繰り返しの謎解き商会

*

小説すばる新人賞に応募。一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。最終選考に残ると信じて疑わず。賞金欲しかった…、印税、芥川賞、直木賞って妄想も

      2017/12/18

コクヨ 原稿用紙 B4 縦書き 100枚 ケ-10-5N

雑誌・小説すばる新人賞に応募したことがありました。傾向や選考委員の感じから小説すばるだなと思い。しかし、一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。

 

恥ずかしながら……、最終選考に残ると信じて疑わずにいまして。賞金欲しかった……、お金欲しかったのです。妄想は、印税、芥川賞直木賞って膨らみ。

 

oh……馬鹿ですなぁ。そういうことはブログでネタにするに限ります。

 

スポンサーリンク




自分のやっていることについて信じて疑わない期間というのは、たまにあります。

「こ・れ・だ」「こ・れ・さ」「こ・れ・や」

 

信じたことが当たることもあれば外れることもある。別名、めんどくさい人間になってる期間とも言える。

 

競馬の大きいレース、GIになると情報が多く入ってきたりもしますから、「ダービーは、この馬」みたいな日々を過ごしたり。

 

これは間違いないことだから、先に進めてゆくぞなんて。

 

違う、そうじゃない」の入る隙もない。

 

鈴木雅之さん困っちゃう(んなわけないだろ)。

 

 

どうしてそんなに信じて行動できるのか……。いくばくかの理屈があり、情も交わってバランス良くいればいいものの、情ばかりが過剰に先行して、間違った道をばく進する。

 

驀進する……(漢字難しいよ)

 

関連→見栄を張る虚勢に、男女問わず億万長者少なし? プライドのための消費浪費。お金を稼ぐ方法があっても。『となりの億万長者・成功を生む7つの法則』感想【読書】

 

関連→競馬予想、何を見るか、何を重視するかは自由。しかし、馬券自信度は「レースで再現される確率をどれだけつかんでるか」に比例する。穴馬でも人気馬でも

 

関連→自分勝手、自己中心な性格にイライラ腹立つ、やめたい。エゴ行動なわがままを直す改善する、男女を問わない知識の考え方とは【読書・仕事・心理】

 

小説を書いて、飯を食べていけると信じて疑わないときがありました

今からだいたい8年前でしょうか、「新人賞を受賞して、印税、印税。ゆくゆくは直木賞……芥川賞」なーんて、ちょいちょい妄想してた。

 

受賞したときの挨拶はこう答えるとか、嗚呼、馬鹿っ。そんなことばかっり考えてたんです。

 

エッセイ書いてコンテストで賞もらい、仕事して印税で暮らしたいと無謀にも相談。芸能人でもないのに無理だろと。ネタに面白さがあればいいんじゃないと【ブログ】から6年、7年後の話です。

 

全く成長してないでやんの。やんのやんの。

 

小説すばる新人賞に原稿書いて送ったのです。小説の新人賞を応募しまして……。原稿用紙450枚。

公募ガイドあたりの雑誌を読みますと、小説の新人賞の応募は、あちこちにあります。文学賞も出版社もろもろございます。

 

当時、小説すばる新人賞に応募したのは、選考委員でたしか選んだのだったか(も、もちろん受賞作読んだりしてますよ……。傾向は把握は大事ですから)。

 

応募締め切りが3月の末。ギリギリ間に合わせた記憶が。桜咲いてましたよ、とっても。

 

郵便局から送付したあと、妙な高ぶり。問題なく行けるゾ。400字詰め原稿用紙で450枚。手書きでなく、パソコンで打ちまくりましたけども。あたたたたたっ……。

 

もう気分は一次選考はターンと通過して、ターーンと最終選考に残るでしょと。嗚呼、印税、直木賞、芥川賞(原稿用紙450枚も書いてて、芥川賞はないんだけども……)。

 

小説すばるから「受け取りました」という葉書が来たときは嬉しかったなぁ。小説のタイトルは確か手書きして書かれてたかと。その葉書どこにやったのかしらん。

 

