競馬

田村正一連載漫画『うまのしごと』がスタート(園田競馬の元厩務員)

田村正一連載漫画『うまのしごと』がスタート(園田競馬の元厩務員)

 

田村正一連載漫画『うまのしごと』がスタート(園田競馬の元厩務員)

園田競馬の厩務員が漫画を描いてる。田村正一さんという、園田競馬の厩務員さん。

 

その田村正一さんの漫画『サラブレッドと暮らしています』を速攻で読んで、園田競馬という地方競馬の厩務員さんの仕事を知ることができて大満足、おすすめな競馬漫画だなぁと思っていたのです。

 

サラブレッドと暮らしていますというだけあって、濃厚な園田競馬の厩務員さんの漫画でした。

 

園田競馬のサイトで、田村正一さんの連載漫画『うまのしごと』がスタート。

 

うかつでした。知らなかった。田村正一さんの連載漫画が始まっていたとは……。

 

『サラブレッドと暮らしています』の次の漫画は、『うまのしごと』!

 

これは期待です。園田競馬の厩務員さんの仕事っぷり満載な連載漫画、期待しています。

 

地方競馬予想の参考にもなりますし。ほんと、田村正一さんの『サラブレッドと暮らしています』はおすすめ競馬漫画です。

 

田村正一さんの漫画『サラブレッドと暮らしています』が面白かった

田村正一 サラブレッドと暮らしています。 (ヤングアニマルコミックス)

園田競馬で厩務員をされている、田村正一さんの漫画『サラブレッドと暮らしています』(ヤングアニマルコミックス)、競馬の話ということもあって去年読みました。

 

出勤時刻、午前1時。

職場まで、徒歩10秒。

自宅の1Fには……馬!?

 

田村正一『サラブレッドと暮らしています』 帯より

現役の園田競馬の厩務員さんが漫画を描かれるというだけでも、もうびっくりなわけですが、話が面白いのなんのって。コミカルもコミカル。

 

ものの見事に、競走馬との「漫才」になってるんです。うん、さすが関西圏(怒られるぞってーの)。

 

テレビなどで、厩務員や調教師の仕事ぶりを知ることはありますが、そこまで深く知ることはあまりありません。それも、取材される側としての表現で知ることが多い。取材だったりがあって、表現されてるわけです。

 

例えば、情熱大陸。例えば、NHKプロフェッショナル仕事の流儀(あの人だったり、あの人だったり……)。

 

 

アウトプットのポイント問題です。

 

『サラブレッドと暮らしています』厩務員自ら仕事の漫画

『サラブレッドと暮らしています』厩務員自ら仕事の漫画

本や雑誌になると、厩務員、調教師自ら書かれたものは増えますが、田村さんの『サラブレッドと暮らしています』は、厩務員自ら仕事のことについて、漫画を描いてるという点が素晴らしい。

 

競馬に関する漫画は多々あれど、厩務員自ら表現してるものはないでしょう。

 

Twitterで知って、田村正一さんの『サラブレッドと暮らしています』速攻で買ったのは言うまでもなく、届いてこれまた速攻で読んだのも言うまでもない……。

 

競走馬との漫才を繰り広げたのちに続くエピソードがなんとも……(これ以上は言えない)。

 

田村さんの人柄もよくわかります。園田競馬場に行ってみたいなぁと思わせるところがありました(浦和競馬場の厩務員さんで誰か描きませんか……漫画←真似するなってば)。

 

スポンサーリンク




園田競馬のサイトで、田村正一さんWebマンガを連載されはじめてたのですね……

園田競馬のサイトで、田村正一さんWebマンガを連載されはじめてたのですね……

これまた知ったのはTwitterから。

 

園田競馬場の厩務員、田村正一さん、今年の1月末から園田競馬のサイトで連載を始められてました。

 

「うまのしごと」

 

いやはや、これは知らなかった。ありがとう、Twitterでつぶやいた人(誰だったのが覚えてないんかいな)。

 

早速読みました。「うまのしごと」。月一連載の様子です。

 

あっ、田村正一さんはちなみにペンネームだそうです。たむらまさかずさん。

 

つくづく思うのは、ボケを内包できる書き手、描き手って強いんだよなぁ。

 

次回の更新が待ち遠しい……。

 

以上、田村正一連載漫画『うまのしごと』がスタート(園田競馬の元厩務員)でした。

 

スポンサーリンク




-競馬
-,