競馬レース映像分析ネタ

東京スポーツ杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】

東京スポーツ杯2歳ステークス 競馬予想 過去

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2019競馬予想の参考データに。過去のレース結果より、1〜3着馬の前走をレース映像分析

東京スポーツ杯2歳ステークス・2019(G3)。東京競馬場・芝1800mで行われます。1着賞金・3300万円。朝日杯フューチュリティステークス・ホープフルステークスの前哨戦。

 

2019年の東京スポーツ杯2歳ステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去の東京スポーツ杯2歳ステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、東京スポーツ杯2歳ステークス?

 

東京スポーツ杯2歳ステークス、歴代の勝ち馬・優勝馬は、キングヘイロー・アドマイヤコジーン・タガノテイオー・アドマイヤマックス・フサイチリシャール・フサイチホウオー・フサイチアソート・ナカヤマフェスタ・ローズキングダム・サダムパテック・ディープブリランテ・コディーノ・イスラボニータ・サトノクラウン・スマートオーディンなどなど。

 

スポンサーリンク




東京スポーツ杯2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去データから2019年の競馬予想に活かすべく、結果から傾向をレース映像分析

東京スポーツ杯2歳ステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去の東京スポーツ杯2歳ステークスのレース映像分析ではありません。過去の東京スポーツ杯2歳ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去の東京スポーツ杯2歳ステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。

 

東京スポーツ杯2歳ステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? ブレスジャーニー・ワグネリアン・ニシノデイジー。どのような競馬を前走でしていた馬が過去の東京スポーツ杯2歳ステークスで馬券になったのか。スワーヴリチャード・ルーカス・アガラス。オッズは? 血統は? 穴馬・大穴、展開に馬場。2019年の競馬予想に役立てるべく、過去を濃密に振り返りまくります。馬柱、出走表に載らない買いデータをまとめます。

 

スポンサーリンク




過去のレース映像データを使った、東京スポーツ杯2歳ステークス競馬予想2019【消去法】みたいなもの

東京スポーツ杯2歳ステークス 過去データ分析

東京スポーツ杯2歳ステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。過去に東京スポーツ杯2歳ステークスというレースが行われなければ、データも生まれない。過去に東京スポーツ杯2歳ステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。

 

東京スポーツ杯2歳ステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それとも東京スポーツ杯2歳ステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。東京スポーツ杯2歳ステークスのプレゼンター、ゲストは誰か気にしつつ分析します(こら)。

 

JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。

 

スポンサーリンク




過去の東京スポーツ杯2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

過去の東京スポーツ杯2歳ステークスで馬券なった馬たちの前走を文字起こししてデータ化。2019年の予想に使う

例えるならば、過去の東京スポーツ杯2歳ステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。

 

毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。

 

2019年の東京スポーツ杯2歳ステークスの予想、本命、穴、印の上げ下げの参考にどうぞ。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

東京スポーツ杯2歳ステークス2018【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2018年東京スポーツ杯2歳ステークス・レース過去結果データ

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・12.7-11.5-12.0/12.3-11.9-11.6/11.6-11.4-11.6

 

1着・ニシノデイジー(8番人気・勝浦正樹騎手・馬体重486kg)

2着・アガラス(7番人気・ビュイック騎手・馬体重496kg)

3着・ヴァンドギャルド(4番人気・C.デムーロ騎手・馬体重460kg)

 

スポンサーリンク




東京スポーツ杯2歳ステークス2018・オッズ・過去配当結果

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 3840円

複勝 2・760円/4・670円/5・280円

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・1着・ニシノデイジー【過去データ】(オッズ・8番人気。血統・ハービンジャー産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・1着・ニシノデイジー【過去データ】(オッズ・8番人気。血統・ハービンジャー産駒)

2018年東京スポーツ杯2歳ステークス1着、ニシノデイジー(オッズ・8番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、札幌2歳ステークス(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、3番・1着。勝浦正樹騎手。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.4-11.7-11.9/12.2-12.2-12.1/12.3-12.6-12.7

