競馬レース映像分析ネタ

天皇賞秋2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

天皇賞秋 競馬予想 過去

 

天皇賞秋2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

天皇賞秋・2019(G1)。東京競馬場・芝2000mで行われます。1着賞金は1億5000万円。優先出走権の得られるレースは、オールカマー・毎日王冠・京都大賞典のG2レース。

 

天皇賞秋の行われる、東京芝2000m、有利枠は内枠。外枠は外目を走らされるので不利になりやすい。

 

2019年の天皇賞秋。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の天皇賞秋のレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか、荒れないか天皇賞・秋。

 

天皇賞・秋、歴代の優勝馬・勝ち馬は、レッツゴーターキン・ヤマニンゼファー・ネーハイシーザー・サクラチトセオー・バブルガムフェロー・エアグルーヴ・オフサイドトラップ・スペシャルウィーク・テイエムオペラオー・アグネスデジタル・シンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・ヘヴンリーロマンス・ダイワメジャー・メイショウサムソン・ウオッカ・カンパニー・ブエナビスタ・トーセンジョーダン・エイシンフラッシュ・ジャスタウェイ・スピルバーグ・ラブリーデイなどなど。

 

スポンサーリンク




天皇賞秋の過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

天皇賞秋の競馬予想、参考データと言っても、過去の天皇賞秋のレース映像分析ではありません。過去の天皇賞秋の結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の天皇賞秋のデータを見るならば、レース映像も見ましょう。激走する穴馬の買いデータをまとめます。

 

天皇賞秋で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? モーリス・キタサンブラック・レイデオロ。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の天皇賞秋で馬券になったのか。リアルスティール・サトノクラウン・サングレーザー。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。

 

過去のレース映像データを使った、天皇賞秋競馬予想2019【消去法】みたいなもの

天皇賞秋 過去データ分析

天皇賞秋のデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に天皇賞秋というレースが行われなければ、データも生まれない。過去に天皇賞秋が行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

天皇賞秋の競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも天皇賞秋の予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。分析します。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。馬柱、出馬表から漏れやすいデータを探す材料も満載。

 

スポンサーリンク




過去の天皇賞秋で馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の天皇賞秋で馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の天皇賞秋の予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

天皇賞秋2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

天皇賞全史 (週刊Gallop臨時増刊)

2018年天皇賞秋・レース過去結果データ

 

天皇賞秋2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.9-11.5-11.8/11.5/11.7-11.6-11.3/10.9-11.6-12.0

 

1着・レイデオロ(2番人気・ルメール騎手・馬体重482kg)

2着・サングレーザー(4番人気・モレイラ騎手・馬体重476kg)

3着・キセキ(6番人気・川田将雅騎手・馬体重496kg)

 

スポンサーリンク




天皇賞秋2018・オッズ・過去配当結果

天皇賞秋2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 310円

複勝 4・150円/9・310円/10・300円

 

天皇賞秋2018・1着・レイデオロ【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)

2018年天皇賞秋1着、レイデオロ(オッズ・2番人気。血統・キングカメハメハ産駒)の前走は、オールカマー(中山競馬場・芝2200m)でした。枠順は、7番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.6-10.6-12.7/12.3-12.3/11.7-11.8-11.9/11.8-11.5-12.0

 

レイデオロは、6枠7番からスタート。まずますのスタート、押さえつつ中団から競馬して行くレイデオロ。

 

逃げて行ったのは、マイネルミラノ。テン3ハロン35.9秒。少し遅めの逃げ。レイデオロのテン3ハロンは37.1秒。

 

1角-2角。レイデオロは内に1頭外を回って行く。押さえつつ。

 

向正面。なかなかペースは上がらないまま進んだものの、残り1200mあたりから「11.7-11.8-11.9秒」と、動き始める。ペースアップ。レイデオロは中団後方を押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。レイデオロは内に1頭外→2頭外へ出して、追い出していく。

 