小説の内容は、夏休みに少年が少し大人になるって話(とってもよさげに書くと)。恋愛小説っぽいところが2%くらいありましたか。

 

お父さんとお母さんが知るきっかけになった芸人がいて、うんぬん……。小説の冒頭は、「ブーメランを投げたら、家の換気扇に当たる」みたいな描写から入る。

 

今、手元に原稿がないので、はっきりとしたストーリーは忘れましたけれど、まぁ、つまらないにも程がある小説ですよ。ただ、当時はすんごい面白い小説だって、信じて疑わなかった。

 

実はですね、この世の中に4人ほど、書き上げた小説を読んでもらってる人がいるんですが、破棄してくれー。産業廃棄物よー。ぐはっ。ずっと持ってると良くないことが起こるわよー。

 

当たり前の話、応募する前に小説読んでもらって、どんどん良くして行くということをするものです。クォリティを高くした小説を応募するものです。それをしないほど、自分の書いている小説に問題ないぞと考えてたんで……しょう。

 

うん、やっぱり馬鹿だな。あははは……(笑ってる場合か)。

 

関連→趣味とは、男女問わずその人を作る土台。趣味にお金をかけてもかけないで安いものでも、のめり込んでも意味はある。本に漫画にCDにレコード、散歩、競馬…

 

関連→恋愛・就活・仕事。うまくいくコツをつかむ人とは、下手な鉄砲数うちゃ当たるということわざの意味を効果的に知ってる。わからないことを減らしていく【競馬】

 

関連→信用できない、されない大人は、男女問わず仕事や恋愛、お金などの失敗談を話す語ることができない。人生で試行錯誤してない人を見抜く方法【競馬ネタ】

 

小説すばる新人賞に応募したのは、生まれて最初に書き上げた小説

書きかけの小説はいくつかありましたけど、書き上げたのはこのときが初めてでした。

 

勘違い10馬身逃げ逃げ小説ですよ。手綱で制御なんぞできてるわけがありません。途中で盛大に垂れるんだけど……。

 

批評性がないんですね、駄目な部分があるって認識してない。

 

批評性が介在しなかった理由を正直書きますと、当時勝ち逃げしたかったんです。生活をギュッと変えたかったんです。

 

そのためには「十中八九、お金がいる」

 

で、小説書いてどうにかなりそう……って。賞金欲しくって、欲しくって。

 

信じて疑わなかったんですね、できるって。

 

結果、一次選考に残らず……。通過せず。

 

ただですね、小説すばる新人賞、落ちましたけど小説書いてよかったのは事実なんです。小説という打席に立ってバット振った自分がどうなるのか、よくわかりましたから。

 

こういうことを隠す人ってけっこういるんでしょうけど、自分にとってはネタ。ボケ・ツッコミシャレ・ジョーク。ブログのネタになってよかった。

 

勝ち逃げには、理屈と情をうまいこと混ぜ合わせないといけない。

 

このふたつが混ぜあうということはなく、あるのは瞬間的に混ぜあったように見える。混ぜあったときに勝てるのか。情が一歩出たとき、理屈も一歩出て行くのか。

 

勝ち逃げしたあとに、理屈と情が別の方向を向いててもいい。

 

勝たないと行けない場所に行ったときに、うまいこと理屈と情を混ぜ合わせろ。

 

何かを変えようというときに「見栄」ほど役立たないものはない。

 

まっ、人生勉強勉強でございます。

 

関連→阿佐田哲也の名言「ばくちというものは……」に納得。競馬予想に馬券に通用。ギャンブルがうまくなるポイントになるのでは?