 

ニシノデイジーは、3枠3番からスタート。発馬決めて、押さえつつ中団あたりに位置取るニシノデイジー。しかし、1角入り手前あたりから、大外から内目へ行き場の無くなってたナイママがニシノデイジーの前にこするように入って来て、急ブレーキを踏む不利。馬と馬の感覚が狭すぎて、正直危険な行為。

 

逃げて行ったのは、ラバストーン。テン3ハロン36.0秒。少し早めな逃げ。ニシノデイジーのテン3ハロンは37.2秒。

 

1角-2角。ナイママが前に入ってきた不利もあって、ニシノデイジーは中団の後ろ、内に1頭いる外を押さえつつ回っていく。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.2-12.2-12.1秒」と少し早いラップを続けて行く。ニシノデイジーは中団あたりを押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。3角入って、逃げていたラバストーンの脚が無くなって垂れる。ナンヨーイザヨイがかわして行く。ニシノデイジーは内に2頭外→3頭外へ出してきっちり回って行く。

 

直線。先頭に立ったナイママを馬なりで交そうとするニシノデイジー。残り200mから追って追って、追って、食らいつくナイママを交わして1着でゴール。上がり3ハロン37.0秒。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 69.5-53.6-39.3-12.8<6>馬なり余力

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ニシノデイジーの斤量は札幌2歳ステークスから1キロ増の55キロ。前走のニシノデイジーは、テンは早く流れ、続く中間ラップも早く流れていく展開。1角入りでナイママに前に入られる不利ありつつ、3角-4角は結構な距離ロスありつつ、上がり3ハロン37.0秒。

 

「(テン3ハロン→中間ラップが早めで流れたので)上がり3ハロンが遅いマジック」。これでニシノデイジーの人気がなかったのかと。2018年の札幌2歳ステークスは垂れてくる馬を交わす手間がかかった馬がいたり、着順を着順としてみないほうがいいレースだったりする。

 

パターンとしてはレアだろうけど、覚えておくことに越したことはない。重賞以外でも起こりうる。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・2着・アガラス【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ブラックタイド産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・2着・アガラス【過去データ】(オッズ・7番人気。血統・ブラックタイド産駒)

2018年東京スポーツ杯2歳ステークス2着、アガラス(オッズ・7番人気。血統・ブラックタイド産駒)の前走は、コスモス賞(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、4番・2着。ルメール騎手。

 

馬場状態・小雨降り続く、重馬場に近寄る稍重馬場(ダートコース不良馬場)

レースラップ・12.6-11.5-12.0/12.5-12.0-12.0/12.0-12.4-13.2

 

アガラスは、4枠4番からスタート。発馬よくそのまま前目へ。強目に押さえこみつつも、外から来た馬は交わして行かず。アガラスが逃げて行く形に。アガラスのテン3ハロンは36.1秒。馬場状態考えるとかなり早いペースの逃げ。

 

1角-2角。インベタで逃げて行く、アガラス。押さえつつ。

 

向正面。逃げ馬アガラスのペースは「12.5-12.0-12.0秒」と、これまた馬場状態考えると、かなり早めのペースで駆けて行く。

 

3角-4角。引き続きインベタで押さえつつ回って行く、アガラス。外からナイママが競い駆けて来る。

 

直線。アガラスは追い出し初めて、外のナイママと競い合う。追って、追って追って。残り200mからはあまり強くは追っておらず、ナイママに交わされて2着。アガラスの上がり3ハロンは37.8秒。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018最終追い切り・

美浦W 良 68.8-53.0-39.0-13.0<7> 馬なり余力

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2018・過去結果データメモ】アガラスの斤量はコスモス賞から1キロ増の55キロ。前走のアガラスは、馬場状態もあるもののテン3ハロンかなり早い+中間ラップもかなり早い。距離ロスはないけれども、かなりラップの早い中、上がり3ハロン37.8秒とあまり垂れていない。

 

