読書ネタ【本屋ネタ】

森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想【男性も女性も、意味を感じる必要があるとは?】

森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想【男性も女性も、意味を感じる必要があるとは?】

 

森博嗣作品を小説からではなく、エッセイ、コラム、新書からでいいのかという話はあるのですが、本屋さんで見かけましたもので。

 

森博嗣さんのおすすめ本は、小説、エッセイ、コラムとたくさんあるだろうけど。どなたかのおすすめ本の前に、新書見かけましたもので。

 

森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想(朝日新書)

 

いいエッセイのタイトルだなぁ。私はこの森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想をおすすめ本にします。仕事の本であり、やりがいに関するおすすめ本でもあります。

 

それにしても、森博嗣さんどれだけ本書かれてるんだろう。

 

スポンサーリンク



 

森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』(朝日新書)。男性も女性も、意味を感じる必要があるとは?

森博嗣さんの小説シリーズ物読んでいないけど、新書のタイトルが素敵でおすすめ本にできる

森博嗣さんの小説シリーズ物、Vシリーズだったり、「すべてがFになる」だったり、「スカイクロラ」だったり、あるわけですけどもまだ読書してません。ブックオフでよく見かけるのだけど、買わないでいまして。

 

森博嗣・人気ランキング的に、売上的にどういう感じなのかは知らないですけど。森博嗣さんの作風をよく知らなかったりもしてますが(ヲイヲイ)。森博嗣さんがどういう人か知らなくっても、面白いなと感じたらそれでいいんです(ほんとかよ)。

 

読書はフットワーク軽い方が面白い作品に手が届きやすいと思います(注・古本屋さんでたくさん本を買ってしまう人の方便)。

 

本屋さんで見かけた、森博嗣さんの新書、いいタイトルだったんです。

 

言葉の連なりがすごい。セリフがすごいというのか。名言といってもいいか。そうそう、そうなんだよとおすすめしたい。

 

森博嗣『やりがいのある仕事という幻想』。

 

スポンサーリンク



 

やりがいのある仕事って意味を感じる必要があるのか?

いつから「やりがい」と言う言葉が多用されるようになったのかわからないですが、10代、20代、30代いや、もっと上、40、50、60代と年代問わず、男性、女性問わず「やりがい、やりがい」と耳にするようになりました。

 

言葉に意味を感じることがあって「やりがいのある職場」「やりがいのある仕事」「やりがいのある仕事ランキング」みたいに使うわけですから、意味合いがエピソードとして伝わりやすい部分を獲得しているんでしょう。

 

男性に特化して「やりがい」を使ってる、女性に特化して「やりがい」を使ってるわけでもありません。男女区別なく、やりがいの意味合いはどことなく伝わってる。けれどもけれども、やりがいという言葉をうざいとは思わないけど、分からない部分が多すぎる。意味合いのごまかしがあるんじゃないのかと思うわけです。

 

前々から、やりがいのある仕事って意味を感じる必要があるのか違和感があるのでした。

 

そこへ、森博嗣さんの新書を見つけたものですから、速攻でレジへ向かいます。やりがいの意味合いの謎解きでございます。森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想。ぴったりなタイトル、新書です。

 

スポンサーリンク



 

ほんといいタイトル。森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』

森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想。という新書のタイトルを読んで、思ったのは、やりがいがなきゃ、仕事しないのかよっていうことでした。

 

仕事の面白み、面白さはそこにあるのかしらん? やりがいのある職場でないと仕事ができないのか。やりがいのある仕事でないと、達成感がないのか。やりがいのある仕事でないと、働きがいがないのか。

 

仕事における「やりがい」の意味って、笑顔でありがとうと言われて、感謝されて、安定してみたいなことだと思ってるのだろうけど…。

 

やりがいを生きがいみたいに、言葉を言い換えたとしても、幻想だよなぁ。

 

充実感? モチベーション? 好きなことを仕事に?

 

やりがいの意味を「心の張り合い」とすると、わざわざ外に見せる必要はあるのだろうかと思うわけです。やりがいを、やりがいのある仕事として感じるために、誰かに見せて意味を持たせる必要があるのかと。

 

そういう意味を持たせつつ仕事しないといけないのは、動作が重くなってはいないかと?

 

心の張り合いは心の中で意味を感じるようにして仕事をすればいいわけです。どうしてキャッチコピーのように、声高になる必要があるのでしょうか? 仕事の質を上げるために必要な意味のあるキャッチコピーなのでしょうか。

 

スポンサーリンク



 

やりがいを感じる意味は仕事する人の評価、動機付け

というのは、仕事の受け手からすると、やりがいというのは相手の評価、動機なんです。

 

酷な言い方をするとやりがいがあって仕事してるからと言って、受け手にとって「いい仕事」かというとそうもないことが多い。やりがいを感じてるからといって、いい仕事になるとは限らないわけです。やりがいを感じてるという意思表示が逆にアダになることだってあるはずです。

 

やりがいがあるからと言って、また利用したくなる仕事につながるかというと?

