繰り返しの謎解き商会

*

役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせること

      2017/09/22

役に立つ資格を取得するのは大事だと思います。資格を取得していることで就職、転職に強みになったり。就職先、転職先で求めてる資格ならば役に立つそのものでしょう。役に立つ資格を取得するのは大事と思うのですが、就職や転職により使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせることで重要度が増すと思います。

 

役に立つ資格を取得しても、持ち腐れてしまい就職や転職、収入に結びつかないのはもったいないです。詳しく知っていることがあると、資格が持ち腐れてしまうのを防ぐ組み合わせを見つけてくれるようになると思うのです。資格の取得と関係のないように見えますが、アイデアは組み合わせから生まれて来ます……。

 

スポンサーリンク




役に立つ資格を取ることは大事ですが……

稼げる資格 2016(リクルートムック)

いつだったか、妹が「資格取ろうかな……」と言ったことがあります。

 

資格関係の資料を取り寄せているのは、葉書や手紙が届いていることで知ってたので「考えてたのね」となった次第。誰かのおすすめの資格で選んでいるのか、人気のものを選んでいるのか、はたまたランキングから選んでいるのかは知りませんが、気にはなっているのでしょう。

 

国家資格はさすがに……のよう。しかしまた、学校に通うのではなく通信教育で資格を取得したい様子。そのための講座の資料を取り寄せてるという。就職、転職には強みになりますから、悪いことではないと思います。

 

妹は長らくコンビニで働いてる30代。独身。今後、結婚するしない別にして収入が多くなることは決して悪いことではありません。旦那や彼氏の収入に頼り切らないほうが人生において良いのは言うまでもなく。

 

女性が収入源をどうするか問題については、西原理恵子さんの、『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読むと、よくわかります。

 

 

資格も世の中いろいろ種類がありまして、10年前よりも数は増えてる印象があります。

 

ちなみに、自分は簿記だったりワープロ検定だったり商業高校で受かったものはありますけど、稼げるものではないです。数字の羅列にあまりくらくらしないのは、競馬新聞読むときに役立ってると思いますけど……。

 

あと、キータッチも早くなったから、文章打つ上ではそれもいいか……(ちなみに、ローマ字入力でなく、かな入力だったんだよなぁ……)。

 

役に立つ資格の取得もいいけど、詳しく知ってることがあるのも大事

資格の取得というのは、人気のもの、誰かがおすすめしているもの、資格ランキングの上位にいるもの、どれも関係なく、枠の決まってる物事を難易度あれど知って行く側面があります。そして、試験を受ける。

 

こっから、ここまでを勉強して行動するという。受かるかどうかは別として、枠の定まっていないことを勉強して資格を取得することはありません。採点できませんから……。

 

口悪く言うと、枠が決まっているからこそ、本や講座にできるというわけです。誰もが手を出しやすい。

 

無論、資格を取得するというのは悪いことではありません。

 

なのですが、妹と話してて気になったのは「資格があれば、仕事もあるだろう」的ニュアンスだったのです。これはよろしくない感覚です。全くを持ってよろしくありません。

 

そこで言ったのは「資格を取るのはいいけど、他の人よりめちゃくちゃ知ってる物事をいくつか作ったほうがいいよ」と。「あの人にあのこと聞けばいいよ、詳しいから」と言われるくらいのものをと。

 

資格を取るのはそれからでも遅くはないです。

 

詳しく知っていることと、なんらかの資格が組み合わさったとき、同じような組み合わせの人を探すのはなかなか難しいことではないでしょうか。他の人と差をつけられます。そこが収入にも関わるもので……。

 

例えば、さかなクンが資格を取得すると考えた場合

魚のことについて詳しいのなんのって、さかなクン。いつも話聞いててびっくりします。

 

そんなさかなクンが、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したとしましょうか。ギョギョギョッという感じで取得です。資格を使って仕事をするわけですが、ライフプランを説明するのに「相手にわかりやすいように、さかなに例える」という、前代未聞なファイナンシャルプランナーが誕生します。ギョギョギョッというライフプランの説明を受けられる……。すばらしい。

 

なんつったって、魚を知らない人はいないでしょう。いたら、ギョギョですよ。

 

例えばさかなクンが、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したらと言う話です。

 

しかし、さかなくんが魚にとっても詳しかった→資格を取得した→ゆえに組み合わせが前代未聞。という流れは、けっこう重要な流れではないでしょうか。考え方として流れ具合がいいです。これを応用することはいくらでも可能でしょう。

 