アガラスのように馬場の渋りまくった競馬でかなり早いペースを出せるのは、重馬場得意な馬の可能性、ダートのほうが得意だったという可能性もあるので(アガラスの兄、ギャラルホルンはダート長距離2勝・スマートファルコン産駒)、良馬場で狙いにくい部分はある。ただ、馬券のヒモや相手には塗っておきたい感もある。

 

余談だが、コスモス賞7着はウィンターフェル。外枠からコーナー内2頭いる外回りな距離ロスあってのレース。北海道2歳優駿・2着→全日本2歳優駿・5着→京浜盃・2着→羽田盃・2着→東京ダービー・3着→ジャパンダートダービー・4着→戸塚記念・2着と、かなり走ってたりする。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・3着・ヴァンドギャルド【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2018・3着・ヴァンドギャルド【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2018年東京スポーツ杯2歳ステークス3着、ヴァンドギャルド(オッズ・4番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(阪神競馬場・芝1600m)でした。枠順は、1番・1着。北村友一騎手。

 

馬場状態・重馬場

レースラップ・12.8-11.6-12.1/13.1-12.7/11.4-11.5-11.6

 

ヴァンドギャルドは、1枠1番からスタート。出遅れるも、最内枠もあって、中団のインから上がって行く、ヴァンドギャルド。前にホッコーシェルビーが入ってきて、その前にオメガハートクィンが入ってきて、強めに押さえ続ける形に。

 

逃げて行ったのは、オメガハートクィン。テン3ハロン36.5秒。おおよそ馬場状態考えて標準くらい。ヴァンドギャルドのテン3ハロンは37.3秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「13.1-12.7秒」と遅いままを継続。ヴァンドギャルドはインの狭いところを押さえつつ。

 

3角-4角。インベタのまま回って行く、ヴァンドギャルド。

 

直線。入り口でヴァンドギャルドは前が壁気味。しかし、開いた隙間を狙って追って追って。馬群を割り、ダンサーバローズを交わす。残り200mを切って、ムチ入れしつつ伸びを確認する追い方で逃げ馬・オメガハートクィンを交わして1着でゴール。ヴァンドギャルドの上がり3ハロンは33.9秒。上がり最速。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018最終追い切り・

栗東CW 良 80.5-65.3-50.5-37.0-12.0<5> 一杯に追う

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2018・過去結果データメモ】ヴァンドギャルドは2歳新馬戦より1キロ増の55キロ。ヴァンドギャルドの前走は、出遅れるも中団の後に追いつき、インべタで折り合いつつ走ってく。ペースは少し遅め。直線前が壁で追い続ける進路を確保しにくかったものの、追って進路見つけて、抜け出してからは追い方緩めて1着でゴール。上がり3ハロン33.9秒の最速。

 

馬券には入れて追いたほうがいいタイプ。

 

歩く地図 東京散歩 2020 (SEIBIDO MOOK)

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

東京スポーツ杯2歳ステークス2017【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2017年東京スポーツ杯2歳ステークス・過去レース結果データ

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・湿り気のある良馬場

レースラップ・12.4-10.9-11.4/11.8-12.0-12.3/12.0-11.8-12.0

 

1着・ワグネリアン(1番人気・福永祐一騎手・馬体重454kg)

2着・ルーカス(2番人気・ムーア騎手・馬体重488kg)

3着・シャルルマーニュ(3番人気・戸崎圭太騎手・馬体重480kg)

 

スポンサーリンク




東京スポーツ杯2歳ステークス2017・オッズ・過去配当結果

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 140円

複勝 3・110円/7・120円

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・1着・ワグネリアン【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・1着・ワグネリアン【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2017年東京スポーツ杯2歳ステークス1着、ワグネリアン(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、野路菊ステークス(阪神競馬場・芝1800m)でした。枠順は、2番・1着。福永祐一騎手。

 

馬場状態・雨の降る、重馬場

レースラップ・12.6-11.7-12.6/12.9-12.9-12.1/11.5-11.4-11.6

 

