繰り返しの謎解き商会

*

「 谷原義明厩舎 」 一覧

中山競馬場2R・2歳未勝利(芝1200m)競馬予想・馬券本命・アポロキングダム産駒・ナムラピアス(北村宏司騎手・谷原義明厩舎)2018.9.22

中山競馬場で行われる、2歳未勝利の競馬予想・馬券の買い方です。中山競馬場、2歳未勝利、本命・アポロキングダム産駒・ナムラピアス(北村宏司騎手・谷原義明厩舎)としました。ナムラピアスの前走、新潟競馬場・芝1200m。稍重馬場を軽く出しつつ、前目。インに入りきらず、強めに押さえ続けて、テン3ハロン35.8秒。ほんのり早いくらいのラップ。直線、追い出したのはいいものの、前を走っていた馬と馬の間を突こうとしたら、微妙に進路がなくなって、追い出すタイミングが2テンポくらい遅れる。このレースを勝ったウィンターリリーが外を追いまくれてるのと比べると、ナムラピアスの追い出す動作の少なさは歴然も歴然(後方から追い込んでくる馬と前にいた馬の差はあるんだけど……)。本命・アポロキングダム産駒・ナムラピアス。

マンハッタンカフェ産駒・スピリッツセカンド。新潟競馬場・ダート1800m。9番人気1着。芝からダート替わり成功例。兄弟馬ダートで活躍という特徴。

マンハッタンカフェ産駒・スピリッツセカンド。新潟競馬場・ダート1800m、9番人気1着。芝からダート替わり成功。特徴としてマンハッタンカフェ産駒・スピリッツセカンドは、兄弟馬がダートで走ってたタイプの芝からダート替わりでした。馬券的に妙味がある芝からダート替わり。それは「うまくいくかどうか」を見定めるボイントを見つけにくいから。マンハッタンカフェ産駒・スピリッツセカンド。ひとつ、芝からダート替わりを馬券的に見定めるポイントとして、兄弟馬がダートで走ってた、もしくは最初は芝を使われていたものの、ダート替わりで馬券になった(もしくは芝よりも着順もグンッとあげた)というものがあるように思いました。