直線。抜け出したアルアインの後を追いかけて、追って追って、インに潜り込むレイデオロ。2番手まで上がってからはムチを入れつつ伸びを確認する追い方で、アルアインを交わす分だけ追って1着でゴール。上がり3ハロン34.3秒の最速。

 

天皇賞秋2018最終追い切り・

美浦W 稍 68.4-52.4-38.6-13.0<5>馬なり余力

 

※【天皇賞秋2018・過去結果データメモ】レイデオロの斤量はオールカマーから1キロ増、58キロ。前走のレイデオロは、テン3ハロンは早く流れなかったものの、残り1200mから動き出したレース。中団後方で脚を貯めつつ、直線はゴリゴリ一杯に追ってアルアインを差し切った訳ではなく、脚を残しつつ差し切ってる。それでいて、上がり3ハロン34.3秒の上がり最速。

 

次走において、文句はつけにくい。本命候補。

 

スポンサーリンク




天皇賞秋2018・2着・サングレーザー【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年天皇賞秋2着、サングレーザー(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、札幌記念(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、2番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.5-10.4-11.5/12.1/12.6-12.4-12.0/12.6-12.5-12.5

 

サングレーザーは、1枠2番からスタート。スタートまずまず。押さえつつ押さえつつ、中団まで下げて行くサングレーザー。一つ内の枠がマルターズアポジーで、一つおいて外がマイスタイルなこともあって、テンの早い馬たちに引っ張られないように鞍上の福永騎手は気を使ってる感。

 

逃げて行ったのはマルターズアポジー。テン3ハロン34.4秒。馬場状態関係なく、早すぎる逃げ。サングレーザーのテン3ハロンは35.6秒。このラッブでおおよそ標準くらい。逃げ馬のペースに影響は受けて走ってる。

 

1角-2角。インベタで回っていくサングレーザー。押さえつつ、押さえつつ。

 

向正面。かなり早いペースで進んだものの、中間ラップは垂れる。3角入る手前でマルターズアポジーをマイスタイルが交わしていく。サングレーザーは中団で押さえつつの追走。

 

3角-4角。内1頭外を回って行くサングレーザー。早いペースについていけなくなったアイトーンが急激に下がって行く後にサングレーザーはいて、若干後手踏む。2頭外目へ出しつつ追い上げたいものの、4角出口は大渋滞。スピードに乗せてく選択肢がない。脚のなくなりつつあるネオリアリズムがもがく後に。

 

直線。前が壁がしばらく続く、サングレーザー。残り220m。進路はレース映像視点では見つかってるように思える。しかし、騎手目線では外で激しく追い続けてるサウンズオブアースが伸びてて、先頭に躍り出ようとしているサクラアンプルールとの間に入って行くのは、準備とタイミングが必要に思える。攻めたい隙間とサングレーザーの位置が微妙に内にいたのだろう。サングレーザーは位置を外へずらしていき、隙間を突く。追って、ムチ入れて。連続して追えた時間は短かったものの、追い込んできたマカヒキにハナ差勝つ。サングレーザー1着。上がり3ハロン36.8秒。

 

天皇賞秋2018最終追い切り・

栗東坂路 良 58.4-41.5-26.0-13.1 馬なり余力

 

※【天皇賞秋2018・過去結果データメモ】サングレーザーの斤量は札幌記念から1キロ増の58キロ。前走のサングレーザーは、テン3ハロンの早い中、自身もテンのラップ早い中、内目を回って行く。中間ラップは少し緩んだものの、垂れて来る馬を交わす手間、追い出す選択肢を奪われる4角。そのまま直線に入って、追い出せる位置を確保するのに手惑いすぎる。それでもどうにか、わずかに見えた進路を攻めて差し切る。上がり3ハロン36.8秒ではあるが、早いペースにつられてテン3ハロンが早くなった影響と考えれば、強い競馬をしていたと言える。

 

天皇賞秋2018・3着・キセキ【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ルーラーシップ産駒)