ワグネリアンは、2枠2番からスタート。発馬まずまずも強目に押さえて後方からの競馬をするワグネリアン。

 

逃げて行ったのは、シンデレラメイク。テン3ハロン36.9秒。遅めの逃げ。ワグネリアンのテン3ハロンは38.7秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは「12.9-12.9-12.1秒」と、残り800mから早くなっていく感じ。ワグネリアンは後方を押さえつつの追走。

 

3角-4角。ワグネリアンは内1頭外→2頭外へ出して行く。

 

直線。ワグネリアンは外目に振ったこともあり、追い出せる位置は確保。追って、追って追って。手前変えて追って。馬場のかなり悪い中、阪神の坂を登ってくるワグネリアン。残り100m先頭に立ってからは追い方を緩めて1着でゴール。ワグネリアンの上がり3ハロンは33.0秒。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 54.5-40.0-26.1-12.7 馬なり余力

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2017・過去結果データメモ】ワグネリアンの斤量は、野路菊ステークスより1キロ増の55キロ。ワグネリアンの前走は、テン3ハロン遅め+中間ラップも遅めで残り800mから動き出す展開のレース。スタートから後方で足を貯めつつ、少し距離ロスしつつ、重馬場で上がり3ハロン33.0秒。これはかなり早い。

 

本命候補。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・2着・ルーカス【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・2着・ルーカス【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)

2017年東京スポーツ杯2歳ステークス2着、ルーカス(オッズ・2番人気。血統・スクリーンヒーロー産駒)の前走は、2歳新馬戦(札幌競馬場・芝1800m)でした。枠順は、9番・1着。モレイラ騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いた良馬場

レースラップ・13.1-12.6-12.6/12.4-12.3-12.6/11.9-11.4-11.7

 

ルーカスは、8枠9番からスタート。発馬決めて、外枠からかなり強めに押さえつつ。後方に位置取る、ルーカス。

 

逃げて行ったのは、マイスターシャーレ。テン3ハロン38.3秒。かなり遅い。ルーカスのテン3ハロンは39.2秒。

 

1角-2角。内1頭外を回って行く、ルーカス。折り合って、折り合って。

 

向正面。かなり遅いペースで進んできたものの「12.4-12.3」と少し加速。しかし、残り800mで12.6秒と減速。ルーカスは中団を押さえつつ追走して行く。

 

3角-4角。じわじわと上がって行く、ルーカス。内に2頭外→3頭外へ出す。追い出してく。

 

直線。追い出せる位置は確保したルーカス。勢いを継続させて行く。追って、追って、追って。2着馬・リシュブール、3着馬・マイスターシャーレの伸びもそこそこあり、手綱はそこそこ動いていた。ルーカス1着。上がり3ハロン34.4秒。上がり最速。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017最終追い切り・

美浦W 稍 53.1-38.0-13.1<5> 馬なり余力

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2017・過去結果データメモ】ルーカスの斤量は2歳新馬戦から1キロ増の55キロ。前走のルーカスは、テン3ハロンすごく遅い→2ハロン早くなるも、再び減速という展開。向正面終わりくらいからまくり気味に3角-4角追い上げて行って、距離ロスしつつも直線追って交わしての1着。上がり3ハロン34.4秒で最速。

 

ルーカスの前走、一見強いようには見えるのだけど、残り800mペースが落ちたときにまくって行ってる点はワグネリアンと比べてラップの負荷のかかり方が違ってる(ルーカスの残り1200m、1000mのラップは少し早めに推移してはいるけれど)。ワグネリアンはペースペースの遅さに付き合って、ペースが上がったときに自身も動いてる。

 

モチのロン、後方に位置した馬が動き出すのに決まりはないので、細かくレース映像を見て感覚を養う必要はある。

 

