読書感想・レビュー

偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コン

更新日:

偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド

 

『偏愛マップ』という、やり方、作り方、書き方簡単にできる、自己分析自己紹介に、合コン盛り上がるネタ探しに、ブログにもぴったりな? 面白い本を齋藤孝さんが書かれました。

 

自己紹介できるネタだったり、項目を探すのにしっくり来る内容なのです。偏愛マップという作り方をすると、自分の心底好きなものを見せることができるいう……。アイデアですね。方法・コツですね。

 

ポイントは自己紹介と言っても、ちょこっと好きではなく、濃厚に迫るくらい好きなものを紙に書いていくやり方、作り方をします。それが偏愛マップのルール、書き方です。

 

流行ものを書くのではありません。話すネタがどのくらいあるのかを考えるといえばいいでしょうか。

 

書かれたものを見て、「それが好きなのですか」にとどまらず、「それが好きな人がそっちも好きなのですかい!」と関連性で盛り上がる可能性大な、偏愛マップです。自己分析、自己紹介、合コン、ブログ以外にも使いどころはあるでしょう。おすすめします。

 

スポンサーリンク




書かれているから話題にできる。書かれていないと話題にしにくい。きっかけを書いておくわけですね。話題になりそうな切り口の用意です。わざわざ暗中模索な感じで話題を切り出さなくてもいい。

 

偏愛マップは、ボケ・ツッコミシャレ・ジョークが渾然一体となるでしょう。自分が知ってきたことで、とっても知りたくなったこと大集合。博覧会、展覧会、万博ですね(なんのこっちゃい)。

 

実際に会うことがなくても、偏愛マップは、ブログの自己紹介欄に書いたものをアップしても面白いでしょう。初対面な方に向けて自分を知ってもらうのに内容のある使い方もできます。

 

好きなもの、偏愛しているものがあってよかったと思うでしょう。その項目を発掘する作業が、齋藤孝『偏愛マップ』に書かれています。

 

目次

自己紹介の項目ネタ探しツール本。齋藤孝『偏愛マップ』(NTT出版)の感想です。

定価・857円+税。105ページ。

 

サブタイトルに「キラいな人がいなくなるコミュニケーション・メソッド」。

 

齋藤孝さんの語る、「偏愛劇場」こと、偏愛マップとは?

「偏愛マップ」とは、その名の通り「偏って愛するもの」を一枚の紙に書き込んだマップです。「ちょっと好きなものマップ」とは違います。偏愛でなければなりません。人との嬉しい出会い、通じあう楽しみ、いい人間関係というのは、互いの偏愛やクセの結びつきによって起きるからです。偏愛と偏愛の融合、こうした「偏愛劇場」が人間関係の醍醐味ともいえます。

ですから、単にちょっと好きなもののマップを作ってみても、一般的になりすぎて「偏愛劇場」にはなりません。浜崎あゆみが流行っている頃には「浜崎あゆみ」と書いてしまうし、森山直太朗が流行っていればそう書いてしまう。(6-7p)

偏愛マップには「好き」よりも、「心底好き」なもの、いらっしゃいいらっしゃい大集合。

 

1枚の紙に書かれるものは、好きで好きでしょうがないもの。好きすぎて困っちゃうもの。偏って愛するものを書き込むことで、使いどころを増すところに偏愛マップの意味があるのでしょう。「そこ」と「そこ」が繋がるのかいなと。

 

そんな好きすぎるものというのは、瑣末なことも知っていたり、しょっちゅう頭ん中をぐるぐるしていたりして、思考の根源になったりするところがあると思います。

 

好きすぎる。知りたくってしょうがない。あれは、なーんでこうなって、ああなっているのか? 「謎」ですねぇ。深まって、深まってく。深まった「謎」は別の偏愛で解けたりして。

 

それはそれは、時間をかなりかけてしまってるものでありましょう。

 

ハマることの向こうの向こうの遥か向こうにあるところと言いますか。

 

まったく問題のないとこだと思います。

 