2018年天皇賞秋3着、キセキ(オッズ・6番人気。血統・ルーラーシップ産駒)の前走は、毎日王冠(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、1番・3着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.8-11.0-11.5/12.0-11.7-11.7/10.9-11.2-11.7

 

キセキは、1枠1番からスタート。スタートを決めて、出して出してく。前目先行ポジションへ。アエロリットが外から入ってきて、押さえつつな展開になるキセキ。

 

逃げて行ったのは、アエロリット。テン3ハロン35.3秒。少し早いラップの逃げ。キセキのテン3ハロンは35.6秒。このラップでおおよそ標準くらい。

 

向正面。アエロリットの後で押さえて行くキセキ。中間のペースはじわじわと加速して行って「12.0-11.7-11.7秒」。

 

3角-4角。押さえつつ逃げ馬についていくキセキ。3角入りでアエロリットの外へ出してコーナー回って行く。

 

直線。逃げ切ろうと追い出して行くアエロリットに食らいついて追い始めるキセキ。残り400mを切ってからムチ入れで伸びを見る追い方になり、ステファノスと競い合う形に。伸びてはいるが、アエロリットは交わせず、ステルヴィオに差される。キセキ3着。上がり3ハロン33.9秒。

 

天皇賞秋2018最終追い切り・

栗東CW 良 67.5-51.7-37.9-11.5<9>一杯に追って伸びる

 

※【天皇賞秋2018・過去結果データメモ】キセキの斤量は毎日王冠と変わらずの58キロ。前走のキセキは、早めに流れつつけるペースの中、2番手で押さえつつ折り合って競馬。コーナーはアエロリットの外へ出してきっちり回っていく。直線はムチ入れ多めに伸びを見つつな追い方で、逃げ馬は交わせなかったものの、上がり3ハロン33.9秒。キセキの前走は、テンやや早+上がり早。

 

ただ、馬券の買い目には入れないと怖い感じはあるものの、本命にして頭まで買うのは一押しがないレースをしているようにも思える。

 

 

オールカマー2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

札幌記念2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

毎日王冠2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

 

天皇賞秋2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

天皇賞への走路 (1981年) (徳間文庫)

2017年天皇賞秋・過去レース結果データ

 

天皇賞秋2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・雨の降り続く、不良馬場。ダートコースは水の浮くレベル

レースラップ・13.2-12.5-12.9/12.5/13.1-13.0-12.4/12.0-12.7-14.0

 

1着・キタサンブラック(1番人気・武豊騎手・馬体重542kg)

2着・サトノクラウン(2番人気・M.デムーロ騎手・馬体重498kg)

3着・レインボーライン(13番人気・岩田康誠騎手・馬体重452kg)

 

スポンサーリンク




天皇賞秋2017・オッズ・過去配当結果

天皇賞秋2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 310円

複勝 7・160円/2・170円/8・600円

 

天皇賞秋2017・1着・キタサンブラック【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)

2017年天皇賞秋1着、キタサンブラック(オッズ・1番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、宝塚記念(阪神競馬場・芝2200m)でした。枠順は、10番・9着。武豊騎手。

 

馬場状態・重馬場寄りの稍重馬場

レースラップ・12.5-11.1-11.6/13.1-12.3/11.7-11.6-11.8/11.7-11.8-12.2

 

キタサンブラックは、8枠10番からスタート。まずまずのスタート。押さえつつ内目を狙うも外枠からで隙が見つからない。逃げ・先行という定位置を取れずに1角入りするキタサンブラック。

 

逃げて行ったのは、シュヴァルグラン。テン3ハロン35.2秒。おおよそ標準くらいのラップ。キタサンブラックのテン3ハロンは35.5秒。

 

1角-2角。キタサンブラックは内に2頭外目をきっちり回っていく。押さえつつ。

 