ルーカスの新馬戦にのちのち青葉賞を勝つ、ゴーフォザサミットが出走してる。5着だった。ルーカスとの着差は1.0秒ついてるけれど、3角-4角ルーカスが動き出しているとき内目にいて前が壁で追い出しが遅れてる。ゴーフォザサミットは追いかけるように追い出したのけれど、垂れてくる馬の後になって追い出しが止まる。直線、追って追ってたものの、後半は流し気味。ラップが落ちたときに自身も遅くなる事象で走ったのは、かなりの負荷だったということでしょう。

 

2017年の東京スポーツ杯2歳ステークスは7頭立て。後方から脚を使う馬にとって、コーナーで外を回りにくくさせる小頭数はプラスに働いてるはず。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・3着・シャルルマーニュ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2017・3着・シャルルマーニュ【過去データ】(オッズ・3番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)

2017年東京スポーツ杯2歳ステークス3着、シャルルマーニュ(オッズ・3番人気。血統・ヴィクトワールピサ産駒)の前走は、アイビーステークス(東京競馬場・芝1800m)でした。枠順は、6番・2着。武豊騎手。

 

馬場状態・雨の降り続く不良馬場

レースラップ・13.3-11.8-11.9/12.5-12.9-12.9/11.8-11.6-12.7

 

シャルルマーニュは、6枠6番からスタート。好発。逃げていけそうな感じあるも、押さえつつ内からゴリゴリ出して行ったコスモイグナーツの都合を通して行く、シャルルマーニュ。

 

逃げて行ったのは、コスモイグナーツ。テン3ハロン37.0秒。馬場状態考えて少し遅め。シャルルマーニュのテン3ハロンは37.3秒。

 

向正面。強めに押さえつつ、折り合うシャルルマーニュ。馬場のいいところ、内を開けての追走。逃げ馬のペースは「12.5-12.9秒」とおおよそ標準ライン。残り800mで12.9秒とスピードが落ちる。

 

3角-4角。シャルルマーニュは馬場の悪いところを避けて、内3頭くらい外をきっちり回って行く。

 

直線。「インベタで距離ロスなく回った逃げ馬」VS「馬場のいいところ距離ロスした馬」な構図になる。残り400mまでは、おおよそ馬なりのシャルルマーニュ。追って、追って、ムチ入れつつ伸びを確認しつつ。伸びて。伸びて、シャルルマーニュは逃げ馬・コスモイグナーツをゴール板あたりでうまいこと交わせたかと思わせたが、逃げ馬がハナ差残ってた。シャルルマーニュ2着。上がり3ハロン35.8秒。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017最終追い切り・

栗東坂路 稍 53.9-38.5-26.0-13.4 馬なり余力

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2017・過去結果データメモ】シャルルマーニュの斤量はアイビーステークスより1キロ増の55キロ。前走のシャルルマーニュは、少し遅めのテン3ハロン→中間ラップも早くならずな流れ。スタート、ポーンと切れたものの他馬の都合を通して行く形。馬場のいいところを通ってコーナーかなりの距離ロス。上がり3ハロン35.8秒は馬場状態考えると優秀。

 

ただ、ワグネリアンの馬場の悪い中出した上がりからすると、印の重さに差はつけやすいかと。

 

東京絶景散歩

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

東京スポーツ杯2歳ステークス2016【過去の結果データからレース映像傾向分析】

2016年東京スポーツ杯2歳ステークス・過去レース結果データ

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・レース結果は以下の通り。

 

馬場状態・小雨降り続く、重馬場に近づく稍重馬場

レースラップ・13.0-11.4-11.7/12.1-12.4-12.6/12.0-11.2-11.9

 

1着・ブレスジャーニー(2番人気・柴田善臣騎手・馬体重448kg)

2着・スワーヴリチャード(4番人気・四位洋文騎手・馬体重498kg)

3着・ムーヴザワールド(1番人気・ルメール騎手・馬体重508kg)

 

スポンサーリンク




東京スポーツ杯2歳ステークス2016・オッズ・過去配当結果

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・オッズ、過去配当結果は、

 

