繰り返しの謎解き商会

*

競馬のレース映像・動画を見て予想したり、復習・回顧するとき、実況音声は消してメモを取りまくる。特徴・傾向は自分で見つけていく

      2018/09/02

競馬レース映像・動画JRAのホームページで無料で見られるようになりました。競馬のレース映像を見て予想したり、復習・回顧に使えます。音声も出せるのですが、競馬予想したり、復習・回顧する際、実況音声は消してメモを取りまくることにしています。

 

レース映像を見るだけでは駄目で、競馬予想、復習・回顧にはメモが必要です。見返せないと意味がない。

 

競馬のレースを見て、特徴・傾向は自分で見つけていくようにしないと予想する力はつかない。競馬予想には、復習・回顧は必要。レース実況を消すと言っても、音声が悪いわけではありません。レース動画を見て、競走馬や騎手の動作を言葉に置き換える際に言葉が通過すると上手いこと言語化できないのです。そんな話を……。

 

スポンサーリンク




レース映像を見るだけでなく、メモしまくってこそ意味がある

DSCF0973

競馬予想をする際、レース映像を見て、競走馬の走り方、騎手の動作、馬場の具合などをこれでもかと見ている時間が長いです。レースが終わって、復習や回顧する際も同様の視点でレース映像をぐりぐりに見て「何か発見はないか」モードに。

 

百聞は一見に如かず」という言葉があります。知らない人はいないでしょう。100回聞くよりも、1回見ちゃったほうが理解できるよ、そうあるヨ、という言葉です(適当説明)。

 

前からあまり好きになれない言葉でした。言いたいことはわかるのですが、どこがおざなりで腑に落ちない。それでいいのか感たっぷり。

 

どうも調べますと「百聞は一見に如かず」には続きがあるそうで、そこまでの話を含めると多少の納得はあるものの、でもね……と。なんでも見たら確かなのかよと、見たらなんでも瞬時にして把握できるものかしらんと。100回「聞く」行為を凌駕するかしらん。

 

1回見て理解できるっていうのは、理解する側の知っていることが重要でさ……(って話はいいか)。

 

「100回聞く」ことも、「1回見る」ことも、どちらといえば受動的なことです。もちろん、聞きに行く行動だったり、観に行く行動に能動的な側面はあるにしても、ほっておいても聞けるし、気張らなくっても見ることは可能でしょう。

 

妙な話、自分の意志のないところでも聞いてるし、見てるのです。音楽にしても風景にしても、自分の見たくないものを完全にシャットアウトして生きることは不可能でしょう。

 

「百聞は一見に如かず」という言葉に記録的概念、見返すことによっての理解、この視点はものの見事に欠けています。欠けているからこそ、アイデアが追い込める隙間がある。

 

競馬予想におけるレース映像を「見る」という言い方を考えたときに、ちょっと語弊があるなと感じまして、この記事書き始めたというわけです……。レース映像を「見る」行動に、プラスαがあってこそ意味を持つ。

 

……まあまあ、わざわざ瑣末なところに首やら足やらつっこまなくってもいいのだけど、こりゃ性分ってものでしょうがない。続けます。

 

関連→競馬で大穴馬券を狙う方法?穴馬の見つけ方、選び方の参考に?レースには、視聴率の高い不利と低い不利が存在する話

 

関連→競馬のレース映像・動画を見ての予想は、教科書やお手本がほとんどない世界。どうにかならんかと深掘りして模索してました…

 

関連→競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

レース映像(動画)の実況音声は、切って見る


「読む」行為は、見る行為も含みますが、自ら押し進めてゆかないといけません。朗読で耳から聞くことは可能でも、それを「読書」したとは言えない。読書を誰かに替わってもらうことはできません(誰かに300ページ読んでもらって、要約してもらうことは可能でも、それは「要約を読んでるだけ」です)。

 

きちんと、端から端までの時間経過を経験することは重要なことなのです。読書してて書かれていることの2割くらいしかわからないことは、しょっちゅうあります。そうなるのは、書かれていることを理解するために知っていることが2割しかないからです。理解する、知っていることが増えれば5割6割と増えていくでしょう。知っていることを増やす効果・効用というのはとてもあります。

 

