競馬レース映像分析

ヴェルメンティーノ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

ヴェルメンティーノ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

 

ヴェルメンティーノ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-

中京競馬場・ダート1800m。

 

逃げた、ダイワメジャー産駒、ヴェルメンティーノが6番人気2着。

 

ヴェルメンティーノの馬券、複勝300円。

 

前走で着差は0.1秒差だった馬と人気に差

前走、このレースで3着になったブロンクスシルバーと同じレースを走っていた、ヴェルメンティーノ。着差は0.1秒差しかなかったものの、ブロンクスは1番人気で、ヴェルメンのほうは6番人気に。

 

斤量の差も加味してのものと思われるが、実際のレースでは0.4秒の差をつけてヴェルメンティーノが勝っている。

 

スポンサーリンク




人気の低い方が先着できたのかレース映像から探して見ます

ダイワメジャー産駒・ヴェルメンティーノのほうが先着できた特徴はなんだったのか、馬券の当たる確率を上げる材料はないか、レース映像、血統面などを見てみます。

 

ダイワメジャー産駒・ヴェルメンティーノ、中京競馬場(ダート1800m)2着

2014年12月13日(土)、中京競馬場2レース・3歳以上500万下(牝馬限定)・ダート1800m

レース結果は以下の通り
1着・ブラックタイド産駒・デルマハンニャ(和田正一郎厩舎・松山弘平騎手)・時計・1:56.5

2着・ダイワメジャー産駒・ヴェルメンティーノ(高橋亮厩舎・△松若風馬騎手)

3着・クロフネ産駒・ブロンクスシルバー(吉田直弘厩舎・▲城戸義政騎手)

 

1番人気ブロンクスシルバーは3着。3番人気デルマハンニャが勝ち、逃げた6番人気ヴェルメンティーノが2着。

 

ヴェルメンティーノの複勝は300円。デルマハンニャとのワイドで、630円。

 

ヴェルメンティーノ、前走同じレース出走組が2頭いて、2着、3着

馬柱を見ますと、1番人気ブロンクスシルバーと前走一緒のヴェルメンティーノの着差は0.1秒。ヴェルメンティーノのほうは6番人気。

 

0.1秒の差なれど、ブロンクスシルバーは斤量53.0→51.0で2キロ減。

 

ヴェルメンティーノのほうは、51.0→52.0で1キロ増。

 

斤量差もオッズに加味されてた模様

1キロあたり、0.2秒の差とすると、0.6秒の差があると考えられる。とすると、1番人気と6番人気と差がつくのは致し方ないところか。

 

ところが、結果はヴェルメンティーノが0.4秒も差をつけて勝っている。

 

前走、この2頭に何があったのか、調べてみた。

 

スポンサーリンク




ダイワメジャー産駒・ヴェルメンティーノの血統特徴とは?

ダイワメジャー産駒・ヴェルメンティーノの血統面。

 

父・ダイワメジャー

母父・Hussonet(Mr. Prospector×Raja Baba)

母母父・Worldwatch(Nijinsky×Raise a Native)

母母母父・Nobloys

母母母母父・Icecapade

 

Northern Dancer 4×5

Raise a Native 4×5

 

ダイワメジャー産駒・代表産駒

ダイワメジャー産駒の代表産駒は、

 

カレンブラックヒル・コパノリチャード・ダイワマッジョーレ・サンライズメジャー・メジャーエンブレム・レーヌミノル・ブルドッグボス・エピセアローム・オリービン・ソルヴェイグ・ダローネガなどなど。

 

スポンサーリンク




母、ドメーヌからは活躍馬なし

ヴァインバッハ(牝・アグネスタキオン産駒)→地方競馬1勝。

Raja Baba 4×4・Raise a Native 4×5

 

レッドスピリッツ(牝・マンハッタンカフェ産駒)→中央1戦ののち、抹消

Raise a Native 4×5・Hoist the Flag 4×5

 

デルマキタロウ(牡・ダイワメジャー産駒)→中央ダート短距離2着1回、3着1回(芝→ダート替わり、単勝57.6倍)→地方競馬1勝。

Northern Dancer 4×5・Raise a Native 4×5

 

ガトーネグロ(牝・ネオユニヴァース産駒)→2歳馬。まだ、出走なし。

Raise a Native 4×5

 

母型の血統は、ダート色強し。ダイワメジャー産駒でもダートっぽさ強し?