関連→趣味とは、男女問わずその人を作る土台。趣味にお金をかけてもかけないで安いものでも、のめり込んでも意味はある。本に漫画にCDにレコード、散歩、競馬…

 

関連→プラレールYouTube動画のおすすめ? ビー玉転がしな遊び方紹介? 新幹線もびっくりな速度でゴールへ【レイアウトの組み立て方最高・工作実験】

 

関連→本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

 

関連→喫茶店特集。軽食メニューが素敵。ナポリタン、トースト、カレー、サンドイッチ。BRUTUS(ブルータス)2014.6.15・感想+α【雑誌・コーヒー・読書】

 

好きな物についてとことん語る、コミュニケーション

17歳くらいだったと思います。

 

お世話になったデザイナーの方が、こんなことを言っていたんです。

 

「Nくん(本名)、自分の好きなものについてはね、最低30分は語れるものだと思っていたほうがいいよ。2.3分しか語れないのなら、それはまだ好きじゃないってこと……、気になってるってことなんだな……」。

 

当時はぼんやりと聞いてましたが、頭になんだか残ってたんです、このセリフ。時折思い出す。

 

それなりの時間、語れるくらいになってこそ、好きなものなのか……と。

 

好きなことと、ただ知っていることと、嫌いなことがある。2.3分程度のことしか語れないものは、好きの範疇に入らない。気になってきているものなのだ。

 

もちろん、「ただ知っていること」というのもとてつもなく重要なことで、偏愛化して好きなこともきっかけはただ知ってることからだったりするわけですから、おろそかにはできない。

 

デザイナーの方が言ったのは、齋藤孝さんが書くところの「偏愛」なんだと思います。

 

「偏愛」しているものは、30分くらいは語る「ネタ」は最低あるものだと。

 

私はこのネタについては、けっこうしゃべれます。偏愛マップはそういう自己紹介のようなところがある。だから、その濃厚さから話題が広がりまくる可能性を秘めてる。数分喋っても、まだネタはありまっせ、というよりも、ネタがネタを呼ぶことでしょう。

 

ワクワクしないだろうか。

 

関連→オマリーの六甲おろし。ダイナミック・イングリッシュ。収録CDアルバムがリマスターされて発売! イントロ素晴らしい曲【阪神タイガース・星野源注目?】

 

関連→B級室外機の異音ゾンゲゾンゲゾンゲ(天然もろこし植山由美子さん)が振動して移動した?カバーに日除けDIYな、MAXのズンバ(違)【お笑い】◎ネタクリップ

 

関連→一人カラオケ、ヒトカラは料金安いストレス発散解消法でおすすめ。男女問わず効果あり健康的。歌える曲探しも楽しい。初めて行ったとき、デビュー話。問題は受付

 

a0002_010074_m

 

自己紹介自己PRのネタ項目探しに「偏愛マップ」はぴったり

今、自分のTwitterブロフィールには、こんなことを書いています。

「好物→活字/カラオケ(前川清←(いろいろ)→Perfume)/山下達郎/競馬(複勝→ワイド)/落語/柳家小三治/古本屋/動物園/コント/漫才/演劇/豆大福/猫 など」(2014.09.28)

好きな物のオンパレードです。偏愛しているものが多数です。

 

いやはや、俺だ、これ。ほんと、俺だよ、これ。

 

カラオケPerfume歌って、競馬好きで、古本買いまくって豆大福好きなの(引くなっ)。偏愛なの。

 

実は、こんな感じで自分の好きな物をずらずら書いているのは、うざいのかな? と思っている時期がありました。

 

「お前の好きなものなぞ、こっちは知ったこっちゃねぇ」なんて声が多いんじゃないかという……(被害妄想ごりごり時代っていうのがありまして)。

 

それで、細々書いたプロフィールをばっさり消したり。

 

被害妄想時代を抜けてみますと、「お前の好きなものなぞ、知ったこっちゃねぇ」という声は、そういう声ってだけだったんです(キッパリ)。

 

言ってみれば、杞憂でした。

 

どうやって生きていたとしても、十人十色の世界でありますし、興味は多種多様。

 