「見る」行為に、文字を追っていく「読む」という行為が加わるだけでもうそれは能動的になる。「百聞は一見に如かず」にまず足らないのは、読むという概念です。

 

競馬の場合、ありとあらゆる要素の結果が出るのはレースしかありません。スタートからゴールまでの「経過」が重要です。しかし、競馬のレースを読むというのは大変です。なにせ、読書とは違い、読む言葉がないのですから。

 

競馬のレース映像は「実況を聞くこと」と「レース映像を見ること」ができます。レース実況があれば読む行為がわりになってくれそうというアイデアは思い浮かぶのですが、自分は実況を切って見ています。

 

これは、実況されてるアナウンサーが嫌いというわけではありません。

 

「今年もあなたの、そして私の夢が走ります」(杉本清)、「ライアン!」、「高低差200mの坂」(青嶋達也)、「世界のロォォォォォドヲッカナロアァ」(小林雅巳)、「ライアン!」。どれも好きだ……「ライアン!」は実況じゃなくって、願望だが……。

 

レース映像を見ていく上で、不利を見つけたりしていくのに実況の声を聞くことでひっかかりを作ってしまう。探しにくくなってしまうのです。レースで読みたい部分はそこではないと。自分に必要な、特徴や傾向は自分で見つけていくことがいいことに気付きまして。

 

そんなこともあってレース映像を見るとき、実況の音声を切る。言葉で説明されたものを聞いていますと、説明されてることをクローズアップして見てしまおうとするもので……。実況されている馬以外のところに目が行きにくくなるんです(自分で見たい馬を見れなくなってしまう原因を作ってしまう)。

 

とはいえ、音楽はかけていたりしますが……(無音で再生されてゆく動画と、聞いてる音楽との関連性が薄いからできる。たまに、レース映像見てる間にファンファーレの音源が鳴ったりしてびっくりするけど)。

 

競馬のレース映像・動画で自分が読みたい部分というのは、自分で言語化していくのです。競走馬の動き、騎手の動作メモ大切。

 

関連→仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

 

関連→アウトプットを鍛える練習や方法で大事なのは、まずインプットしてストックすること。そして、繰り返し表現を見返せる仕組みを作ること

 

関連→文章がうまくなりたい人、面白い文章書きたい人。文章力や書き方の前に知っておいて損はない、コツや基本と言ってもいい、読む側と書く側・意識の違いについて

 

レース映像(動画)を見た上で、「言語化」する必要性

実況を消してレース映像を流してみていくわけですが、見っぱなしで本命を決めるとロクなことがありません。「なんとなく、こう」という塩梅で予想すると、ほんとロクなことがない。反省、復習できる材料を作らない競馬予想ってヨロシクない。見返せる材料を作るのは、復習するための競馬新聞を作っているようなものです。

 

「見た」ことを「言葉」に置き換えておかないと、ロクなことがありません。つたない言葉でもいいのです。別の言い方をすると、見た上での判断材料を作るということです。

 

映像で起こったこと、動いたことを言葉にしてゆく。例えば、スタートが「こんな感じ」だったというように言葉に置き換えてゆくということです。好きに表現すればいいわけです。

 

・スタート後、手綱をごしごし前へ。先行

・スタート後、手綱をごしごし前へ。内枠から先行したものの、前が詰まってブレーキ。ついてない。

・スタート後、手綱はほとんど動かさず、先行。テン3ハロン早い。楽に前行ける脚。

・スタート後、手綱はほとんど動かさず、後方から。前目に行ける脚なし? そのため、どうしても外々回りになってしまう。

・スタート後、外の馬に寄られで手綱引く。前半ぎくしゃく。しかし直線そこそこの伸び。馬の癖でなく他馬にかけられた不利なので、次走注意。

 

などなど……。略してももちろん、OKでしょう。

 

もう、表現として、言葉としてあってなくてもいいから書いてゆく。自分、スタートして軽く出して行ったのをKDって略してます。軽く出してる時間が長いと、KDKDKDーってメモしたり。もう、KDDIかよって。

 

これを、競馬のレース映像は「見たまま、感じたままに、雰囲気を」……なんて、アイマイにやってると掴めるものも掴めないだろうなぁと考えたんです。嗚呼、細分化細分化、細分家。

 