単勝 320円

複勝 6・110円/9・170円/1・120円

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・1着・ブレスジャーニー【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・バトルプラン産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・1着・ブレスジャーニー【過去データ】(オッズ・2番人気。血統・バトルプラン産駒)

2016年東京スポーツ杯2歳ステークス1着、ブレスジャーニー(オッズ・2番人気。血統・バトルプラン産駒)の前走は、サウジアラビアロイヤルカップ(東京競馬場・芝1600m)でした。枠順は、6番・1着。柴田善臣騎手。

 

馬場状態・稍重馬場

レースラップ・12.3-10.9-11.8/12.7-12.4/11.7-11.1-11.6

 

ブレスジャーニーは、6枠6番からスタート。まずまずの発馬。押さえつつ後方からの競馬。

 

逃げて行ったのは、サクセスムーン。テン3ハロン35.0秒。少し早めの逃げ。ブレスジャーニーのテン3ハロンは36.2秒。

 

向正面。逃げ馬のペースは一息ついて「12.7秒」と遅くなる。残り800mから再加速して行く展開。ブレスジャーニーは後方の外目を折り合って追走。

 

3角-4角。ブレスジャーニーは内に1頭外→2頭外へと出して行き、追い出し開始。

 

直線。大外へ振って、じわじわ軽く気合いを入れて行くブレスジャーニー。残り300mあたりから追って、追って、追って。2着馬ダンビュライトと競い合う。ブレスジャーニーが内へ内へ向かいすぎて、ダンビュライトをフタし過ぎてるが、差し切って1着でゴール。ブレスジャーニーの上がり3ハロン33.8秒。上がり最速。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016最終追い切り・

美浦P 良 67.0-52.1-38.5-11.9<5>馬なり余力

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ブレスジャーニーの斤量はサウジアラビアロイヤルカップと変わらずの55キロ。ブレスジャーニーの前走は、少し早いテン3ハロン→軽く緩んで、再加速な展開。後方で折り合いつつ、脚貯めつつ。直線、内にささり過ぎてダンビュライトの勢いを削いでるのは、評価としてマイナスした方がいい部分ではある。

 

とはいえ、そこそこ流れたペースの中、距離ロスありつつ上がり3ハロン33.8秒の上がり最速は馬券から消さない方が無難。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・2着・スワーヴリチャード【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ハーツクライ産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・2着・スワーヴリチャード【過去データ】(オッズ・4番人気。血統・ハーツクライ産駒)

2016年東京スポーツ杯2歳ステークス2着、スワーヴリチャード(オッズ・4番人気。血統・ハーツクライ産駒)の前走は、2歳未勝利戦(阪神競馬場・芝2000m)でした。枠順は、7番・1着。四位洋文騎手。

 

馬場状態・乾きつつある稍重馬場

レースラップ・12.8-11.8-12.8/13.3/12.9-12.6-12.2/11.9-11.7-12.0

 

スワーヴリチャードは、7枠7番からスタート。飛び跳ねてジャンプスタート。そのため出遅れる。強めに押さえつつ、押さえつつ、押さえつつ、中団〜先行ポジションへ位置取るスワーヴリチャード。

 

逃げて行ったのは、マイネルシルバリー。テン3ハロン37.4秒。少し遅めの逃げ。スワーヴリチャードのテン3ハロンは38.0秒。

 

1角-2角。かなり強く押さえつつ、内2頭外をきっちり回って行くスワーヴリチャード。

 

向正面。逃げ馬のペースは「13.3/12.9-12.6-12.2」一旦遅く緩むも、残り800mからはじわじわ加速して行く。スワーヴリチャードは中団前、外目を押さえつつの追走。

 

3角-4角。強めに押さえつつ、内2頭外をきっちり回って行く、スワーヴリチャード。追い出しはまだまだ。

 

直線。スワーヴリチャードは残り300mまで馬なり。ムチ入れしつつ伸びを確認する追い方をしばらく継続。2着馬・ピスカデーラが迫って来るも、強く追うことはなく突き放して流してゴール。スワーヴリチャード1着。上がり3ハロン35.4秒。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東CW 重 84.9-68.0-52.3-38.0-11.6<5>稍一杯に追う