人、それぞれ生きているの〜。

 

思うに、書かれていることに接点がないから(もしくは少ないから)、「知ったこっちゃねぇ」、そう思うのでしょう。

 

しかし、相手が異性だろうが同性だろうが関係なく、好物に対して接点の多かった場合……。

 

テンションが上がらない人は、そうそういないもの。いや、いないでしょう。それは、

 

いたとしたら、つまらないプライドから来るやせ我慢。

 

我慢すんなって、ニヤニヤしててくださいってば。

 

ここで問題なのは、Twitterのプロフィール欄には文字数が限られているということ。

 

上記に引用したものは、好きな物を凝縮して、凝縮してのもの。実際にはもっともっともっとあります。

 

それならば、「偏愛マップ」を使わない手はないですね。

 

1枚の紙に心底偏愛しているものを書いていく。自己紹介自己PRのネタ項目探しにぴったり。

 

「偏愛マップ」のやり方、作り方、書き方は簡単。大雑把なルールとしては、20分30分くらい語れる、偏愛しているものを書いて行くのがよいかと。

 

思うに思考回路の一部になっているものが多いはずです。何かを例えるときに思い浮かぶものだったり。偏愛しているもののことを考えると「生きてるなぁ」と感じたりするもの。

 

1枚の紙に書き上げた偏愛マップは、名刺変わりに渡してしまうのも使い方としては、ネタのかたまりですから、かなり有効ではないかと思います。

 

人はネタを基本的に欲しています。集めたがります。

 

その要素が整理できているのと整理できていないのでは、偏愛が派生していく力に差がついてくるでしょう。

 

関連→みうらじゅん「ない仕事」の作り方、感想レビュー。エッセイ集。競馬本・馬券本として読める一面もあって面白い。おすすめ本

 

偏愛マップを見せる恥ずかしさは確かにある

ただ、「偏愛マップ」を見せることにおぼろげながらボケの要素が介在しているので、そこの恥ずかしさをどう乗り越えるかというところはあります。

 

しかし、自分が偏愛しているものを偏愛している人はいるでしょう。その発見が面白いと思うんです。世の中には「こんな雑誌あるんかい」っていう雑誌が山のようにありますから……(偏愛マップがちょっとしたフリーペーパーになってるとも言える)。

 

誰かにカードを見せる段階で結果が決まっているわけではなくって(役ができあがってるわけではなくって)、カードを見せてから結果が決まって来るようなところが偏愛マップにあるのではないでしょうか。

 

関連→人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

 

関連→競馬予想に使う赤ペン、黒ボールペンのおすすめは、ぺんてるノック式エナージェル1ミリ。なめらかで書きやすい。にじまない、使いやすい。マークシートにも

 

関連→「コーエー信長の野望・武将風雲録」を3ヶ月に1度遊びたくなる。オンラインものじゃなく、スーファミかプレステか。BGMもなかなか良く。嗚呼、姉小路。

 

Twitterで近況報告の時間カット。濃密な飲み会の時代、もうすでに到来?

例えば数年ぶりに古い友だちと会った時、まずは一通り近況報告をしますよね。これがけっこうムダな時間だったりする。でも、もし日ごろからTwitterなりでお互いの日常をフォローしていれば、「この前、上司に怒っていたけどどうしたの?」といきなり本題に入ることができます。

つまり、ソーシャルメディアの活用が、オフラインでのコミュニケーション密度を高め、流れる情報量を掛け算で増やすのです。人間関係を構築する上で、互いの距離を一気に縮められるというのは、実はとてつもない革命だと思いますよ。

ソーシャルメディアがオフラインの交流も変えたーー津田大介が語る、コミュニケーション革命ーBusiness Media 誠

いきなり本題に入れる。これって魅力ですよね。

 

ツイッターやブログなどやっていない人と会うと、こちらに情報が入っていない分、相手のネタを見つけてこないといけない時間ができます。

 

話題を探らないといけないもどかしさです。

 

津田さんもおっしゃってますが、話題を探る時間がもったいない。

 