向正面。ペースは遅いまま進んではいたが、サトノクラウンがキタサンブラックを擦りに一旦上がっていく。こすられたキタサンブラックは押さえてはいるものの、内にいるシャケトラ、逃げ馬シャヴァルグランへと伝わり「11.7-11.6-11.8秒」とかなりのペースアップ。

 

3角-4角。ペースが上がったまま、キタサンブラックは内に2頭いる外をきっちり回っていく形になると思いきや、シュヴァルグランが1頭内を開けて外を回って行く。その影響でキタサンブラックは3頭外をきっちり回る展開に。4角出口では4頭外まで膨れて行ってる。

 

直線。入り口でキタサンブラックはシャケトラを交わして先頭に立ちかける。しかし、そこから伸びる脚は残っていなく、垂れていく。ほとんど追っていなく流してる。キタサンブラックは9着。上がり3ハロン36.9秒。

 

天皇賞秋2017最終追い切り・

栗東CW 重 83.7-68.1-53.6-39.5-12.7<5>ゴール前仕掛け

 

※【天皇賞秋2017・過去結果データメモ】キタサンブラックの斤量は宝塚記念と変わらずの58キロ。前走のキタサンブラックは、外枠からで逃げ・先行ポジションが取れず、内2頭外を回ってく+テンのラップは標準くらい+サトノクラウンが擦ってペースあげてく+シュヴァルグランが1頭余計に外回って距離ロス=直線は脚残ってませんでした。

 

キタサンブラックの2017年宝塚記念は、インベタで競馬してた馬に距離ロスがあった場合どうなるかが確認できたレースと言える。残り1200mからペースが上がりすぎたのも加わって、キタサンブラックにはきつい展開になった。それでも勝ち馬・サトノクラウンとは1.3秒差。サトノクラウンも宝塚記念では外目を回っているので差が縮まる計算はできないが、ペースが速くなりすぎたのは敗因として大きい。

 

キタサンブラックに力がなくなってれば、直線向く前に垂れてた可能性が大きい。「もう終わった馬」と、短絡的に消す材料は全くない前走内容である。

 

スポンサーリンク




天皇賞秋2017・2着・サトノクラウン【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・Marju産駒)

2017年天皇賞秋2着、サトノクラウン(オッズ・2番人気。血統・Marju産駒)の前走は、宝塚記念(阪神競馬場・芝2200m)でした。枠順は、11番・1着。M.デムーロ騎手。

 

馬場状態・重馬場寄りの稍重馬場

レースラップ・12.5-11.1-11.6/13.1-12.3/11.7-11.6-11.8/11.7-11.8-12.2

 

サトノクラウンは、8枠11番からスタート。まずまずのスタート。大外枠から、押さえて押さえて。内目には入れず、外目から競馬するサトノクラウン。

 

逃げ馬は、シュヴァルグラン。テン3ハロンを35.2秒。おおよそ標準くらいで逃げていく。サトノクラウンのテン3ハロンは、35.9秒。

 

1角-2角。内に2頭外をきっちり回っていくサトノクラウン。

 

向正面。遅めのペースを崩したかったのか、サトノクラウンはキタサンブラックを擦りにいく。そして、こすった後、下がる。少し内目にも入る。「11.7-11.6-11.8秒」と、ペースアップしていく。

 

3角-4角。サトノクラウンは、押さえつつ内に3頭外をきっちり回って追い出していく。

 

直線。サトノクラウンは大外へ出していることもあり、追い出せる位置は確保。追い出していく。追って追って一杯に追って、抜け出して先頭。ゴールドアクターが内から迫るも交わさせず、1着でゴール。サトノクラウンの上がり3ハロンは35.4秒。最速タイ。

 

天皇賞秋2017最終追い切り・

美浦W 重 53.9-38.4-13.0<5>ゴール前仕掛け

 

※【天皇賞秋2017・過去結果データメモ】サトノクラウンの斤量は宝塚記念と変わらずの58キロ。前走のサトノクラウンは、大外枠からのスタートで内目に入れず、1角-2角内2頭外+向正面でキタサンブラックを擦りに行って、ペースをあげたのはいいものの早くなったペースと無関係で影響がない訳ではないので、ペースが急激に上がった負荷はある+3角-4角内に3頭外をきっちり回っていく=上がり3ハロン35.4秒の最速タイ。

