうしてですか? 競馬本や馬券本、ブログを読んで馬券術を競馬予想のために知識を仕入れてても、馬券は当たらない。競馬は当たらない。どうしてか? 馬券が当たる前提で知ったこと、競馬予想の知識、情報の見方、データの傾向を全て足し算で考えているからではないかと。馬券術やデータ、情報は100%内で割合を変えることが大事です。その中で、自分に相性のいいファクター(要素)を見つけ出すこと。相性のいい競馬予想ファクターの知識、データ傾向、情報の見方については誰よりも知っておく。これが馬券の当たらないこと、競馬が当たらないことから逃れる道かと思います。競馬予想の知識として知ったことでも、捨てるものは捨てるということです。ただ、知らないと自分が捨ててもいいファクターだとは言い切れないところがあるのは、もう人間だものとしか言いようがありませんが……。競馬予想をしてて、馬券が当たらないのはつらいです。詳しく書いてみたいと思います。

スマホ、パソコンを使ってネットで馬券購入と言っても、競馬予想からアナログさを消すことはできない。データの期待値狙いの危うさ【清水成駿氏の話】

スマホ、パソコンを使ってネットで馬券購入することはもう当たり前の時代になりました。それを受けて、競馬予想がデジタル競馬予想に向かうかというと、そうでもない。競馬予想からアナログさを消すことはできない。スマホやパソコンで馬券を買うにしても。競馬には、馬券にはアナログさがある。清水成駿氏が競馬最強の法則で語った話から、競馬データの見方から考える期待値狙いの危うさについて考えてみました。予想して、馬券を買うことには問題はないのだけど、興味の派生先に思いがなくなるのは、やっぱりちょいと……。競馬はどこまでもアナログ。スマホがどれだけ進化しても、馬券はアナログ。

競馬予想で指数を使い馬券を買う意味の違和感は、親父の仕事の教え方からだった。予想の精度を上げるには細かさを先行させ、構築することがなによりも大事

競馬予想で指数を使い馬券を買うのは便利で意味があるように見えます。しかし、その買い方に違和感があったのです。どうしてそう感じるのかをブログに書き探っていったところ、親父の仕事の教え方に謎を解く鍵がありました。競馬予想の精度を良くして、当たる確率、的中率や回収率を上げるには細かさを逃げ・先行させ、構築して差して、追い込んでいくことがなによりも大事です。競馬を見るとき指数を使っていると、どうしても深掘りしようというネタが探れません。そこのところを考えて行きます。指数を使って馬券を買うことに違和感を感じた根本要因を見つけたもので。ひとつ前に書いた、中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともないの続き。

スポンサーリンク

中央競馬(JRA)・地方競馬の予想にスピード指数などを使ったことがない話。作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるが自作しようと思ったこともない

中央競馬(JRA)や、地方競馬の予想に、競馬新聞に載ってるスピード指数などを使ったことがないという話。競馬ブックのレイティングやJRDB、日刊コンピ指数……能力、タイム、血統、展開指数。競馬予想における、指数の作り方や出し方の方程式、理論に興味はあるのです。しかし、出されてる数字に興味がない。ゆえに、馬券の当たる確率を高めるために自作しようと思ったこともない。そんな、競走馬の能力を数字に見立てる指数について書いてみたいと思います。中央競馬(JRA)でも、地方競馬でも、なんらかの形で競走馬の力を数字化したもの、指数が競馬新聞に書かれています。アンドリューベイヤーの指数、西田式スピード指数、競馬ブックのスピード指数、日刊コンピ、タイム指数、レイティング……。JRDBの指数……。会費が必要だったり、無料のものだったり。

外れ馬券裁判の卍氏「FLASH」に掲載。30億円馬券男、驚きの収支を御開帳と表紙真ん中に。競馬予想好きとしては気になる記事。本の発売も近いからかしらん?