 

若い頃にそうやりがいを感じるのは仕事をしていく上でいいこともあるけれど(気持ちを安定させるのには役立つ)、やりがいがないと仕事にならないのはおかしい。

 

これまた口の悪い言い方すると、もらえる給料、お金が少ないときに「やりがいのある仕事」と言って、気持ちをごまかしてはいないかとも思う。

 

無理に安定させるために「やりがい」と言ってないか?

 

「たとえば、あの人は、植物のことにとても詳しくて、沢山の知識を持ってる、というのと、あの人は税理士さんで、税金のことを良く知っている、というのは、同じ価値の可能性なのである。仕事かどうかが問題なのではない。自分にとって、どちらが価値があるかは、自分が何を得たいかによって決まる。

家が設計できる人も、折り紙が上手な人も、どちらが偉いということはない。今の自分にとって、どちらに価値があるか、というだけの判断なのだ。もし、金が沢山欲しいという人には、金を稼げる仕事に価値がある。また、折り紙が上手になりたいという人には、折り紙が上手な人の方が価値がある。職業の価値とは、せいぜいその程度のものである」

森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想(朝日新書)、60pより

やりがいのある仕事という意味を無理に探して、承認欲求的なものを感じる必要はないわけです。やりがいを感じないからといってげんなりする必要もない。仕事が仕事としてこなされてばいい。

 

自分の得たいものへまっしぐらとなってない表明なわけです。

 

スポンサーリンク



 

やりがいのある仕事、意味を感じる必要性は「お客様は神様である」の都合のいい誤訳の裏返しなのでは?

三波春夫さんが「お客様は神様である」とおっしゃった話は有名ですが、この言葉の意味は「良い表現をしたいので、お客様を神様とみて演じます」というもの。表現の受け手であるお客さんから何か得るための言葉ではないのです。

 

現在では誤訳されて、お客なんだからサービスしろよという意味になってしまってる。水の流れがよく都合よく、価値を生むものに人は容易に殺到する。そんな意味も分からないのかと言う。訂正する隙間も残ってないほど。

 

お客様は神様の誤訳の反動で、やりがいのある仕事に意味を感じたい感情が声高なキャッチフレーズになったんじゃないかと思う。自分の心の中においとけばいい意味合いを外に出さないとお客様は神様の誤訳と張り合っていけない。

 

お客さんと見て神様と見て上げるから、仕事のやりがいをくださいというわけです。意味を感じるようにしてくれという。男性も女性も、20代30代40代と年代関係なくある気がする。なんとも不毛な意味合い。

 

おすすめ本【面白い】森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想。男性も女性も、意味を感じる必要があるとは? まとめ

森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』。

 

エッセイ読書していきますと、こう思う。

 

仕事のやりがいは見つけるものなのか?

 

「仕事が面白い」のはとってもわかる。

 

仕事をしていく動機づけだったり、達成感、手応え、適正はある。けど、やりがいを見つけるものでもないし、見つからないからげんなりすることでもない。強く追求する必要もない。発見しなくてもいい。どんな職業でも。男性も女性も無理にやりがいの意味を感じる必要はない。

 

森博嗣さんの作品。1冊読んでみて「これは名言だな」と付箋貼ったりする数が多いと次の作品も次の作品もってなります(小説でなくエッセイなのはヲイヲイだけど)。

 

森博嗣『「やりがいのある仕事」という幻想』、仕事ほんとしておすすめです。

 

以上、森博嗣「やりがいのある仕事」という幻想【男性も女性も、意味を感じる必要があるとは?】でした。

 

おすすめ本(アマゾンへ)

 

【読書ネタ】おすすめ記事

藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』。読書から意味を発見し問題を解くのは情報処理力ではない

読書ネタ【本屋ネタ】

藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』【読書から意味を発見し問題を解くのは情報処理力ではない】

2023/4/27

「おすすめ本レビュー。藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』。読書から意味を発見し問題を解くのは情報処理力ではない。おすすめ本レビュー【面白い作品】。藤原和博『情報編集力―ネット社会を生き抜くチカラ』、松岡正剛さんが登場するので、読んだ本」。

アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。

読書ネタ【本屋ネタ】

アイデアのつくり方の本から【お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える】

2023/5/2

「アイデアのつくり方の本から、お金を稼ぐネタの組み合わせや、方法やコツを考える。『アイデアのつくり方』(ウェブヤング)はとっても薄い本。アイデアをどう生み出すのかについて書かれた本では筆頭の内容でしょう。既存にあるものを組み合わせるところにアイデアがある……。この話は有名なセリフです」。

『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ。仕事もお金もギャンブルも!