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2016・過去結果データメモ】スワーヴリチャードの斤量は2歳未勝利戦と変わらずの55キロ。前走のスワーヴリチャードは、テン3ハロン少し遅め→中間も遅めから少し動き出し早くなったラップ構成のレース。出遅れるも二の脚で先行集団に追いつき、1角-2角、3角-4角と距離ロスありで進めてく。直線は追い出しを待って、後続迫るも追い方軽く退けてゴール。スワーヴリチャードの上がり3ハロン35.4秒は早い。

 

スワーヴリチャードの前走は、本命候補な内容であるものの「コーナー4つ+距離ロス+上がり早い馬」が「当たり前に流れるラップが早くなる、コーナー減の距離短縮」に対応できるかという視点は持った方がいいパターンかと。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・3着・ムーヴザワールド【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

東京スポーツ杯2歳ステークス2016・3着・ムーヴザワールド【過去データ】(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)

2016年東京スポーツ杯2歳ステークス3着、ムーヴザワールド(オッズ・1番人気。血統・ディープインパクト産駒)の前走は、2歳新馬戦(阪神競馬場・芝1800m)でした。枠順は、7番・1着。ルメール騎手。

 

馬場状態・そこそこ乾いてる良馬場

レースラップ・12.8-11.9-12.1/12.2-12.3-12.2/11.3-11.2-11.8

 

ムーヴザワールドは、7枠7番からスタート。出遅れではないが、若干後手。軽く促しつつ、中団の外目へ向かうムーヴザワールド。

 

逃げて行ったのは、オーサムバローズ。テン3ハロン36.8秒。遅めの逃げ。ムーヴザワールドのテン3ハロンは37.3秒。

 

向正面。逃げ馬・オーサムバローズの逃げは「12.2-12.3-12.2秒」とじわじわ加速して行く。テン3ハロンは遅めも中間から早めのラップにして行く感じ。ムーヴザワールドは押さえつつ、中団を追走して行く。

 

3角-4角。ムーヴザワールドは内1頭外を回って行く。前を走るオーリャセブンの脚がなくなりつつあるのに押さえつつ軽く付き合ってる感。

 

直線。垂れ気味の馬がいて、ムーヴザワールドの前は壁気味。どうにかこじ開けて、追って追って。残り200m過ぎから、ムチ入れしつつ伸びを見つつ、2着馬・エアウィンザーを交わすだけ追ってのゴール。ムーヴザワールド1着。上がり3ハロン34.0秒。上がり最速タイ。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016最終追い切り・

栗東坂路 重 54.8-39.8-25.5-12.5 末強めに追う

 

※【東京スポーツ杯2歳ステークス2016・過去結果データメモ】ムーヴザワールドの斤量は2歳新馬戦から1キロ増の55キロ。前走のムーヴザワールドは、テン3ハロン遅めのラップも中間から早くなって行く展開。折り合いつつ脚を貯めて、3角-4角で脚のなくなりつつある馬に軽く付き合って、追い出しが遅れる。それでも進路を探し探して、上がり最速タイでゴール。34.0秒は早い。たくさんではないが、脚を残してる感もある。

 

相手関係にもよるが、馬券の相手・ヒモタイプ。

 

東京老舗名店案内 (ぴあ MOOK)

 

以上、東京スポーツ杯2歳ステークス2019競馬予想に。過去の結果から1〜3着馬の前走データをレース映像分析【傾向・追い切り・オッズ】でした。

 

複コロ革命 (競馬王馬券攻略本シリーズ)

気温を見れば勝ち馬が分かる ~気象予報士が教える革命的データ~ (競馬王新書EX010)

 

ラップギア―タイム理論の新革命

 

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2019の競馬予想に過去データに悩む人のプロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter(競馬予想関連つぶやきたくさんしてます。是非、フォローよろしくお願いします)

 

-競馬レース映像分析ネタ
-, ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.