言葉として感覚、感触を残していると、数が増えていったとき、ある条件で検索をかけられるような言葉が見つかったりするのです。そのためには、見て、記録しないといけない。

 

そうそう「レース映像の見方」なんて競馬本ありませんから、自分で作ればいいんです。「なければ作れば、ある」。おふくろの名言でございます。嗚呼、手前味噌、手前味噌。

 

競馬予想だけに限らないでしょうけど、見たことを言語化することでわかってゆくことってたくさんあるんだなと。手間はめっちゃかかりますけど、面白いものです。定点観測、大事。

 

関連→競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

 

関連→競馬における馬場状態は、有利不利を生む。雨降って、稍重・重・不良と湿るのは簡単だが、良馬場に乾くのは時間がかかる。これが基本

 

関連→伝説の馬券師による競馬予想法を、スマホやパソコンでできる時代になったのか…。レース映像、パトロールビデオ、ゴール入線後の伸びを見る

 

近藤真彦さんに山下達郎さんが、楽曲提供された際の話

かつて、山下達郎さんが近藤真彦さんに楽曲提供(『ハイティーン・ブギ』)することになった際、マッチが歌っている音源を分析して「あいうえお〜と歌うときにどの音が得意か」ってノートをつけたんだそうです。データをとことん取って作ったのだとか。

 

これは、聞くことを言語化したということになるでしょう。

 

たぶん、自分はそれをレース映像見ることに応用しただけだと思います。

 

関連→競馬のレース映像なら、JRAレーシングビュアー。評判は様々だけど、カクカク画質ではなくなった。重いときはあるけど…。馬柱とレース映像リンクが欲しい

 

関連→JRA・中央競馬、全周パトロールビデオを全レース公開。レース映像・動画を見て競馬予想、馬券検討する方に朗報。確認できる視点増える!

 

関連→JRAレーシングビュアーの動画プレイヤーに、スロー再生機能追加。競馬予想に役立つ。レース映像・パドックをじっくり見られる

 

以上、競馬のレース映像・動画を見て予想したり、復習・回顧するとき、実況音声は消してメモを取りまくる。特徴・傾向は自分で見つけていくという話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




競馬ネタ・おすすめまとめ【馬券初めて入門中、初心者(ビギナー)、やり方模索中の方、参考になれば】

【競馬予想の楽しみ方や知識を増やして、馬券成績・回収率上げる研究とコツ。大穴・人気薄。レース映像(動画)を見ながら、など】

穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

 

【今週も、今日も明日も明後日も。土曜日・日曜日。もちろん、来週も……JRAと仲良く! 馬券で負けないポイントを作る考え方・複勝馬券】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

【G1・重賞・未勝利! 馬券術の選択。情報・データの選択。ファクター(要素)は何を見て、重視して予想する? その基礎。血統・調教・騎手・ラップタイム……】

競馬予想に大数の法則(確率)を応用すると、データが簡単に意味を持つのか。回数増やして成績・結果がわかりやすくなるのか?

 

【競馬場、ウインズ(wins)、パソコン・スマホ(ネットオンライン・IPAT、A-PAT・即PAT)どこで馬券買っても】

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

 

【JRAの競馬場、東京・中山・阪神・京都・中京・小倉・新潟・福島・函館・札幌……コースの特徴・外枠内枠・有利不利】

馬券初心者は、JRA競馬場で内枠不利な特徴・傾向のあるコースデータを調べて覚えて予想したほうが良い

 

【馬券の買い方、金額の重要ポイント。的中率をあげるための精神的スタンス(なかなかできないけど……)】

競馬で破産しない方法。馬券が外れて授業料になってもいいお金を、購入金額にする。そして、予想を当てる確率高くして授業料回収

 

スポンサーリンク




おすすめ競馬記事

競馬予想で相馬眼まで行かずとも、パドック・馬体を勉強して攻略法やコツをつかむなら、GI・重賞より新馬戦→未勝利戦が一番なんじゃ?