資格を取得することを先行させるよりも、音楽でも小説でもお笑いでも園芸でもグルメでも……、詳しく知っていることを増やすほうを先行させたほうが組み合わさったときの力は強くなるように考えられます。資格に関わってることで仕事をするわけですが、詳しく知っていることがあることで、お客さんが増えたりすることもあるでしょう。

 

そのための材料というのは、比較的安く揃ったりもするものです。今自分の好きなことをより好きにしていけばいいわけですから。

 

やるかやらないか。時間はかかるのは致し方ない。

 

資格を取得する材料は、そうそう逃げません。あるとすれば、資格から生まれる仕事に関して、需要と供給バランスは変わるという話。

 

どことなく、役に立つ資格を取得すればいいと順番を逆にして苦しんでる人が多いように感じます。

 

本来資格を取得したときに、自分の知っていることと、資格を組み合わせたときにどうなるのかで稼ぎも決まると思うのでありますが……。資格がどうにかしてくれるわけではないわけです。

 

妹にもそれを気付いてもらいたいもの……。それは、なかなかに、なかなかなもので……。

 

何かをやりはじめたとき、誰もが最初にぶち当たる壁は、自分の実力を知らなきゃいけないってことだと思う。

 

ほら、女の子って、鏡を見るとき、自分がいちばん気に入ってる角度で、自分が思ういちばんいい表情をつくるものでしょ。

 

ようするにわたしは、その「いい角度、いい表情」の自分だけを見て「あたしって、ビジン〜」とうぬぼれていたというわけ。人って、自分の現実に実力以上のゲタをはかせちゃってるものなのよ。

 

予備校でデッサンを繰り返すうちに見えてきたのは、これまで自分が思っていたのとはぜんぜんちがう表情、ぜんぜん違う「自分」だった。

 

「うっわ〜。わたしって、こんな顔だったっけ?」

 

角度と向きを変えると、同じものでもまったくちがうふうに見える。それを冷静に判断できるようになることを「客観性を持つ」という。

 

他人とくらべて、自分の何がちがっていて、どこがどう足りていないのか。

 

それがちゃんと自分でもわかっていないと、その先の展開も、あいまいでなりゆきまかせのものになってしまうからね。どんなことであれ、「客観性を持つ」のは、人がまず自分なりのスタート地点に立つために、とても大切なことだった。

 

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(理論社) 80-81p より。

20代後半、30代となって資格を取得しようとする。このとき、資格を取得する順番を気にするのは「客観性を持つ」ということになりはしないだろうか……。

 

資格の取得はどこか「これを手に入れれば」感があるけど、どう使っていくのかは、その人が知っていて使いこなせるものと組み合わせて生まれるもの。「知っていて使いこなせるもの」が少なければ、組み合わせの数も少なくなっていくもので……。仕事になる率は高くはならない。お客さんが増えない。

 

(余談を書くと、この組み合わせるという感覚は、ジェームス・ウェブ・ヤング『アイデアの作り方』から来ているものだったりします。この本、妹にあげたけれ……ど……)

 

 

なので、日頃から知ることを放棄している人と日頃から知りまくろうとしている人では差がついてしまうんですね。役に立つ資格を取得したとしても……。

 

以上、役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせることという話でした。

 

関連→お金を稼ぐ仕事や方法の参考に。商売とアイデアと工夫。ちきりん『マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか」わかる人になる5つの方法』感想

 

関連→アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter
 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

人生ゲーム。ネタ化するルールとマス目の文。遊び方の簡単さ。年齢重ねれば、職業カードイベントで涙、お札株券に染み込んでルーレット回します【結婚、子供】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

綾瀬はるかと渡辺麻友(まゆゆ・AKB48)はどことなく似てる。雑誌、テレビCM、YouTube見てて思う。メイクか髪型か…笑顔か。悪友に言ったところ、全否定。

 

 - お金を稼ぐ , , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

人の話を聞くことが仕事やバイトになってお金を稼げないか考えてたことがあります。悩み、愚痴、相談……などなど。20代を振り返ると、話を聞くことは苦手でも嫌いでもなかったなと思いまして。けっこう、一方的に話を何時間も聞いてたし、仕事かバイトにできたりしないものか。お金は欲しいものですから……。マネー。どんな仕事にも人の話を聞くという側面はあるものですし。悩み、愚痴、相談は山のように世の中にあります。おお、神々しい需要と供給のグラフが見えるぞ。アイデアじゃけん(何のこっちゃい)。ただ、自分にコミュニケーション能力があって、方法やコツを得て、人の話を聞くことが得意だったわけではないのですが……。20代の間、人の話ちょいと聞きすぎたかなぁという後悔などなど……。ああっ、しろくまさん……。