牡馬牝馬の差はありますが、父が同じデルマキタロウを見ますと、母方はダート色が強い血と見てもよさそう。

 

ヴェルメンティーノ自身が新馬戦で京都ダート1400mを勝ち上がっているところからも、同様に。

 

ただ、成績を見てると中距離よりも、短距離かなと思ってしまうところ。

 

ダイワメジャー産駒・ヴェルメンティーノの前走(京都競馬場・ダート1800m)

2014年11月23日、京都競馬場6レース。3歳上500万下。ダート1800m。牝馬限定戦。良馬場。

 

鞍上は、△松若風馬。

 

レース映像、スタート。

 

ヴェルメンティーノは9番枠から、スタート

スタートして、前へ出してゆきます。

 

最内、メイショウクローバ、タガノバラード、外枠発走になったテイエムサンビカも前へ。

 

1コーナーに入ったところ。外からテイエムサンビカが、タガノバラードをかわして内へ入ってくる。

 

ヴェルメンティーノの前にも入ってくるのですが、その際、前との間隔があまりなく、松若騎手が手綱を引っ張ってるように見えるシーンがあります。

 

(ヴェルメンティーノの1頭外で交わされた、タガノバラードは次走逃げて1着。VTRにほとんど映ってないので判断できないが、テイエムサンビカが追い抜いてゆくときにスピードを削がれる不利があったのでは)。

 

3コーナーから、4コーナー、内に2頭いる外へ出す。

 

同じレースを走っていた、ブロンクスシルバーは、同じ位置にいるとき、4頭内にいる外を回ってくる形。スタートしてからは比較的内を走っていた。

 

スポンサーリンク




ヴェルメンティーノ、直線ののび

ヴェルメンティーノは2番手。

 

追い出しはじめるものの、このレースの勝馬ウルティマミューズに交わされ、グッドタイムロールに交わされ、ゴール手前でブロンクスシルバーに交わされる。6着。

 

ゴールまでラスト200m付近。ブロンクスシルバーは猛然とムチを入れ追い込みまくって来る。ヴェルメンティーノはムチを入れつつ軽く追っている(先行していった馬ですから、余力もないでしょうし……)。

 

この2頭の着差は0.1秒。

 

今回の走り、2着(中京競馬場・ダート1800m)

中京競馬場、ダート1800m。3歳上500万下。牝馬限定戦。良馬場。鞍上は、引き続き△松若騎手。

 

ヴェルメンティーノは8番枠から。

 

逃げます。前走のような不利もなく、インコースへ。

 

前走とは違って、楽に1コーナーを曲がってゆきます。

 

直線向いて、先頭。

 

デルマハンニャに差されたものの、2着。後を離しました。

 

スポンサーリンク




ヴェルメンティーノ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-まとめ

たかが0.1秒、されど0.1秒(なんのこっちゃい)。

 

追い抜いてゆく馬が内へ切れ込んでくるとき、後続の馬にどういう影響を与えたのか、よく見ておいたほうがいいですね。

追い抜いて行く馬の塩梅は、レース映像をグリグリに見ないとわからないことですが、馬券の回収率・的中率(当たる確率)を上げる要素にはなる。

クビ差だハナ差だという間で勝負が決まるわけですから、スピードを削がれる塩梅はとても気にしたいところ。

 

以上、ヴェルメンティーノ-競馬成績に特徴あるレースを映像分析-でした。

 

競馬おすすめ記事

3連複フォーメーションとボックスは点数考え、競馬必勝法と買い方を確率高く作っていける

競馬予想AI人工知能「Mamba(まんば)」。回収率と的中率、馬券と感情

競馬場のコース。内枠外枠有利不利。特徴適性は覚えて攻略が得

競馬の大穴狙い。意味とは。予想の本命対抗を大穴にする馬券。自信につながる視点

競馬が当たらない理由。予想の馬券の知識情報データ知れば知るほど

競馬のオッズ。JRA中央地方共に予想の計算を強く保証するものではない

競馬予想 亀谷敬正×じゃい。血統の3割WIN5高目的中の2割。なんの数字?

競馬1レース500円の馬券術。勝ち逃げの方法・コツ。買い方は馬連中穴・的中狙い。最強の法則2014.04
 

スポンサーリンク




-競馬レース映像分析
-, ,