競馬における複勝コロガシとは、成功確率の高いレースを選択できるWIN5みたい。コツや攻略法、必勝法などあると思うけど自分はしない

競馬予想をする上で、実際の締切時間より自分の中の締切時間はけっこう手前にある。レース映像・動画を見るのに時間がかかるので…

競馬好きなので、ジョージア・ディープインパクトという缶コーヒーを飲んでみた。伝説の飛ぶ脚質で圧勝できるかな、馬券で

競馬予想家に自分は向いてない理由。ただの馬券当たるのが好きでブログ書いてるだけなのさ。的中率・回収率は気にしますけど…

パークマンサー・軟式globe。5歳まで馬に育てられたと学校へ行こうで告白。是非、競馬場へ。そうだよアホだよのラップでパドック解説を【ネタ】

競走馬の気持ち、成長に関するエピソード。競馬で短期間に同じ相手に3回競り負けるとダメです。角居勝彦調教師は語る【馬券】

アッミラーレ産駒・アンミ。福島競馬場・ダート1150m、2番人気1着。東京ダート1400m先行してかなり粘る特徴。距離短縮成功・前走10着

スマホ、パソコンを使ってネットで馬券購入と言っても、競馬予想からアナログさを消すことはできない。データの期待値狙いの危うさ【清水成駿氏の話】

三連単、100円が2000万円馬券なヴィクトリアマイル。的中者少数。当てた人にミナレットすごい。東京競馬場で当てたら、確実に行くであろう場所はここ

競馬予想して、3連複1頭軸・総流しで馬券を買ったのは1回だけ。軸・武士沢友治騎手。東京競馬場・ダート1400m新馬戦。15頭・105点・金額10500円也

競馬に詳しくない妹「3ハロンってなんだっけ」→私「えっ?(なぜ、競馬用語を…まさか上がり最速、ラップタイム、意味知って…、いや、漫画おってけ3ハロン?)」

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

夜明けのブルース/五木ひろしのYouTube動画を見てカラオケで歌うほどハマった。松山〜。作詞作曲・レーモンド松屋。紅白で歌われてたとは…

絵本・もうぬげない/ヨシタケシンスケ感想。面白い、かわいい。シュールなジタバタ主人公。何歳向け、対象年齢関係なく楽しめる話です【読書】

コント漫才ネタ台本・お笑いテーマ「相方はスコップ好き」。ボケツッコミ一人構成設定。芸人の方、YouTube動画、宴会用に【テレビ・題材・演劇】

おもしろピザカッター、数学の先生が持ってそうな分度器な使い方で。力もうまく入って、切れないなんてなさそう?パーティーに

1日1食がダイエットや健康に良くやってみようと思ったのは、ある短篇小説の影響から。好転反応でだるくなることもあるけど続ける方向で

Amazonのレビューは、競馬予想みたいなもの。あてにならないひどいものあれば、面白い傑作もある。信憑性・信頼性・影響の考え方

Amazonさん、激安・格安な訳ありみかん10kg20kgではなく、栄養豊富で甘いみかんが欲しい…。高級なものとは言わないですけど

山下達郎さんのライブに行くけれど、ネタバレされたら腹立たしくってしょうがないですよ。楽しみという末脚ためてたところで落馬させられるんですから

タイムマシンがもしあったら、作れるなら過去と未来行ってみたい時代はあるか?実現イメージは、どこまでもドラえもんだけど…。競馬好きならば… 

大瀧詠一さんが渋谷公会堂で行った、伝説のヘッドフォンコンサートを思い出す、ななみ「SILENTSTREETLIVE」。歌声を届けるアイデアだな

ドーナツソング・DONUT SONG/山下達郎をライブでカバーしたYUKIさん。どの曲の途中で歌ってたっけ。ミスドのCMで使われた、アルバム収録曲

 - レース映像分析 , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

競馬のレース映像なら、JRAレーシングビュアー。評判は様々だけど、カクカク画質ではなくなった。重いときはあるけど…。馬柱とレース映像リンクが欲しい

競馬のレース映像なら、JRAレーシングビュアー。競馬のレース映像をJRAレーシングビュアーで見ないと馬券買えない感じになりました。JRAレーシングビュアー、評判は様々です。ただ、カクカク画質ではなくなったのは嬉しいこと。まだ重いときのあるJRAレーシングビュアーですが、評判を下げるものでもないかと(もっとスムーズになれば評判上がると思います)。とはいえ、レーシングビュアー、カクカク画質じゃなくなっただけでもいいですよ。JRAレーシングビュアーに欲しいなぁと思う機能は、レース週の馬柱と、ワンクリックでレース映像が見られるリンクです。地方競馬ライブみたいな馬柱が使いやすくっていいのですが……。評判上がりまっせ。中央競馬において、地方競馬ライブに近い機能な競馬サイトに、net-keibaがあります。

