ヴェローチェオロ【競馬成績に特徴あるレースを映像分析】

ヴェローチェオロ【競馬成績に特徴あるレースを映像分析】

 

「ヴェローチェオロ」(ゴールドシップ産駒)。

 

前走レースの競馬成績に特徴あるなと、気になった馬。

 

2021.5.8 中京競馬場11レース・京都新聞杯(G2)・芝2200m。「ヴェローチェオロ5着」。

 

次走、三田特別2番人気1着。単勝・360円 複勝・120円になりました。

 

同距離。

 

「ヴェローチェオロ」の馬券になる前走レース内容を映像動画分析・回顧いたします。競馬の内容から不利、気性や性格、調子、状態がレースに出ていればそれもコメント・評価して行きます。また、強い、強すぎる点、不安点、敗因に繋がりそうな競馬もレース映像分析から探ります。

 

[st-card myclass="" id="23064" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="off" thumbnail="on" type=""] [st-card myclass="" id="23080" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="off" thumbnail="on" type=""] [st-card myclass="" id="23089" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="off" thumbnail="on" type=""]

 

スポンサーリンク



 

ヴェローチェオロの成績・戦績

新馬戦(デビュー・吉田隼人騎手)1着→札幌2歳ステークス(大野拓弥騎手)5着→

芙蓉ステークス3着→百日草特別(横山典弘騎手)3着→

東京スポーツ杯2歳ステークス5着→梅花賞(川田将雅騎手)2着→

ゆりかもめ賞4着→3歳1勝クラス10着(ダート・武豊騎手)→

ひめさゆり賞(西村淳也騎手)1着→京都新聞杯5着→

三田特別(M.デムーロ騎手)1着→菊花賞(幸英明騎手)6着→

グレイフルステークス(戸崎圭太騎手)1着→

 

尾花栗毛でイケメンな「ヴェローチェオロ」が「三田特別」で1着になる前走「京都新聞杯」をレース映像分析いたします。

「ヴェローチェオロ」の「全成績・過去の戦績」や「現在の近況」「次走のレースの出走予定」「動画」「パドックや馬体診断」や「掲示板」はネット競馬などからご覧ください。

 

厩舎、馬主、生産者など

性別 牡馬

毛色 栗毛

生年月日/誕生日 2018年3月29日生まれ

レース時年齢 3歳

調教師 須貝尚介厩舎(栗東)

馬主/オーナー 大野剛嗣

生産者 千代田牧場

セリ取引価格 1674万円

馬名の意味/名前の由来 早い(伊)+金(伊)

 

 

スポンサーリンク



 

ヴェローチェオロ(ゴールドシップ産駒)血統面

ヴェローチェオロ(ゴールドシップ産駒)血統面

ヴェローチェオロ(ゴールドシップ産駒)の血統面

 

父親・ゴールドシップ

母父・タイキシャトル

母母父・Storm Cat

母母母父・Icecapade

母母母母父・Young Emperor

 

兄弟馬

ピースヴィクトリア、シーブリーズライフ、メイソヴリン、ベルクリア、アドマイヤマンバイ、ハーグリーブス、クリアセーリング、ジャスティンヴェル。

 

スポンサーリンク



 

ヴェローチェオロの前走内容【成績から特徴傾向ピックアップ】

ヴェローチェオロの前走内容【成績から特徴傾向ピックアップ】

2021.5.8 中京競馬場11レース・京都新聞杯(G2)

 

距離 芝2200m

枠番馬番 2枠2番

西村淳也騎手(斤量56キロ)

単勝オッズ 14.6倍

馬体重 460キロ

馬場状態 湿り気残る良馬場

前走時脚質 先行馬

 

調教 最終追い切り

栗東坂路 良 53.3-39.1-25.6-12.9 馬なり余力

 

動画回顧×レース映像分析

動画回顧×レース映像分析

 

スポンサーリンク



 

ヴェローチェオロ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

次走、ヴェローチェオロは三田特別2番人気1着。単勝・360円 複勝・120円になりました。

 

2021.10.10 阪神競馬場9レース 三田特別

 

距離 芝2200m

枠番馬番 6枠6番

M.デムーロ騎手(斤量54キロ)乗り替わり

馬体重468キロ

タイム・時計 2:12.7

馬場状態 そこそこ乾いた良馬場

今回脚質 マクリ気味

 

同距離。

 

ヴェローチェオロの前走は中間も緩まない超ハイペースなレース。さすがは重賞。3番手でついて行った。インベタ追走ではあるものの、垂れずに直線もくらいついての5着。上がりは36.4秒で垂れていない。

 

ハイペースだったレースは部分的に上のクラスのラップで走ったと考えていい。2021年の京都新聞杯で通過順位1ケタだった馬はその後馬券になってる馬が多数。

 

イケメンなヴェローチェオロの適正がイマイチ掴みづらいが、頭数が減ったレースで簡単に切ると痛い目にあうところは覚えておきたい(兄弟馬はコーナー2つの短距離で活躍してるのだが……ゴールドシップ産駒は距離長い方が得意で……)。

 

以上、ヴェローチェオロ【競馬成績に特徴あるレースを映像分析】という話でした。

 

おすすめ競馬本(アマゾンへ)

 

【競馬ネタ】おすすめ記事

[st-catgroup cat="1071" page="4" order="desc" orderby="rand" child="off" slide="off" slides_to_show="3,3,2" slide_date="" slide_more="" slide_center="off" type=""]

 

スポンサーリンク



 

【競馬レース映像分析】おすすめ記事

[st-catgroup cat="1079" page="4" order="desc" orderby="rand" child="off" slide="off" slides_to_show="3,3,2" slide_date="" slide_more="" slide_center="off" type=""]

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事