読書ネタ【本屋ネタ】

『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ【仕事もお金もギャンブルも!】

2023/4/27

「『経済は感情で動く。はじめての行動経済学』マッテオ・モッテルリーニ。仕事もお金もギャンブルも!日常にある意思決定心理学。マッテオ・モッテルリーニ『経済は感情で動く はじめての行動経済学』(紀伊國屋書店)。おすすめ本・レビュー【面白い作品】。行動経済学。確かに、経済が感情で動いているところはある」。

佐貫亦男『不安定からの発想』。人生と生活、仕事のエッセイ【男性、女性】

読書ネタ【本屋ネタ】

佐貫亦男『不安定からの発想』【人生と生活、仕事のエッセイ「男性、女性」】

2023/4/27

「おすすめ本レビュー。佐貫亦男『不安定からの発想』(講談社学術文庫)。人生と生活のエッセイ【男性、女性】。おすすめ本・レビュー。佐貫亦男『不安定からの発想』(講談社学術文庫)。児玉清さんおすすめの本。何かでひょいとおすすめしてるのを見た。佐貫亦男『不安定からの発想』」。

 

スポンサーリンク



 

【日常ネタ】おすすめ記事

アゴの歪みあるかな、噛み合わせ悪いしと左右に動かし自分でチェックしていたら、RADIOFISH「PERFECT HUMAN」に

日常ネタ【生活ネタ】

アゴの歪みあるかな、噛み合わせ悪いしと左右に動かし自分でチェックしていたら、RADIOFISH「PERFECT HUMAN」に

2023/5/2

「アゴの歪みを気にして、数冊読書。アゴの歪みあるかなと。そして、RADIOFISH「PERFECT HUMAN」。噛み合わせ悪いし、アゴの歪みあると思ってたのです。アゴの歪みに関わる本を読書して、噛み合わせなおさないとと、左右に動かし自分でチェックしてまして。左右にアゴ、首を動かしてチェックするわけですが……」。

おすすめ人生ゲーム。ルールとマス目の文がネタ化。遊び方に内容。年齢重ね、職業カードイベントで涙。お札も株券に落ちルーレット回す【結婚、子供】

日常ネタ【生活ネタ】

おすすめ人生ゲーム。ルールとマス目の文がネタ化【遊び方に内容。年齢重ね、職業カードイベントで涙】

2023/4/30

「おすすめ人生ゲーム。ネタ化するマス目の内容とルール。人生ゲームはボードゲームの中でもおすすめな、面白い定番中の定番ゲーム。すごろくの最高峰でしょう(おすすめの異論反論は認める。その方が楽しい)。人生ゲームは、ルールも簡単でおすすめです。いい職業に就く」。

羊を数えると眠り誘うからくり。羊と睡眠。妄想牧場の群れは大群になり。鳴き声、メー。角つんつん、足とんとん、爪かきかき。かぶりものして、コスプレした人がいて

日常ネタ【生活ネタ】

「羊を数えると眠り誘う」英語? 眠る眠れる入眠睡眠方法?【寝れない時、眠い動物を…。鳴き声、メー】

2023/4/27

「羊の鳴き声メーメー。羊を数えると眠り誘うからくり。羊と睡眠。羊を数えると睡眠の関係性は英語?妄想牧場の羊の鳴き声はメーメー。羊が一匹二匹と羊を数える状態じゃないメー?自分の場合は羊を数えると眠り誘うようにはならない?」

占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげると……

日常ネタ【生活ネタ】

占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?【10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげると……】

2023/5/2

「占いや運勢でもないけど、当たる仕事運?10円玉を手のひらに乗せ、目の高さへあげると……いや運勢までいかないけど、妙に当たる気がする仕事運? 金運? の話。占いといえば、占いだし、運勢見てると言えば、運勢見てる気も……。当たるも八卦当たらぬも八卦」。

「更新と言う名のつぶやき」

 

最近読んだ本

 

・リチャードワイズマン『運のいい人の法則』(角川文庫)

・リサ・ガンスキー『メッシュ すべてのビジネスは<シェア>になる』(徳間書店)

・林志行『自分イノベーション』(技術評論社)

・田坂広志『未来を予見する「5つの法則」』(光文社)

・山崎光夫『健康の天才たち』(新潮新書)

・田坂広志『運気を磨く 心を浄化する三つの技法』(光文社新書)

・児玉哲彦『人工知能は私たちを滅ぼすのかーーー計算機が神になる100年の物語』(ダイヤモンド社)

・竹添直樹ほか『クローリングハック』(翔泳社)

・鶴木遵『ゴールへの想像力』(コスモヒルズ)

・有田秀穂『セロトニン欠乏脳』(生活人新書)

・大橋巨泉『調教タイムを見る前に 巨泉の考える競馬』(日刊スポーツ出版社)

・アンドレ・モロワ『初めに行動があった』(岩波新書)

・中村晃『天海ー徳川三代を支えた黒衣の宰相』 (PHP文庫)

・高田明典『情報汚染の時代』(角川EPUB選書)

 

過去分はこちらから

 

 

【サイトマップ】

-読書ネタ【本屋ネタ】
-