馬の耳の動きを、競馬のレース映像分析や見方に使えないか考えたけど…。耳を絞る、伏せる、念仏、馬耳東風…

馬の耳の動きは気持ちや状態を表している部分もあるそう。耳を絞る、耳を伏せる。馬の耳の動きが競走馬の走りに関わる。それを見ることができる。ならば、馬の耳の動き、絞ったり伏せたりを競馬のレース映像分析や見方に使えないか。そう、考えたけど…。馬の耳を絞る、耳を伏せる、馬の耳に念仏、馬耳東風……。関係ないものも混じってる気はしますが、競馬のレース映像を見続けてデータを取り続けていって、傾向や特徴がつかめればこっちのものです。馬の耳に念仏であり、馬耳東風です。思わず耳絞りますね(なんのこっちゃい)。誰かが用意してくれたデータの固まりと、1件1件自分で分析していったデータは使う際意味合いが違います。面白い話、馬券、競馬予想の切り口、だけど……。

競馬予想ではパドックよりレース映像・動画を重要視する。馬体の最新情報を見極める、攻略することに意味がないのではなく、競走馬が仕事をするのはレースだから

競馬予想では、パドックよりレース映像・動画を重要視することにしています。歩いてる馬を見るパドック。発汗だったり、首の動きだったり、馬体の最新情報や調子を見極める場所です。パドックを攻略することに意味がないのではありません。レース映像を重要視するのは、競走馬が仕事をするのはレースだからです。持っている力を出すのはレースだからです。レース映像では、スタートからゴールまでの仕事っぷりを見ることができます。パドックはその前段階になります。なんといいましょうか、当たる確率を上げる予想ファクターの位置づけって大切だなぁと思いまして……。その人なりの、競馬を解釈した上で、どう位置付けするかの話です。そこから、競馬データの見方も派生していくんだろうなと。

JRA・中央競馬、全周パトロールビデオを全レース公開。レース映像・動画を見て競馬予想、馬券検討する方に朗報。確認できる視点増える!

JRA・中央競馬の全周パトロールビデオ、一部は見れましたが、JRA全レースのパトロールビデオを見たいと思ってました。そこに、素敵なニュースが。JRA・中央競馬の全周パトロールビデオを全レース公開と。レース映像・動画を見て競馬予想、馬券検討する方に朗報です。全レースのパトロールビデオが見られると、レース映像で確認できる視点増える!レース映像を見て競馬予想している身からしますと、パトロールビデオが全レースで見られるようになると、もっと確認できることが増えて疑問も減る、お願いしますJRA、中央競馬さんと長年思っていたのです。パトロールビデオの全レース公開、嬉しい競馬ニュースです。パトロールビデオ見られるのなら、JRAレーシングビュアーの会費高くなってもいいと思ってましたし……。

競馬予想で当たる方法を探すおすすめのコツ、定点観測。データ分析の意味を濃くする。能力把握に最適。面倒だけど、自信はつきやすい【馬券】

競馬予想で当たる確率を上げる方法を探すためのおすすめのコツは、定点観測だろうという話。結果成績などから考える、データ分析、見方の意味を濃くする。能力把握は定点観測を続けるところから掴むのが最適。問題は、面倒なこと。だけど、趣味の一部と考えれば、馬券の自信はつきやすい(方向性さえ間違えなければ)。競馬予想の当たる方法がさっくり解るのではなく、少しずつわかっていく感じ。じわりじわり具合が再現性の発見に結びつく。JRA中央競馬と地方競馬の差でうまく行く方法をデータ分析して探したり(例えば、出戻り馬が馬券になるのを見分ける方法)、自宅WINSで馬券を買うさい、現地より有利になる方法はないか探したり(臨場感を犠牲にする必要はあるんだろうけど……)。