 

重馬場に近い稍重馬場で強い競馬ができたのは、天皇賞秋の馬場が雨の降り続く不良馬場になったことを見る上では参考になったと考えてもいい。

 

天皇賞秋2017・3着・レインボーライン【過去データ】(オッズ・13番人気。血統・ステイゴールド産駒)

2017年天皇賞秋3着、レインボーライン(オッズ・13番人気。血統・ステイゴールド産駒)の前走は、宝塚記念(阪神競馬場・芝2200m)でした。枠順は、7番・5着。岩田康誠騎手。

 

馬場状態・重馬場寄りの稍重馬場

レースラップ・12.5-11.1-11.6/13.1-12.3/11.7-11.6-11.8/11.7-11.8-12.2

 

レインボーラインは、6枠7番からスタート。発馬を決めて、押さえつつ押さえつつ、後方に位置取るレインボーライン。

 

逃げ馬になったのは、意外なことにシュヴァルグラン。テン3ハロンを35.2秒で駆けてく。ラップタイムとしてはおおよそ標準くらいで逃げていく。レインボーラインのテン3ハロンは36.3秒。

 

1角-2角。内1頭分くらい開けつつ回っていくレインボーライン。押さえつつ。

 

向正面。サトノクラウンがキタサンブラックをこすったため「11.7-11.6-11.8秒」と、ペースアップしていく。ラップの刻み方はハイペース。レインボーラインは、後方で押さえつつも外目へ出していく。

 

3角-4角。内に2頭外から、さらに外に出して追い上げてくレインボーライン。サトノクラウンの外へ着けて行く。内に4頭いる外目回りへ。

 

直線。大外へ振ったレインボーライン。ムチ入れしつつ伸びを見る追い方で追い上げていく。伸びてはいるものの、抜け出した馬たちを交わすまでには至らず。レインボーラインは5着。上がり3ハロン36.3秒。

 

天皇賞秋2017最終追い切り・

栗東坂路 重 55.1-39.9-26.3-13.1 馬なり余力

 

※【天皇賞秋2017・過去結果データメモ】レインボーラインの斤量は宝塚記念と変わらずの58キロ。前走のレインボーラインは、後方で脚を貯めつつも、ペースがハイペースと移り変わった後から外目に出して行き、サトノクラウンを追いかけるようについて行った競馬。

 

キタサンブラックやサトノクラウンと比べると1角-2角の距離ロス+着差が違うので、印の重さを上げ切らない部分はあるものの、ヒモに塗るだけの競馬はしている。ペースアップありつつ、距離ロスしすぎてて、上がり36.3秒の5着であれば「馬券にならない」とは言い切れない。

 

天皇賞秋2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

天皇賞同窓会

2016年天皇賞秋・過去レース結果データ

 

天皇賞秋2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・13.3-12.0-11.6/11.9/12.0-12.3-12.0/11.5-11.0-11.7

 

1着・モーリス(1番人気・ムーア騎手・馬体重514kg)

2着・リアルスティール(7番人気・M.デムーロ騎手・馬体重502kg)

3着・ステファノス(6番人気・川田将雅騎手・馬体重486kg)

 

天皇賞秋2016・オッズ・過去配当結果

天皇賞秋2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 360円

複勝 8・15円/12・350円/14・240円

 

天皇賞秋2016・1着・モーリス【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)

2016年天皇賞秋1着、モーリス(オッズ・1番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)の前走は、札幌記念(札幌競馬場・芝2000m)でした。枠順は、15番・2着。モレイラ騎手。

 

馬場状態・雨の降る、重馬場に近い稍重馬場

レースラップ・12.7-10.9-12.0/12.2/12.1-12.2-12.7/12.5-12.1-12.3

 