仕事でうまくいく考え方とは。成果を出し成功する、安定する。ポイントは、知ること(インプット)と記録(メモ・ノート)をやめないところからという話【読書】

仕事でうまくいく考え方とはなんだろうか。成果を出し成功する。そして安定させていくコツ。即効性はないが、知ること・読書・インプットと、記録すること・メモやノートをやめないところからではないだろうか。その繰り返しの中で、仕事でうまくいく考え方が作られていく。方向性が正しければ、成果も出て成功していき安定する。仕事でうまくいく考え方は、即効性とは正反対に最初は動いている。初動が果てしなく重たい。しかし、うまいこと転がして行ける可能性のある材料を知りまくっていく、記録をやめないで行くと初動の重たさは何でもなくなって行く。

山下達郎さんのテレビに出ない、大きい会場でライブツアーしない、本を出さないという印税や年収に関わる、3つのしないことから、お金を稼ぐことを考える

山下達郎さんには、印税や年収に関わる3つのしないことがあります。テレビに出演しない、大きい会場でライブをやらない、本を書かない。テレビ出演、ライブ、本、どれも収入源としては大きなもので、山下達郎さんの印税や年収に関わるでしょう。下世話に言えば、山下達郎さんがお金を稼ぐことに……。山下達郎さんの印税、収入に関わる3つのしないこと(テレビ出演・ライブ・本)から、お金を稼ぐこと、仕事や人生における危機感の対処、もしくは堕落しないためのヒントや方法、コツ、意味について、考えてみました。

印税2億円、使い道は。お笑い芸人麒麟田村『ホームレス中学生』、本に映画にテレビドラマ、大ヒット。お金を稼げたら…不幸は人生は…。

お笑い芸人、麒麟の田村さんが書いた小説『ホームレス中学生』が大ヒット。麒麟・田村さんの『ホームレス中学生』、映画化にテレビドラマ化されて、受け取った印税が2億円だったそう。本に映画にテレビドラマ、ホームレス中学生の印税2億円、使い道、どうしたのだろうか……、麒麟・田村さん(下世話ですけど)。印税、お笑い芸人っぽい使い方されただろうか……。いきなり入ってくる印税、大金、欲しい欲しいお金です。稼いだということには変わりないのだけど、手に入れたあと、人生、不幸になる? 印税2億円の本人『ホームレス中学生』を書いた、麒麟の田村さんがテレビ番組で語った話を……。

学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり、好きになるってどういうこと? 学校で勉強した方法や技術の意味、好きになることにの疑問。解く鍵は、方法や技術は「工夫するときに」意味を持つことを知ることにあると思う。好きになるのも同様。学校で勉強した方法や技術には、工夫して流し込む材料を探すことが必要ということ。流し込む意味がうっすらとわかると、好きにもなる。ゆえに、勉強がうまくいかない要因を解く鍵にもなる。学校で勉強する方法や技術と、流し込む材料は別ものと言う話でもある。

イベント・企画・広告、仕事。人を集める方法やコツ。ネタを収集できると想像してもらえるか。期待できる言葉や文章。ビートたけしさんの連載から考えてみた。

イベントや企画、それに関わる広告の仕事。ビートたけしさんの連載から、人を集める方法やコツについて考えてみました。重要なことは、ネタを収集できると想像してもらえるか、ということです。それが期待できる言葉や文章を見つけられるか。可能な人を見つけられるか。育てられるかという人もいるでしょう。ネタを収集したい気持ちと、ネタを出す気持ちはどう違うのかについても。お金に関わるアイデア探しのヒントに……。言い方が悪いんですが、人を集める、お客を呼べるということは、ネタを出せるということです。そうそう枯渇しないネタ。様々な、イベントや企画、広告の仕事を続けていく中で枯渇しないネタ。例えば「昨日ね、カズ生で観たのー」と、 どうして言えるのかというと、カズを生で観たということが誰かに出せるネタになっているからです。

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。石を売る、石を集める。秩父珍石館とつげ義春『無能の人』【仕事・工夫・読書】

ウェブヤング『アイデアのつくり方』を参考に、石を集める人(秩父珍石館)と石を売る人(つげ義春『無能の人』)を見て、アイデアからお金を稼ぐ方法やコツの工夫、アイデアのネタの組み合わせについてを考えてみた。ウェブヤング『アイデアのつくり方』、つげ義春『無能の人』は名著。自分の仕事や、やっていることを他人から認めてもらえなくても、いいアイデアと出会うまでやりつづけられるか。石を拾って、石を売るアイデア、つげ義春『無能の人』。石を集めて、名付けて展示するアイデア秩父珍石館。『アイデアのつくり方』を関連させてみますと……。お金を稼ぐネタの組み合わせ、方法やコツか浮かび上がってくる?