地方競馬の馬券売上前年比増。そろそろどの競馬場にも、テン3ハロンのラップを計測する機械おいて欲しい。園田・高知・名古屋…

地方競馬の馬券売上前年比増のニュース。地方競馬の馬券売上げが増えている今だからこそ、どの競馬場にもテン3ハロンのラップを計測する機械おいて欲しい。馬券の売上げがあれば、設備投資に回してより売上げを増やしませんか……。テン3ハロンのラップ。知りたいんですよ。競馬予想に必要なんですよ。特に、園田競馬場・高知競馬場・名古屋競馬場……。てっきりどの競馬場にもテン3ハロン計測する機械が置かれてると思ってたのだけど、そうじゃなかった……。園田競馬場・高知競馬場・名古屋競馬場さんっ。馬券の売上げが少なければ致し方ないと思うけど、地方競馬の馬券の売上げが増えてるというニュースはどんどん見かけます。競馬予想する側が使えるデータが増えると予想する楽しみも増えるわけで……。ナイターやってる園田競馬、高知競馬どうでしょうか?

伝説の馬券師による競馬予想法を、スマホやパソコンでできる時代になったのか…。レース映像、パトロールビデオ、ゴール入線後の伸びを見る

伝説の馬券師、ピッツバーグフィル。どこまで伝説の馬券師なのか、本当の話かは別として、伝説の馬券師による競馬予想法を、スマホやパソコンでできる時代になったんだなと感じる話を。伝説の馬券師が肉眼で見ていた競馬予想方法がスマホやパソコンでできる。競馬場に行かなくっても、スマホかパソコンがあればできる。伝説の馬券師が馬券を当ててた頃から、テクノロジーは発達しまして、現代。レース映像、パトロールビデオ、ゴール入線後の伸びを見ることはいくらでも可能です。スマホ、パソコンを使って馬券購入ももちろん。レース映像やパトロールビデオを確認することは面倒ですが、馬券の当たりに近づくのだとしたら? 伝説の馬券師の当たりに近づくとしたら?

競馬予想の基本は、レース映像・動画、ラップ、馬場。馬券の買い方は複勝から。これが自分の考え。知識は、血統・調教など幅広く知っていく

競馬予想の基本を考えていました。競馬予想に関する知識が増えると、基本がたくさんある状態になりがち。自分の競馬予想における基本は、レース映像・動画、ラップ、馬場にあり。馬券の買い方は複勝から。競馬予想の基本を決められたのは、知識を血統・調教など幅広く知って行って自分が競馬予想をしやすい要素の順序を決めたようなものです。自分は、レース映像・動画、ラップ、馬場が競馬予想の基本で、馬券の基本は複勝からですが、人によって、競馬予想の基本は血統や調教、パドック、騎手だったりするでしょう。そんな、競馬予想、馬券の買い方について、知ってきた知識の基本の話を。

競馬のレース映像・動画を見て予想しないと馬券買えなくなって来た。特徴や傾向の見方を研究して狙い目を決める

競馬のレース映像・動画を見て予想します。新馬戦を除いて、前走のレース映像・動画を見て競馬予想しないと、馬券買えなくなって来ました。レース映像を見て競馬予想して、馬券を買う馬の特徴や傾向を見ないで馬券を買うのが恐くなって来たのです。JRAレーシングビュアー大好き。競馬のレース映像・動画から、馬券になる馬の特徴や傾向の見方を研究して狙い目を決めるのはとても楽しいです。穴馬を買うのも平気になったり。ただし、競馬のレース映像・動画を見て予想して馬券を買うのは、時間がべらぼうにかかります……。しかし、自信を持って馬券を買うにはJRAレーシングビュアーと友達になるしかないのです(なんのこっちゃい)。

競馬のレースに有利・不利は大小あるけど、結果からレース回顧する上で触れないといけない不利はある。フェアリーS・ビービーバーレル

競馬のレースに有利・不利は大小あります。競馬のレースが毎日のように行われて、不利がなかったレースは1レースもないでしょう。ゆえに、結果から競馬のレース回顧する上で、触れないといけない不利はある。不利があったから、有利になったレースもある。競馬を見ていく上で重要なこと。東スポに掲載された、フェアリーS・パイロ産駒・ビービーバーレルの話にちょいとした疑問が。競馬には不利がある。レースの結果から回顧する上で、不利に最低限触れないと妙な話になるんだけどなぁと思った話を。