 

関連→清水成駿さんの名言から競馬予想家・馬券師の上手さを考えてみる。ギャンブルだからこそ、一生懸命勉強したら…、プロってもんだろう

 

関連→承認欲求を健全に満たす方法。強すぎる欲求からこじらせずに解消解放するには、男女問わず満たす容量を把握すること。自己顕示欲も同じ【SNS・仕事・ストレス】

 

以上、小説すばる新人賞に応募。一次選考通過ならずサヨナラ。枚数、原稿用紙450枚。最終選考に残ると信じて疑わず。賞金欲しかった…、印税、芥川賞、直木賞って妄想もという話でした。

 

 

プロフィール(ブログを書いてるたけたけっとは?)・Twitter

たけたけっのプロフィールページ(ブログを書いてるたけたけっとは? まとめ)

たけたけっのTwitter

 

スポンサーリンク




穴馬券の謎を探る、競馬予想「方法と復習」のコーナーはこちらから、どうぞ(レース映像分析と勉強!)

競馬予想の当たる確率、的中率をあげる方法とコツ。数字、人気、オッズ、データの考え方。馬券で勝つ。収支を良くする。組み合わせは大事【ファクター・要素】

複勝馬券とは競馬予想の儲けを近づける、勝てる買い方。人気に関わらず狙い、的中率を上げ負けなくして、ワイド・三連複に繋げる。安定感ある極意・コツであり必勝法

競馬予想初めた初心者の頃、一か月目で読んだ、馬券本メモ。血統・調教・騎手・穴馬券・馬単・三連単…知識ないですから

競馬初心者の頃、二か月〜半年くらいで読んだ、馬券本メモ。坂路調教、鉄板競馬、穴馬、指数、レース映像分析、ヤリヤラズ、ラップタイム…

 

スポンサーリンク




こちらの読書ネタもどうぞ、おすすめまとめ【初心者入門。やり方、方法探し中な方の参考にも】

【「読書が趣味」。ひょっとして、本屋巡りを兼ねてる影響もあるから?】

本屋、書店巡りは楽しい趣味で大好き。アイデア浮かぶ思いつく場所。読書好きにおすすめ。古本屋も。売り場の並べ方やおしゃれなポップを見たり。

【読書ノートを作る前段階。集中して読んでた記録に貼る、付箋(ポストイット)。より読書に慣れて好きになる?】

付箋・ポストイットのおすすめは強粘着。ノートに繰り返し貼れて使いやすい、安心。何度も使えるのでアイデア出しにも。読書にはノーマルタイプ【文房具】

【読書ノートの悩みは手を動かし過ぎて疲れること(抜き書き)。しかし、内容を覚えるまではいかないものの、知識の引き出しは確実に作る】

読書ノートをパソコンではなく手書きで作ってみた。書き方は簡単にルーズリーフにまとめるだけ。知識の記録を作って行く効果や意味はあるのでおすすめ【ブログ】

【読書して、知的に頭良くなるかは謎のまま。けれど、アウトプットの前に、インプットあり。習慣づけた、経験は結果に結びつく】

読書を続ける、継続はおすすめ。本を読む効果、意味、メリットは「知っていることが増える」。人間、基本的に知っていることを使うことで選択するのだから…

【読んでる本がつまらないときでも意味をもったりする研究は、ときどきする。それも知識かな?】

読書している本がつまらないとき、役に立たない感じがあって飽きるとき、最後まで読むのをやめるやめない問題

【小説、文学、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、自己啓発、分野ジャンルもろもろ……どれにも感情が書かれている。1000冊くらい読んでみれば、心理も想像力も。一緒に語彙力も】

心理学のおすすめ本ないかと妹にきかれ、読書1000冊に意味があり面白いだろうと思う。恋愛に仕事に感情は関わる。本読んで心の動きを知ることはできる

 

スポンサーリンク




この記事はいかがでしょう

綾瀬はるかと渡辺麻友(まゆゆ・AKB48)はどことなく似てる。雑誌、テレビCM、YouTube見てて思う。メイクか髪型か…笑顔か。悪友に言ったところ、全否定。

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

カラオケで歌いたいけど、歌えないリクエストしたい名曲5曲! 山下達郎『ピンク・シャドウ』沢田研二『夢を語れる相手がいれば』ほかその1(おすすめ曲多し)