モーリスは、8枠15番からスタート。まずまずのスタートを決めて押さえつつ。大外枠もあり、じわじわと内目に入れてこうとするものの、隙はなく外目につけるモーリス。

 

逃げて行ったのは、ネオリアリズム。テン3ハロン35.6秒。少し早い逃げ。モーリスのテン3ハロンは36.9秒。

 

1角-2角。モーリスは内に2頭いる外をきっちり回っていく。押さえつつ、押さえつつ。

 

向正面。ネオリアリズムのペースは、馬場状態からすると少し早いラップで走っていくも、残り800mで「12.7秒」と息を入れる。モーリスは中団後方の外目を押さえつつ追走していく。

 

3角-4角。内に2頭いる外→3頭外をきっちり回りつつ追い上げてく、モーリス。

 

直線。追って、追って、大外追い上げてくモーリス。残り200m過ぎて、5番手まで上がる。そこから追って追うも、逃げたネオリアリズムを交わすまでには至らず。2着で入線。モーリスの上がり3ハロンは36.3秒。最速タイ。

 

天皇賞秋2016最終追い切り・

美浦W 稍 68.9-54.1-38.7-12.8<7>馬なり余力

 

※【天皇賞秋2016・過去結果データメモ】モーリスの斤量は、札幌記念より1キロ増の58キロ。前走のモーリスは、大外枠からの競馬で1角までに距離ロスを減らす位置取りはできず、内2頭外を回る+ペースは少し早めで流れ、1ハロン緩む展開+3角-4角も内に2頭3頭外をきっちり回って行き、直線伸びるも2着。洋芝、重馬場に近く雨降る稍重馬場、そして距離ロスを考えると、モーリスの上がり3ハロン36.3秒は評価していい数字。

 

2016年の天皇賞・秋でモーリスの枠順が前走・札幌記念よりうちの枠になったのはプラス。東京芝2000mの大外枠は不利になりやすいですから(実際のレース、天皇賞秋ではモーリス、外目走ることになるんですけど……、競馬予想する段階での安心感は芽生えやすいところは確実にあります。札幌記念15番枠→天皇賞秋8番枠)。

 

天皇賞秋2016・2着・リアルスティール【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年天皇賞秋2着、リアルスティール(オッズ・7番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、安田記念(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、11番・11着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・稍重寄りの良馬場

レースラップ・12.3-11.0-11.7/12.0-12.1/11.3-10.9-11.7

 

リアルスティールは、8枠11番からスタート。好発を決めて、押さえつつ逃げ馬に引っ張られないようにしていたものの、押さえきれずグイグイ引っ張られてリアルスティールは3番手の外まで上がってしまう。

 

逃げて行ったのは、ロゴタイプ。テン3ハロン35.0秒。おおよそ標準くらいの逃げ。リアルスティールのテン3ハロンは35.3秒。

 

向正面。ロゴタイプのラップは「12.0-12.1秒」と早くはなっていかず。リアルスティールは外目でかなり強めに押さえつつの追走で、いかにもしんどそうな走り。

 

3角-4角。リアルスティールは内に2頭いる外をきっちり回って行く形に。押さえつつ。

 

直線。リアルスティールは馬なり〜手前変えるくらいで、残り400mを過ぎて行く。そこから追い始めるもじわじわ垂れて行く一方。ムチ入れつつ様子見てる追い方で強く追ってない。リアルスティール11着。上がり3ハロン34.6秒。

 

天皇賞秋2016最終追い切り・

栗東坂路 良 53.8-38.4-24.8-12.5 馬なり余力

 

※【天皇賞秋2016・過去結果データメモ】リアルスティールの斤量は安田記念と変わらずの58キロ。前走のリアルスティールは、海外帰りの初戦だから11着に負けたのではなく、テン3ハロンの早い競馬だと脚を無くしてしまうためだろう。多分、リアルスティールは一完歩で走れる距離が長いはず。そのため、ラップ構成が早すぎると道中「ちょっと待って、ちょっと待って、ねぇちょっと待って」となって疲弊してしまう。