もどかしさの波をうまいこと乗り切れる作戦が「偏愛マップ」にあると思います。偏愛マップひとつどーんとあると、いきなり本題に入れる。初対面でも、意外といけそうな気がします。

 

初対面での「偏愛マップ」活用による、その後のTwitterなどでの日常フォローで濃密な関係作り。

 

もどかしさから、紙1枚で解放されてる感じ。いいじゃないですか。

 

ありがたい。解放されたぶん、飲み会が濃くなる可能性も秘めてます(飲み会じゃなくって、お茶でもいいんですけど……)。

 

関連→役に立つ資格を取得するのは大事。就職、転職に強みになったり。より使える状態になるなら、詳しく知ってることと組み合わせること

 

関連→学校で勉強した方法や技術が意味を持ったり好きになるのは、工夫して流し込む材料を探すようになったとき。うまくいかない要因でも?

 

「偏愛マップ」、ブログの自己紹介(プロフィール)のネタ探し項目探しに、うってつけでしょう

ブログは相手の好きなときに見られる場所です。

 

「偏愛マップ」をアップして、同じものを偏愛している人が見てくれる可能性があります。

 

ブログからTwitterへ派生すれば、面白いことが起きそうな気がします。

 

自分の偏愛しているものを、偏愛している人を探す手段って、mixiのコミュニティがそれに近いですが(入っているコミュニティ一覧が偏愛マップになる)、広がりがあるかどうかというと限界はあります。

 

それに、mixiのコミュニティは「個」対「個」にはなりにくい。

 

そんなところから考えると、ブログの自己紹介に偏愛マップを掲載するというのはかなりいい手でしょう。

 

自分も盛大に書きたいと思っております。

 

関連→ブログの更新頻度を上げると、アクセス数(PV)が増える効果があるのはだいたい事実。しかし、重要なのは「どうしてブログが書けるのか」を知っておくことでは?

 

関連→ブログのネタ切れ問題を解決する方法とは。競馬などのことを書いて、約1日1記事計算でブログ1年経過。アクセス数は全然だけど、エックスサーバの契約延長!

 

関連→ブログ記事を書き続けるコツは、どこか使いどころのあるものを書くことなんじゃないか。その上でアクセスアップ、SEOに検索上位も繋がって行く【競馬・馬券】

 

a1370_000291_m

 

スポンサーリンク




自己紹介の項目ネタ探しツール本。齋藤孝『偏愛マップ』・まとめ

好きなことに時間をどのくらい割いてきたのかを表す地図が、偏愛マップ。

 

同じように好きなことに時間を割いて来た人がいる。それは興味のない人たちから見れば、些細なことでしょう。

 

でも、時間かけて偏愛してきた人たちが出会うと、とてつもなく嬉しい瞬間になる。

 

齋藤孝『偏愛マップ』には、「ハト」つながりで嬉しい瞬間に巡り会った人たちが出てきます。ハトですよ、ハト。

「説教でもない、愚痴でもない、楽しいコミュニケーションはないのか。飲んでいる時の楽しい部分だけを取り出せないのか。この贅沢な欲求に、偏愛マップはこたえることができるのです」(89p)

 

さて、皆さん。どういうことを1枚の紙に書きましょうか?

 

自己紹介、自己PRの書き方に困ったら『偏愛マップ』作戦できましょう。

 

アピールできるもの探しでございます。アピールポイント探しでございます。

 

意外と自分の強みが見つかるかもしれません。長所、短所と結びついてるかもしれません。

 

合コンでも、プレゼンでも。婚活、就活、転職、面接の質問にも。

 

ゲーム感覚でおもしろく項目を探す方法にうってつけ。自己分析にもいいでしょう。

 

以上、偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コンという話でした。

 

関連→コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

 

関連→話す力を鍛える、向上させるコツは、話題に対して聞いている人との情報量の差に敏感になることでは?会話が苦手、焦る、頭が真っ白対策にも

 