外れ馬券裁判の卍氏が「FLASH」に掲載されてて、コンビニでびっくり。30億円馬券男、驚きの収支を御開帳と表紙真ん中にドンと。馬券でえらい儲け出されてますから、注目浴びるところに書かれますか。競馬予想好きとしては気になる記事。投資システムという文字もひっかかります。「FLASH」買って読んでみました。単行本の発売も近いからかしらん? コンビニに行きまして、発売したばっかりの雑誌の表紙を眺めて、面白そうなヤツを片っ端から手にとってゆくのですが、昨日はびっくりしましたよ。「FLASH」の表紙なんですけど……。「声優界のスーパーアイドル田村……」じゃなかった、「30億円馬券男 マスコミ初登場!! 驚きの収支を御開帳」と書かれていまして。

卍氏こと馬券裁判男ブログの存在に驚く。競馬予想で指数に興味はないけど…。作り方や出し方、算出方法の細かい話が重要なので…。精度を上げる理論を読みたいな

卍氏こと馬券裁判男ブログの存在に驚く。あるのか卍氏のブログ。競馬予想で指数に興味はないので、出した指数の話はなんともだけど。自分は指数に関して作り方や出し方、算出方法の細かい話が重要だと考えているので、気になる競馬ブログに。卍氏の、競馬予想における精度を上げる理論を読みたいな……。馬券を買うのにソフトを使ったりしないけど、データの出し方だったり、馬券の買い方だったりは参考になりますので。競馬王2015年7月号に「独占スクープ!! 1億5000万円稼いだ馬券裁判男ついに登場!!」という記事がありまして、読んでいましたところ、

『競馬で1億5千万儲けた予想法の真実』、外れ馬券裁判の当人卍氏の競馬本が発売されるのだそう。馬券の購入方法、ツール・過去データ分析方法・資金管理

『競馬で1億5千万儲けた予想法の真実』という、外れ馬券裁判の当人卍氏の競馬本が発売されるのだそう。今までは馬券買い方などの推測本はあったものの、ほんとうかどうかとなると及び腰な雰囲気もありました。しかし、今回発売される競馬本は、卍氏が、馬券の購入方法、ツール・過去データ分析方法・資金管理などについて書いたのだそうです。競馬好きとしては、楽しみです。当たる確率は上がるかな……。データの見方で面白いポイントは見つかるかな……。それにしても意外な展開だなと。卍氏に出版のオファーはけっこう行ってると想像してましたけど、裁判の疲労やストレス、話題性などから競馬本などは出さないだろうと思ってたもので。

スポンサーリンク

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方推測「馬券裁判男の予想法を解明する本」感想。JRDBファクターシミュレーション。稼げる買い方にするには、工夫が必要?

卍氏の競馬と追い下げな馬券の買い方。ファクター推測、競馬予想本・馬券本。「1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本」の感想・レビュー。様々なファクターを使い競馬予想する。馬券の買い方は追い下げで行くのが一番。競馬で稼ぐならば、馬券の買い方は追い下げと感じた本でした。JRDBファクターを使ってシミュレーションして、稼げる馬券の買い方を見つけた。その馬券の買い方を追い下げで買い続けた馬券裁判男こと、卍氏。競馬で、馬券で稼ぐとき、ファクター、データの組み合わせはとっても大切。JRDBのデータ、ファクターを使ってシミュレーション。卍氏は競馬で馬券で稼げる買い方にした。

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

競馬予想して馬券の当たる確率、的中率。競馬予想する上で気になる数字です。当たる確率、的中率をあげるにはどういう方法やコツがあるか。競馬予想して、馬券の収支を良くして、当たる確率、的中率をあげて勝つ方法やコツを考えてみました。数字、人気、オッズやデータの見方、考え方。競馬予想の確率は、ファクター(要素)別にデータがあり、たいてい数字で表されています。そこから競馬予想のファクターデータ、レースの人気やオッズに影響していき、馬券の組み合わせが作られて、結果が出る。この流れは変わりません。競馬予想の当たる確率、的中率を上げよう、方法やコツを考えようとするとき、ファクターデータに書かれた、数字、人気、オッズをどう見立てていくか。積み重ね方一つで儲けが変わってくると考えるのです。

史上最強の馬券師卍。大勝の法則。競馬最強の法則2013.10感想。JRAにネット投票、馬券で儲け出す。カスタマイズして使用した、馬券予想ソフト馬王。

史上最強の馬券師卍・これが大勝の法則。競馬最強の法則2013年10月号の感想。特集、史上最強の馬券師卍・これが大勝の法則には興味が沸かず……。史上最強の馬券師卍氏がカスタマイズして使っていた、馬券予想ソフト「馬王」は面白いものですが……。JRA(中央競馬)へネット投票して、3年間馬券買って1億4000万儲けたっていうのはすごいですよ。競馬予想ソフト馬王使って。まさに競馬で大勝。ただ、ピンっと来なかったんです。馬券を当てたすごさというのはあるのですが……。