 

2016年の天皇賞・秋、リアルスティールのラップだけ見れば、テン少し遅め+上がり早(35.3-34.6秒)であり、コーナーを内2頭外をきっちり回ったことを考えれば、テン早+上がり早な馬と考えてもいい。リアルスティールに限らないが、距離適性がコーナー4つに向きすぎてる馬がマイルあたりのスピード競馬によって行ったとき、バタバタな競馬をすることはよくある。コーナー4つでテンが早いのと、コーナー2つでテンが早いのは意味が違うという話。

 

ただ、リアルスティールが「走る」と確信しづらい部分もあるにはあるので、馬券はヒモで捉えておくのがいいパターンかと。

 

天皇賞秋2016・3着・ステファノス【過去データ】(オッズ・6番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年天皇賞秋3着、ステファノス(オッズ・6番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、毎日王冠(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、2番・5着。川田将雅騎手。

 

馬場状態・芝コースは稍重発表。しかし、ダートコースは不良馬場。重寄りの稍重くらいで見る。

レースラップ・12.5-11.3-12.0/12.5-12.0-11.8/11.4-11.5-11.6

 

ステファノスは、2枠2番からスタート。まずまずのスタート。押して、押して前目に向かうも、前にディサイファが入ってきて、ディサイファの前にマイネルミラノが入ってきて、押さえて行く形になるステファノス。

 

逃げて行ったのは、マイネルミラノ。テン3ハロン35.8秒。馬場状態考えると、かなり早い逃げ。ステファノスのテン3ハロンは36.4秒。こちらも馬場考えると少し早い〜標準くらい。

 

向正面。マイネルミラノのペースは、12.5秒と少し緩むものの「12.0-11.8秒」と、ハイペースよりなラップを刻んで行く展開に。ステファノスは中団のインを押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。インベタで押さえつつ回って行く、ステファノス。

 

直線。ステファノスは内目が空いていたこともあって、攻めて追い出して行く。追って、追って。しかし、ステファノスの斜め前に垂れ気味なウインフルブルーム。前にこれまた垂れつつあるマイネルミラノ。2頭が壁になってしまい、ポケットに入り込む感じに誘い込まれ、なかなか外目へ切り替えられず追い出せない(ステファノスの外でディサイファも近しい状態になってる)。ステファノスはそれでも隙間を見つけて、追って追って、掲示板に乗るまでは追い上げる。ステファノス5着。上がり3ハロン34.6秒。

 

天皇賞秋2016最終追い切り・

栗東CW 良 84.0-67.1-52.0-39.0-11.7<8>一杯に追う

 

※【天皇賞秋2016・過去結果データメモ】ステファノスの斤量は毎日王冠から2キロ増の58キロ。前走のステファノスは、テン3ハロン早く流れる中、インから押さえつつ、折り合っての競馬。ステファノス自身も早めで追走。中間緩んだ1ハロンあったものの、逃げ馬の作るペースは早めを推移。コーナーインベタで回りつつ、直線、貯めた末脚発揮しようとするも、垂れてきた馬たちが長めに壁になって追い続けられない時間が長く続く。ステファノスはどうにか追い出す進路を見つけたものの、追い続けられてる馬たちを交わすまでの脚を作り出すには距離の足らない位置にいた。

 

馬場状態をどう捉えるかで変わってくるが、稍重よりは重っぽい馬場と考えれば、前が塞がったステファノス5着のラップ(テン36.4秒-上がり34.6秒)でおおよそテン早+上がり早なラップで走ってたことになる。

 

この手の馬は少なくとも、馬券のヒモ・相手には入れて追いたほうが無難(2016年の天皇賞・秋、ステファノスの枠順が不利な14番枠もあるので、頭にしないほうがいいことも含み)。

 

以上、天皇賞秋2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

 

天皇賞秋2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.