関連→信頼関係の築き方は、仕事、恋愛、男女問わず繰り返しの行動が意味を持つ。発展も修復もコミュニケーションから

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

アンドリューベイヤー『競馬探究の先端モード』のブックオフにおけるカテゴリ分けは「趣味・就職ガイド」。馬券師・予想家養成コースかいな〜

中央競馬、JRAの年間レース数は日程・種類いろいろ約3400レース。荒れるときあれば、三冠かかるときあり。複勝馬券で考えると、当たる枠の総数は…

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

引越し準備の時間なく、費用のお金もない。3LDKアパートに貯めた大量の雑誌、CD、本をブックオフへクリスマスに処分。粗大ゴミはそのあと…【読書・競馬】

プロポーズにリングケースのアイデアひとつ。おしゃれで薄型で小さい、結婚指輪を見せるタイミングの演出に使える?失敗の可能性減?あとは、言葉と相手…。

スガシカオさんのおすすめ曲を、好きなシングル、CDアルバムから10曲紹介。ストーリー・ひとりぼっち・愛について・坂の途中…

星野源と食べ物のエネルギー源に関係性があり意味もあると思ってしまうほど、健康本を読んだ話。糖質に運動、カロリー、基礎代謝、恋ダンス

ピコ太郎『PPAP』をYouTubeで見てて、すごいと思った、面白い感覚を相手に音楽を使って理解できる間を用意してたこと。替え歌できるのも納得

マルちゃんワンタンしょうゆ味がうまい。おいしい。うますぎる。アレンジ考えてみようか、とんこつ、スープカレー、たまご、わかめ買ってみようか…

Amazonに天井照明のカバーを外しておしゃれと正反対に使ってたのを勘付かれたと思った、おすすめメール。器具の交換しないと、リモコン付がいいな

和菓子のようかん巻。小腹満たすのにぴったりなお菓子。コーヒーにあっておすすめ。夜中に食べるのは危険だけど…

イタリア・シチリア島産岩塩・細粒。食用にスーパーで買って、製造方法の工程を見れば、まあワイルドだこと。産地における、採掘・粉砕…

コートにマフラー、加湿器。いつから着るの、使うの?今からでしょ。気温下がってきて、この冬初登場の巻

ゆかりペンスタイル(三島食品)の容器で、岩塩バージョンを作ってほしい。詰め替えのバリエーションたくさん用意して【ふりかけ】

グッドバイ/toeのYouTube動画。名曲。土岐麻子さん関連で聞きはじめたけど、何度聞いても飽きない曲。カラオケで歌えたら最高だけど…

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう・その2

美味しいみかんが食べたいのです。アマゾンさん。訳ありばかりおすすめされても。酸っぱい顔になってしまいます。

ごまが好きすぎて、セサミン成分おじさんになりそうだけど、クノールオニオングラタンスープに振りかけてます。栄養たっぷり(なんのこっちゃい)

白髪な鼻毛がはさみで切ってたとき落下。ショック。私、30代男性。病気が原因だったらと検索してみた。ストレス?食べ物?老化?

Apple純正のラジオ。公式の商品を作ったら面白いな。iTunesではなく。音楽流れるスピーカーに付加価値プラス。安くできれば、なお良し?

Google翻訳で、米米CLUBと訳してみたら…。おもしろ、意味不明?おかしい?(日本語から英語)【ネタ】。機械学習したら、歌い出したりして(ないない)

読書した冊数が減少して、得るものが少なかった感でいっぱいに。本を読むことに飽きることなく、もっと読みたい。小説・エッセイ・専門書に漫画…

松屋の券売機。使い方、買い方に悩みつつ食券買うタッチパネル式券売機、改良案。わかりづらい、使いにくいが先行して牛めし食べるのも…。

IKEAの通販カタログがポストに投函されてて読む。ステップスツール(椅子)、コーヒーテーブル、ワゴンあたり欲しい…。毎年配布しないかな←注文しろー

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

桃屋のきざみしょうが、美味しい。おすすめです。感想。ごまとアレンジレシピがうまい。納豆にも。ダイエットと関連はわからないけど【口コミ】

-読書感想・レビュー
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 繰り返しの謎解き商会 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.