カノンコードな進行でパッヘルベルいや、山下達郎クリスマスイブ響かせるのは、ギターでもピアノでもなくお風呂が沸きました【YouTube動画発見】

羊を数えると眠り誘うからくり。羊と睡眠。妄想牧場の群れは大群になり鳴き声メー、角つんつん足とんとん爪かきかき、かぶりものしてコスプレした人がいて

ロト6・ロト7・ミニロトが当たらない理由。確率攻略方法と、同じ数字買い続け三等当てた人の話。競馬予想とは買い方が違う【ナンバーズ・ビンゴ5・宝くじ】

パラパラ漫画のネタを繰り返してくれる機械。お題はストーリー簡単、面白い、シンプルに笑えるものでオチに悩みつつ作ってみたい。馬、猫…◎ネタクリップ

競馬ガチャガチャ、JRAレースファンファーレ、作曲豪華。おすすめ。関東の東京、中山。関西の阪神・京都。中京、小倉、福島、新潟、札幌、函館、G1、宝塚記念

 

この記事はいかがでしょう・その2

引越し準備の時間なく、費用のお金もない。3LDKアパートに貯めた大量の雑誌、CD、本をブックオフへクリスマスに処分。粗大ゴミはそのあと…【読書・競馬】

プロポーズにリングケースのアイデアひとつ。おしゃれで薄型で小さい、結婚指輪を見せるタイミングの演出に使える?失敗の可能性減?あとは、言葉と相手…。

コミュニケーション能力が上手くなるコツ。向上改善するきっかけとは、について書かれた本。小西利行『伝わっているか?』読書感想。会話の工夫をして仕事に活かす

偏愛マップ(齋藤孝)感想。やり方、作り方、書き方簡単に自己紹介の項目ネタ探し発見本。ルールは簡単。初対面な方に内容のある使い方。ブログ・自己分析・合コン

カラオケで歌いたいけど、歌えないリクエストしたい名曲5曲! 山下達郎『ピンク・シャドウ』沢田研二『夢を語れる相手がいれば』ほかその1(おすすめ曲多し)

チュートリアルの漫才、バーベキューお笑いネタを思い出す、ランキング「BBQで要らない野菜TOP10」。トーマスマッコイ。ピーマン、玉ねぎ、エリンギ…

人の話を聞くことが仕事やバイトにならないか考えてた。悩み、愚痴、相談。話を聞くのは苦手でも嫌いでもなく。コミュニケーション能力があるわけではないけど…

ダイエットする方法も、会社を辞めたい理由も、アマゾンのおすすめも、感想もレビューも意見も、相手からしたら予想になるよという話。乗れるか乗れないか

ぺんてるエナージェル1ミリボールペンの替芯、赤に黒、ペン立てにないと安心して競馬予想できない…。書き心地よく愛用しすぎて、インクの減りが早い

 - 小説を書く , , , , ,

  •   
  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

  関連記事

村上春樹の小説『ノルウェイの森』を110回読んだあの人は、新刊『騎士団長殺し』を買ったのだろうか。考察したり評価して何回読むんだろう

村上春樹の新刊『騎士団長殺し』発売のニュースを読んで思い出した話。村上春樹の小説『ノルウェイの森』を110回読んだという人と、仕事をしていました。村上春樹の『ノルウェイの森』を110回です。考察しまくってたかと。考察……。詳しく話は聞かなかったけど。たぶん、10年以上前の話だからその後『ノルウェイの森』を読んだ回数は増えてるんだろう……。考察した回数も? 新たな考察?そんな村上春樹『ノルウェイの森』を110回読んだというあの人は、村上春樹の新刊『騎士団長殺し』を買ったのだろうか。そして、『騎士団長殺し』を考察したり、評価して何回読むのだろうか……。

短編小説「順番違いなんじゃよ」【読書】

短編小説「順番違いなんじゃよ」。バス停に着くと、ベンチにおじいさんが座っていた。私は、これから吉祥寺に本を買いにいくところ。「バス、来ないのう」おじいさんは、口を開く。私に言ったのかどうかあやしい。ただのひとりごとだと思っていたら、おじいさんはもう一度、「バス、来ないのう」と、言った。声のするほうを向くと、おじいさんは杖を両手で抱え込んでいた。私と眼が合う。